若者の自殺防止を呼びかける読売新聞連載「STOP自殺#しんどい君へ」が無料配信

 大日本印刷株式会社(DNP)が株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto(https://honto.jp/)」は、読売新聞紙面の連載記事などをまとめた電子書籍「読売新聞アーカイブ選書」の販売を11月25日(金)より開始した。

 読売新聞紙面で注目を集めた連載記事などをテーマや連載ごとに電子書籍化して発行する読売新聞社の新しいレーベル。話題を呼んだ長期連載や、著名人が自らの半生を振り返る「時代の証言者」、地方版でしか読めなかった各地の記事などを電子書籍の形でまとめて読めるようになる。毎月25日に数冊ずつ配信予定で、第1弾となる11月25日は5つのタイトルをhonto電子書籍ストアで先行販売する。

■第1弾発売タイトルの紹介

『しんどい君へ STOP自殺 著名人からのメッセージ』
著者:読売新聞東京本社 教育部
価格:0円
https://honto.jp/ebook/pd_32117864.html
自ら命を絶とうとするほど悩む子どもたちを、どうにかして救いたい――。かつて自身もいじめや不登校などを経験した著名人たちが、今、苦しみのまっただ中にいる若い人に向けてメッセージを語った読売新聞連載「STOP自殺 #しんどい君へ」。元アイドルやミュージシャン、俳優、お笑い芸人らが語った言葉は、SNSなどでも大きな反響を呼びました。
読売新聞は今回、少しでも多くの若者に記事を届けるために、電子書籍版を作り、無料で配信することにした。

『奔流デジタル 新たな技術は私たちに何をもたらしたのか』
著者:読売新聞東京本社
価格:1,000円(税込)
https://honto.jp/ebook/pd_32117862.html
AIやインターネットなどのデジタル技術は、現代社会に多くの恩恵をもたらした。一方、短い期間で世界を一変させた激しい流れ=奔流=は今、社会の仕組みや私たちの意識さえも変えようとしている。民主主義は揺さぶられ、個人のプライバシーも浸食されつつある。ともすれば、人間の尊厳すら奪われかねない時代だ。国際部、社会部、経済部、科学部、文化部、生活部、社会保障部、医療部という読売新聞第一線の各部が、それぞれの視点からその現状に迫った。

『十人十色のしあわせ小箱 (1)
 箱根ランナー、ミシュランシェフら10人の物語』

著者:読売新聞東京本社 社会部 / 価格:400円(税込)
https://honto.jp/ebook/pd_32117863.html
幸せは人の数だけかたちがあり、それぞれの思いや営みで育まれていく。フィギュアを愛した箱根駅伝ランナーの青春、苔アートのために脱サラした男性、料理で人を幸せにしようと努力し続けるミシュランシェフ……生活に、趣味に、なりわいに、幸せを感じているからこその「輝き」を伝えたい。
読売新聞夕刊(東京版)に連載され、様々な人生模様を温かい筆致でつづってきた「しあわせ小箱」。電子書籍では、1冊に10人前後の物語を収めて続々刊行の予定で、第1巻では2021年1月から3月までに掲載された10人を紹介。人間って、人生って面白い。世知辛い世の中ですが、本書を手に取れば、心がほっこりすること請け合いです。

『みちのくのジャズ喫茶 東北の名店を訪ねて』
著者:読売新聞 東北総局
価格:400円(税込)
https://honto.jp/ebook/pd_32117865.html
1960~70年代に全国で隆盛を極めたジャズ喫茶。高級オーディオでよりすぐりのレコードを大音量で流し、「会話禁止」の貼り紙のもと、客は腕組みをして黙って聴き入るというのが定番のスタイルだった。あれから半世紀。ブームが過ぎ去った今も、東北には多くの名店が残り、それぞれの道を究めてきた。スマホにイヤホンで音楽を聴くのが当たり前となった時代に、新規オープンする店すらある。なぜ今、ジャズ喫茶なのか。一癖も二癖もある18店を巡り、店主たちの話に耳を傾けた。

