Category: 塾ニュース

私立高校を盛り上げる新サイト『高校受験エクスプレス』がサービス開始

 株式会社リヴィジョン(東京都千代田区、富永光太郎代表取締役)は、6月1日、『高校受験エクスプレス(https://jyuken-ex.jp)』を立ち上げた。高校入試を主体とし、生徒だけでなく保護者も視野に入れた情報を掲載するウェブメディアだ。

 これまで同社は、1都3県を対象にした受験校検索サイト『併願.com(https://hs-heigan.com)』、『単願.com(http://単願.com)』、この4月には『都立王(https://toritsu-king.com)』立ち上げている。

 同社が最初にリリースした学校検索サイト『併願.com』は、文字通り併願校を検索するサイトだったが、私立高校から第一希望、単願者を集めたいという声があり、それに応える形で入り口を分けた『単願.com』を作った。

 昨年からのコロナ禍で、各学校が休校中になり、私立と公立のオンライン授業の差、安全志向からか、昨年は私立単願のユーザー数がかなり伸びたそうだ。

「単願で決められるなら決めようという考えが各ご家庭であったのではないかなと思います。直接私立高校さんに聞いても同様に、単願での受験が増えているという声が多いです」と、同社メディア事業部部長の新田匡氏はコロナ禍の影響を語る。

『都立王』は、都立高校と私立高校を比較するサイトだが、大学の合格実績なども含めた都立、私立の学校の特色を見ることができ、『都立王』と名乗っているが、私立高校の優位性も見ることができるエスプリの効いたサイトになっている。

 この3つのサイトは、ユーザーが自分の内申点を入れ、住んでいるエリアや通いたいエリアを選択することで、その情報からユーザーにオススメの学校が表示される。

 このように今までは受験生を主な対象にしていたが、今回立ち上げた『高校受験エクスプレス』には、受験生だけではなく、保護者の視点も取り入れた。

 1都3県ごとに違う入試の形態、学校別の試験傾向、勉強の仕方などはもちろんこと、受験生のサポート方法や勉強できる環境作り、体調管理などの保護者向けの情報も充実している。

 また、『高校受験エクスプレス』は、学校紹介にも力を入れており、先述した3つののサイトを繋ぐ役割も担う。 同社が4つのサイトを展開する根底にあるのは「私立高校全体を盛り上げたいからです」(新田氏)という想い。「高校受験といえば『高校エクスプレス』」と真っ先に思い浮かべてもらえるサービスを目指す。

明光ネットワークジャパン 留学生特化SPI・JLPT対策 留学生向け就職支援サービスを開始

 株式会社明光ネットワークジャパン(東京・新宿区、山下 一仁 代表取締役社長)は、外国人の雇用を行う企業に対し、採用支援から外国人への研修・自社開発のオンライン日本語学習教材等を活用した日本語教育、外国人人材管理者に向けたマネジメント研修など、外国人雇用をトータルに支援するサービス「MEIKO GLOBAL」を3月より提供している。MEIKO GLOBALの新しい取り組みとして、留学生に向けた就職支援サービスを開始する。

• サービスの概要
■留学生に特化したSPI対策講座
■日本語能力試験 1の対策講座(日本国内および海外において、日本語を母語としない人を対象として日本語の能力を測定し、認定することを目的として行う検定試験)
■就職選考時の日本語指導(面接対策・書類添削)

AOIが全国の高校教員へ向けて総合型選抜(旧AO入試)の指導者向け動画コンテンツを無償提供へ

 株式会社花形(京都府京都市、小澤忠代表取締役)が運営する「総合型選抜専門塾AOI」(以下「AOI」)が、総合型選抜(旧AO入試)に関する指導補助教材プログラム「AOI for Teachers」を全国の高校教員へ無償提供している。また、同時に、指導時の課題教員の質問に答える会員制のチャットサービスの無償提供も開始した。

「AOI for Teachers」は、生徒ではなく、先生のためのツール。コンテンツは、10本の動画教材で構成され、総合型選抜の基礎知識と小論文、プレゼンテーションなどの指導・対策が学べる(2021年7月現在)。また、会員制のチャットサービスを設けることで、受験情報の共有、他校の先生との意見の交換や指導課題へのアドバイスなどを受けられるようにした。

 AOIは、総合型選抜専門塾で、科目別ではなく、「ロジカルシンキング」や「社会課題分析」など、人づくりをベースとしたカリキュラムを用意する。また、生徒の学校成績や活動実績などの基礎情報のみならず、定性評価も含めより多くのデータベースを蓄積し、総合型選抜に特化した学びを提供。これまで、ここで学んだ約1500名の生徒が、総合型選抜(AO入試)で大学に入学している。

