Category: 塾ニュース|塾・企業

個別指導学習塾「スクールIE」2019年 オリコン顧客満足度 ランキング、2年連続でトリプル受賞

 株式会社やる気スイッチグループ(東京・中央区、高橋 直司 代表取締役社長)が展開する個別指導学習塾「スクールIE」は、「2019年 オリコン顧客満足度®ランキング」で、「高校受験 個別指導塾 東海」、「高校受験 個別指導塾 甲信越・北陸」、「小学生 個別指導塾 首都圏」で総合第1位を獲得し、2年連続のトリプル受賞を果たした。

 スクールIE 高校受験 個別指導塾 東海の比較・評判(評価項目得点:64.56点)高校受験を対象とする個別指導塾に通年通学している(したことのある)現役中学生/高校生の保護者976人による、高校受験 個別指導塾 東海別 比較・評判の内、スクールIEを選んだ利用者の声や各項目の得点
(URL: https://juken.oricon.co.jp/rank-highschool-individual/koshinetsu-hokuriku/ )
顧客の声:「個別指導により、学校の授業で分からない点を重点的に指導してくれた事。模試を行う事で、子供のレベルが分かり、高校選択がしやすかった事。」(40代/女性)「勉強嫌いな子が、勉強に興味・関心を示すようになった。」(40台/男性)など

スクールIE 高校受験 個別指導塾 甲信越・北陸の比較・評判(評価項目得点:65.84点)高校受験を対象とする個別指導塾に通年通学している(したことのある)現役中学生/高校生の保護者638人による、高校受験 個別指導塾 甲信越・北陸別 比較・評判の内、スクールIEを選んだ利用者の声や各項目の得点
(URL: https://juken.oricon.co.jp/rank-highschool-individual/koshinetsu-hokuriku/company/schoolie-net/ )
顧客の声:「子どもがやる気をなくしていても、きちんと対応してくれる。親との面談でも細かく受講態度を教えてくれる。」(40代/女性)「入った当初、志望校が厳しいレベルだったが丁寧に教えていただき合格出来た点。」(40代/女性)など

スクールIE 小学生 個別指導塾 首都圏の比較・評判(評価項目得点:63.34点)
現役小学生・中学生のお子様を持つ保護者755人による、小学生 個別指導塾 首都圏別 比較・評判の内、スクールIEを選んだ利用者の声や各項目の得点
(URL: https://juken.oricon.co.jp/rank-public-junior/individual/company/schoolie/ )
顧客の声:「入塾前に子供の欠点についてたくさんお話しさせていただき、充分理解していただいた状態で入塾できました。その為、最大限の配慮をしていただき、大満足です。」(30代/女性)「本日の授業内容など具体的に毎回報告があること。どこができていないか定期的にテストを受け、わかるようになっていること。」(40代/女性)など

スクールIEは生徒一人ひとりの個性に合わせたカリキュラムと指導法で、今後もさらなる顧客満足度向上を目指していく。

進学塾『早稲田アカデミー』2020年・新企業広告 AI時代を生きる子どもたちに必要な学びを提言 メッセージは「ぼくたちは、AIにならない。AIは、ぼくたちになれない。」

 小中高校生を対象とした進学塾を運営する株式会社早稲田アカデミー(東京・豊島区、古田 信也 代表取締役社長)は、「ぼくたちは、AI にならない。AIは、ぼくたちになれない。」をキーメッセージとした企業広告を、校庭篇、教室篇、通学篇の3シリーズで、2020年1月から新聞や雑誌を中心に展開する。

「ぼくたちは、AIにならない。」(教室篇)
「ぼくたちは、AIにならない。」(教室篇)

企業広告詳細
<新聞>
 ・日本経済新聞(東京本社版、朝刊)
掲載日:1月8日(水)校庭篇
 ・読売新聞(東京本社セット版、朝刊)
 掲載日:1月11日(土)教室篇
<新幹線車内誌・機内誌>
・Wedge(東海道・山陽新幹線グリーン車・車内誌)
   掲載日:2月20日(木)校庭篇
・翼の王国(ANA国内/国際線・機内誌)
 掲載日:3月1日(日)通学篇
・SKYWARD(JAL国内線・機内誌)
 掲載日:3月1日(日)教室篇