『鉄印帳を携えて ローカル線の魅力を再発見!』
著者:読売新聞社/価格:1,000円(税込)
https://honto.jp/ebook/pd_32117866.html
近年、寺社を回って「御朱印」を集める旅が人気だが、最近は、その鉄道版ともいうべき「鉄印」集めの旅も注目されている。鉄印は、全国40のローカル鉄道が、それぞれオリジナルのものを作っており、主要駅などで入手できる。本書は鉄印集めの旅のガイドブックだ。地域に密着した読売新聞の支局の記者たちが、各鉄道沿線で見られる美しい景色や歴史ある名所、さらにはうまい飯などを紹介している。「御朱印帳」ならぬ「鉄印帳」を手に、全国のローカル線を巡る旅に出よう。
※この電子書籍は、2020年10月に読売新聞に掲載された「鉄印帳を携えて」と、同連載を書籍化した『鉄印帳の旅』(21年3月刊)を再構成したものです。

最も「アホな」ゲームが決定 アホゲーコンテスト優秀賞受賞作品を発表

 株式会社しくみデザイン(福岡市博多区、中村 俊介 代表取締役)は、9月5日(月)から10月30日(日)の期間にて、株式会社NASU(大阪市浪速区)前田高志 代表が運営するオンラインサロン「前田デザイン室」が手掛ける粗いドット絵(通称「粗ドット」)素材ダウンロードサイト「DOTOWN(ドッタウン)」を活用したゲーム作りコンテスト「アホゲー」コンテストを開催した。11月24日(木)に応募総数334作品の中から選ばれた受賞作品を発表した。

「アホゲー」の中から最も「アホ」なゲームとして、Kotaroさんの作品「かき氷海戦」が最優秀賞を受賞。コラボレーション企画第1弾の「わたしのアホゲー」コンテストに続き2連覇となった。

 中村俊介は、「アホは難しくも、自由度が高くいろいろなタイプの作品があって面白かったです。DOTOWNの粗ドット素材の汎用性とSpringin’ Sound Stockの多様な音の組み合わせにバリエーションがあり、それにより、こんなに作品のクオリティが上がるのかと感動しました。」とコメント。

 前田高志氏は、「100%アホな雑誌『マエボン3』を作る中でアホを追求してきましたが、まだこんなにアホがあるのかと哲学的に考えさせられました。ドット絵と音の相性も良かったです。審査はドットだけにどっと疲れましたが、どっと楽しかったですね。」とコメントした。

コンテスト概要
コンテスト名 :アホゲーコンテスト
募集期間 :2022年9月5日(月)~2022年10月30日(日)
年齢制限 :なし
応募作品数 :334作品
最優秀賞 副賞 :アホ100%な雑誌『マエボン3』
アホさが倍増する!?デザインのパワースポットに遊びに来れる権利
キャンペーンサイト :https://www.springin.org/challenge/dotown2/
粗ドット素材ダウンロードサイト「DOTOWN(ドッタウン)」URL:https://dotown.maeda-design-room.net/
結果発表ページ :https://www.springin.org/awards/dotown2/
結果発表Youtubeライブアーカイブ :https://youtu.be/MmZhq0-bnxg
受賞作品動画  :https://youtu.be/X4kLskoOjL8

受賞作品一覧
<「アホゲーコンテスト」最優秀賞>

クリエイター名:Kotaro
タイトル:かき氷海戦

作品URL:https://app.springin.org/v3/works/BF27A523-8FC0-4FCA-ACB1-396B37CFB0B9/page

その他の【特別賞、新人賞】については以下より確認可能。
https://www.springin.org/awards/dotown/

経済産業省 EdTech導入補助金の採択事業者として群馬県高崎市をはじめとする10自治体の小・中・高等学校へ「DNP学びのプラットフォーム リアテンダント」を導入

 大日本印刷株式会社(DNP)は、STEAM教育を提供する株式会社REKIDSとコンソーシアムを組み、経済産業省の「令和3年度補正 学びと社会の連携促進事業(先端的教育用ソフトウェア導入実証事業)費補助金」の事業者に採択された。導入に向けた検証を希望する50を超える自治体や学校より導入要望があり、短期間での補助金申請に協力した群馬県高崎市をはじめとする10自治体へ「DNP学びのプラットフォーム リアテンダント®」の導入が決定した。補助金事業でのEdTechツール導入期間は、2023年3月31日までとなる。

 自治体の小・中・高等学校は、採点支援分析システムの導入により、各自治体の学校現場の課題である教員の働き方改革が進むという点に加えて、蓄積した学習データを用いた教員の指導改善、授業改善が期待できる点、またリアテンダントとともに導入される株式会社REKIDSの4技能英語教材「カラオケEnglish」を併用し、日常のテストの結果データと掛け合わせて見る事でより個に応じた児童生徒の学びに繋がる点を評価し、補助金事業を活用しての導入を決定した。


