Category: 塾ニュース

キユーピー株式会社 初のオンライン社会科見学を実施。挙母工場や神戸工場などで今秋から

 キユーピー株式会社(東京・渋谷区、長南 収 代表取締役 社長執行役員)は、9月16日(水)に挙母工場(愛知県豊田市)で初めてオンライン社会科見学を実施した。当日は、豊田市立小原中部小学校4年生が参加した。10月からは、神戸工場(兵庫県神戸市)や鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)でも近隣の小学校を対象に、オンライン社会科見学を開始する。

 キユーピーは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため工場見学を休止している。例年、秋には社会科見学として多くの小学生がキユーピーの工場を訪れるが、今年は来場できないため、オンラインでの社会科見学を始めた。

 オンライン社会科見学では、Web会議サービスを利用し、小学校の教室と工場をつなぐ。9月16日(水)には、従業員が挙母工場からマヨネーズ・ドレッシングの製造工程や品質を守る工夫を伝え、小原中部小学校の教室にいる4年生8人とオンラインで交流した。参加した小学生からは「聞きたいことが質問できてよかった」「工場のことが知れてとても楽しかった」という声があった。

9月に実施したオンライン社会科見学の概要

オンライン社会科見学を配信する様子日時 9月16日(水) 14:00~14:45
主催 キユーピー 挙母工場
対象 豊田市立小原中部小学校の4年児童 8人

英単語アプリmikanに株式会社研究社「学術語彙データベース基本英単語1110」が登場

 英単語アプリ「mikan」を運営する株式会社mikan(東京、高岡 和正 代表取締役)は、株式会社研究社(東京、吉田 尚志 代表取締役)と連携し、「学術語彙データベース基本英単語1110」を英単語アプリmikan内で2020年10月7日より配信を開始した。 

 研究社刊「京大・学術語彙データベース基本英単語1110」からリストアップされた、大学レベルの学習・研究に必要とされる基本単語を「mikan」内で学習することでより効率的な学習体験を提供し、英語力の土台づくりを行うことを目的として、今回の連携に至った。

株式会社a.school 子供が本気のアウトプットを競う探究学習コンテスト「小学生探究グランプリ」開催

 株式会社a.school(東京・文京区、岩田 拓真 代表取締役)は、国内初の探究学習コンテスト「小学生探究グランプリ」を開催する。さまざまな職業を題材に、小学生がプロの仕事に挑戦しそのアウトプット(出力。創作・表現・実践など)を競い合うところが特徴。第二回は”ことばで伝える”「コピーライター」に子供たちが挑戦する。「伊右衛門」「ザ・プレミアム・モルツ」などのコピーを生み出した小西利行氏をはじめとするプロフェッショナルを審査員に迎え、子供たちの作品を表彰する。

ラクスルでオリジナルデザインの抗菌仕様マスク・マスクケース制作可能に

 ラクスル株式会社が運営する「ラクスル」は、ノベルティ・グッズ制作サービス事業の新商品として、オリジナルの抗菌仕様のマスク・マスクケースの取り扱いを開始すると9月30日に発表した。
 自分でデザイン作成ができないという人も、文字入力だけで簡単に制作ができ、1枚から作成・購入が可能。店舗・企業のユニフォームや、ノベルティとして、また、個人で好きなデザインを作成することもできる。制作・購入できるマスクは、フルカラーで耳まで全面プリントできるマスクとシンプルなワンポイントマスクの2種。マスクケースはフタ付き、ファイル型、折りたたみ型の3種。抗菌仕様について、国内検査機関にて、花粉粒子捕集(ろ過)効率が、フルカラー全面プリントマスク94%、ワンポイントマスク95%と高品質であることが証明されている製品を使用。全面プリントマスク・マスクケースは9月30日販売開始、ワンポイトマスクは10月5日販売開始予定。
■ラクスル「ノベルティ・グッズ制作」サービスの特徴
2019年4月にサービスを開始。年間制作数は既に83万点を突破。
①低価格
発注の際に商品代金に必ず含まれる営業担当者のコストや、注文のたびに必要なデータ制作費用がかからない。全国送料無料。
②少部数(1枚)から制作可能
③デザインソフト無しで簡単に注文可能
Web画面上で簡単にデザインを作成可能