カリキュラムは「志望理由書」などの基礎的な部分から「指導方法&方針」などの応用的な部分までを網羅(画像は「指導方法&方針」のカリキュラム例)

 同社は「AOI for Teachers」を通して、受験生やその周りの学校教員などに総合型選抜の本質を深く理解してもらうこと、それによって偏った判断ではなく正しいスタンスで選択肢を選べるような教育現場の実現を目指す。また、その先に「地域・教育格差の是正」と、総合型選抜が日本全国で主流になることで「“学校”歴社会への脱却」を図ろうとしている。

 今、全国の大学で入学者選抜改革が進められ、いわゆる5教科の点数だけで合否を決めるのではなく、様々な視点で評価する総合型選抜などの入試が存在感を高めている。このような背景の中、AOIは指導者へ向けた指導コンテンツを提供することは意義深い。

 今後、総合型選抜、推薦入試をはじめとした多様化する入試への対応を推進する塾がどのように成長するか注視したい。

「第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」募集開始

 株式会社ゆうちょ銀行(東京・千代田、池田 憲人 取締役兼代表執行役社長)は、「第46回ゆうちょアデア貯金箱コンクール」( https://www.idea-chokinbako.jp/)を今年も開催する。

■学校応募期間: 2021年8月20日(金)〜 9月30日(木)  19:00まで
■個人応募期間: 2021年8月 2日(月)~ 9月20日(月・祝)19:00まで 

 コンクールは1975年から40年以上にわたって小学校における工作課題の定番として親しまれ、貯金箱の作製を通じて、子どもたちの造形的な創造力を伸ばすとともに、貯蓄に対する関心を持っていただくことを目的としている。

●今年から新たに加わる個人応募
 これまでの応募は学校からのみだったが、今年から新たに家庭から直接応募できる個人応募が可能となる。

●募集作品は子ども目線での世相が反映
 作品には子どもたちの目から見た世相が反映され、昨年は、新型コロナウイルスを題材にした作品が多く寄せられた。

【 コンクール概要 】
■応募について
*応募期間 【学校応募】 2021年8月20日(金)〜 9月30日(木) 19:00まで
             ※郵送による応募は当日消印有効

      【個人応募】 2021年8月2日(月)~9月20日(月・祝)19:00まで

*応募方法 【学校応募】 学校の先生を通じて、第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール
             専用ホームページまたは郵送により応募。
             1校につき各学年2作品まで、合計12作品の応募が可能。
             ※特別支援学級からの応募がある学校は、12作品に加えて2作品の応募が可能。

      【個人応募】 貯金箱コンクール専用ホームページの個人応募ページから応募。
             ※郵送での応募はできない。

*参加資格  全国の小学生(応募は学校単位)
       ※義務教育学校の場合は、小学校1年生から6年生に該当する児童までが参加の対象。

*参加方法・作品について
 ・材料は自由ですが、壊れやすいもの、腐るものは避けて、持ち運びができるもの。

 ・作品の大きさは、一辺の長さを25cm以内。
 ・1人1点。 作品には個人の名前・写真等を記載しないでください。
 ・本人の創作によるもの。(保護者の過度な補助は認めておりません)
 ・最近の創作で、他のコンクール等に未発表のもの。
 ・作製者以外の人の著作物等を利用した作品は、
  著作権者等の許諾を得られた場合以外、審査対象外。

*問い合わせ先
 第46回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール事務局
 ■TEL:0120-296-285(通話料無料) ■受付時間 平日10:00~18:00

■入賞作品・賞について

Z会 自宅で受験可能な大学入学共通テスト対策テスト「Z会×スタギア 大学入学共通テスト形式 到達度確認テスト(CBT)」共同実施へ

 株式会社Z会(静岡・三島市、藤井 孝昭 代表者)は、株式会社EduLab(エデュラボ、東京・渋谷区、髙村 淳一 代表取締役社長)グループの株式会社教育測定研究所(大竹 博之 代表取締役社長)と共同で、「Z会×スタギア 大学入学共通テスト形式 到達度確認テスト(CBT)」を実施する。

 Z会がこれまで培ってきた作問能力と、JIEMによる信頼性の高いCBT技術とをかけ合わせることにより、『大学入学共通テスト』が重視する「思考力・判断力・表現力」に完全対応した新しい『大学入学共通テスト』対策として開発、スタギア『受験の窓口』にて提供する。