スタディプラス株式会社、生徒の学習進捗に応じてレコメンドでサポートする新機能『Studyplus for School ASSISTANT』をリリース。新技術として特許も取得。

スタディプラス株式会社(東京・千代田区、廣瀬 高志 代表取締役)は、教育事業者向けプラットフォーム『Studyplus for School』において、生徒の学習進捗に応じてレコメンドでサポートする新機能『Studyplus for School ASSISTANT』をリリースした。

『Studyplus for School』は、サービス提供開始以来、学習塾における生徒の学習計画・進捗状況の可視化、それに基づく生徒との質の高いコミュニケーションの実現をサポートしている。
今回の新機能リリースにより、生徒の変化に対してよりタイムリーに気づき、タイムラグのないコミュニケーションを行うことが可能になる。


また、本機能に活用している学習管理システムに関する技術について、特許権(特許第6627068号)を取得している。

◆Studyplus for School 概要

 教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」によって取得できる勉強の進捗度合いや蓄積された学習データを、教育事業者が生徒のサポートや分析などに活用できるサービス。現在、全国の学習塾・予備校約500校以上に導入され、先生と生徒をつなぐ学習管理ツールとして利用されている。

◆Studyplus for School ASSISTANT 概要

『Studyplus for School ASSISTANT』は、生徒のあらゆる学習情報を集計・可視化し、「直近7日間で勉強記録が50時間の生徒」などお好みで設定した条件を元に、該当生徒を講師にレコメンドする機能。

 学習塾独自の「把握したい」「フォロー・指導の対象としたい」条件を設定することで、生徒の状況に即座に気づき、見逃すことなくより適切なタイミングで生徒に声をかけられるようになる。

 昨今学習塾をはじめとする教育現場では、人材不足を背景に、動画教材・AI教材といったデジタル教材が定着し始めており、先生が直接教える機会は減っている傾向にある。その結果、生徒との接点は少なくなり、生徒の学習状況を把握することがより難しくなっている。

『Studyplus for School ASSISTANT』では、生徒の学習状況を可視化するだけではなく、設定された条件の該当生徒を自動でお知らせすることにより、生徒の学習状況の把握はもちろん、生徒の変化に対してよりタイムリーに気づき、タイムラグのないコミュニケーションを行うことが可能になる。

◆「生徒のあらゆる学習情報を可視化・集計し、条件に合わせてレコメンドする技術」の特許取得について

『Studyplus for School Assistant』で活用している、学習管理システムに関する技術について、特許権(特許第6627068号)を取得した。この特許技術は、集計・可視化した生徒のあらゆる学習情報を、指定の条件に合致した場合に自動通知する技術。

「Z会の通信教育」(小学生・中学生・高校生)が2020年オリコン顧客満足度(R)ランキング で顧客満足度第1位を獲得

 株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社である株式会社Z会は、株式会社oricon ME(東京・港区、小池 恒 代表取締役社長)が2020年1月6日に発表した「オリコン顧客満足度(R)ランキング」の「小学生向け通信教育」「中学生向け通信教育」「高校生向け通信教育」で、総合第1位を獲得した。

2020年 オリコン顧客満足度(R)ランキング受賞内容

小学生向け通信教育 総合第1位
「教材・講義」「学習のしやすさ」「学習フォロー体制」「受講効果」「適切な受講料」など8項目すべてにおいて第1位を獲得。

中学生向け通信教育 総合第1位
「教材・講義」「学習のしやすさ」「学習フォロー体制」「受講効果」などの項目で高い評価を受けている。

高校生向け通信教育 総合第1位
「学習のしやすさ」「学習フォロー体制」「受講効果」「サポート体制」などの項目で高い評価を受けている。

▽調査結果詳細(オリコン顧客満足度(R)ランキングサイト)
小学生向け通信教育
https://juken.oricon.co.jp/rank-online-study/elementary/
中学生向け通信教育
https://juken.oricon.co.jp/rank-online-study/junior-hs/
高校生向け通信教育
https://juken.oricon.co.jp/rank-online-study/highschool/