「カラオケEnglish」は、教材を活用したセルフラーニング(自習)で、「聞く」「話す」を中心に、「読む」「書く」も含めた英語の4技能を学べる教材。幼児への教育からリカレント教育(生涯を通じた学び直し)まで、幅広く対応している。日本人が効果的に英語を学べる教材と認められ、2022年に特許を取得した。

ベネッセHD インドの教育市場を開拓

 ベネッセホールディングスがインドに進出し、教育市場を開拓する。インドの中学・高校に相当する学年を対象にした学力試験の運営を始める。まず数年内をめどに数百校での導入をめざす。同国は5~17歳だけでも3億人を超える人口を背景に長期的な需要が期待できるため、グループの現地法人の設立に至った。インドの人口は2023年に中国を抜いて世界一になる見通しで、オンライン教育サービスにも注目が集まっている。

 すでに一部の学校で数学や理科のテストを実施しており、対象学年は順次拡大していく方針だ。当面は試験会場で実施するテストに注力しながら、学校のインフラなどに応じてオンライン形式の導入も検討していくそうだ。

静岡・御殿場 高校生とKDDIが開発した観光WEBサービス「COLO」が全国に先駆けて運用開始

 静岡県立御殿場高等学校は、御殿場市の観光課題である滞在時間の増加や市内回遊活性化を図るため、御殿場市・KDDIと連携・協働し、観光WEBサービス「COLO」を開発した。
「COLO」は、パン屋さんやバッティングセンターなど、地元の高校生オススメの知る人ぞ知る魅力あるスポットが紹介されている。「COLO」で使用されている紹介文や写真はすべて高校生が作成し、自身の体験を交えたお店の紹介文や高校生ならでは視点による写真などが掲載されている。ただ観光スポットを紹介するのではなく、手作り感・温かみのある情報に触れてもらい、御殿場全体を好きになってもらいたいという思いが詰まったサービス。

 静岡県立御殿場高等学校創造ビジネス科メディア観光コースでは、御殿場を活性化するため、地域の商店と連携し商品の開発やイベントでの地元食材のPRなど、地域に根ざしたさまざまな取組を行っている。今回、御殿場高校が、御殿場市観光交流課と通信企業大手のKDDI株式会社と連携し、地域活性化のための観光WEBサービス「COLO」を開発し、全国に先駆けて運用を開始した。

COLOのホームページ:https://colo-info.jp/
※スマートフォン・タブレットからのみ使用可能

御殿場高校HP:http://www.edu.pref.shizuoka.jp/gotemba-h/home.nsf/IndexFormView?OpenView
御殿場高校Instagram:https://www.instagram.com/gotemba_h/
静岡県教育委員会Twitter:https://twitter.com/shizuokaprefBOE

東京・足立区が給付型奨学金 大学生や大学入学予定者が対象

 東京都足立区は2022年11月22日、大学生や入学予定者を対象に大学4年間で総額約826万円を支給上限とする返済不要の「給付型奨学金」を新設すると発表した。この規模の給付型奨学金は全国の自治体でも例がないと区は説明し、来年度の実施に向け12月議会に条例案を提出する。上限額は学部などによって異なるが、私立大学の理系に進学した場合を想定し、4年間の費用について入学金約25万円、授業料約454万円、施設整備費約72万円の計約551万円と国の調査を元に試算し、その1・5倍に当たる約826万円を上限とすることで、授業料などが高額な医学部志望の学生らに対しても一定の助けができると判断した。来年度の募集は40人で、2023年1月から募集を始める予定。

凸版印刷、図書館・書店向けに、子どもの個性に合わせた絵本おすすめサービスの提供を開始

 凸版印刷株式会社(東京・文京区、麿 秀晴 代表取締役社長)は、2018年より独自に開発した8つの脳力指標に基づいた個性診断で、子どもの個性に合った最適な絵本を選書するサービス「conocoterrace®(読み:コノコテラス)」を提供している。
 この度、図書館・書店向けサービス「conocoterrace® for Library」を開発。このサービスは「conocoterrace®」で提供してきたアンケート回答による個性診断に、導入施設が保有する絵本を年齢別・個性別に分類・登録できる「選書登録機能」を付加。施設スタッフの選書ノウハウを活かし、利用者の個性にぴったりな絵本を提案することができる。2022年11月22日より図書館を運営する自治体や企業、書店などに向けて提供を開始した。