■ことば解説:CBT(Computer Based Testing)コンピュータ上で実施する各種試験の形態。試験に関わる一連の作業の自動化を実現する。

「Z会×スタギア 大学入学共通テスト形式 到達度確認テスト(CBT)」は、大学入学共通テストの到達度を正確に測ることができるオンラインの在宅テストとなっており、7月と12月の年に2回、一週間の試験期間中であればいつでも受験が可能。5教科16科目で、基礎問題と応用問題それぞれの伸びしろや課題をグラフから把握することができる他、志望大学別のグループ内における相対的な順位を確認することが可能となる。

  • 「Z会×スタギア 大学入学共通テスト形式 到達度確認テスト(CBT)7月」概要

形式:マーク式CBT(自宅受験)
申込期間:2021年7月15日〜7月25日
試験可能期間:2021年7月27日~8月4日(*この期間内であればいつでも実施可能)
対象:高校3年生・高卒生

試験科目:5教科16科目(「英語リーディング」「英語リスニング」「数学I・数学A」「数学II・数学B」「国語」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「世界史B」「日本史B」「地理B」「倫理,政治・経済」「現代社会」)
*試験問題は、Z会の通信教育「専科 共通テスト攻略演習」8月号教材と同一の内容(問題)。

料金:3,000円(税込)
スタギアプライム会員は500円(税込)
Z会の通信教育「専科 共通テスト攻略演習」8月号受講者は無料招待
申し込み方法https://studygear.evidus.com/testing/achievement-test_pfへ。

株式会社エデュケーショナルネットワーク、スタディプラス株式会社と協働へ 学習支援システム「オプティマスタディ」と「Studyplus for School」を連携へ

 株式会社増進会ホールディングス(藤井 孝昭 代表取締役社長)のグループ会社である株式会社エデュケーショナルネットワークは、提供する学習支援システム「オプティマスタディ」と、スタディプラス株式会社(東京・千代田区、廣瀬 高志 代表取締役)の生徒の学習記録データを集約する「Studyplus for School」との連携を決定した。
 今回の新たな取り組みは2019年にZ会グループとスタディプラスが締結した業務提携に基づくもので、エデュケーショナルネットワークとスタディプラスは初の協働となる。
 今回の協働を通して、生徒の「オプティマスタディ」での学習履歴が自動で「Studyplus for school」に記録されるようになる。

 全国の学習塾に教材、学習システムを提供するエデュケーショナルネットワークの学習支援システム「オプティマスタディ」は、タブレットなどの端末で、中学生が学習を計画的に進められるトータル学習支援システム。中学生の学習サイクルに合わせて、日々の学習はもちろん定期テスト対策から高校入試対策まで、様々な目的に応じた学習カリキュラムが作成できる。あらゆる指導スタイルや指導内容に合わせて、最適な学習サポートが可能となる。

 一方で、現在学習塾では映像授業を含め複数のデジタル教材・紙教材を併用することが多く、先生による生徒の学習進捗管理は煩雑になってしまうという一面もある。今回の「オプティマスタディ」と「Studyplus for School」の連携により、「オプティマスタディ」の学習履歴が自動で「Studyplus for School」に入ってくるだけでなく、デジタル教材・紙教材に限らず複数の教材の学習進捗の管理が「Studyplus for School」で可能になる。

■「オプティマスタディ」と「Studyplus for School SYNC」の連携概要
 今回の「Studyplus for School」との連携によって、「オプティマスタディ」での学習履歴が自動で「Studyplus for School」に記録されるようになる。また、生徒が学習管理SNS「Studyplus」を用いて自宅学習を含め学習進捗を記録することにより、先生は生徒の学習状況を容易に把握することができる。生徒の学習計画の達成状況の管理や、計画へのアドバイス・修正なども、オンラインで可能となった。これにより、「オプティマスタディ」導入教室の先生の学習管理業務の負担が軽減されるとともに、先生が生徒の学習の定着をより効果的に実現できるようになる。

 今回発表した協働に基づく、「オプティマスタディ」と「Studyplus for School SYNC」のデータ連携の開始は、2021年9月を予定している。

◆学習支援システム「オプティマスタディ」 概要
 タブレットなどの端末で、中学生の学習サイクルに合わせて学習カリキュラムが作成できるシステム教材。約200の教材群から最適な問題17.5万題を抜粋、また解説ショートムービー約1200本を搭載しており、日々の学習はもちろん、定期テスト対策から高校入試対策まで、様々な目的に応じたカリキュラムを自動作成できる。
生徒一人ひとりのカリキュラムで、学習を計画的に進めることが可能。
 HP:https://www.edu-files.com/cts/os/

