Category: 塾ニュース

「Z会」が学習SNSアプリ「Studyplus」にて、高校2年生・3年生を対象に3教科(英国数)の理解度チェックができる「重要単元振り返り一問一答」を開催

 株式会社Z会は2020年8月3日(月)から8月31日(月)まで、学習SNSアプリ「Studyplus」にて学生向けの勉強応援企画「重要単元振り返り一問一答」をスタディプラス株式会社と共同で開催する。

 株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社である株式会社Z会(静岡・三島市、藤井 孝昭 代表取締役社長)は、学習管理サービス事業を運営するスタディプラス株式会社(東京・千代田区、廣瀬 高志 代表取締役社長)と共同で、「勉強応援」をコンセプトとした特別企画「重要単元振り返り一問一答」を8月3日より開始する。

「重要単元振り返り一問一答」は、高校2年生~高校3年生を対象としたクイズ形式のユーザー参加型企画。主要3教科(国語・数学・英語)について前学年の学習範囲の重要単元を効率的に振り返ることができる。

 Studyplusアプリ内にて、Z会が厳選した良問48問(一問一答形式)を期間中3回に分けて出題する。参加者は問題を解くことで、各科目の苦手なポイントや弱点を把握し、実力向上につなげることができる。新型コロナウイルス感染拡大による休校・分散登校やその後のハイペースな授業の影響で、前学年の期末に総復習の機会を逃してしまった今年の高校生ユーザーを応援する企画だ。

「重要単元振り返り一問一答」開催概要

【対象者】
Studyplusを利用している高校2年生・高校3年生

【期間】
2020年8月3日(月)〜2020年8月30日(金)

【企画内容】
Studyplusを利用する高校2年生・高校3年生のために、Z会が厳選した主要3教科(国語・数学・英語)の重要単元の問題を各教科8問ずつ、一問一答形式で出題。解き進める毎に問題の難易度が上がる。高校2年生向けは高校1年生の学習範囲、高校3年生向けは高校2年生までの学習範囲内からの出題となり、問題は期間内であれば何度でも解きなおすことができる。

【問題公開予定日】
8月3日(月)英語 8問
8月10日(月)国語 8問
8月17日(月)数学 8問
※高2向け・高3向け共通

【参加方法】
Studyplus内の特設ページより「はじめる」をタップする
※「はじめる」をタップすると、Studyplus内公式アカウント「Z会」を自動的にフォローする。

楽天「新規生徒獲得のためのWEBを活用した集客セミナー」を開催

 楽天株式会社(以下、楽天)は、「新規生徒獲得のためのWEBを活用した集客セミナー」と題し、8月5日、8月27日の2つの日程で、学習塾経営者、およびマーケティング担当者向けのセミナーを開催する。本セミナーでは、楽天がこれまでインターネットサービスで培ったオンラインにおける集客のノウハウや、はじめてオンライン上で集客を行う場合でも手軽に始められる集客手法について紹介する。

 また、今回は、学習塾等の教育機関での集客プロモーションを専門とする、株式会社インパクト代表取締役井形友幸氏を特別ゲストに迎え、現代においての集客を成功させるためのマーケティング手法について、事例と共に詳しく解説する。塾の規模にかかわらず、有効な集客手段について情報を得たいと考える塾にとっては必見のオンラインセミナーである。

■開催概要「新規生獲得のための、WEBを活用した集客セミナー」
日時:8月5日(水)13:00~14:20  8月27日(木)13:00~14:20
  ※紹介するコンテンツは両日程ともに同一のもの。
形式:オンライン配信(Zoom)
以下フォームより参加申し込みすることで、セミナー参加用URLが送付される。
セミナー申込み用URL:https://forms.gle/WcwgLL9pv2oy5VLH7
参加費:無料

7月のレジ袋辞退率77%に ファミリーマート

 株式会社ファミリーマートは、7月のレジ袋辞退率が有料化前の30%から77%(速報値)となったと8月3日に発表した。
 プラスチック製買物袋の有料化義務化に伴い、2020年7月1日からレジ袋の有料配布を開始した。また、ファミリーマートでは、中長期的な環境目標として、「ファミマecoビジョン2050」を掲げ、プラスチック対応に取り組んでいる。また、買物の際にファミリーマートのバーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」を提示し、レジ袋を辞退するとエコスタンプが進呈されるキャンペーンも実施中。7月のエコスタンプ進呈数は、累計で550万個を突破。エコスタンプは、30個貯まると、対象商品のクーポンと交換ができる。

