Category: 塾ニュース|生活

徳島県立博物館企画展「ネコ展」開催

 徳島市の徳島県立博物館で、7月16日(土)から8月28日(日)まで企画展「ネコ展」を開催している。この企画展では、ネコの進化の歴史や、これまでのネコと人との関係、ネコに関連する社会問題などを取り上げ、「かわいい」だけではない、ネコの姿や現状を紹介している。

 ネコは、現代ではペットとして世界中で飼育されている。 日本でも、ネコは伴侶動物と呼ばれ、特に近年では その人気が高まっている。一方で、ネコの由来や、これまでのネコと人との関係については必ずしも広く知られていない。さらには、近年のネコブームによって、様々な社会問題も引き起こされている。
 この企画展では、ネコの進化の歴史や、これまでのネコと人との関係、ネコに関連する社会問題等を取り上げ、「かわいい」だけではない、ネコの姿や現状を紹介する。

【開催概要】
企画展名:ネコ展
主催  :徳島県立博物館
会期  :令和4 年 7 月 16 日( 土 )から8 月 2 8 日(日) まで
休館日 : 月曜日 ※7/18、 8 /15 は開館、7/19 が休館
会場  :徳島県立博物館博物館1階 企画展示室(徳島県徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園内)
観覧料 :一般 200 円、高校・大学生 100 円、小中学生 50 円
     2 0 名以上の団体は2割引/高校生以下は、土・日・祝日・振替休日は無料/高齢者(6 5 歳以上)は半額/身体障害者手帳、療養手帳、精神障害者保健福祉手帳所有者とその介助者1名は無料/学校教育による利用は無料

「第 13 回ベネッセ賞」、シンガポール・ビエンナーレ 2022 にて開催

 株式会社ベネッセホールディングス(岡山市、小林 仁 代表取締役社長 CEO)とシンガポール美術館は、シンガポール・ビエンナーレ 2022 において「第 13 回ベネッセ賞」を開催する。「ベネッセ賞」は、シンガポール・ビエンナーレ 2022 に出展するすべての参加アーティストの中から、既成概念にとらわれず、実験・開拓精神に富み、ベネッセグループの企業理念である「Benesse=よく生きる」に繋がるような作品づくりの可能性が期待されるアーティスト1名(1組)に授与される。受賞者はシンガポール・ビエンナーレのオープニングウィークに発表する。

■「ベネッセ賞」について
「ベネッセ賞」は 1995 年、「福武書店」から「ベネッセコーポレーション」への社名変更を契機に、傑出したアーティストのアート活動を評価し、ベネッセグループの企業理念である「Benesse=よく生きる」を体現するアーティストを支援する目的で、ヴェネチア・ビエンナーレにおいてスタートした。
「第 11 回ベネッセ賞(2016 年)」からはその拠点をアジアに移行し、シンガポール美術館と共催でシンガポール・ビエンナーレの参加アーティストを対象に授与している。受賞アーティストは、株式会社ベネッセホールディングスより、ベネッセアートサイト直島での作品制作またはベネッセアートサイト直島による作品収蔵の機会と賞金 300万円が授与される。

過去のベネッセ賞受賞者

  • 第1回(1995年) 蔡國強(中国)
  • 第2回(1997年) アレキサンドロス・プシフゥーリス(ギリシャ)
  • 第3回(1999年) オラファー・エリアソン(デンマーク
  • 第4回(2001年) ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー(カナダ)
  • 第5回(2003年) リクリット・ティラヴァーニャ(タイ)
  • 第6回(2005年) タシタ・ディーン(イギリス)
  • 第7回(2007年) アデル・アブデスメッド(アルジェリア/フランス)
  • 第8回(2009年) ハンス=ペーター・フェルドマン(ドイツ)
  • 第9回(2011年) アドリアン・ヴィジャール・ロハス(アルゼンチン)
  • 第 10回(2013年) アンリ・サラ(アルバニア / フランス)
  • 第 11回(2016年) パナパン・ヨドマニー(タイ)/ 福武總一郎特別賞 ズルキフリ・マハムード(シンガポール)
  • 第 12回(2019年)アマンダ・ヘン(シンガポール)


