Category: 塾ニュース|教育ICT

「Studyplus for School」、「教材配信システム」を通じて導入校2,000校以上のデジタル教材「aim@」の一部を無料で提供

 スタディプラス株式会社(東京・千代田区、廣瀬 高志 代表取締役)は、2023年4月より教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」の新機能「教材配信システム」の提供を開始する。これに先駆けて、株式会社メイツ(東京・新宿区、遠藤 尚範 代表取締役)のデジタル教材「aim@」の中学生向け理科/社会/数学の定期テスト対策ドリルと英検®対策用単語ドリルを、2023年1月25日(水)より無料提供することを発表した。教育機関で「Studyplus for School」無料プランを導入すると、「教材配信システム」の「ドリル」機能を通じて、2,000校以上で導入されている「aim@」の一部教材を無料で配布でき、生徒が学習管理アプリ「Studyplus」上で問題を解くことができる。

■ 対応教材概要
教材名

『【aim@】中1理科 一問一答』
『【aim@】中2理科 一問一答』
『【aim@】中3理科 一問一答』
『【aim@】中学歴史 一問一答』
『【aim@】中学地理 一問一答』
『【aim@】中学公民 一問一答』
『【aim@】中3数学 用語問題』
『【aim@】中2数学 用語問題』
『【aim@】中1数学 用語問題』
『【aim@】英検®︎5級 単語ドリル』
『【aim@】英検®4級単語ドリル』
『【aim@】英検®︎3級 単語ドリル』
『【aim@】英検®︎準2級 単語ドリル』
 

 教科・科目:理科、社会(地理・歴史・公民)、数学、英検®
 教材提供元:株式会社メイツ
 教材のレベル・ターゲット:レベル設定は、いずれの教材も特になし。
 理科/社会/数学の一問一答ドリルは、公立中学生がターゲット。
 英検®︎単語ドリルは、英検®︎合格を目指す中学生がターゲット。

■ 利用概要
 ● 利用料金:初期費用・システム利用料・教材費すべて0円
 ● 利用対象:「Studyplus for School」を導入済み、もしくはこれから「Studyplus for School」を導入する予定であり、本教材の利用を希望の教育機関
   ※本教材は、私教育(学習塾)のみでの提供となる。
 ● 先行利用申し込みフォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfIpkD1ohxmBCLvZqwiOaBMn-l6kIbBclnZLuM-utWWK2Clpg/viewform
※これから「Studyplus for School」を導入予定の教育機関は、説明会への参加必須。
 詳細URL:https://story.studyplus.co.jp/n/n429786e87984

凸版印刷、小中学生向けデジタル防災教育教材「デジ防災」を開発

 凸版印刷株式会社(東京・文京区、麿 秀晴 代表取締役社長)は、自然災害の対策として、児童・生徒の防災レベルを引き上げるデジタル教材「デジ防災™」を開発、2023年1月より提供開始した。
 提供開始に先立ち、「デジ防災™」は、防災教育の推進や教育のDXに取り組む香川県三豊市(山下 昭史 市長)で市内の小中学校全26校に2023年1月から導入開始する。

 現在、防災教育のほとんどは、学校内での避難訓練が主だが、コロナ禍においては子どもたちが集まって避難訓練することが難しくなっている。
 現在「GIGAスクール構想」により、小中学校では1人につき1台のデジタルデバイスが配置され、学校教育の現場でのICT環境の整備が進んでいるが、オンラインでの防災教育の実施には、「学校のカリキュラムが忙しくて対応できない」「実効的な取り組みに結びついていない」、「地域・学校ごとに取り組み内容や意識に格差がある」などの課題がある。

 これまで凸版印刷は、オンライン津波避難訓練システム「リアルハザードビューア®」や自治体向け住民見守りサービス「あんしんライト」などの、防災関連のサービス開発・提供を行ってきた。このような防災の知見を培ってきた凸版印刷は、上記の課題解決のため、デジタルデバイス上で児童・生徒が防災を学習できる「デジ防災™」を開発した。

「デジ防災™」は、デジタルデバイスを使用し1回10~15分の短時間で決められた内容を学習できるため、忙しい学校カリキュラムを削ることなく、密にならずに地域や学校による防災教育の格差を是正することができる。また、児童・生徒の回答結果を可視化するシステムを搭載しているので、実際に学習内容が身についているかどうか確認することができる。