2020年度 塾・教材展示会情報(1月)

  • 1月9日(木)10:30-14:30 全国学習塾協同組合(AJC)主催

「2020年度 塾・教育総合展」

会場:東京国際フォーラム展示ホールB2F

お問い合わせ:Tel.03-5996-6565(組合事務局)

  • 1月15日(水)10:00-14:30 一般社団法人富山県教育ネットワーク 主催

「(新学期)教材・教具・情報機器総合展示会」

会場:富山県総合情報センター

お問い合わせ:Tel.0763-33-4640(教材展担当:理事 貝淵)

  • 1月21日(火)10:30-15:00 一般社団法人岐阜県学習塾協会 主催

「教育フェアぎふ 2020」

会場:岐阜産業会館1F中展示場

お問い合わせ:Tel.058-213-3155(担当:寺林)

  • 1月22日(水)10:30-14:30 愛知県私塾協同組合 主催

「第34回 学習塾情報展」

会場:愛知県産業労働センター ウインクあいち6F

お問い合わせ:Tel.052-618-6713(組合事務局)

  • 1月23日(木)10:30-14:00 全国学習塾協会 三重県支部 主催

「みえ学習塾フェア」

会場:三重県総合文化センター 第一ギャラリー

お問い合わせ:Tel.059-273-5587(学習塾フェア担当)

  • 1月24日(金)10:30-14:00 千葉県学習塾協同組合 主催

「JAC教材教具展」

会場:幕張メッセ国際会議室

お問い合わせ:Tel.0436-25-0162(鈴木ゼミ 担当:鈴木)

  • 1月24日(金)10:00-15:00 NPO学習塾全国連合協議会西日本ブロック 関西私塾教育連盟 主催

「教材フェア in 関西」

会場:大阪ビジネスパーク ツイン21 MIDタワー20階

お問い合わせ:Tel.06-6382-1224(共学館義塾 担当:村田)

  • 1月26日(日)10:00-15:00 宮城県私塾協同組合 主催

「教材教具情報機器展」

会場:アエル

お問い合わせ:Tel.022-366-3735 (大沼学院 担当:大沼)

株式会社ステップ 新たに会長職を置き、社長との代表取締役 2 名体制へ

 株式会社ステップ(神奈川・藤沢市)は2019年11月1日付の取締役会において、代表取締役の異動について発表した。

 代表取締役の氏名及び役職名は龍井 郷二氏(代表取締役会長)、遠藤 陽介氏(代表取締役社長)となる。新たに会長職を置き、社長との代表取締役 2 名体制で、経営体制の一層の強化・充実を図る。 現社長の龍井郷二氏は、代表取締役会長として引き続き経営にあたる予定だ。

新任代表取締役社長の略歴

遠藤 陽介氏(えんどう ようすけ)

  • 1996 年4月 株式会社ステップ入社
  • 2010 年4月 高校受験藤沢北部ブロック (現・長後ブロック)長(現任)
  • 2011 年4月 執行役員 
  • 2014 年4月 常務執行役員(現任) 
  • 2015 年4月 高校受験湘南本部長(現任)
  • 2015 年 12 月 取締役 
  • 2018 年 12 月 専務取締役(現任)

詰め込み学習時間を1/2以下を目指す聴覚認知学習法(ノイズ学習法)『耳勉』の株式会社耳勉が第三者割当増資による資金調達を実施

 聴覚と脳の特質を活かして教育イノベーションを起こしている株式会社耳勉(東京・台東区、諏訪 兼久 代表取締役)は、株式会社毎日新聞社等が出資する株式会社毎日みらい創造ラボより資金調達を実施した事を発表した。調達資金は、『耳勉/宅建士版』の広告費用、パーソナルニーズのご希望にも応えられるように自分で作れる『耳勉セルフ』の開発に向かう。多くの方に使っていただけるように『耳勉』の更なる普及へと努めていく。 

