Category: 塾ニュース|大学

慶應義塾、大学の経営改革に向けて民間プロ人材をビズリーチで採用

 Visionalグループの株式会社ビズリーチ(東京・渋谷区、多田 洋祐 代表取締役社長)が運営する、転職サイト「ビズリーチ」は、学校法人慶應義塾(東京・港区、伊藤 公平 塾長)の大学経営改革に向けて経営企画のプロフェッショナルを公募した。その結果、720名の応募のなかから、金融業界で活躍するビジネスプロフェッショナル1名が採用され、2022年に常任理事会付(上級経営企画スタッフ)として着任、経営・財務面のさらなる高度化に向けて2022年5月より活動を開始した。2021年5月に伊藤公平氏が塾長(理事長兼大学学長)に就任したことによる新たな執行体制のもと、大学経営の改革に向けて予算編成など経営的な視点から財務面を担う。

 慶應義塾は、10の学部、14の研究科、9の一貫校と1つの大学病院から成る、約6,000人の教職員を擁する組織。2022年4月1日には、伊藤公平塾長による新執行体制のもと、2022年度事業計画を公表した。そのなかでは、「未来の先導者、グローバルシチズンとしての理想の追求」を基本概念とし、未来の社会のあり方に対する教職員と塾生の当事者意識を徹底的に高め、未来先導に集中できる環境を整えるために、ビジネス観点でも大学経営を進めていくことが重要と位置づけている。今回就任された方は、常任理事会付(上級経営企画スタッフ)として、主に財務面から大学経営の一端を担う。
公募URL:https://www.bizreach.jp/job-feed/public-advertising/7c0soyh/
※公募では「塾長室の経営企画」の募集でしたが、募集ポジションの領域を超えたご活躍を期待できる方であったことから、常任理事会直属のスタッフとしての採用となった。

国立大学法人電気通信大学とアフラック生命保険株式会社による産学連携に係る包括協定の締結について

 国立大学法人電気通信大学(田野 俊一 学長)とアフラック生命保険株式会社(古出 眞敏 代表取締役社長)は、産学連携に係る包括協定を5月12日に締結した。
 この協定は、互いに連携協力することにより相互の持続的発展を希求し、次代を担う人財育成及び研究開発を推進するとともに、活力ある地域づくりのために社会課題の解決に寄与することを目的としている。

 電気通信大学とアフラックは、2021年6月24日に設立された「調布スマートシティ協議会」に設立メンバーとして参画し、産学官民が能動的に連携して共有価値を創造し、社会的課題の解決と経済的価値の創出を両立させながら、持続的に進化し続ける「共有価値創造型スマートシティ」の構築に取り組んでいる。
 両者は、この協定の締結により、連携関係のステージを一段高め、下記事項における具体的な連携・協力について、検討していく。
 (1)健康や福祉の向上に関わる共同研究
 (2)データの利活用に関わる共同研究
 (3)ダイバーシティ推進に資する活動
 (4)人財育成・人財交流を促進する教育研究活動
 (5)その他、本協定の目的達成のために必要と認める活動

モリサワ 「法政大学SDGsパートナーズ」に加入

 株式会社モリサワは、法政大学が制定する「法政大学SDGsパートナーズ」に加入した。登録日は、2022年5月13日(金)。法政大学SDGsパートナーズは、法政大学と産官学の多様なパートナーとの連携を促進し、「次世代のSDGs人材の育成」を目指すための新しいプラットフォーム。多様なパートナーと協同し、持続可能な社会の構築を担う次世代のSDGs人材育成を行うことを目的としている。今後、モリサワは、法政大学の職員や学生向けのユニバーサルデザイン(UD)フォントやレイアウトに関する勉強会のほか、UDフォントを活用した制作物作成などのワークショップを実施し、「法政大学SDGsパートナーズ」としてSDGs達成に向けた協業に取り組む。

