Category: 塾ニュース|塾・企業

学校休校に関する保護者アンケート調査結果について

 公益社団法人全国学習塾協会は3月14日、子供を学習塾に通わせる保護者を対象(調査人数:36,171名)に、新型コロナによる学校休校に関するアンケート調査を実施し、その結果を公開した。

・9割近い保護者が、子供の生活リズムが崩れることに不安をもっている

・子供の精神面について、とても心配している(21.6%)よりもあまり心配していない(26.6%)が高い結果に(やや心配している保護者は46.3%)。

・保護者の85.3%が「子供の学習時間が減少した」と回答

・学習塾で勉強させることに「とてもそう思う」(53.3%)、ややそう思う(34.4%)を合わせると8割以上が肯定的

学校休校に関する保護者アンケート調査結果について

一般社団法人JaPEL(ジャペル)を設立 プロジェクト第一弾として「全国中学生プレミアム学力カップ」を9月に開催

世界・日本に貢献するグローバル人材およびリーダーの輩出に寄与するため、教育サービス業界の有志によって構成される一般社団法人JaPEL(ジャペル、Japan Premium Education League)が2月22日、設立された。JaPELは、プロジェクトの第一弾として新しい学力観に基づく、思考力・判断力・表現力などを多面的に評価する「全国中学生プレミアム学力カップ」を今年9月26日・27日のいずれか1日で実施する。そこに込められた思いや今後の展望について、JaPELの事務局に話を聞いた。

新しい学力観に基づく新しい学力育成の必要性は、誰もが感じている。しかし育成以前に問題になるのは、それを測定する評価方法をどう設けるかということだ。JaPELはそれに対する解答として新プロジェクトを立ち上げる。それが「全国中学生プレミアム学力カップ」である。その狙いについて、JaPEL理事の川東義武氏(ネクストK 代表取締役)はこう語る。

「知識・技能の習得に加え、思考力・判断力・表現力を具備し、コミュニケーション能力を駆使して相手や場面に応じた課題解決能力を発揮していくことで新たな価値を創造できる――。そうした多面的な能力をできる限り正確に測定・評価するために、『全国中学生プレミアム学力カップ』では、多角的な測定方法を用意しています(図表)」。

さらに川東氏は言う。「現代日本の教育は、公教育・私教育とも先行き不透明感が増しています。しかしこれからの時代を生き抜くのに必要な力は、科学的・教育学的に正しい方法論に基づいて適正に評価できますし、実際にそうしなくてはなりません。でなければ、この力の適正な育成方法の開発が進まず、日本の教育が停滞する恐れがあります。民間教育に関わる者たちが力を合わせ、新時代に適応できる人材輩出のためのシステムを構築し、教育関係者で共有していける仕組みを作ることが大切だと思います。JaPELの活動が、日本の教育界が直面するそうした課題の解決に少しでも貢献できたらと願っています」。

JaPELでは他にも、アクティブ・ラーニングや探究学習等の研究・開発、教室運営などに関わるだけでなく、英語語彙力を競うコンテストなど、「全国中学生プレミアム学力カップ」に続く次のプロジェクトの提案もすでに始まっているという。

「JaPELの活動は始まったばかりです。設立趣意にこめられた志を胸に、教育に携わる方々のお声に耳を傾けながら、真摯にミッションに取り組んでいく所存です。どうかご支援よろしくお願い申し上げます」(川東氏)。

既に数社が基金の拠出を申し出ており、JaPELの活動は順調に開始されている。まずは今年の9月26日(土)・27日(日)に行われる「全国中学生プレミアム学力カップ」に注目したい。

〈問い合わせ先〉
一般社団法人 Japan Premium Education League
設立時理事長:山本 千秋 (eisu CEO/エイスウClub主宰)
所在地:東京都千代田区九段南3-4-5フタバ九段ビル3F森上教育研究所内
TEL:03-6272-6465
メール:contact@JaPEL.or.jp
設立準備室事務 佐藤