*第 1-10 回はヴェネチア・ビエンナーレ(第 46 回~第 55 回)で実施。第2回のみヴェネチア・ビエンナーレと共催。
*第 11 回以降はシンガポール・ビエンナーレ(第 5 回~)で実施、シンガポール美術館と共催。

第25回俳句甲子園全国大会 開催

 第25回俳句甲子園(主催:NPO法人俳句甲子園実行委員会、共催:松山市・愛媛県)は、8月20日(土)に大街道商店街特設会場で、開会式と予選リーグ、予選トーナメントを開催。8月21日(日)に松山市総合コミュニティセンターで、敗者復活戦、決勝リーグ、決勝、表彰式を開催する。

 今回の俳句甲子園には、30都道府県76校101チームがエントリーし、全国大会には、地方大会や投句審査を勝ち抜いた18都道府県28校32チームが出場する。

 松山出身の俳人・正岡子規が東京で通った共立高校は、後の開成高等学校で、この開成高等学校は、22年連続の出場で昨年度の優勝校。最多出場は、23回目となる愛媛県立松山東高等学校。都道府県別では愛知県の4校5チームが最多。山形県立山形東高等学校、栃木県立宇都宮中央女子・中央高等学校、鶯谷高等学校、桜花学園高等学校、智辯学園和歌山高等学校、旭川実業高等学校の6校は、今年、初出場となる。

 8月20日(土)開会式・予選は、一般の方も観覧自由、21日(日)決勝戦は無観客で開催するが、松山市総合   
 コミュニティセンター・コミュニティプラザでパブリックビューイングを行う予定。

【第25回俳句甲子園全国大会 開催概要】
□名称     第25回俳句甲子園 全国高等学校俳句選手権大会
□主催     NPO法人俳句甲子園実行委員会
□共催     松山市・愛媛県
□会場・内容  8 月19日(金)松山大学カルフール
        (組合せ抽選会、ウェルカムパーティー、
         敗者復活戦用俳句創作)
        8 月20日(土)大街道商店街特設会場
        (開会式、予選リーグ、予選トーナメント)
        8 月21 日(日)松山市総合コミュニティセンター
        (敗者復活戦、決勝リーグ、決勝、表彰式)
        (フェアウェルパーティー)
        ※新型コロナの感染状況で会場が変更になる場合があります

□出場チーム
<地方大会優勝による出場17チーム> ※(初)は初出場。
北海道旭川東高等学校A
岩手県立水沢高等学校
山形県立山形東高等学校(初)
福島県立磐城高等学校A
群馬県立高崎高等学校
栃木県立宇都宮中央女子・中央高等学校(初)
開成高等学校
神奈川県立横浜翠嵐高等学校
鶯谷高等学校(初)
桜花学園高等学校A(初)
名古屋高等学校A
洛南高等学校
智辯学園和歌山高等学校(初)
山口県立徳山高等学校A
愛媛県立松山東高等学校
愛媛県立今治西高等学校伯方分校A
興南高等学校B
※栃木県立宇都宮中央女子・中央高等学校について、表記上、略称の使用を許可いただいています。
 学校合同チームではありません

<投句審査による出場15チーム>
旭川実業高等学校B(初)
青森県立弘前高等学校
海城高等学校A
海城高等学校B
立教池袋高等学校A
慶應義塾湘南藤沢高等部B
石川県立金沢泉丘高等学校
愛知県立幸田高等学校B
名古屋高等学校B
愛知県立豊橋西高等学校
岡山県立岡山朝日高等学校
山口県立徳山高等学校B
新田青雲中等教育学校
愛媛県立今治西高等学校
興南高等学校A
※参加校の中で、過去最多優勝回数(12回)は開成高等学校(東京)、
 過去最多出場回数(23回)は愛媛県立松山東高等学校。

□全国大会の兼題
予選リーグ     七月(しちがつ)・日傘(ひがさ)・蚊(か)
予選トーナメント  草いきれ(くさいきれ)
決勝リーグ     竜淵に潜む(りゅうふちにひそむ)・ 良夜(りょうや)・秋刀魚(さんま)
決勝        十(注:漢数字の「十」)
*兼題とは…俳句や短歌などを作る時に、前もって出された題で作るもの。また、その題。