■ 価格
15万円/年(在校生100人以上・1校あたり)
10万円/年(在校生100人未満・1校あたり)

 凸版印刷は、「デジ防災™」を全国の小中学校に提供し、2025年までに3.5億の売上を目指すという。また、「デジ防災™」で全国の小中学生の防災知識の底上げに貢献する。

『桃太郎電鉄 教育版』提供開始

 株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、「桃太郎電鉄」を教材として無償で提供する、ブラウザ版『桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~』について、学校教育機関からの導入申し込みを、1月24日(火)より受付開始する。

『桃太郎電鉄 教育版』は、学校教育機関が導入できるよう、WEBブラウザやタブレット等での操作を可能としたデジタル教材。「日本全国を巡って物件を買い集め、資産額日本一を目指す」というゲーム性を活かし、授業を通して地理や経済などを学ぶ教材として制作を進めてきた。

 この教材は、学校の授業にあわせて先生または管理者がプレー時間や対象地域を選択できるほか、各地の名産品や主要産業、歴史に関する情報を表示する機能が追加されている。また、「貧乏神」のような相手のプレーを妨害する要素を一部非搭載としている。

『桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~』 概要
 対応プラットフォーム: Windows PC, Chromebook, iPad
 対応インターフェース: キーボード、タッチパネル
 プレー人数:  1~4人
 オンラインプレー:  非対応
 公式サイト: https://www.konami.com/games/momotetsu/education/

atama plus、神山まるごと高専のリソースサポーターとしてAI教材「atama+」を提供開始

 atama plus株式会社(東京・港区、稲田 大輔 代表取締役CEO)は、2023年4月に開校する神山まるごと高専に、AI教材「atama+(アタマプラス)」を無償で提供することを決定した。

 atama plusは、今回、社会を動かす人材「モノをつくる力で、コトを起こす人」の育成を目指す神山まるごと高専の考え方に共感し、リソースサポーターとしてatama+を無償で提供することを決定した。2023年1月より、神山まるごと高専に推薦入試で合格した生徒に対し、AI教材「atama+」を活用する。生徒は、数学の指定単元を、atama+を活用して入学前教育として自宅で学習する。

 atama+は生徒一人ひとりに最適化された学習カリキュラムを作成するAI教材で、全国の塾・予備校に導入されている。これまで、学校法人立命館との「新しい高大接続と入試の在り方を考える共同研究会」の取り組みにおいては、附属高校の授業や大学の入学前教育に活用されてきた。

電話の請求書明細にINS通信料と書かれていませんか? 2024年ISDN回線廃止にセイコーソリューションズが注意喚起

 口座振替データのやり取りやPOSシステム、毎日の受発注データなどで使用されていたISDN回線(INS64回線)が2024年初旬から順次廃止される。順次とされるために、2024年のある日突然、通常業務が行えなくなる可能性があるとのことだ。
 セイコーソリューションズ株式会社は「電話の請求書の明細にINS通信料の項目があるかどうかチェックしてほしい」と注意喚起を行っている。
 ISN通信料の項目がある場合、セイコーソリューションズに一報を入れると相談に応じて代替サービスを提案するという。
 ISDNに代わるモバイルLTE通信機器のレンタルをワンストップで提供、今までの通常業務で使っていたソフトウェアも簡単な設定変更のみで機器やソフトの入れ替えも不要だという。
 暗号化にも対応し、セキュリティ対策も行ってくれるという。
 一度、電話代金の請求書明細を確認していただきたい。

■問い合わせ先
セイコーソリューションズ株式会社
ネットワークソリューション本部 NSビジネス推進部
TLSアダプター担当営業
si-sales2@seiko-sol.co.jp
TEL:043-273-3162
https://www.seiko-sol.co.jp/

学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」、新機能「教材配信システム」を通じて漢検公式対策ドリルを無料で提供

