Category: 塾ニュース|受験

サイバー大学が令和6年能登半島地震で被災した入学予定者、在学生の学費等を免除する特別奨学金制度を導入

 サイバー大学(川原 洋 学長、福岡市東区)は、2024年2月22日より、令和6年能登半島地震で被災した入学者、在学生へ学習の機会を継続的に提供するため、学費負担を必要としない特別奨学金制度を導入した。

●令和6年能登半島地震で被災した入学者、在学生を対象に特別奨学金制度を導入
●新入生は、卒業までにかかる授業料および学習にかかる諸費用すべてを無償とする
●在学生は、2024年4月以降、卒業までの授業料および学習にかかる諸費用を無償とする※適用条件あり

導入の背景および目的
 サイバー大学は「情報革命で人々に学習の機会を」を理念とし、時間や場所等の個人の環境や条件を問わず、勉学に意欲のある多くの人に幅広く質の高い学修機会を提供し、社会の形成者として有能な人材を育成することを目標に掲げている。
 また、国連総会で採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)の目標4「質の高い教育をみんなに」に対し、デジタルテクノロジーを駆使した「開かれた大学」として、生涯にわたって誰でも希望する教育が受けられるよう環境づくりに努めている。
 令和6年能登半島地震は地域に非常に大きな被害をもたらした。同学は就学希望者への復興支援の必要性を鑑み、被災地特別奨学金制度の導入を決定した。被災地域に居住する就学希望者が平時とは異なる状況においても進学を断念することのないよう、また、今後復興を遂げる過程で環境が変化しても学修を継続することができるよう、通学を一切必要としないフルオンライン大学である同学の特長を活かして支援する。

制度概要
(1)対象地域
 災害救助法適用地域(石川県・富山県・新潟県・福井県)※第2報まで
(2)対象者
 ①2024年度入学者(春学期生・秋学期生)・2025年度入学者(春学期生)
 ②2024年度に本学に在学している学生(新入生除く)
 ※正科生のみ(科目等履修生・特修生等は除く)
(3)内容
 ①2024年度入学者(春学期生・秋学期生)・2025年度入学者(春学期生)
  入学から最大6年間、124単位履修分等を全額免除
 ②2024年度に本学に在学している学生(新入生除く)
  卒業までの学費等を全額免除
(4)申請期間および申請方法
 詳しくは以下に記載の入試係までお問い合わせください

※出願者の入試合否判定および制度適用の可否は学内で審査・判定する。
※今回の被災による影響で、同学への出願・受験に際し配慮が必要な場合は、事前に相談へ。

小学受験統一模試 3月17日・20日に首都圏4会場で新年長児第1回小学受験統一模試を実施

 有限会社教育図書⼆⼗⼀(東京・豊島区、吉⽥ 敬亮 代表取締役)は、2024年3月に首都圏4会場で新年長児第1回小学受験統一模試を実施する。

「小学受験統一模試」は、300以上の幼児教室と教育図書21が共同開催する全国最大級の小学受験模擬テスト。年間のべ10,000名以上、各回2,000名程度の子供が受験している。2024年3月17・20日に東京・埼玉・神奈川の4会場にて新年長児対象のプレ統一模試を実施する。2024年度に新年長児となる児童を対象した第1回目の統一模試。

【申し込み開始】新年長児第1回小学受験統一模試2024年3月17・20日
スケジュール
3/17(日)
・東京会場 国立学園小学校 10:00~12:00(受付9:20-9:50)
・神奈川会場 AP横浜 10:00~12:00(受付9:20-9:50)
 神奈川会場ではカリタス小学校、精華小学校、桐蔭学園小学校の校長先生及び副校長先生による「特別講演会」を予定しております。

3/20(祝水)
・埼玉会場 星野学園小学校 10:00~12:00(受付9:20-9:50)
・東京会場 品川翔英小学校 10:00~12:00(受付9:20-9:50)/13:30~15:30(受付12:50-13:20)