□試合方法
各校は5人1チームで、兼題に従って未発表の句を創作し事前提出。試合では、赤白に分かれて対戦。各チーム一句ずつ披露し、それぞれ制限時間内に質疑応答を行う。両者の句に対して議論が終了すると、複数の審査員が旗を揚げ判定を行い勝敗を決める。判定は、俳句の「作品点」と「鑑賞点」とを合計した点で行われる。予選リーグ戦は1試合3句勝負。予選トーナメントからは5句勝負。

□審査委員
高野 ムツオ 先生(小熊座主宰)
西村 和子  先生(知音代表)
中原 道夫  先生(銀化主宰)
星野 高士  先生(玉藻主宰)
小澤 實   先生(澤主宰)
夏井 いつき 先生(俳句集団「いつき組」組長)
髙田 正子  先生(藍生)
岸本 尚毅  先生(天為、秀)
如月 真菜  先生(童子副主宰)
阪西 敦子  先生(ホトトギス、円虹)
村上 鞆彦  先生(南風主宰)
西村 麒麟  先生(古志)
神野 紗希  先生(現代俳句協会副幹事長)

サンスター、25万人の歯と医療費を分析した論文が日本歯科医療管理学会優秀賞を受賞

 2022年6月20日(土)、サンスターグループによる25万人の歯と医療費を分析した論文が、岩手県盛岡市で開催された第63回日本歯科医療管理学会総会・学術大会において、日本歯科医療管理学会賞(教育・研究機関部門)優秀賞を受賞した。

 この研究は、複数の企業・団体の20才から74才の労働者約25万人の定期健康診断結果(匿名加工済み情報)と医療機関の診療情報(診療報酬明細書)データを基に、労働者の歯の本数、上下の歯のかみ合わせと医科医療費の関係を検証した。歯の本数の多さに加えて、咬合状態が良好であるほど医科医療費が少ないことが確認された。高齢者だけでなく、働く若い年代のうちから歯や咬合の状態をよく保ち、上下の歯で食べ物をしっかりかめる口を維持し続けることが、口腔の健康のみならず、全身の健康維持においても重要であると考えられる。

研究の表題:「レセプト情報を用いた口腔状態と医科医療費に関する検討」
石川美希、安田多賀子、高世尚子(サンスター株式会社)
掲載された学会誌:日本歯科医療管理学会雑誌第56巻 第1号32-41頁 2021年6月30日発刊

次世代の才能を発掘 「pixiv高校生イラコン2022」を開催

 ピクシブ株式会社(東京・渋谷区、國枝信吾 代表取締役)は、イラスト、マンガ、小説作品の投稿プラットフォーム「pixiv」において、2022年7月29日(金)より「pixiv高校生イラコン2022」を開催する。

「pixiv高校生イラコン2022」コンテストページ:https://www.pixiv.net/contest/highschool2022
※2022年7月29日(金)公開予定

「pixiv高校生イラコン」は、2018年より数々の人気クリエイターを輩出しているピクシブ主催の高校生向けイラストコンテスト。各回ユニークなテーマを設け、プロのクリエイターによる厳正な審査によりグランプリを決定する。次世代のクリエイターが可能性を掴める場の創設を目的として毎年開催している。

第5回目の開催となる今回のテーマは「旅」。
 5名のイラストレーターと、企画趣旨に賛同した協賛企業7社が審査員として参加し、応募イラストをプロの視点で審査する。受賞者には賞金や各協賛企業からの特別賞品が授与されるほか、ピクシブが主催する企画への参加や、ビジュアル制作などのチャンスがある。

 また、イラストコンテストの開催にあわせて、「pixiv高校生イラコン2022 夏期特別講習」がオンライン上で開催される。これは、ピクシブが業務提携する、学校法人瓜生山学園 京都芸術大学通信教育部イラストレーションコースによるオンライン授業でプロの現場で活躍するイラストレーター4名(しまざきジョゼ氏、石田氏、吉田誠治氏、s!on氏)が、イラスト制作のコツを伝える。高校生または15〜18歳の方ならだれでも参加できる。