「学習塾事業者における新型コロナウイルス感染症対策」 全国学習塾協会、ガイドラインを策定

 公益社団法人全国学習塾協会(安藤大作会長)は3月13日、「学習塾事業者における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」を策定・公表した。学習塾事業者に本ガイドラインの周知徹底を求めている。

 ガイドラインは、『新型コロナウイルス感染症について現時点で把握している事実』、『新型コロナウイルス感染症対策の基本方針((1)塾生・従業員等の安全の最優先 (2)事業所における感染拡大の防止)』に続き、『国内外で新型コロナウイルス感染症が発生した時の対応』、『関係省庁との協力・連携』の4つの軸で対策が示されている。

 特に『国内外で新型コロナウイルス感染症が発生した時の対応』では、生徒、従業員に対して、「講ずべき感染症の予防策」や「感染症の疑い時・発生時に講ずべき対応」が詳細に書かれている。例えば以下の通りだ。

感染症の発生について、事業者の責任の下、しっかりと記録に留める。この際には、1.欠席している子どもの人数と欠席理由、2.受診状況、診断名、検査結果及び治療内容、3.回復し、出席した塾生の健康状態の把握と回復までの期間、4.感染症終息までの推移等について、できるだけ日時別、クラス(年齢)別に記録するように努める。また、出席している塾生に関する事項だけでなく、従業員の健康状態についても記録することが望ましい。

出典:https://www.jja.or.jp/info/20200313/

 他にも「適宜、所管の保健所の助言、指導を求めるとともに、連携をとることが望ましい。また、保健所と連絡をとり、地域における感染症の発生状況及び流行状況を早急に把握するように努める」と、保健所や地域との連携も推奨している。

〈公益社団法人 全国学習塾協会のウェブサイトにリンク〉

NSGグループ 新型コロナウィルス感染防止に向けた休校要請を受けて「プログラミング&ICT授業動画」を無料公開

 NSGグループの株式会社チアリーが運営する、小中学生向けプログラミング教室『STAR Programming SCHOOL
(スタープログラミングスクール)』では、「新型コロナウイルス感染症対策本部による、全国の小学校・中学校・高等学校の臨時休校要請」 を受け、小中学生を対象にタブレット・スマホ・PC などを使ってご自宅で個別学習ができるインターネット 授業動画を 4 月 5 日まで無料公開する。

スクラッチ画像
スクラッチ画像

休校延長を決定している市区町村もあり、4月から必修化されるプログラミング教育に不安を抱えている生徒保護者の方に STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)の授業動画を無料公開する。
◆STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)の授業動画は以下より確認できる 。
https://www.star-programming-school.com/ 

◆無料公開動画
Scratchプログラミングコース スタンダード     第1回~第4回
ジュニアタイピング講座     第1回~第2回
情報モラル講座     第1回~第2回
わくわくPCキッズ講座   第1回~第2回

タイピング学習

株式会社Langoo オリジナルのTOEIC模擬試験募集人数、2,000名追加

 TOEIC学習アプリ「SANTA TOEIC」を提供する株式会社 Langooは、新型コロナウイルス感染拡大による3月8日のTOEIC試験中止を受け、「SANTA TOEIC」無料のオンラインTOEIC模擬試験の追加開催を決定。定員1,000名だったが、定員を超える応募が多くあったため、開催日程を増やし2,000名の追加募集を行うことにしたと3月13日に発表した。

 模擬試験はTOEICテスト開発元ETS(Educational Testing Services)公式の教材ではないが、同社が本番のテスト形式で作成したオリジナルの問題を使用し、インターネットに接続されたパソコンで所定の時間内に問題を解く形式となっている。
 
 応募期間は3月13日(金)13:00〜3月24日(火)15:00。4月4日(土)と4月5日(日)、それぞれ13:00〜15:00と19:00〜21:00の計4回の追加開催予定。応募時に都合の良い時間帯を選択する。TOEICの受験経験を問わない。専用のフォームからご応募する。