※試験内容は全会場共通。会場は申込時に選択。各会場とも定員になり次第締切となる。

対象
新年長児

参加費用
10,000円(現金当日支払い)

 新年長児第1回となる小学受験統一模試は、数量・図形・記憶・言語・常識・推理の全ペーパー領域に加え、運動・行動観察を出題する。志望校合格に向けての課題を明らかにするために、希望の会場で試験本番さながらの雰囲気を体験し、現在の実力が確認できる。各会場併設イベントとして、小学校会場では会場校の先生による講演会や試験解説を実施する。神奈川会場では、カリタス小学校、精華小学校、桐蔭学園小学校の校長先生及び副校長先生による「特別講演会」を実施。この講演会は、神奈川会場の参加者限定での実施となる。

申し込みはこちら:https://d5h000001wmiveac.my.site.com/kt21form/s/2024touitsu-no1

小学受験統一模試 年間試験日程
・第1回小学受験統一模試 
 実施日:3/17(日)20(祝水) 申し込み受付中
・第2回小学受験統一模試 
 実施日:4/14(日)21(日)  2024年3月中旬申し込み開始予定
・第3回小学受験統一模試
 実施日:5/6(祝月)12(日)  2024年4月中旬申し込み開始予定
・志望校別オープン模試
 実施日:6/16(日)     2024年5月中旬申し込み開始予定
・第4回小学受験統一模試
 実施日:7/14(日)15(祝月) 2024年6月中旬申し込み開始予定

8月以降のスケジュールはこちら:https://mitsumeru21.com/moshi/schedule/

香川県公立高校入試 推薦出願倍率確定値 高松西3・62倍

 香川県教育委員会は2024年1月25日、2024年度(令和6年度)香川県公立高等学校の自己推薦選抜出願者数を発表した。願書締切後の確定出願倍率は、坂出(普通)5.45倍、高松西(普通)3.62倍、高松南(看護)3.55倍など。

 2024年度香川県公立高等学校の自己推薦選抜は、1月25日午後4時に出願を締め切った。全日制全体の自己推薦選抜の出願者数は、前年度比168人減の2,589人。出願締切後(1月25日午後4時現在)の確定出願倍率は2.01倍となった。

 学校・学科別の出願倍率がもっとも高いのは、坂出(普通)5.45倍。志願倍率が3倍以上の高倍率となったのは、高松工芸(工業・建築)3.73倍、高松西(普通)3.62倍、高松南(看護)3.55倍、善通寺第一(工業・デザイン)3.64倍、多度津(水産・海洋生産)3.11倍、笠田(農業・農産科学)3.00倍の6校6学科であった。

 このほか、観音寺第一(普通・理数)2.82倍、高松南(家庭・生活デザイン)2.82倍、三木(総合)2.77倍、高松商業(外国語・英語実務)2.75倍、高松工芸(工業・工芸)2.71倍、高松工芸(工業・機械)と(工業・電気)が2.64倍など。

 全国からの生徒募集枠には、前年度より11人少ない36人が出願。確定出願者数は、観音寺第一(普通・理数)8人、高松商業(商業)5人、坂出(音楽)4人、観音寺総合(総合)4人、香川中央(普通)3人、高松北(普通)2人、高松第一(音楽)2人など。

 自己推薦選抜の検査・面接日は2月1日、合格者発表は2月7日に行われる。一般選抜は、願書受付が2月14日・15日、志願変更が2月20日~22日、学力検査が3月7日、適性検査・面接が3月8日。追検査は3月16日・17日に設定されており、合格発表は3月19日に行う。

国際基礎学力検定「TOFAS」第12回、2024年2月15日(木)より開始

 株式会社スプリックス(東京・豊島区、常石 博之 代表取締役社長)は、国際基礎学力検定「TOFAS(Test of Fundamental Academic Skills)」の第12回検定を、2024年2月15日(木)より、受験料無料にて実施する。これまでの累計受験者数は350万人を超え、実施国数も増え40カ国以上にいたっている。日本国内においても、基礎学力の重要性がこれまで以上に強く叫ばれる中、海外・国内ともに、TOFASの受験者数は飛躍的に伸長している。
「TOFAS」公式Webサイト:https://tofas.education/jp