■「pixiv高校生イラコン2022」開催概要
開催期間:2022年7月29日(金)~9月11日(日)23:59予定
募集テーマ:「旅」から連想して自由にイラストを描いてください。
参加資格:
・pixivの利用登録者であって、本応募要項すべてに同意された個人。
・イラスト投稿時に、高等学校もしくはそれに準ずる学校に在籍している方、または15〜18歳の方。
参加方法:以下のタグを設定した上で、pixivに投稿してください。
    【タグ:pixiv高校生イラコン2022】

関連URL
・コンテストページ:https://www.pixiv.net/contest/highschool2022
※2022年7月29日(金)公開予定
※詳細はコンテストページ内の「応募要項」をお読みください。
・公式Twitter:https://twitter.com/pixivhighschool
・2021年度コンテスト結果:https://www.pixiv.net/contest/highschool2021

■「pixiv高校生イラコン2022」夏期特別講習 開催概要
開催日時:2022年8月6日(土)13:00〜16:30(吉田誠治先生、s!on先生)
     2022年8月27日(土)13:00~16:30(しまざきジョゼ先生、石田先生)
参加申込:京都芸術大学 通信教育部HP(https://www.kyoto-art.ac.jp/t/news/215/)にて申込受付中(定員1,000名・先着順・参加無料)
場所:Zoomウェビナー(高校生以外の方はYouTubeライブで視聴可能・定員無し)

受賞賞品
・最優秀賞(1名)
賞金20万円

・イラストレーター審査員賞(5名)
Amazonギフト券(3万円分)

・企業賞(7名)

<CLIP STUDIO PAINT / CLIP STUDIO PAINT賞>
・CLIP STUDIO PAINT EX 2デバイスプラン 2年版 1本

<コピック賞>
・コピックスケッチ ベーシック72色セット
・コピックスケッチブックL

<株式会社セガ / CHUNITHM賞>
・CHUNITHM ALL JUSTICE COLLECTION ep. I
・CHUNITHM ALL JUSTICE COLLECTION ep. II
・CHUNITHM ALL JUSTICE COLLECTION ep. III
・チュウニズム ビジュアルコレクション

<株式会社ワコム / ワコム賞>
・Wacom One 液晶ペンタブレット 13

<株式会社KADOKAWA / KADOKAWA キトラ賞>
画集
『VISIONS 2022 ILLUSTRATORS BOOK』監修:pixiv
『VISIONS EDGE ILLUSTRATORS BOOK 悪と力』監修:pixiv
『水に溺れて夢を見る 美和野らぐ作品集』著:美和野らぐ
『有害超獣 極秘計画書 -Toy(e) Art File-』著:Toy(e)

作画教本・ノウハウ
『はじめてでもわかる! イラストでお金を生み出す秘訣 神技作画シリーズ』著:虎硬
『ゼロから学ぶプロの技 神技作画』著:toshi
『背景作画 改訂版 ゼロから学ぶプロの技 神技作画シリーズ』著:mocha

<株式会社BRAIN MAGIC / Orbital2 STERNA賞>
・Orbital2 STERNA

<Nuverse株式会社 / Nuverse賞>
・HUAWEI MateView GT 34-inch Sound Edition

企画協力
・京都芸術大学

大阪 あべのキューズモールに赤ちゃん専用のキッズスペースが誕生  8月5日(金)新オープン

 東急不動産株式会社(東京・渋谷区、岡田 正志 代表取締役社長)および、東急不動産SCマネジメント株式会社(東京・渋谷区、木内 伸好 代表取締役社長)が運営管理する商業施設、あべのキューズモールは、「地域と“共につくる”、“共に育む”」をテーマにしたキッズスペース「キューズランド ベビー」を、2022年8月5日(金)にあべのキューズモール2階にオープンする。「キューズランド ベビー」は、3階のキッズスペース「キューズランド」のベビー版として新設するもので、0歳から2歳の子供を対象とし、子供の遊び場にとどまらず、地域と連携した子育て支援イベントなども開催する。

 キューズモールでは、地域コミュニティーの活性化及び地域貢献の取り組み「ギャザリング活動」を推進している。今回、あべのキューズモールに新設する「キューズランド ベビー」は、その「ギャザリング活動」の一環として、地域の子育て支援の取り組みをさらに活性化することを目的としている。
 作品を展示する「ディスプレイゾーン」や、自由な遊びを誘発する「プレイゾーン」、成長を記録することができる「フォトゾーン」など5つのゾーンを備え、子どもたちが遊び・学び・成長することができる空間となっている。
「キューズランド ベビー」内では、子どもとママ・パパ同士が交流することができるイベント「こそだてらす」を、「codomoto ままちっち」と共に運営する。