 スタディプラス株式会社(東京・千代田区、廣瀬高志 代表取締役)は、2023年4月より教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」の新機能「教材配信システム」の提供を開始する。これに先駆けて、2022年12月21日(水)より公益財団法人 日本漢字能力検定協会(京都市・東山区、山崎信夫 代表理事 理事長)の公式教材4種を、無料提供することを発表した。
 教育機関で「Studyplus for School」無料プランを導入すると、先生が「教材配信システム」の「ドリル」機能を通じて漢検10級~2級の対策ドリル4種を無料で配布でき、生徒が学習管理アプリ「Studyplus」上で問題を解くことができる。

■ 対応教材概要
  ● 教材名:
   「漢検対策ドリル 10級〜8級レベル相当(小学校低学年向け)」
   「漢検対策ドリル 7級〜5級レベル相当(小学校高学年向け)」
   「漢検対策ドリル 4級〜3級レベル相当(中学生向け)」
   「漢検対策ドリル 準2級〜2級レベル相当(高校生向け)」
  ● 教科・科目:日本漢字能力検定(漢検)10級~2級
  ● 教材提供元:公益財団法人 日本漢字能力検定協会
※(公財)日本漢字能力検定協会が全国の学校・塾等、教育機関向けに無償配布している「漢字学習サイクルプリント」と「漢字のびのびプリント」を再構成している。
※「漢字検定」 、「漢検」、 漢検ロゴは、公益財団法人日本漢字能力検定協会の登録商標。

■ 利用概要
利用料金:初期費用・システム利用料・教材費すべて0円
利用対象:「Studyplus for School」を導入済み、もしくはこれから「Studyplus for School」を導入する予定であり、本教材の利用をご希望の教育機関
先行利用申し込みフォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfIpkD1ohxmBCLvZqwiOaBMn-l6kIbBclnZLuM-utWWK2Clpg/viewform
※これから「Studyplus for School」を導入予定の教育機関は、説明会への参加必須。
 詳細URL:https://story.studyplus.co.jp/n/n429786e87984

子ども向けマネー学習アプリ「まねぶー」へ幼児教育メディア「FQKids」が12月21日からバーチャル出店開始

 株式会社mediba(東京・港区、新居 眞吾 代表取締役社長)と株式会社ORSO(東京・千代田区、坂本 義親 代表取締役社長)が共同で企画・開発を行っている、子ども向けマネー学習アプリ「まねぶー」のアプリ内店舗に、株式会社アクセスインターナショナル(東京・渋谷区、清水 朋宏 代表取締役)の幼児教育メディア「FQKids」が2022年12月21日よりアプリ内出店を開始した。

「まねぶー」は、子供がアプリ内店舗でお仕事体験やアプリ内通貨「マネブ」を使ったお買い物などの体験を通して、ゲーム感覚でお金の仕組みを学ぶことができるマネー学習アプリ。身近に実在するお店の仕事をアプリ内で体験することで、よりリアリティを感じながらお金の知恵が身に付く。

 アクセスインターナショナルは、持続可能な社会を目指して子供たちの非認知能力を育てる教育を届けたいと願い、これからの幼児教育を考えるメディア「FQKids」を展開している。このたび、マネー学習アプリとして子ども向けの金融教育やESDを推進する「まねぶー」の取り組みにアクセスインターナショナルが賛同し新たに、アプリ内店舗「FQKids」を出店する。アプリ内店舗では「パパとはみがき」、「ざっしのチェック」、「ことばのくみあわせ」の3種のゲームを楽しむことができる。

「FQKids」お仕事内容
●パパとはみがき
画面をタッチして虫歯菌をやっつけよう!

●ざっしのチェック
お手本と見比べて間違っている場所をタッチしよう!

●ことばのくみあわせ
正しい言葉の組み合わせになるようにタッチしよう!