 ファミリーマートによると、このたびのバイオマス素材配合のレジ袋への切り替えと、現状のレジ袋辞退率が今後も続くことで、年間で約9,000トンの石油系プラスチックの削減効果が見込まれるという。

 ファミリーマートのほか、セブンイレブンやローソンなどが加盟する日本フランチャイズチェーン協会は、2030年度までにコンビニのレジ袋辞退率を60%以上にする目標を掲げている。

AI型教材「Qubena中高英語 by河合塾」iOSに加え、新たにChromebook、Androidスマートフォンに対応

 学校法人河合塾と株式会社COMPASSは、2社で共同開発をし、教育機関向けに提供するAI型教材「Qubena中高英語 by河合塾」が、ChromebookとAndroidスマートフォンに対応したことを発表した。「Qubena中高英語 by河合塾」は、今春よりサービスを提供開始し、既に全国の中学校・高等学校を中心に利用されている。幅広いデバイスで利用できるよう、従来対応していたiOSに加え、教育機関において普及が進んでいるChromebookとスマートフォン市場における約半数のシェアを占めるAndroidスマートフォンへの対応を行った。

<対応端末>
◆新規追加
・タブレット 【Chromebook】 OS:バージョン80.0以降
・スマートフォン 【Android】 OS:バージョン6.0以降

◆従来
・タブレット 【iPadOS】 OS: バージョン13.0以降
・スマートフォン 【iOS】 OS:バージョン13.0以降

密を防ぐ、予約できるトイレの実証実験開始 横浜「相鉄ジョイナス」

 7月29日、横浜駅西口の商業施設「相鉄ジョイナス」で予約制トイレ「QREA」(クリア)の実証実験を行うと相鉄グループの相鉄ビルマネジメントが発表した。実験機関は、7月30日〜8月30日までの1ヶ月間。LINEの公式アカウントのチャットBot「QREA Bot」を通じ、スマートフォンから施設内のトイレを予約できる。使用後の利用者にアンケートを依頼し、利点と課題を尋ね、実用化に反映させる。

「QREA Bot」にトイレの予約希望を伝えると現在の使用状況を表示し、空いていればその場で予約できる。また、トイレまでのアクセスや周辺の写真なども表示される。
 予約が完了すると個室はリモートで鍵がかけられされ、予約者以外は使用できない。予約者はQREA Botが表示したボタンを押して鍵を開ける仕組み。予約時間から、10分経過すると自動キャンセルされる。キャンセルすると、鍵は自動で解除される。

 今回の実験場所は相鉄ジョイナス地下2階エレベーター前にあるトイレ(男女各1個室)のみだが、QREAを複数のトイレに導入すると、空いているトイレの検索も可能となる。

「QREA」を開発したのは、佐賀市のベンチャー企業「Duchamp(デュシャン)」。代表の佐藤卓哉さん自身が過敏性腸症候群(IBS)に悩み、その経験から開発に至ったという。全国に1200万人いるというIBS。そんな人たちへ少しでも安心を届けたいという思いで開発された。また、コロナ禍においてトイレ待ちの密を防ぐ効果も期待できる。実験は無料で予約可能だが、いたずらなどの問題が予想されることから実用化に向けて有料化を検討中だ。

四日市温泉おふろcafe 湯守座にて、こどもの銭湯デビューを応援する「こども銭湯」を開催

 株式会社旅する温泉道場(三重・四日市市、宮本 昌樹 代表取締役)が運営する四日市温泉おふろcafe 湯守座(三重県四日市市)は、8月2日(日)に、こどもの「ひとり銭湯デビュー」を応援する「こども銭湯」を開催する。
 タオルを浴槽に入れない・走らない等、昔なら周りのおじいちゃん・おばあちゃんから教えてもらえた公共の「おふろのマナー」。最近はそうしたつながりも減ってしまっていて、その結果、入浴マナーを知らないまま大人になってしまうことも。
 おふろcafe 湯守座では、正しい入浴の「文化」、そしてお風呂が楽しいという「経験」を次の世代のこどもたちに伝えるべく「こども銭湯」を開催する。

 開催時間は15時から90分程度を予定。まず「空腹で入浴しない」を伝えるためにお菓子を食べながら、入浴マナーを紙芝居で学ぶ。その後、実際のお風呂場での良いマナー・悪いマナーを「温泉ソムリエ」の資格を持つスタッフがこどもたちに伝えていく。締めは、湯上りのお楽しみ。大内山牛乳販売店(有)宏和に協賛いただいた「瓶牛乳」を腰に手を当ててながらみんなで飲んで解散。