■キューズランド ベビー 概要
施設名称:キューズランド ベビー
所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1「あべのキューズモール」内2階
営業時間:10:00~21:00
※月曜日~金曜日(祝日を除く)10:00~14:00は「こそだてらす」として運営
対象年齢:0歳~2歳※対象年齢のお子様であればだれでも自由に利用可能
公式HP:https://qs-mall.jp/abeno/event/?cmd=detail&evt_id=2851

■遊び・学び・成長できる5つのゾーン
「キューズランド ベビー」は、スペース内に5つのゾーンを設置し、遊びだけでなく、学び、成長を実感できる場となっている。

ディスプレイゾーン
イベントで制作した作品を展示できるスペース。壁面がホワイトボードになっており、文字を書いたり、磁石で作品を展示することができる。棚には立体作品を展示することもできる。
お絵描きゾーン
壁面がホワイトボードになっており、お絵描きや磁石のおもちゃを使った遊びが可能。
親同士のコミュニケーションボードとしても利用可能。
遊具ゾーン
壁面には、つかまり立ちができる遊具や音の鳴る遊具を設置。
からだあそびや触る・見る・聞くなどの経験を通して、身体能力の発達や豊かな感性を養う。
フォトゾーン
キューズモールのキャラクターと背比べをしたり、同じポーズで写真を撮ったりすることができるフォトゾーン。子どもと楽しみながら、成長を記録することができる。
プレイゾーン
もりの中の「ちいさなおか」をイメージしたクッションを配置し、座ってバランスを取ったり、避けてハイハイするなど自由な遊びを誘発する。イベント開催時には、広々としたフリースペースとして利用可能。

東急グループ三者が新たな「学び」の機会や場を提供 第一弾は期間限定のサマースクール「ニコタマサマーキッズラボ」

 東急株式会社、東京都市大学、株式会社東急キッズペースキャンプは、三者の教育に関するノウハウやリソースを結集し、これからの時代に求められる「学び」分野において連携し、次世代の子ども達に向けた新たな機会や場を創造していく。
 実証イベントの第一弾として、2022年8月23日~8月28日の6日間、東京都市大学が運営する「二子玉川夢キャンパス」にて、期間限定のサマースクール「ニコタマサマーキッズラボ」を開催する。
「ニコタマサマーキッズラボ」では、“自分発のワクワク・ドキドキで「学び」を楽しむ6日間!”と題し、東京都市大学、キッズベースキャンプなどによる無料のワークショップを連日開催するほか、次世代教育に先駆けて取り組む教育の専門事業者が集結し、国内でも広がりつつあるSTEAM教育や探究学習の有料スクールを実施する。

 東急グループは2022年9月2日に100周年を迎える。これまで東急グループでは、2つの学校法人(五島育英会、亜細亜学園)を設置、東急線沿線に多数の大学や教育機関を誘致してきたほか、女性の社会進出や共働き世帯の需要に応えるべく、2008年より学童保育事業に参入し、現在では東急線沿線を中心に直営の民間学童保育を22店舗運営するなど、創業以来、「人づくり」に向き合い社会課題の解決や価値創造に取り組んできた。

 東急の「沿線を中心とした街づくりを通じて培ってきた人づくりを含む事業開発力」、東京都市大学の「理工系を軸としたものづくり教育や時代のニーズを捉えた先進的な教育プログラムを実践するノウハウ」、東急キッズベースキャンプの「社会につながる人間力を育成する独自メソッドや高いコーチングスキルを持ったキッズコーチなどのリソース」を総合的に生かし、次世代の子ども達に必要な新たな「学び」の機会や場を提供していくことで、東急線沿線や社会全体の豊かさに貢献することを目指す。

 三者は、今夏の実証イベント以降も、東急グループ各社をはじめ、地域や外部の教育関係者とも連携しながら、これからの時代に求められる新たな「学び」の普及と浸透を推進する。