■「まねぶー」について(https://www.maneboo.jp/
「まねぶー」は親子で楽しめる完全無料のマネー学習アプリ。
 ゲーム感覚で楽しめる「おしごと」や、おしごとでもらったアプリ内通貨「マネブ」を使った「おかいもの」を通じて、お子様がお金のやりとりや仕事、商品などについて学んでいくことができるサービス。
App Store :https://apps.apple.com/jp/app/id1549143431
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mediba.maneboo

学習eポータル+AI型教材「Qubena」累計解答数が10億件を突破

 株式会社COMPASS(東京・文京区、小川 正幹 代表取締役)は、開発・提供する学習eポータル+AI型教材「Qubena」の累計解答数が10億件を突破したことを発表した。

「Qubena」は、2021年4月に「Qubena 小中5教科」としてリリースされ、現在、全国170以上の自治体、小中学校約2,300校で100万人以上に利用されている。また、今年9月にはMEXCBT(メクビット)との連携を行い、新たに学習eポータルの機能を備え、学習eポータル+AI型教材「Qubena」としてのサービス提供を開始した。
 Qubenaの累計解答数は今年3月に5億件を突破したばかりだが、全国の自治体・学校への導入拡大が進み利用者が今年9月に100万人を突破したことに加え、日々の学習活動においてQubenaを積極的に利用され活用率が向上した結果、約半年という同社の予想を上回る短期間で2倍の10億件を突破した。

こども食堂などへ無料プログラミング講師派遣・教材提供

 小中学生向け無料プログラミング教室を展開するNPO法人プログラミング教育研究所(伊藤功一 理事長)は、公益財団法人 東京都福祉保健財団(真田正義 理事長)が公募する「子供が輝く東京・応援事業」令和4年度採択団体となり、2023年1月から2025年3月まで約2年間の助成事業をスタートする。
 この助成事業は、こども食堂など非営利で学習支援を行う団体(20~30団体程度)に、プログラミング教室開催のための講師派遣を無償で行い、micro:bit(マイクロビット)480台を含むプログラミング教材を、無償で提供するもの。
 講師派遣や教材提供を活用してプログラミング教室を開催する「教室開催パートナー」、教室の講師やお手伝いをする「ボランティア」を広く募集している。
 また助成事業では、子供たちがプログラミングをはじめるきっかけ作りや、学習成果の発表の場として、2023年度から『子供が輝く東京プログラミングコンテスト』を実施する予定だ。

教室開催パートナー団体・ボランティアを募集
プログラミング教室を定期的に開催していただける「教室開催パートナー」を以下の通り募集する。
【募集要件】
非営利
東京都内で実施
小中学生5名以上参加
パートナー団体には、ITに詳しいボランティア講師の派遣、マイクロビットなどの教材提供を、無償で行う。
こども食堂の学習支援教室や、小中学校のパソコンクラブ、CoderDojo、地域の会、保護者の会など、幅広い団体からの応募を募集している。打ち合わせの上、2023年1月から順次教室開催・教材提供を行う。
同時に、教室の講師のボランティアを募集している。プログラミング未経験者も歓迎。
【お問い合わせ先】ホームページ https://j-code.org/joinus

NPO法人プログラミング教育研究所 について
2017年から「すべての子供たちにプログラミング教育の機会を」をモットーに、小中学生向けプログラミング教室を開催している。2018年には、「北区政策提案協働事業」に採択され、北区教育委員会と協働して『北区こどもプログラミングコンテスト』を毎年開催してきた。2023年1月29日(日)には『第5回北区こどもプログラミングコンテスト作品紹介・表彰式』をオンライン開催する。(https://j-code.org/contest/
 2022年10月には、「子供が輝く東京・応援事業」定額助成 令和4年度 採択団体となり、2023年1月より東京都北区から東京都全域に活動領域を広げていく。

AI英語教材 abceed にて、旺文社の大学入試英単語集『英単語ターゲット』シリーズが掲載開始

 株式会社Globee(東京・港区、幾嶋 研三郎 代表取締役社長)は、AI英語教材「abceed(エービーシード)」にて株式会社旺文社(東京・新宿区、粂川 秀樹 代表取締役社長)よりライセンスを受け、『英単語ターゲット1900』、『英単語ターゲット1400』、『英単語ターゲット1200』、『英熟語ターゲット1000』の掲載を開始したことを発表した。

 abceedは「学習量×学習効率を最大化する」というミッションに基づき作られたAI英語教材。600タイトル以上の人気英語教材の中から、一人ひとりの英語力を上げるのに最適な単語や問題をAIがレコメンドすることで、学習効率を高めます。2022年12月には、登録ユーザー数290万人を突破し、2021年12月にはアプリストア(AppStore/Google Play Store)の教育アプリ売上げランキングにおいても1位を獲得している。サービスHP:https://www.abceed.com/