法政大学SDGsパートナーズの連携・協力事項
(1)パートナーにおける持続可能な社会の構築の推進に関する事項
(2)本学の持続可能な社会の構築のための教育研究に関する事項
(3)その他、双方が協議し必要と認める事項

武蔵野美術大学 美術館・図書館 展覧会「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」開催

 武蔵野美術大学 美術館・図書館は展覧会「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」を開催する。
https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/19953/

 この展覧会は、日本におけるグラフィックデザインの黎明期を牽引したデザイナー・原弘が、新興美術運動に身を投じた1920年代の作品を起点に、後の制作姿勢の礎となった1930年代から40年代にかけての仕事を辿る。館蔵資料に加え、特種東海製紙株式会社の原弘アーカイヴ資料をあわせて展観し、原弘の造型思考の検証を試みる。

  • ​作家略歴

​原弘(はら・ひろむ)
1903(明治36)年-1986(昭和61)年 グラフィックデザイナー
長野県飯田町(現・飯田市)生まれ。1921年東京府立工芸学校(現・東京都立工芸高等学校)卒業。戦前は、同校の教員を勤めながら新装花王石鹸のパッケージデザインを手がけ、世に広く知られることになる。30~40年代には日本工房、中央工房、東方社など諸団体の設立に参加。51年、戦後初のグラフィックデザイナーの全国組織である日本宣伝美術会の結成に参画、60年には亀倉雄策らと日本デザインセンターを設立した。64年の東京オリンピックでは、組織委員会デザイン懇談会で、書体の統一および広報を担当した。装幀、ポスター、パッケージデザイン、雑誌のアート・ディレクションなどその仕事は多岐にわたり、日本のグラフィックデザインの進展に大きく貢献した。

  • 開催概要

原弘と造型:1920年代の新興美術運動から
https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/19953/

会期:2022年7月11日(月)〜8月14日(日)、9月5日(月)〜10月2日(日)
会場:武蔵野美術大学美術館 展示室3
開館時間:12:00−20:00 土・日曜日、祝日は10:00 – 17:00
休館日:水曜日
入館料:無料
主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
監修:髙島直之(武蔵野美術大学 名誉教授)
協力:特種東海製紙株式会社

※新型コロナウイルス感染症の状況により、会期・時間を変更、あるいは予約制を導入する場合があります。ご来館に際しては最新情報をwebサイト(https://mauml.musabi.ac.jp)でご確認ください。
※会期中の展示替えはありません。

[同時開催]
「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/19954/

近畿大学が大学法人として初めてクラウド請求書受領サービス「Bill One」を導入

 学校法人近畿大学は、Sansan株式会社が提供するクラウド請求書受領サービス「Bill One」を大学法人として初めて導入し、5月中旬から運用を開始する。このサービスを通じて、請求書の管理プロセスをデジタル化し、職員の働き方改革を後押しする。Bill Oneは、郵送で届く紙の請求書やメール添付で送付されるPDFの請求書など、さまざまな方法・形式で送られる請求書をオンラインで受領・データ化し、月次決算処理の加速を後押しするクラウド請求書受領サービス。2022年1月の電子帳簿保存法の施行や、請求書業務のデジタル化需要の高まりを背景に、業種や業界問わず数多くの企業で利用されている。

 Bill Oneは、Sansan株式会社が提供するクラウド請求書受領サービス。郵送やメールといったさまざまな方法・形式で届く請求書をオンラインで一括受領し、99.9%の精度で素早くデータ化。社内の全ての請求書をクラウド上で一元管理することで、請求書の受け取りから保管までのアナログな請求書業務をデジタル化する。経理部門だけでなく企業全体の請求書業務をスムーズにし、テレワークの推進や業務効率の向上を実現する。