■ラクスル株式会社について
名称 :ラクスル株式会社
所在地 :東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F
代表者 :松本 恭攝
設立 :2009年9月
ノベルティサービスURL:https://novelty.raksul.com/

「マルイ静岡」来年3月下旬、「マルイ池袋」来年8月 それぞれ閉店へ

 10月2日、丸井グループは、ファッションビル「静岡マルイ」と「池袋マルイ」の2店舗を閉店すると発表した。静岡マルイは、来年3月下旬に、池袋マルイは来年8月にそれぞれ閉店する。新型コロナの影響や近隣の商業施設との競合により収益が悪化していた。
 1969年に丸井静岡店として開業した静岡マルイだが、静岡マルイと隣接する「静岡モディ」を合わせた2020年3月期の取扱高は23億円で、前期比18.1%減。静岡マルイの跡地利用は未定。静岡モディは営業を継続する。
 1952年にオープンした池袋マルイは、建物が老朽化し、所有主が建て替えを検討中だという。

茨城県特産の赤ネギ品種「ひたち紅っこ」から新しいアントシアニンを発見 従来の白ネギの8倍以上の抗酸化活性作用、総ポリフェノール含量も2倍以上

 国立科学博物館は、茨城大学、茨城県農業総合センター、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構、岩手大学との共同研究により、茨城県特産の赤ネギ品種「ひたち紅っこ」から新しいアントシアニンを同定したと10月1日に明らかにした。さらに、このアントシアニンを含む赤色の部分(葉鞘)の抗酸化活性を測定したところ、従来の白ネギの8倍以上であり、また同時に総ポリフェノール含量も2倍以上であることも判明し、学術誌(園芸学研究電子版)で公表された。
 茨城県特産の野菜に食品の機能性の面からさらなる価値を与える成果であり、今後の赤ネギの生産・流通拡大に繋がることが期待される。

 赤ネギは葉鞘部が鮮やかな赤色を呈する長ネギ。茨城県で明治時代より県北部城里町(旧桂村)圷地区で独自に栽培されてきた。茨城県農業総合センター園芸研究所では、この在来系統をもとに、より安定的に発色し、在来系統よりも栽培しやすい品種、「ひたち紅っこ」を育成し、2007年に品種登録した。近年では、圷地区以外でも茨城県石岡市を中心に栽培されており、茨城県独自のネギ品種として生産増大が期待されている。

 アントシアニン色素はこれまで植物から700種類以上が報告されている。例えば、ブルーベリーや赤ワインなど。タマネギなどの野菜でもフラボノイドが機能性物質として多く含まれる。本研究では、茨城県特産の赤ネギ品種「ひたち紅っこ」から4種類のアントシアニンと5種類のフラボノイド成分を分離し同定した。それらの成分のうち、もっとも多く含まれているアントシアニンはこれまで自然界で報告されたことのない新しい色素であることが判明した。
 また、高い抗酸化活性が知られているフラボノイドの一種であるクェルセチンの配糖体が高濃度に含まれてた。さらに、「ひたち紅っこ」の赤色の葉鞘部と、従来の白ネギの葉鞘部の抗酸化活性をH-ORAC法で比較したところ、「ひたち紅っこ」の活性は8倍以上であることが示され、抗酸化食品としての有用性が明らかになった。

≪発表論文≫
表題:茨城県特産赤ネギ品種‘ひたち紅っこ’に含まれるフラボノイドの同定と抗酸化活性評価
著者:水野貴行・中根理沙・貝塚隆史・石川(高野)祐子・立澤文見・井上栄一・岩科司
掲載紙:園芸学研究
(一般社団法人園芸学会が出版する和文雑誌、電子版は2020年9月30日付)
URL:https://doi.org/10.2503/hrj.19.237

≪参考文献≫
貝塚隆史・鈴木雅人.2006.赤ネギ「ひたち紅っこ」の育成経過と特性.茨城県農業総合センター園芸研究所研究報告.14: 1–7.