 同社は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため3月8日に開催予定であったTOEIC試験が中止されたことを受け、英語学習・TOEIC学習を推進する企業として貢献できることを全社で協議した結果、追加募集をしたと、今回の模擬試験開催の背景を語っている。

▼応募フォーム
https://form.run/@mock-exam-public

試験概要
応募期間:3月13日(金)13:00〜3月24日(火)15:00
追加開催日時:
第三回 4月4日(土)13:00〜15:00
第四回 4月4日(土)19:00〜21:00
第五回 4月5日(日)13:00〜15:00
第六回 4月5日(日)19:00〜21:00
試験時間:120分
出題数:200問
出題形式:リスニング 45分間 (100問) リーディング 75分間 (100問)
受験形式:パソコンによるオンライン受験
※インターネットに接続できるパソコンをご用意ください
受験料:無料
結果発表形式:後日メールにて
※試験の説明を行います。開催時間の20分前にパソコンを準備の上お待ちください
※3月29日(日)に実施される第一回、第二回試験の応募は締め切っております

応募方法
下記のフォームより必要事項を入力して送信
応募者の方に受験日程・注意事項等のメールをお送りします
当日メールに記載された準備の上、試験に臨んでください

SANTA TOEIC公式サイト
https://santatoeic.biz/lp01/

【会社概要】
社名:株式会社 Langoo
代表取締役:文鎔柱
住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番一丁目7番3号 藤原ビルディング4F
設立:2018年11月1日
資本金:8,200万円
事業内容:EdTech事業
Webサイト:https://corp.langoo.ooo/

Gakken家庭学習応援サイト内に、音楽、算数、プログラミングの学習ソフト「Music Blocks」のコンテンツを追加公開

 株式会社 学研ホールディングス(東京・品川、宮原 博昭 代表取締役社長)は、一斉臨時休校を受け、家庭学習への不安解消と学力維持のために【Gakken家庭学習応援サイト】 内に、小中学生向け音楽、算数、プログラミングの学習ソフト「Music Blocks」のコンテンツを追加公開した。

【Gakken家庭学習応援サイト】 無料公開中
https://www.gakken.co.jp/homestudy-support/

■  音楽と算数とプログラミングをいっしょに学べる学習ソフト「Music Blocks」コンテンツ

「Music Blocks」は、音楽を通して算数やプログラミングの考え方を学ぶビジュアル型の小中学生向け学習ソフト。小学校で必修化するプログラミング学習を一足はやく体験する機会としても利用できる。

▲プログラミングをゼロから学び、音楽や映像づくりを楽しむことができます。

▲プログラミングをゼロから学び、音楽や映像づくりを楽しむことができる。

▲学研は、経済産業省の実証事業「未来の教室」が開発した「日本版Music Blocks」による学習・教育コンテンツ作りを行っています。

▲学研は、経済産業省の実証事業「未来の教室」が開発した「日本版Music Blocks」による学習・教育コンテンツ作りを行っていく。

小学館 自宅学習支援 学習まんが『小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史』電子版全巻無料公開

 株式会社小学館は、3月11日より学習まんが『小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史』電子版全24巻を無料公開した。コロナウイルス感染拡大に伴い学校が休校となり、自宅学習をする子どもたちへの支援を目的としている。期間は、2020年3月11日(水)〜4月12日(日)まで。

■「小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史」とは
 発売から37年間読み続けられ、日本で最も売れている学習まんが。2020年に累計2020万部を突破した。各巻各章に「パノラマ大画面」を使用し、当時の生活や文化、合戦などの様子を再現している。カラーページも多く、各時代の様子をリアルに描かれている。

 無料公開されるのは、全24巻は、1巻の「日本の誕生」の旧石器時代から第22巻の「平成の30年」まで各時代ごとの様々な出来事が収録。別巻の23巻と24巻は人物辞典と史跡・資料館辞典となっている。
 教科書のように使え、受験対策にも定評があるシリーズ。今回の無料公開をきっかけに歴史に興味をもちち、日本史の学びの復習としても役立つだろう。