■資金調達の目的
 サービス提供した『耳勉/宅建士版』の拡販のためのマーケティング戦略のスピードを加速させるためとパーソナルニーズにも応えするために『耳勉セルフ』のα版製作費用として資金調達を実施した。

■『耳勉』について
 聴覚と脳の特性を活かして個人の学習能力を向上させる「聴覚認知学習法(ノイズ学習法)」。わざと聴きづらい音声(三重音声)に加工して一度聴き、その後、ノイズを外して主音声だけを聴いてもらうことで、脳に情報を刷り込んで記憶化させていく音声学習法。現在、「宅建士」受験用をサービスイン(アップストアー、プレイストアーにて15,000円)している。音声だけを聴くのはもったいなので、教材を聴くのと同時に暗記をさせる教材。

『耳勉』公式HP
https://mimiben.net/takken/

『耳勉』SNS
・Facebook  https://www.facebook.com/mimibenapp/

学研プラス × GSE、TOKYO GLOBAL GATEWAY(東京都英語村)で行う、次世代人材育成研修における共同開発、提供での提携

 株式会社 学研ホールディングス(東京・品川、宮原 博昭 代表取締役社長)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川、 碇 秀行 代表取締役社長)とグローバルスカイ・エデュケーション株式会社(東京・港区、永田 幸 代表取締役社長)は、東京都が2018年に開業した体験型英語学習施設 TOKYO GLOBAL GATEWAY – TGG(東京都英語村)において、企業・法人向けに英語の枠を超えた次世代人材育成のためのカスタマイズ性の高い研修サービスを共同で開発、提供するために提携した。東京都が2018年に開業した体験型英語学習施設 TOKYO GLOBAL GATEWAY – TGG(東京都英語村)では、館内に再現された海外風の店舗等での英語会話体験や、英語でマーケティングやSDGs(持続可能な開発目標)をディスカッション等の体験を通して学ぶなどのイマージョンプログラムを、英語を学習したい個人・小中高校・大学などを中心に提供してきた。
しかし、VUCA (変動的、不確実、複雑、曖昧)の時代のビジネス環境においては、海外で事業展開をしている企業はもちろんのこと、国内で事業を展開する企業においても英語だけではなく様々な能力や資質が備わった次世代型人材の育成が急務となっている。

 この提携は、TGGにおける様々な体験が行える施設を活かし、学研プラスとGSEの次世代人材育成ナレッジを合わせることで、単に英語力だけではなく、次世代のビジネスパーソンとして必要な能力を養成する研修を開発、提供することを目的に提携した。

TOKYO GLOBAL GATEWAY 企業研修はこちら
https://tokyo-global-gateway.com/corporate_training/concept/

■株式会社学研プラスについて
URL:https://gakken-plus.co.jp/
代表取締役社長:碇 秀行
〒141-8415 東京都品川区西五反田二丁目11番8号
TEL. 03-6431-1400(代表)
設立平成21年10月1日
資本金50,000,000円

■グローバルスカイ・エデュケーション株式会社について

「世界を次に進めるために、本当に必要な人材に、本当に必要な成長を」をミッションとする、次世代教育ソリューションを提案する学びデザイン企業です。
URL: https://gskyedu.com
代表取締役社長:永田 幸
設立:2010年1月5日
所在地:〒105-6033 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー33階
資本金:1,500万円
事業内容:教育コンサルティング、教育カリキュラム開発・実施、人材開発支援、企業研修企画・実施、幼児教育、教育機関等の国際化企画・実施、教育機関等の進学・留学施策企画・実施、通訳・翻訳、語学教育