◆「Studyplus for School SYNC」概要
「Studyplus for School SYNC(シンク)」は、デジタル教材と「Studyplus for School」のデータ連携を可能にするため、事業者向けに提供されるAPI。デジタル教材の利用・進捗状況といった学習データを「Studyplus for School」に集約することにより、先生の管理業務を軽減するとともに、紙・デジタルといった教材の種類にとらわれず生徒の学習データを容易に収集・分析することが可能になる。

◆Studyplus for School 概要
 教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」によって生徒の学習進捗を可視化し、先生のオフライン及びオンラインのコミュニケーションを支援するサービス。現在、全国の学習塾・予備校約500校以上に導入され、少子化・採用難・地域格差という社会課題が広がる中で、教育機関の新しいあり方・先生の新しい働き方をテクノロジーで実現する、いわゆる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を目指している。
HP:https://for-school.studyplus.co.jp/

オンラインプログラミング学習「Progate」インドネシアで大学単位として認定

 株式会社Progate(東京・渋谷区、加藤 將倫 代表)は、2020年2月に設立したPT Progate Global Indonesiaとインドネシア共和国教育文化省の提携が決まり、株式会社Progateが提供しているオンラインプログラミング学習サービス「Progate」を中心とした学習プログラムが大学等の高等教育の単位として認定されたことを発表した。 

Progateの学習プログラムが1学期分の単位として認定

 2021年6月、Progate Indonesiaはインドネシア共和国の教育文化省と提携することが決まり、オンラインプログラミング学習サービス「Progate」を中心とした学習プログラムが大学の単位として認定された。
Progateは、「コーディングによるデジタルリーダーシップ」をテーマにした3ヶ月間の学習プログラムを設計し、キャンパス・ムルデカに提供している。この学習プログラムの受講は20単位(1学期分の単位相当)として認定される。

セガ、学習教材『ぷよぷよプログラミング』を使った小学生向けプログラミング教育カリキュラム実施

 株式会社セガ(東京・品川区、杉野 行雄 代表取締役社長COO)は、アクションパズルゲーム『ぷよぷよ』のソースコードを活用した学習教材『ぷよぷよプログラミング』を使った小学生向けの教育カリキュラムを開発し、青山学院初等部で授業を実施した。このカリキュラムによる授業は 2021年5月14日(金)から 2021年6月25日(金)にかけて6回にわたって行われた。

 今回のカリキュラムは、図形やブロックなどを操作して意図した処理を組んでいくビジュアルプログラミングの次のステップとして、実際のゲーム開発で使われているWeb標準言語(HTML5やJavaScript)による『ぷよぷよ』のソースコードを書き写す作業(写経)やカスタマイズを通じて、プログラミングの理解を深めることを目的として開発した。講師には『ぷよぷよ』シリーズのジャパン・e スポーツ・プロライセンスを保有し、システムエンジニアの経験もあるぴぽにあ選手を招いた。

 初回から2回に渡り、学習の導入として児童は用意されたテキストに沿って『ぷよぷよ』の教材向けソースコードを入力することで、「ぷよ」の落下や左右移動、回転を行うコーディングを行い、また、パラメータを書き換えることで、ゲーム画面の背景色の変更や落下スピードなどのゲームバランスの調整をした。また、続く3回の授業では学校の独自授業として、高齢者の方でも楽しんでもらえる『ぷよぷよ』をテーマに、プログラムのカスタマイズによるゲーム開発を考えるグループワークを実施。「ぷよ」を見やすいように数字や児童が作成したオリジナルキャラクターに変更したり、「ぷよ」の大きさの変更や落下スピードを調整したりするなど各班が趣向を凝らして、独自の『ぷよぷよ』開発に取り組んだ。また、プレゼン発表に向けて、児童は各自パソコンを使いこなして資料作成などの準備を行った。最終回の授業では、それぞれのグループが作成した独自の『ぷよぷよ』について、「ぷよぷよ」シリーズ総合プロデューサーとぴぽにあ選手に対してプレゼンテーションを行った。

 参加した児童からは「(ビジュアルプログラミングによる)これまでの授業より難しかったが、『ぷよぷよプログラミング』で学ぶことで、遊んだことのある『ぷよぷよ』がどのようにできるのかその仕組みがわかった。」「自分で考えた『ぷよぷよ』を作ることができ、プレゼンでもしっかり発表することができてよかった。楽しい授業だった。」という感想があがった。