楽天、武庫川女子大学で兵庫県産品のEC販促実践授業を実施

 楽天グループ株式会社は、2022年5月16日(月)から11月28日(月)の期間、兵庫県西宮市に所在する私立大学である武庫川女子大学において、2022年度の通期授業として、食物栄養科学部 食創造科学科の1年生から3年生を対象に、兵庫県産品のEC販促実践授業を実施する。この授業は、兵庫県の関係人口拡大を目指す取り組みである「ひょうごe-県民制度」の一環として実現するもので、兵庫県内の次代の食産業界を担う人材育成と地域食産業の活性化に貢献するとともに、学生視点による兵庫県産品の魅力発信による、地域活性化への寄与を目指す。

 この授業は、同学科の担当教員に加え、楽天のECや地域創生事業の社員や、楽天が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」の出店事業者である有限会社ズーティーの創業者やEC運営担当者が講師を務める。兵庫県特産の「岩津ねぎ」を材料として、同学科の松浦研究室が商品開発に協力した「ねぎのチカラ」を題材とし、消費者に商品を購入してもらうための商品ページ作成のノウハウなど、EC販売に必要なマーケティングの知見を学ぶ機会を提供する。授業の終盤では、学生が企画した商品ページやマーケティングプランに沿って、「楽天市場」に出店する兵庫県公式アンテナショップ「兵庫を旅するひょうごマニア」

https://www.rakuten.ne.jp/gold/hyogomania/ )における、「ねぎのチカラ」の実践販売および結果検証も予定している。

【授業概要】
期間: 2022年5月16日(月)から11月28日(月)
講師:
・武庫川女子大学 食物栄養科学部 食創造科学科 松浦寿喜教授、中村衣里助教
・楽天のECや地域創生事業の社員
・有限会社ズーティーの創業者やEC運営担当者
対象: 武庫川女子大学 食物栄養科学部 食創造科学科の1年生から3年生の約90名
内容:
・消費者に商品を購入してもらうための商品ページ作成のノウハウなど、EC販売に必要なマーケティングの知見を学ぶ講義
・商品ページやマーケティングプランの作成
・「楽天市場」に出店する兵庫県公式アンテナショップ「兵庫を旅するひょうごマニア」における、商品の実践販売および結果検証 など

川崎医科大の創始者が故郷・霧島市に地域枠 23年度から新設

 川崎医科大学(岡山・倉敷市)は2023年度入試から、鹿児島県霧島市在住者か市内の高校の卒業生、卒業予定者が対象の「霧島市枠」(1人)を新設すると発表した。運営する学校法人川崎学園を創設した川﨑祐宣氏の出身地が同市横川出身。学園は市と連携協定を結んでおり、枠設定は地域医療を担う人材育成が狙いだ。
 市枠は11月に出願を受け付け、同月に実施する総合型選抜。1次試験は英語、数学、理科(物理、化学、生物)による学力試験で、2次試験は面接。県内の医師や看護師ら医療関係者の推薦が出願の条件となっている。

Yahoo! JAPANと慶應義塾大学、東京工科大学が連携し、スマートフォンの持ち方などをカメラで推定する手法を開発

 ヤフー株式会社と慶應義塾大学、東京工科大学は、スマートフォンのフロントカメラ(インカメラ)で撮影された顔写真を使用し、角膜反射像を機械学習で分類することで、スマートフォンの持ち方などを推定する新しい手法を開発した。
 この手法は、ヤフー株式会社 Yahoo! JAPAN研究所 池松香 上席研究員、慶應義塾大学 理工学部 杉浦裕太 准教授、慶應義塾大学大学院 理工学研究科大学院生 張翔、東京工科大学 メディア学部 加藤邦拓 助教の研究グループにより開発された。

 多くのスマートフォン用アプリでは、右手親指での操作を前提に画面表示が設計されており、スマートフォンの大画面化が進む昨今においては操作しづらい場合がある。また、既存の「把持姿勢」を推定した研究では、新たにセンサーを用意する必要があったり、スマートフォンの機種の違いによって結果に影響が出たりするといった課題があった。