TOFAS第12回検定の概要
受験日・時間
 2024年2月15日(木) ~ 2024年2月21日(水)
申込期間
 ~ 2024年2月12日(月)
基本情報
 対象科目 :計算、英単語、漢字・語い
 検定時間 :各40分
 合格ライン:正答率80%以上
 出題形式 :解答選択方式(一部、解答入力方式および解答書き込み方式)
 必要な物 :PCまたはタブレット、受験情報が示されたメール、計算用紙、筆記用具
        (漢字・語い、はタブレットおよびタブレットに対応したペンが必要)

 受験結果 :受験期間終了から2週間後以降にメールを配信。Web上で結果の閲覧が可能
      :合格者には合格証(サーティフィケート)をデータにて発行
 受 験 料 :無料

申込方法
「TOFAS」公式Webサイト(https://tofas.education/jp)より申込へ。申込みページにてメールアドレスを入力後、フローに従い必要情報を登録、科目やレベルなどを選択すると手続きが完了する。

PC・スマホから自動採点 1月19日(金)・1月20日(土)・1月21日(日)実施分の旺文社「英検(R)一次試験 解答速報サービス」提供開始

 株式会社旺文社(東京・新宿区、粂川 秀樹 代表取締役社長)は、1月22日(月)より1月19日(金)・1月20日(土)・1月21日(日)に本会場・準会場で実施された、2023年度英検(R)第3回検定対応の「英検(R)一次試験 解答速報サービス」の提供を開始した。

「英検(R)一次試験 解答速報サービス」は、公益財団法人 日本英語検定協会から発表された「一次試験解答速報」に基づき、旺文社が提供する無料の自己採点サービス。
 英検1~5級の全級に対応し、Webから解答を入力するだけで、リーディング・リスニングを自動採点ができる。ライティング(英作文)は観点別の自己採点ができる。問題ごとの正誤だけでなく、技能ごと・大問ごとの正答率も自動で計算される。
 10月実施の2023年度英検(R)第2回に対応した「英検(R)一次試験 解答速報サービス」は、1.6万人以上(※2023年10月8日以降の利用者数 旺文社調べ)が利用した。

▼解答速報サービスの利用方法

  1. Webサイト「旺文社の英検(R)合格ナビゲーター」(https://eiken.obunsha.co.jp/index.html)から、「英検(R)一次試験 解答速報サービス」へアクセス。受験級と受験日を選択する。
  2. オンラインマークシートに解答を入力し、「答え合わせ」ボタンをクリックする。
  3. 技能ごとの正答率や問題ごとの正誤が瞬時に表示される。

「英検(R)一次試験 解答速報サービス」は、1月19日(金)・1月20日(土)・1月21日(日)に本会場・準会場で実施された検定に対応している。今後は、2024年6月に実施予定の2024年度第1回検定(本会場・準会場実施)にも対応予定。

都立高 志望倍率 豊島2・37倍 青山1・70倍

 東京都教育委員会は1月9日、24年度(令和6年度)都立高校全日制等志望予定(第1志望)調査結果を公表した。都立高校全日制の志望率は71・98%で、前年度(23年度)より0・38ポイント増加し2年連続で増えた。
 24年度都立高校全日制等志望予定調査は、都内区市町村立中学校と義務教育学校(609校)の卒業予定者7万8108人が対象。23年12月13日の調査時点で、卒業予定者のうち88・39%が全日制高校等への進学を志望(前年度比0・89ポイント減)。このうち4万9431人が都立高校を志望し、都立高校志望率は前年度比0・38ポイント増の71・98%となった。18年度から5年連続で減少が続いていたが、23年度に続き2年連続で増加した。
 都立高校全日制の総募集人員3万9807人に対し、志望予定者数は4万9176人、志望倍率は1・24倍。