社会福祉法人東京児童協会 大和証券「こどもの未来プロジェクト」支援団体として採択

 都内で認可保育園・認定こども園を運営する社会福祉法人東京児童協会は、大和証券「大和証券グループ120周年記念 こどもの未来プロジェクト」の一環として、亀戸支店より50万円の寄付を受けた。
 このプロジェクトは2022年5月に創業120周年を迎える大和証券グループが、未来を担う子ども達への支援を目的に行われている。社会福祉法人東京児童協会内で行われている絵本プロジェクトの活動費として活用する予定。

社会福祉法人 ​東京児童協会HP:https://tokyojidokyokai.com/
ONE ROOF ALLINANCE HP:https://one-roof-alliance.com/
​大和証券「こどもの未来プロジェクト」HP:https://www.daiwa-grp.jp/sdgs/stakeholder/children/

松戸市 館蔵資料展「古文書をみる、絵図をよむ 江戸時代編」開催

 松戸市立博物館は、毎年館蔵資料を調査した成果を披露する展覧会を開催している。今年度2回目は、市内の旧家から寄贈された古文書(こもんじょ)を中心に、絵図や浮世絵も展示する。
 江戸時代、いまの松戸市域には60近くの村があり、名主(なぬし)・組頭(くみがしら)・百姓代(ひゃくしょうだい)の三役人が村を運営した。領主と村の間で行き来する命令や要望は文書で行われたため、たくさんの古文書が残された。この展示では、秋山村(現、松戸市秋山)と大谷口村(現、松戸市大谷口)を中心に、納税や借金・離婚などのさまざまな種類の古文書や村の様子を描いた絵図・浮世絵などから、江戸時代の人々がどのような生活を送っていたのかを探る。

展示会期:令和4年7月16日(土)~8月28日(日)
午前9時30分から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(7月18日祝日は開館)7月19日(火)、8月26日(金)

展示会場:松戸市立博物館 企画展示室

交通アクセス:①JR新八柱駅・新京成線八柱駅より徒歩約15分
または同駅から新京成バス3番乗り場より小金原循環・新松戸駅行「森のホール21・公園中央口」下車すぐ
②JR新松戸駅から新京成バス3番乗り場より新八柱駅行「森のホール21・公園中央口」下車すぐ

観覧料:無料

▼関連事業
・学芸員講演会
日時:令和4年7月31日(日)13時~15時
講演名:「古文書からさぐる松戸の江戸時代」
講師:富澤 達三(当館学芸員)

・歴史を語る
日時:令和4年8月6日(土)13時~15時
講演名:「(仮題)近世松戸の村とくらし」
講師:出口 宏幸氏(江東区文化財主任専門員)

コピックの人気シリーズに限定色が登場 「マルチライナーターコイズ」8月1日より数量限定で発売

 コピックを製造・販売する株式会社トゥーマーカープロダクツ(東京・品川区、石井 剛太 代表取締役社長)は、2022年8月1日(月)より「コピックマルチライナー ターコイズ」を数量限定で販売する。オンラインサイトおよびコピック取扱店舗で購入が可能となる。

 コピックマルチライナー ターコイズは、人気のドローイングペン「コピックマルチライナー」シリーズに数量限定で追加される限定色モデル。マルチライナー ターコイズにはレギュラー製品のコピックマルチライナー同様に耐水性、耐アルコール性の顔料インクが採用されており、コピックのマーカーとあわせて使用できる。

 今回発売する限定色は、ユーザーの方からの要望が多かった水色系から採用した色で、夏発売にぴったりの爽やかな青緑色となる。また、35周年限定モデルとしてペン全体がインクの色をイメージしたカラーになっており、通常のマルチライナーと異なる特別なデザインに仕上げている。

製品名:コピックマルチライナー ターコイズ
価格 :1本 275円(税込)
    4本組セット(0.05、0.1、0.3、0.5mm):1,100円(税込)
線幅 :全5種類(0.03、0.05、0.1、0.3、0.5mm)
成分 :水性顔料インク(耐水・耐アルコール)

製品ページ:
https://copic.jp/limited/multiliner_turquoise/

発売日
出荷開始日:2022年7月26日(火)
販売開始日:2022年8月1日(月)