■国立科学博物館
公式ウェブサイト:https://www.kahaku.go.jp
筑波実験植物園:http://www.tbg.kahaku.go.jp
筑波研究施設:https://www.kahaku.go.jp/institution/tsukuba/index.html
茨城県農業総合センター:https://www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/nosose/cont/index.html

AI英語学習アプリ「TerraTalk」、NEC社の「Open Platform for Education」ユーザーに対し、無償ライセンスの提供を開始

 英語学習アプリケーションの 『TerraTalk(テラトーク)』を運営するジョイズ株式会社(東京・品川区、柿原 祥之 代表取締役)は、国が掲げるGIGAスクール構想の実現に向けて日本電気株式会社(NEC)と連携し、NECの「Open Platform for Education」の全ユーザーに向けて、「TerraTalk」の特別無償ライセンスの提供を開始した。

 これにより、OPEのユーザーは、追加のアカウント設定をすることなく、TerraTalkでの英語学習を開始することができる。無償ライセンスに機能や期間の制限はなく、レベル別、シチュエーション別の各コースの履修が可能となっている。希望者には、教科書連動や、各種試験対策、学年ごとの有料教材オプションを追加で提供していく。

 今回の連携では、NEC社を通して申し込み、OPE向けに設定された無償ライセンスでのTerraTalk利用が可能となる。OPEのシングル・サインオンの仕組みにより、TerraTalk向けのアカウント設定を実施することなく、すぐに使い始めることができるようになる。

Slack、内閣府「地域未来構想20 オープンラボ」に13の政策分野で参画

 Slack Japan株式会社(東京・千代田区、佐々木聖治 日本法人代表)は、内閣府「地域未来構想20 オープンラボ」に13分野の専門家企業として参画したことを発表した。

 内閣府では、「新しい生活様式」の実現等に向けて、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用し、地域で取り組むことが期待される政策分野を「地域未来構想20」として公開している。「地域未来構想20 オープンラボ」は、この取組みを後押しするために開設されたもので、「それぞれの分野に関心のある自治体」、「各分野の課題解決に向けたスキルを有する専門家(民間企業等を含む)」、「関連施策を所管する府省庁」を含めた3者のマッチングを支援している。

 Slackにとって、日本は北米に次ぐ世界第二位の市場であり、IT関連企業をはじめ製造業から教育機関まで、業界や規模を問わず幅広い組織のコミニュケーションに利用されている。直観的なインターフェースが、ITの知識に関わらず使い始めやすいデザインとなっているほか、過去の履歴を共有・蓄積・検索できるので、人事異動や業務の引継ぎなども効率的に進めることができる。また、高度なセキュリティ機能により、各自治体で取り扱う機密性の高い情報も安全にやりとりすることが可能になる。

今回Slackは、「地域未来構想20」で提示されている20の政策分野のうち、以下の13分野の専門家企業として登録された。

• 発熱外来
• 行政IT化
• 防災IT化
• 脱炭素社会への移行
• スーパーシティ
• 地域経済可視化
• 教育
• 医療
• 地域交通体系
• リビングシフト
• ハートフル
• 地域商社・観光地域づくり法人(DMO)
• 物流の進化
*各自治体からの問い合わせは以下のフォームより受付けている。
https://slack.com/intl/ja-jp/contact-sales