 このサービスの活用により、従来は施設スタッフが個別対応していた絵本案内を効率的に実施することが可能。図書館や書店の膨大なラインナップからどの絵本を選んでよいか分からないという利用者側の悩みも解消する。提供開始に先立ち、2022年8月に静岡県にある袋井市立図書館で実証実験を実施。このサービスを体験した利用者の9割が図書館への再来館意向を示し、来館促進への有効性も実証された。

■ 開発の背景
 各自治体では「子どもの読書活動推進計画」の策定が進み、図書館を中心に地域全体で子どもの読書習慣の形成を推進するための様々な工夫が求められている。一方で、家庭では一人ひとりの子どもに合った絵本の選び方について手助けになる指標がなく、図書館や書店などを利用する際に、どのように選んだらよいか分からないことが悩みの種となっている。
 凸版印刷は、2018 年より脳科学に基づくアンケートに保護者が回答することで、独自に開発した 8 つの能力指標に基づき子どもの個性を可視化する個性診断を開発。子どもの個性に合った最適な絵本を選書するサービス「conocoterrace®」などを通じて提供してきた。
「conocoterrace®」のアンケート回答による個性診断に基づき、導入施設独自の視点で利用者へ絵本をおすすめすることができる図書館・書店向けサービス「conocoterrace® for Library」の提供を開始。これにより、利用者は個性にぴったりな絵本を知ることができ、図書館や書店の膨大な絵本ラインナップとの新たな接点を創出。また導入施設における絵本案内の効率化や来館促進、利用者とのコミュニケーションを支援する。

■ 「conocoterrace® for Library」の特長
・図書館の蔵書や書店のラインナップの中から「個性にぴったり」な絵本を紹介
 2歳~8歳の子どもを持つ保護者を対象として、Web上で子どもの年齢別のアンケートに約3分程度回答することで8つの脳力指標に基づいた個性診断が可能。事前に登録されたおすすめリストに基づき、図書館蔵書や書店の品ぞろえの中から「個性にぴったり」な絵本を知ることができる。

・導入施設オリジナルのおすすめリストの作成が可能
 おすすめリストは施設ごとに蔵書を登録して作成する。施設スタッフ独自の視点でおすすめリストを作成することで、これまで個別に対応していた絵本案内のノウハウを活かしつつ、効率化を実現する。また、おすすめリスト作成にあたっては、凸版印刷が一般生活者向けに提供してきた「conocoterrace®」の知見や選書ノウハウによる作成支援も可能。

・図書館や書店の来館促進、コミュニケーション支援にも寄与
 静岡県袋井市立図書館における実証実験では、本サービスを体験した利用者の9割が「また図書館を利用したい」との再来館意向と、施設スタッフ独自の視点に基づいたおすすめ絵本の表示により「スタッフへもっと話を聞きたい」との相談意向を示した。この結果から、このサービスを活用することで導入施設における利用者の来館促進や、スタッフと利用者のコミュニケーション支援にも寄与する。

■ 価格
・初期導入費用:20万円~ ※おすすめリストの登録数により変動
・サービス使用料:年間30万円~ ※導入施設数により変動
※本サービスはWebサービスです。インターネットに接続可能な端末及び通信環境が必要となります。

■ 今後の目標
 凸版印刷は「conocoterrace® for Library」を含めた個性診断活用サービス全体で2027年度までに約10億円の売上を目指す。

ベネッセ、開志専門職大学で「フリーランス体験型」のキャリアデザイン講座を提供

 株式会社ベネッセコーポレーション(岡山市、小林 仁 代表取締役社長)は、ランサーズ株式会社(東京・渋谷区、秋好 陽介 代表取締役社長 執行役員CEO)と連携し、開志専門職大学(新潟市、北畑 隆生 学長)の学生向けに『キャリアデザイン講座~「学び」を「稼ぐ」に変えるには?~』を2022年11月末から提供する。 
 このプログラムは、雇用や働き方が多様になるこれからの時代を生きる学生を対象に、フリーランス体験を通してスキルやキャリアへの自立的な意識形成を支援するもの。プログラム提供を通じて、学生が自ら得たスキルの社会的価値を自覚し、より能動的にキャリアデザインを構築できるようになることを目指す。