関西学院大学 被災者支援で受験料を免除 能登半島地震

 関西学院大学は1月9日、能登半島地震で被災した受験生について、24年度一般入試の受験料を免除すると発表した。
 対象となるのは、災害救助法が適用される新潟、富山、石川、福井4県(計35市11町1村)の被災世帯の受験生で、今回の地震や津波で家計を支える親らが死亡したり、自宅が壊れたりした人。今月4日に始まった出願に必要な調査書や成績請求票、被災状況を証明する書類が準備できない場合に加え、インターネットを通じて出願できない場合でも個別に対応する。被災前に実施した入試は対象外。

 関学広報室は「余震が断続的に発生し、不安な時を過ごされていると思うが、少しでも安心して受験できる環境を提供したい」としている。
 問い合わせは関学入学センター(0798-54-6135)。

大学入学共通テスト 石川県内の追試験会場は金沢大に 盛山文科相

 盛山文部科学大臣は、1月9日の記者会見で「今回の地震の影響で、今月13日と14日の大学入学共通テストの本試験を受験できない人たちが受験しやすいよう、追試験会場を設置する予定としていたが、追加される試験場は、金沢大学の角間キャンパスとなることが決定した」と述べた。収容人数などは今後の状況変化を踏まえながら必要な人数を受け入れられるよう準備を進める。

『しゅくだいやる気ペン』×『漢検スマート対策』冬休み応援キャンペーン開始

 コクヨ株式会社(大阪市、黒田 英邦 社長)とイマジニア株式会社(東京・新宿区、澄岡 和憲 社長)は、冬休みの家庭学習を応援するプレゼントキャンペーンを実施する。応募者の中から抽選で5名様に「しゅくだいやる気ペン」とNintendo Switchソフト「漢検スマート対策」をプレゼントする(応募期間 2023年12月15日~25日)。

 コクヨのIoT文具「しゅくだいやる気ペン」は、市販の鉛筆に取り付け、スマートフォンアプリと連動させることで、勉強への取り組みを「やる気パワー」として“見える化”し、子どもたちの学習への意欲を高めるために開発された商品。
 イマジニアのNintendo Switch™ソフト「漢検スマート対策」は、シリーズ累計120万本のベストセラー「漢検DS」シリーズのシステムを進化させたNintendo Switch初の漢検対策ソフト。本気で漢検合格を目指したい方から手軽に楽しく漢字を学びたい方まで、年齢を問わず幅広く楽しめる。また「漢検スマート対策」には、全国のプレイヤー総勢55人と早押し漢字クイズをオンライン上で楽しめる「早押し!漢字スタジアム」の30日無料プレイチケットも同梱されている。

【キャンペーン概要】
■キャンペーン名:「しゅくだいやる気ペン」×「漢検スマート対策」冬休み応援キャンペーン
■プレゼント応募期間:2023年12月15日(金)~ 2023年12月25日(月)
■プレゼント内容:
「しゅくだいやる気ペン」と Nintendo Switchソフト「漢検スマート対策」のセット(5名様)
 2024年1月中旬 に発送予定

■応募方法
プレゼント応募期間中に、下記応募フォームよりお申込みください
(応募フォーム)
https://forms.gle/7qqEdaarWc7uNQTJ7

第4回 「英検ESG祭り」 開催 全国の小学 5 年生、6年生を対象に 2024 年 3/23~31 に実施

 公益財団法人 日本英語検定協会(英検協会)は、実用英語技能検定(英検)の準会場登録をした全国の塾を対象に、第 4 回「英検 ESG 祭り」を開催する。
 この企画では、小学校英語での「英語でできること」を測る、英検 Support Program「英検 ESG」を、英検準会場登録をしている全国の塾に無償で提供する。塾を試験会場として、所属児童に限らず、近隣の小学 5 年生、6 年生を対象に「英検 ESG」を全国一斉で実施する。