■こども銭湯
開催日時:
2020年8月2日(日) 15:00〜

開催場所:
四日市温泉 おふろcafe 湯守座 浴室
三重県四日市市生桑町311 
https://ofurocafe-yumoriza.com/

中国発、HelloTalk Inc.が日本法人を設立 世界2000万人が教え合う多言語学習コミュニティを提供する同社が、日本市場向けに新たに3種のアプリも提供開始

 HelloTalk Inc.(中国深セン、魏立華(Wei Lihua ウェイ リファ、英名:Zackery  ゼッカリ)代表)が提供する多言語学習コミュニティアプリ「HelloTalk(ハロートーク)」は、世界175カ国、2000万人が利用する。

 日本においても、2013年より「HelloTalk」の日本語対応がスタート。現在、国内の利用者は150万人を突破している。そして今回、同社は、日本国内でのさらなる事業加速のため日本法人HelloTalk Japan 合同会社を設立した。

「HelloTalk」は、独自のSNSプラットフォームを介して、世界中の語学学習者たちが、場所や国籍を問わず、リアルタイムにチャットしながら、母語を指導しあうサービスだ。音声による交流も可能で、他にも言語学習支援に特化した機能を多数搭載する。

 今回、日本法人の設立と同時に、日本市場向けに、新たに以下の3種の語学学習アプリの提供も開始。同社は1年以内に利用者数の倍増を目指す。

・『AI Grammar』

 AIによる文法自動訂正アプリ。

 1日に何万回と生じるHelloTalk上での、実際の英文修正、校正記録データに基づき開発された。AIが文法のミスを自動で修正してくれる。スペル、フレーズの成り立ち、文面、主語述語の構成や不一致、冠詞、代名詞、名詞の誤りの添削だけに限らず、句読点に関しても正しく効率的に修正処理が行われる。利用料は無料(一部機能のみアプリ内課金有)。

AI Grammarの使用イメージ

・『HelloWords』

 23ヶ国語対応のゲーム感覚で単語学習が可能なアプリ。

 検索フィルター機能を使えば、単語やレベル別にレポート、詳細な履歴をいつでも確認できる。HelloTalkの教材開発チームが、実用的な2000語以上の単語や、「旅行」「買い物」「交通」「ビジネス」など全147カテゴリーごとに使用シーンや文脈を選別。アプリ利用者の希望に応じて、「海外旅行」や「仕事での出張」などで頻繁に使う単語を優先的に抽出して学ぶことができる。利用料は無料(一部機能のみアプリ内課金有)。

・『English Times』

 リーディングを中心とした言語学習アプリ。

 膨大な記事や豊富なコンテンツは、英語教育の国際資格であるTESOLの資格をもつプロが精緻に作成している。また、アメリカの読書評価システムに従って、読者の読書レベルと興味に合った記事を自動的に提供してくれるのが最大の特徴だ。それ以外にも、ワンクリックで単語や文章の翻訳ができるなど、ストレス無く自然に英語を学ぶことができる。利用料は無料(一部機能のみアプリ内課金有)。

■会社概要

【日本法人】

会社名:HelloTalk Japan 合同会社

所在地:東京都渋谷区松濤一丁目28番2号

代表者:魏立華(Wei Lihua:ウェイ リファ)英名:Zackery(ゼッカリ)

設立:2020年7月

資本金:100 万円

事業内容:HelloTalk, AI Grammar 英語添削に関わる営業・プロモーション業務URL:https://www.hellotalk.com/?lang=ja

【中国本社】

会社名:HelloTalk Inc.

所在地:FLAT 1506, 15/F, LUCKY CENTER, NO.165-171 WAN CHAI ROAD, HONGKONG,WAN CHAI, HONG KONG.

代表者:魏立華(Wei Lihua:ウェイ リファ)英名:Zackery(ゼッカリ)

創業:2012年12月

事業内容:HelloTalk、AI Grammar 英語添削などその他付帯サービスの開発・販売・マーケティング

URL:https://www.hellotalk.com/about/?lang=zh-hant

LINEで配信「熱中症警戒アラート」 環境省・気象庁

 環境省と気象庁は、株式会社デジタルガレージと連携し、7月31日からLINEアプリにて熱中症警戒アラート(試行)を配信すると発表した。熱中症予防対策に資する効果的な情報発信として、7月1日から「熱中症警戒アラート(試行)」を関東甲信地方において先行的に実施しているが、より一層の情報発信を進めるための施策だ。