【プログラム概要】
 学生自身が希望するスキルを、ベネッセが国内で展開をするオンライン学習サービス「Udemy Business(ユーデミー・ビジネス)」で習得する。学生たちは、習得したスキルをもとに、フリーランスマッチングプラットフォーム「ランサーズ」で企業からの依頼を獲得し、報酬を得るまでの流れを体験する。また、ランサーズとベネッセから講師を派遣し、全4回に渡って、キャリアデザイン、セルフブランディング、スキル学習、仕事の仕方や獲得方法などについてアドバイスを行う。その中で、学生は学ぶ先に、仕事を通して自らのスキルのレベルを知り、次のレベルに到達するために必要な学びに歩みを進めることができる。

プログラム名:『キャリアデザイン講座~「学び」を「稼ぐ」に変えるには?~』
対象者 : 開志専門職大学 情報学部に在学中の1・2年生、14名
期間 : 2022年11月29日~2022年12月20日 計4回

学書『Kazasu(カザス)』に新機能としてクレジットカード決済機能をリリース

 株式会社学書(愛知・名古屋、田村 茂彦 代表取締役)が提供している学習塾サポートシステム「Kazasu(カザス)」に新機能としてクレジットカード決済機能が加わった。利用率の高いクレジットカードで決済可能になり、「定期決済」「臨時決済」が利用できるようになった。

「Kazasu(カザス)」は、専用のカードをカメラにかざし、入退室時刻と画像をリアルタイムで保護者に送信することができる。写真付き入退室管理機能のほか、専用アプリ・メール・LINEに対応したメッセージ配信機能や、保護者が面談日程をスマホ・PCから回答できる面談機能など、さまざまな機能を搭載している。現在、全国1,000団体・2,000教室以上に導入され、のべ100万人以上に利用されてきた実績を持つサービス。

 今回の新機能のリリースに伴い、Kazasuで請求書の発行からクレジットカード決済までの請求業務を、Kazasuシステム内で効率的に行うことが可能となった。初期費用&毎月のオプション利用料は0円、決済手数料が2.1%と、安価な費用で請求業務の効率化が図れる。※決済手数料の他に通信費用が発生する。

〈申込み、問い合わせについて〉
「クレジットカード決済機能」はオプション機能となり、利用には申込みが必要となる。希望の方は学書担当営業、または下記の連絡先へ。

Tel: 052-902-6141
Mail:kazasu@gakusho.com

オンライン動画学習サービス「gacco(ガッコ)」アプリの本格提供を開始

 株式会社ドコモgacco(東京・港区、佐々木 基弘 代表取締役社長)が運営するオンライン動画学習サービス「gacco®(ガッコ)」は、2022年11月21日(月)よりスマートフォン・タブレット向けアプリを提供開始した。このアプリはビジネスパーソンの方が通勤などの移動時間中に、これまで以上に手軽に講座を受講することを目的に開発され、受講を途中で中断しても前回閲覧していた画面から再開できるなど、アプリだけの機能を備えている。現在は”ビジネス”に活かせる講座を特集し、おすすめ講座をトップに紹介。今後も様々な講座を拡充していく。

ダウンロードページ:
【iOS】https://apps.apple.com/jp/app/id1632612711
【Android】 https://play.google.com/store/apps/details?id=org.gacco.mobile.production

アプリにも掲載されている“ビジネス”に活かせる講座特集の中から、一部を紹介

統計の入門
京都大学国際高等教育院附属データ科学イノベーション教育研究センター

講座内容
 講座は、研究や、生活、社会・経済活動に不可欠な統計を、集計・分析し、理解する力を養うことを目的とした「統計入門」「続統計入門」を圧縮した内容になっている。これから統計を学ぼうとする初学者や、学び直しを目指す学生を主たる対象としている。
 この講座では、統計ならびに統計学に関する基本的な考え方を中心に講義することで、より発展的な統計・統計学の学習への礎となることを目指す。統計分析手順の機械的な利用や解釈というよりも、その基礎となる考え方を学ぶことを目指している。また、厳密な数学的証明は避け、あくまで統計・統計学のエンドユーザーとして必要とされる内容の直感的な理解を目指しています。

「させていただく」が使いたくなるわけ -日本語と敬語のゆくえ-
法政大学文学部教授 椎名 美智

講座内容
 この講座では『「させていただく」が使いたくなるわけ -日本語と敬語のゆくえ-』というタイトルで、日本語の敬語とコミュニケーションについて講義する。
 前半は、いまみんなが気になっている「させていただく」について、後半は、「させていただく」だけでなく、日本語の敬語に注目し、敬語の変化とその原因を探る。講座全体の目標は、言葉の使い方への意識を高めることによってコミュニケーション能力を向上させて、豊かな人間関係を育むヒントを獲得することにある。