 各種登録および、「英検 ESG 祭り」に関する費用は無料。(返送料のみ負担)


第 4 回「英検 ESG 祭り」
 小学校にて外国語が教科化されて4年目を迎え、日本英語検定協会は、学校だけにとどまらず、地域の塾・英会話教室とともにすべての小学 5 年生、6 年生に「英語でできることが積みあがってきている」という喜びを実感してもらうために、各地域や教育現場で格差のない公平な英語教育機会の提供を目指し、「英検 ESG 祭り」を開催している。

■塾生以外の地域の子どもたちを受け入れての実施が可能 
 →塾生以外の地域の子ども達を受け入れてくれる塾を英検協会ウェブサイトで紹介する

■試験期間を 9 日間とし、複数日程で参加が可能
 →新年度を迎える前に英語学習に不安な塾生ならびに地域の子どもたちに
 →日程:2024年3月23日(土)~3 月 31 日(日)※試験開始時間は各塾にて設定可能
詳細については、「英検ESG祭り」特設サイト」へ。

第4回 「英検ESG祭り」 実施概要
「英検 ESG 祭り」への参加は、英検団体登録および英検準会場登録をする必要がある。

準会場登録期間2023 年 12 月 15 日(金)~2024 年 1 月 24 日(水)17 時
※団体登録期間は、2024 年 1 月 17 日(水)まで
団体申込期間2023 年 12 月 15 日(金)~2024 年 1 月 31 日(水)
申込方法▶「英検ESG祭り」特設サイト」 からの団体責任者による申し込み
試験日時2024 年3月23日(土)~3月 31 日(日)の 9 日間
※開始時間は各団体が自由に設定可能
※複数日程での実施可、一日の実施回数も各団体にて自由に設定可能
受験料無料 ※試験後の解答用紙等の返送費は試験実施団体の負担となる。
技能数/試験時間 出題範囲技能数:2技能(リーディング、リスニング) 試験時間:30分
※問題配布・回収時間を除く 出題範囲:小学校の教科化された外国語学習指導要領に沿う
※第 1 回~第3回英検 ESG 祭りで使用した問題にて実施する。
受験対象団体英検団体登録・準会場登録をしている塾/英会話教室
※安全な受験環境担保のため、協会規定の英検団体/準会場登録をすることが必須となります。
受験対象者 対象学年通われている塾生ならびに地域の子どもたち
対象学年は2023年度 小学5年生、小学6年生 (挑戦したい小学3・4年生も参加可能)
最少受験人数10名以上 (地域の子どもたちも受け入れ可能)
受験形式試験資材(問題・解答用紙)を使い、受験する。
英検協会にて実施マニュアルを用意している。
備考「英検 ESG 祭り」に限り、申し込み時点では、受験者確定人数ではなく、
最大での受験予定人数での申し込みが可能。

※2023 年 12 月 1 日現在の情報です。今後の動向によって情報が更新される可能性があります。最新情報は英検ウェブサイトをご確認ください。

「英検ESG祭り」および「英検準会場登録」 に関する説明会を開催
「英検 ESG 祭り」、「英検準会場登録」について、「オンライン説明会」も実施している。 参加するには「学習塾向け オンライン説明会ご案内ページ」へ(https://www.eiken.or.jp /seminar/juku /


所属生以外の外部生(一般受験者)の受け入れについて

・ 英検 ESG 祭りは、英検の実施と同様、所属の塾生に限らず、外部の小学 5・6年生を受け入れていただける塾を募っています。
・ 英検 ESG 祭りに参加を希望される塾は、企画の趣旨にご賛同し、所属の塾生だけでなく、近隣の小学 5・6年生への学習機会の提供支援に協力するようお願いいたします。
・ 申し込みをされる時点で、所属の対象の塾生の人数に加えて、小学 5・6年生の受け入れ可能人数を概算し、 予定人数として申し込みをすれば、試験直前まで受け入れが可能です。