 研究グループは、スマートフォンを操作する際に画面の光が角膜に反射することで画面の形をした角膜反射像が映り、それが「把持姿勢」に応じて異なることに着目した。そこで、スマートフォンのフロントカメラで顔写真を撮影し、顔写真から角膜反射像を切り取り、機械学習を使って角膜反射像を分類することで「把持姿勢」を推定する本手法を開発した。

 この手法は、スマートフォンに内蔵されたフロントカメラを使用するため、さまざまな機種のスマートフォンに適用でき、容易にアプリに組み込むことができる。
 今後は、より大規模かつ実環境に近い状態での実験を行うほか、スマートフォンに内蔵されているカメラ以外のセンサーを併用したり、推定アルゴリズムを改善したりすることで、より高い精度で安定して「把持姿勢」を推定することを目指す。

第一工科大学 アジア工科大学院大学とMOU(国際交流協定)を締結

 第一工科大学(鹿児島・霧島市、都築 明寿香 学長)はアジア工科大学院大学とMOU(国際協力協定)を締結した。アジア工科大学院大学(AIT)はタイの首都バンコクの北部に位置する。1959年の設立以来,東南アジア地域における人材育成を目的とした高等教育機関として活動してきており、約30か国から留学生を受け入れている。講義は英語で行われるが、レベルが高い事で知られており、卒業生の多くが各国の政府高官になっている。

 2010年にはアジア工科大学憲章の発効により国際機関の地位を得ている。日本との交流も盛んで、すでに、東大、お茶の水女子大、北陸先端科学技術大学院大学等と協力関係がある。

 今回の締結は、交換留学生の受け入れ、教員の相互派遣などの人材交流、インターンシップや共同プログラムの設置などを目的としている。学生・教員の人材交流を推進することで、お互いの科学技術、文化や習慣を学ぶと共に、国際機関としてAITが持つネットワークを通した情報発信に努めていく。

 第一工科大学には航空工学と工学2つの学部があり、航空、建築、機械、情報電子、環境エネルギーについて教育研究を実施している。一方、AITは、土木工学、計算機科学、通信工学、産業工学、環境工学などで高い評価を得ている。そのため、双方が協力できる分野は多く、今後、交換留学・語学研修・共同研究などを通じて、多角的な協力が進むものと期待されている。

■第一工科大学(都築学園グループ / (学)都築教育学園)
所在地:鹿児島県霧島市国分中央1-10-2
代表者:学長 都築 明寿香
URL:http://tsuzukigakuengroup.com/(都築学園グループ)
https://www.daiichi-koudai.ac.jp/(第一工科大学)

千葉大生が「SDGsエコバッグ」を企画 レジ袋有料化に伴う基金を使って割引販売

 千葉大学環境ISO学生委員会は、千葉大学生協でのレジ袋の有料化に伴う「レジぶー基金」を使って、毎年、学内に向けた環境活動を展開しています。今年は学生がデザインした「SDGsエコバッグ」を、4月11日(月)から千葉大学生協にて割引販売した。

 持続可能な開発目標(SDGs)の目標12「つくる責任つかう責任」と、目標14「海の豊かさを守ろう」の実現を目指す一環として、学内の教職員や学生に対してエコバッグの利用を推進し、学内外の店舗におけるレジ袋の使用削減を目指す。

 学内外で環境活動やSDGsに取り組む「千葉大学環境ISO学生委員会」が企画した。今年1月に全学生に対してエコバッグのデザインを公募し、9作品の応募があった。その中から最優秀作品に選ばれたデザインを使って、エコバッグを製作し、4月11日(月)より、千葉大学生協にて販売を開始した。
素材: 綿100%
サイズ:約360×370×110mm
価格:原価500円 → 販売価格300円(税込)※「レジぶー基金」を使って割引
製作個数:500個
販売場所:千葉大学生協店舗(西千葉キャンパス300個、松戸キャンパス100個、亥鼻キャンパス90個)
 松戸と亥鼻については4月15日頃より販売開始予定