■TOKYO GLOBAL GATEWAY – TGGについて

TGGは、東京都教育委員会と株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAYが提供する、新しいタイプの体験型学習施設。都内にありながら、総面積はサッカーコート約1面分にあたる7,000平方メートルに及び、広々とした空間に外国を再現したエリアや茶室やメディアスタジオなど多種多様な学習環境を備えている。
2018年9月のオープンから今年3月末までで約5万人が来場し、英語を学習したい個人、小中高校、大学などを中心に様々な英語学習プログラムを提供している。

所 在 地:東京都江東区青海2丁目4-32 タイム24ビル内
事業概要:
        ①学校団体利用を想定した英語体験型学習事業(基本プログラム)
        ②一般を対象とした英語学習事業
        ③国際交流イベント等

自治体広報や教育関係者向けに「モリサワ 2020 新春自治体・教育フェア」を開催

 株式会社モリサワは、2020年1月31日(金)、2月1日(土)に、自治体広報や教育関係者向けの特別企画セミナー「モリサワ2020 新春自治体・教育フェア」をモリサワ本社(大阪)にて開催する。
 合理的配慮やユニバーサルデザインの観点から、広報や情報伝達、教育について改めて考えるセミナー。先進的な取組みを行っている自治体担当者の体験談だけでなく、モリサワ社員から「相手に伝わる」ための文字の使い方やデザインについても説明を行う。

開催概要
日時:2020年1月31日(金)13:00受付開始 自治体広報向けセミナー
   2020年2月1日(土)13:00受付開始 教育委員会・学校教育関連セミナー
会場:モリサワ本社(大阪)4F会議室
   大阪市浪速区敷津東大国町2-6-25(大国町駅1番出口より徒歩3分)
参加費:無料
定員:60名
申込方法:こちらからお申込みください(先着順)
https://morisawa.eventcreate.net/event/3704

セミナー内容
●2020年1月31日(金)自治体広報向けセミナー

〈第一部〉13:20~14:20
「伝わる」情報発信~自治体におけるユニバーサルデザイン~
登壇者:仁田野良介(株式会社モリサワ 公共ビジネス課)

「障害者差別解消法」や「SDGs」「共生社会」のために全国の自治体ではさまざまな取組みが行われています。そこでキーワードとなるのが、「《伝える》から《伝わる》」。そのためには「情報のアクセシビリティ」の向上に配慮したユニバーサルデザイン(UD)への取組みが必要です。今回は、モリサワのUDツールであるUDフォントとMCCatalog+をご紹介します。
〈第二部〉14:25~15:25
地域のヒトと経済を“つなぐ”メディアとしてのSNS活用戦略
登壇者:長井伸晃氏(神戸市つなぐ課 特命係長)

SNSが普及した今、さまざまなレイヤーでの情報交換がイノベーション創出のきっかけになっており、行政も例外ではありません。今回は公私にわたってSNSを積極的に活用しながら情報発信・コミュニティづくりに取組む長井氏より、神戸市における情報発信への取組みや企業との連携などの事例を通じて、各自治体で抱える課題解決のヒントをお話しいただきます。
〈第三部〉15:35~16:35
広報7年分の失敗、全部みせます~伝えたい人に情報を届けるためには~
登壇者:村田充弘氏(生駒市広報広聴課)

「センスないな」と言われた広報1年目。「失敗だらけだった」と振り返るほどたくさんある失敗事例から、情報発信や広報術を学びます。広報紙の特集企画や文章の書き方、独自のアンケート制度を紹介。他にも多数メディアに掲載された職員採用ポスターやUDフォントの可能性などにも言及します。全国や近畿の広報コンクールで1席を受賞した『広報いこまち』制作責任者からさまざまなお話をしていただきます。

●2020年2月1日(土)教育委員会・学校教育関連セミナー

〈第一部〉13:20~14:20
ICT教育の現場に効果的な「UDデジタル教科書体」の開発と活用のコツをご紹介
登壇者:高田裕美(株式会社モリサワ 公共ビジネス課 UDデジタル教科書体 チーフデザイナー)