・カリキュラム内容(40分×6時限)
第1回(5月14日) 講師:「ぷよぷよ」プロプレイヤー ぴぽにあ選手
○「ぷよぷよ」ってどんなゲーム?
○「ぷよぷよ」を作ってみよう
(ゲームフィールドをつくる/「ぷよ」が落ちてくる/「ぷよ」を左右に動かす/
「ぷよ」を回してみよう/「ぷよ」を消してみよう)
○完成!遊んでみよう
第2回(5月21日) 講師:「ぷよぷよ」プロプレイヤー ぴぽにあ選手
○前回のおさらい(「ぷよぷよ」を作ってみよう)
〇ぷよぷよのカスタマイズ(改造)
(著作権をまもろう/「ぷよ」を変えてみよう)
○eスポーツプロ選手のお仕事紹介
第3~5回 通常授業(グループワーク)
〇プレゼン資料作りとプログラムの改造
第6回(6月25日)
講評:「ぷよぷよ」シリーズ総合プロデューサー細山田水紀、ぴぽにあ選手
〇各班児童による発表
〇細山田プロデューサー、ぴぽにあ選手による講評

『ぷよぷよプログラミング』は2020年6月の提供開始以来、全国各地の教育委員会や学校、eスポーツ団体や企業が主催するイベントでの本コンテンツを活用した特別授業、ワークショップ等の場での利用など、登録者数は45,000人を突破(2021年3月時点)。セガではゲーム事業やジャパン・eスポーツ・プロライセンス認定タイトル『ぷよぷよ』のeスポーツ展開を通じて培ったノウハウや資産を活用し、今回のカリキュラム提供のようにプログラミング教育に関する企画・運営を多数サポートしている。今後も昨年度よりプログラミング教育が必修化された小学校や今年度より必修化する中学校のほか、高等学校、大学などの教育機関を中心にプログラミング教育を支援する取り組みを進めていく。

国立科学博物館 常設展示の蘇言機(そごんき)が「音響遺産」に認定

 国立科学博物館(篠田 謙一 館長)が所蔵し重要文化財に指定されている「蘇言機」が日本音響学会の認定する「音響遺産」に選ばれた。
 日本で最初に音を記録再生した蓄音機であり、音響学を基礎として発展していく録音再生技術の開始点となった資料であることが評価された。「音響遺産」としては、2019年度認定の函館ハリストス正教会の鐘楼の鐘の音、栃木県日光市の本地堂(薬師堂)の鳴竜につづき3件目の認定となる。
「音響遺産」とは、音に関するあらゆる分野を扱う研究者、技術者、教育者などの集まりである日本音響学会が、音響学および音に関わる事象を広く一般に伝えることを目的とし、主として一般の方々の耳目に触れる機会があり、かつ音響的な特徴を持つ具体的事象および事物に対して認定を行っているもの。

蘇言機 所蔵:国立科学博物館
地球館2階 「科学と技術の歩み」コーナー

 蘇言機(そごんき)とは日本で最初に音を機械的に記録・再生した蓄音機のことです。T.エディソン(Thomas Alva Edison:1847-1931)が発明した蓄音機のPhonographは、1877年にScientific Americanなどに掲載され、世界的に知られるところとなった。それらの情報に接した英国のA.ユーイング(James Alfred Ewing:1855-1935)は、東京大学にお雇い外国人教師として招聘された際に、本装置をエジンバラのJ. Milne & Son Makersに製作させ、持参して来日した。1878(明治11)年秋のこと。それから間も無くの11月16日に、ユーイングは東京大学理学部の一ツ橋の実験室(現在の学士会館の所にあった)で、蘇言機を使って日本最初の録音・再生の実験を行った。当時の日本の人々は、はじめて見るその器械を蘇言機とか蘇音機(器)などと呼んだ。

■一般社団法人 日本音響学会・音響遺産ホームページ
https://acoustics.jp/awards/onkyo_isan/

日本アクティブラーニング協会とMyProdigyが「SDGsカリキュラム」のマレーシア展開に関する協定に調印

 日本アクティブラーニング協会(東京・千代田区、安西 祐一郎 会長、相川 秀希 理事長)は、マレーシアに拠点を構えるMyProdigy Global(マレーシア、Jaziri Alkaf Abdillah Suffian 代表)との、マレーシアにおける「SDGsカリキュラム」の展開に関する協定に調印した。
 この協定により、日本アクティブラーニング協会が開発したSDGsカリキュラム(円盤型教材)が、MyProdigy Globalが推進し、マレーシア政府も支援している女性リーダー育成プロジェクト「RISE」に参加する10代〜20代の女性に対して、オンライン学習コンテンツとして提供される。調印式は、マレーシア政府の青少年・スポーツ副大臣、Wan Ahmad Fayhsal Wan Ahmad Kamal氏立ち会いのもと、7月7日(水)にオンライン上で行われた。