MINKYOオンラインセミナー「これからの大学入試 開発会議」 10月10日(土)に開催

今年8月、文部科学省によりJAPAN e-Portfolioの運営許可が取り消され、9月11日に運用が停止したことにより、高校生約18万人がシステムに登録していた個人情報やポートフォリオデータは削除された。「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性等)」を評価する仕組みとして開発されたJAPAN e-Portfolioは、大学入試改革の柱の一つだったが、運用開始からわずか1年で頓挫した。

SNS型eポートフォリオ「Feelnote」等で、新たな大学入試のあり方を提案する一般社団法人 日本アクティブラーニング協会(相川秀希理事長)は10月10日(土)、MINKYOオンラインセミナー「これからの大学入試 開発会議」を開催する。

同セミナーには、グローバル戦略に基づいて入試改革を推進する早稲田大学の須賀晃一副総長と、日本で初めてAO入試に取り組み、今なお進化を続ける慶應大学SFCから脇田玲学部長らが登壇し、今後の「大学入試のあるべき姿」を徹底議論し、その実現に向けたアクションを検討する。対象は教育関係者で、下記の専用申し込みフォームから事前登録すれば無料で参加できる。

MINKYOオンラインセミナー「これからの大学入試 開発会議」専用申し込みフォーム
https://activelearning.or.jp/20201010_minkyo_online/

京進 受講者数が昨年比193%、就職希望者数も194%に急増 短期間で資格取得できる新コース開設「介護のキャンパス」

 京進グループの介護資格取得のためのキャリアスクール「介護のキャンパス」(株式会社ヒューマンライフ(大阪市))は、介護職員初任者研修の資格取得のコースを、これまで最短だった週4日コースに加え、週5日学べる「超最短週5(月~金)コース」と週6日の「最速週6(月~土)コース」を淀屋橋校で開講する。このコースを受講した場合、週5コースでは24日間、週6コースの場合20日間で全16回の講義を終えることができ、およそ3週間で資格取得が可能。 

 京進グループの介護資格取得のためのキャリアスクール「介護のキャンパス」は、コロナ禍の影響で失業者の増加や雇用情勢が悪化している現状を受け、短期間で介護職員初任者研修の資格取得を目指せるコースを10月より新規開設する。「介護のキャンパス」の資格取得講座の受講者は、8月末時点で昨年比193%、資格取得後の就職希望者数も前年比194%となっている。雇用情勢の厳しさが深刻な社会問題となっており、京進グループでは、できるだけ早く資格が取れる環境作りが社会への貢献として急務と考え、できるだけ早く就職に結びつく新コースを設置することとした。

「介護のキャンパス」を運営する京進グループの株式会社ヒューマンライフ(大阪市)では、これまで最短だった週4日のコースに加え、週5日学べる「超最短週5(月~金)コース」と週6日の「最速週6(月~土)コース」を淀屋橋校で開講する。このコースを受講した場合、週5コースでは24日間、週6コースの場合20日間で全16回の講義を終えることができ、およそ3週間で資格取得が可能。一般的に、介護職員初任者研修の資格は、取得まで3~4ヶ月、最短でも1~1ヶ月半かかることが多く、少しでも早く資格を取りたいニーズに応える新しいコースとなっている。

 介護業界は、人材が不足している業界で、有効求人倍率が安定していることから、就職やより良い環境を求めて転職を希望する人は増えると考えられている。京進グループは、これからも社会課題に柔軟に対応し、常に求められるサービスを提供していく。

【介護のキャンパス新コース概要】

日程<週5日コース/期間内 月~金・全16回>
2020年10月23日(金)~11月6日(金)※満席                         
2020年12月8日(火)~12月26日(土)

<週6日コース/期間内 月~土・全16回>
2020年11月17日(金)~12月7日(月)
校舎淀屋橋校(541-0046 大阪府大阪市中央区平野町2-5-14 FUKU BLD.三休橋702)
料金介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級) 29,500円(テキスト代込・税抜)

■詳細:「介護のキャンパス」https://kaigo-campus.com/