近年、教育現場で注目を集めているUDフォント。教育現場で活用され始めている「UDデジタル教科書体」の開発秘話から活用のコツまで、役立つ情報をご紹介します。
〈第二部〉14:25~15:05
レイアウトでこんなに違う、伝わる資料作成術
登壇者:青木勇佑(株式会社モリサワ 近畿中部営業部)

いくつかポイントを押さえるだけで、いつもの資料が「もっと相手に伝わる資料」に大変身します。UDフォントを使うだけでなく、伝える・伝わるための工夫についてお話します。明日から、あなたの作る資料はもっと見やすく相手に「伝わる」ようになります。
〈第三部〉15:15~16:15
奈良県の挑戦!STEAM教育の取組みと学校におけるUDフォントの活用の考えかた
登壇者:小﨑誠二氏(奈良県教育委員会)

教員が未来型の教育を実践していくためSTEAM教育エバンジェリスト育成研修をはじめた奈良県教育委員会。これからの教育はどうあるべきかを考え、先進的・先導的な考えをもって教育に関わっている人との交流や、施設や学校の視察などの多くの研修機会づくりに挑戦しています。高校入試の問題にUDフォントを採用するなど、新しい企画、取組みはどのように生まれて実践されているのでしょうか。ユニークな奈良県教育委員会の取組みをご紹介します。
〈第四部〉16:15〜16:35
スペシャルセッション 質問回答コーナー
登壇者:小﨑誠二氏(奈良県教育委員会)×高田裕美(株式会社モリサワ 公共ビジネス課 UDデジタル教科書体 チーフデザイナー)

セミナーお申込み時にいただいた質問に回答します。

 ※両日ともセミナー終了後に名刺交換会を行います。

進学塾『早稲田アカデミー』新WEB動画「15のキミへ」を公開 手嶌葵さんが歌う応援ソングにのせて不安や悩みと全力で向き合う15歳のキミを描く

 小学生・中学生・高校生を対象とした進学塾を運営する株式会社早稲田アカデミー(東京・豊島区、古田 信也 代表取締役社長)は、すべての15歳(受験生)へ向けた応援ソングに歌手の手嶌葵さんを起用した、新WEB動画「15のキミへ」を、12月20日(金)より公式YouTubeを中心に展開する。

■新WEB動画「15のキミへ」:部活と勉強、恋愛、家族・・・すべてに全力で向き合う15歳を応援
 今回の新WEB動画では、高校受験を控えた15歳の中学生たちが不安や悩みを抱えながらも、最後は自分の力で乗り越え、受験に挑む様子を描いている。部活に打ち込んだり、好きな女の子へ想いを寄せたり、夜遅くまで勉強したり、家族とのすれ違いに悩んだり…ドキュメンタリータッチの演出でリアルに表現される15歳の感情と、壁にぶつかりながらも一生懸命に成長していく姿は、きっと多くの方の心を揺さぶるはずだ。
 動画にのせる応援ソングを歌うのは、天使の歌声と称される歌手の手嶌葵さん。今回の動画のために書き下ろされた歌詞には、「一生に一度しかない」今を、後悔がないよう全力で駆け抜けてほしいという、すべての15歳へ向けたエールが込められている。

■WEB動画「15のキミへ」詳細
・タイトル :進学塾『早稲田アカデミー』新WEB動画「15のキミへ」
      「15のキミへ 扉の向こうに」篇
      「15のキミへ 苦悩の先に」篇
・出  演 :永澤和真、汐谷友希、大江奈々未、咲田まい、杉崎なお、山本史恩、
       井坂瑛治、渡邊美華、澁谷ひいろ、白石佑梨亜、小宮山ミホ
・歌  手 :手嶌葵
・YouTube:「15のキミへ 扉の向こうに」篇(100秒) https://youtu.be/s5LKrHRQtsc
      「15のキミへ 苦悩の先に」篇(100秒)  https://youtu.be/iV4i3PDFpG0
      「15のキミへ」篇(30秒) https://youtu.be/hPxINRBffko
      「15のキミへ」メイキング(175秒) https://youtu.be/MDMAeRBCMPU