『小学館版学習まんが 少年少女日本の歴史』電子版無料本棚ページ
https://kids-km3.shogakukan.co.jp/
【期間】2020年3月11日(水)〜4月12日(日)

株式会社小学館集英社プロダクション 3月12日より家庭学習に活用できる幼児用教材3月号などを無料公開

 株式会社小学館集英社プロダクション(東京・千代田区、都築伸一郎 )は、新型コロナウィルス感染症拡大による休校要請を受けて、幼児から小学生まで一貫した通信教育『まなびwith(ウィズ)』において、年少~年長コース3月号およびまなびソング全6曲を無料公開する。

 ShoProは、小中高校への休校要請などの現状に鑑み、自宅で過ごす時間が増えた未就学児に向けて、自宅ですぐに取り組めるよう『まなびwith』年少(3・4歳児)~年長(5・6歳児)コース3月号の教材を無料公開することを決定した。3月2日から開始した幼児~小学生向け教材無料提供の申し込みが多数あり、到着までに時間を要していることや、用意数が終了した月号があることなどを考慮しての実施となる。

Z会グループ 学校の臨時休校期間の学習支援第2弾として、小中高生向けに新たな解説動画・学力診断テスト等を無料公開

株式会社増進会ホールディングス(代表者:藤井孝昭、以下同社及びグループ会社を総称して「Z会グループ」といいます)は、新型コロナウイルス感染拡大防止による小中学校や高校などの臨時休校期間の学習支援第2弾として、小中高生向けに新たな解説動画・学力診断テスト等を無料公開します。Z会グループの各種サービスの受講有無を問わず、どなたでも登録不要でご利用いただけますので、休校期間中の学習手段として、ぜひご活用ください。

◆新たな無料公開の概要
【栄光】中高生対象、各教科の学習単元解説動画3200本を無料公開
栄光ゼミナール、大学受験ナビオの講師による中学生、高校生対象の学習単元解説動画をオンラインで無料配信。以下の特設サイトから、会員登録なしで閲覧できる。
<中学生対象>
中学1年生~3年生 数学英語理科社会
中学1年生:https://www.eikoh-lms.com/movie_htmls/ze/j_high/21.html
中学2年生:https://www.eikoh-lms.com/movie_htmls/ze/j_high/22.html
中学3年生:https://www.eikoh-lms.com/movie_htmls/ze/j_high/23.html
<高校生対象>
数学
:数学IA・IIB、数学III 英語:英文法(基礎)、英語構文 国語:古典I
理科:物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物 社会:日本史B、世界史B
高校生:https://www.eikoh-lms.com/movie_htmls/ze/high/33.html

【Z会エデュース】新中2、新中3対象、春の学力診断テストを無料公開
春の実力診断テストは、Z会進学教室(首都圏)で3月中に実施する春期講習準備テストと共通の内容。進学前に現在の実力を診断できる。
URL:https://www.zkai.co.jp/muryoukyouzai-juku/
<中学生(新中2・新中3生)対象>
英語
数学
※解説映像の公開は3月16日を予定している。

新型コロナウイルスによる休校措置の学習塾へ授業支援システム無償提供 スタディラボ

 株式会社スタディラボと株式会社コードタクト及び、NPO法人eboardは、三社共同事業として2020年3月10日より、新型コロナウイルスの影響を受けて休校となっている全国の学習塾のうち、「schoolTakt」を未導入の学習塾に対し、schoolTaktを期間限定で無償提供することを決定した。

– 対象校
新型コロナウイルス等で休校中、または休校を決定した全国の学習塾
※ 無償提供はschoolTakt未導入校に限ります。

– 期間
2020年3月10日から5月末まで

schoolTaktは、端末を問わずインターネットとブラウザがあれば、いつでもどこでも利用ができる。これにより、生徒が授業を十分受けられず、学習に著しい遅れが生じることのないよう、可能な限りの家庭学習を適切に課すことができる。