 今年度は、関東甲信地方の1都8県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、長野県)で先行的に実施し、来年度から全国展開予定している。
 LINE公式アカウントに友だち追加することで、熱中症警戒アラート(試行)が発表された際に情報を受け取ることができる。配信期間は、7月31日~10月28日。メニュー画面の「アラート地点設定」から都県選択と配信設定を行うと、熱中症警戒アラート(試行)の発表の都度(前日18時頃、当日7時頃)、お知らせメールが届く。
 7月1日から「熱中症警戒アラート(試行)」が1都8県で試行されているが、暑さ指数が低い状態が続き、まだ一度もアラートは出ていない。だが、関東の梅雨明け後の気温上昇が予想され、アラートが発表される日も近いだろう。

■公式アカウント
・アカウント名 :環境省
・LINE ID :kankyo_jpn

「図書除菌機」設置でコロナ感染対策 三重県亀山市市立図書館

 三重県亀山市の市立図書館では、新型コロナウイルス感染防止対策として、本の衛生管理のため「図書除菌機」を設置している。
 設置された「LIVA図書除菌機」は、電子レンジ型のボックスタイプ。除菌時間は、1回30秒。本の下から風をあて、ページ間に挟まったホコリ、髪の毛、フケなどを除去し、本を開いた状態で紫外線(UV-C)を照射し、ページのなかまで除菌する。さらに、消臭抗菌剤を循環させ、煙草臭、ペットのにおいなどもとる。同時に6冊まで除菌可能。図書館利用者は、借りた本を家に持ち帰る際に使用する。
 同館では、コロナ感染防止対策として、除菌機の他、来館者はマスクを着用し、入り口で手を消毒して入館。閲覧コーナーは密接を避けるため、椅子の間隔を空け、飛沫(ひまつ)防止パネルを設置。現在閉鎖している学習室は、夏休みが始まる8月1日から再開を予定。

 同様の除菌機は、神戸市立須磨図書館や新宿区立下落合図書館など全国の244館の図書館で利用されている。新型コロナウイルス感染防止のため需要が高まり、今後導入する図書館の数は増えるだろう。

株式会社COMPASS 「GIGAスクール構想」実現に向けたAI型教材Qubena の”5教科”対応版を2021年4月より提供開始

 AI型教材Qubena を提供する株式会社COMPASS(東京・千代田区、小川 正幹代表取締役)は、公教育向けにAI型教材Qubenaの5教科対応版を2021年4月より提供開始することを発表した。株式会社COMPASSはこれまで、算数/数学、英語に対応した教材を提供してきたが、対応教科を大幅に拡大し、小学校・中学校の算数/数学・国語・理科・社会・英語の主要5教科に対応したアダプティブラーニング教材を提供する。

 新型コロナウイルスによる休校措置等の影響を受け、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」のスケジュールが前倒しされた。各自治体でも、今年度中に学校への一人一台端末の配備を進めており、インフラ環境の整備は急速に推し進められている。

 現在提供しているQubenaの算数/数学・英語の2教科で個別最適化学習を実現し、導入校や経済産業省の「未来の教室」実証事業等において、学習への取り組み姿勢と学力の向上や授業時数の短縮の効果を示してきた。この個別最適化学習をより多くの教科で実現するため、小学校・中学校における主要5教科への対応に至った。

<AI型教材Qubena 5教科対応版について>
 児童・生徒一人ひとりの習熟度に合わせてAIが最適な問題を出題するアダプティブラーニング教材で、新学習指導要領の「知識技能の習得」部分を中心にして学習を行うことができる。タブレット端末とインターネット環境があればどこでも学習でき、先生用の管理画面では児童・生徒の学習履歴をリアルタイムに管理することも可能。

 ◆AI教材Qubena 5教科対応版の特長
1.個別最適化されたアダプティブラーニング
 Qubenaは間違いの原因をAI (人工知能) が解析して一人ひとりに個別最適化された問題を出題、各教科の特性に応じたアダプティブラーニングを実現。過去の単元や前の学年の分野につまずきがある場合、AIが生徒の習熟度を判定し、理解度に合わせた難易度の問題を出題する。生徒間の学力差に課題がある場合でも一人ひとりに応じた学習ができる。

 2.スムーズな手書き回答と自動採点
 洗練された手書き機能搭載で、筆記問題の文字認識や自動での正誤判定をするだけではなく、作図やグラフの問題も搭載。ノートを使った学習と変わらず直感的な操作で余計なストレスを感じることなく学習ができる。

 3.先生をサポートする学習管理ツール
 児童生徒の学習データを管理画面でリアルタイムに確認できる。クラスや個人の学習進度や理解度、問題ごとの正答率などを把握しながら、授業づくり、学習指導や成績評価ができる。また、先生が問題を選んで演習・テスト・宿題を児童生徒に配信することもできるため、プリント作成、採点業務が不要になる。