Category: 塾ニュース|教育ICT

LITALICO 最新の初心者向けゲーム開発環境を用いたゲーム制作ワークショップを開催

​「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(東京都・目黒区 長谷川 敦弥 代表取締役社長)が運営する、年長・小学生~高校生がプログラミングやロボット製作を学べるIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」は、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(東京都・中央区 豊田 信夫 代表取締役会長)の協力で、プログラミングやゲーム開発初心者の親子向けゲーム制作ワークショップ「Unity親子ワークショップ」を、4月30日(火・祝)13:00~16:00、東京・銀座のユニティ社内にて開催する。難しいコーディング不要で2Dゲームを簡単に制作できるUnityの新機能「Unity Playground」を活用したワークショップとなる。

Unity親子ワークショップ 参加申し込みフォーム|http://bit.ly/2Kl5Hcp

【Unity親子ワークショップ 概要】
内  容:Unity Playgroundを使用した2Dシューティングゲームを作成
日  時:2019年4月30日(火・祝) 13:00~16:00 (受付12:30~)
会  場:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 8階)
対  象:小学生(新4年生~)、中学生、高校生とその保護者
※原則お子さまと保護者のペアでのご参加となります。1名1作品のゲーム制作を行う予定です。
定  員:10組20名(応募多数の場合抽選となります。)
参加費:無料
主  催:LITALICOワンダー(株式会社LITALICO)
お申込み方法:下記ウェブフォームよりお申し込みください※応募期間:4月22日(月)まで
http://bit.ly/2Kl5Hcp
イベント参加に関するお問い合わせ先:LITALICOワンダー (wd_dev@litalico.co.jp)

N高、2019年度大学入試の合格実績を公開  ~九州大、筑波大、早慶上智など難関大学に合格~

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)は、2019年度の大学入試の合格実績(速報版)をホームページで公開した。

■2019年 大学合格実績

https://nnn.ed.jp/about/results_university/

N高は2016年4月に開校してから丸3年を迎え、この春、第1期生1,597名の卒業生を送り出した。国公立大学では九州大や筑波大、私立大学では早稲田大、慶應義塾大、上智大などの難関大学にも合格している。

N高では、高卒資格取得のための必修授業「Basic Program」だけでなく、将来の学びへつながる課外カリキュラム「Advanced Program」の一つとして、一流の講師による「大学受験対策」の授業を提供している。毎日ネットで分かりやすい双方向の生授業を配信し、全国どこでも質の高い授業を受けられる。また、2017年度より開設した「ネットコース特進専攻」では、難関大学進学を希望する生徒に向けて大学受験を知り尽くした特進専攻コーチと現役東大生/難関大生のアシスタントコーチが、生徒一人ひとりにあった学習計画を立て、日々指導している。「通学コース」においても、各キャンパスにて大学受験対策の指導体制を整えており、個別指導型の学習を行っている。

■2019年 主な大学の合格実績(カッコ内は現役)

【主な国公立大学】

●九州大学    1名(1)

●筑波大学    2名(2)

●電気通信大学  1名(1)

●信州大学    1名(1)

●宇都宮大学   1名(0)

●名古屋市立大学 2名(2)

●室蘭工業大学  1名(1)

【主な私立大学】

●慶應義塾大学 8名(7)

●早稲田大学  2名(2)

●上智大学   1名(1)

●明治大学   3名(2)

●青山学院大学 2名(2)

●立教大学   3名(2)

●中央大学   4名(2)

●法政大学   5名(4)

●関西大学   1名(1)

●関西学院大学 1名(1)

●立命館大学  1名(0)

●学習院大学  2名(1)

●日本大学   8名(6)

●東洋大学   6名(5)

●駒澤大学   2名(2)

●近畿大学   5名(5)

【主な海外大学】

●キリロム工科大学     1名(1)

●スタッフォードシャー大学 1名(1)

レゴ エデュケーションが、プログラミング教材新製品「レゴ® エデュケーションSPIKE(TM)プライム」を発表

レゴ社(本社:デンマーク)の教育部門であるレゴ エデュケーションは、「STEAM教育」に焦点を当てた実体験型学習ツールの製品群に、「レゴ(R) エデュケーションSPIKE(TM)プライム」が新たに加わることを、発表した。SPIKEプライムでは、プログラミング言語Scratchを使い、「SPIKE」アプリを通してレゴブロックやプログラミングツール、コアユニット、センサー、モーターを組み合わせ、制御することができる。SPIKEアプリでは、プログラミング機能に加え、実社会につながる多彩なカリキュラムが収録されている。カリキュラムは、45分の授業時間で構成されており、教師がSPIKEプライムを授業でより活用しやすいよう設計されている。

『レゴⓇ エデュケーションSPIKE(TM)プライム』の概要

名称:レゴⓇ エデュケーションSPIKE(TM)プライム
発売予定: 2019年8月末までに販売開始の予定
対象:小学校高学年以上(中学校、高校含む)

セット内容等:
・ 523ピースのブロック(別売りのSPIKEプライム拡張セットは603ピース)
・ アプリには4つのユニットと33種類のレッスンプランと参考モデルが含まれる
・ USB・Bluetooth対応
メモリー: 32MB
対応プログラミング言語: Scratch
言語: 日本語対応(その他16言語対応)
URL : https://education.lego.com/ja-jp

小・中学生のための国際ロボット競技会『URC2019』参加申込受付開始

小・中学生を対象とした国際ロボット競技会『URC2019』(Universal Robotics Challenge2019/主催:URC実行委員会、株式会社アーテック)の参加者受付が、本日4月1日(月)より開始された。本競技会は、子どもたちがロボットプログラミングキット『アーテックロボ』を利用して制作したロボットにより、ゴールまでの速さや正確さを競い合うというもの。今年で3回目となる2019大会は、全国11会場で地区大会予選が開催され、各会場で勝ち抜いたチームに海外から参加するチームが加わった決勝大会が、8月24日(土)に大阪大学で行われる予定だ。

海外からはオーストラリア、韓国、台湾、ニュージーランド、フィリピン、モンゴル、ヨーロッパなど様々な国が参加を予定しており、国際色豊かな大会となる見込みだ。

■大会ホームページ
※エントリーはこちらから
http://www.urc21.org/

【開催概要】
名称:URC2019
主催:URC実行委員会、株式会社アーテック
参加費:1名に付き2000円(税込)
申込期間:4月1日~5月20日

<各会場情報>
■東北ブロック
日程:7月27日(土)
会場:宮城教育大学 萩朋会館 2F
住所:宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉149

■関東第1ブロック
日程:7月21日(日)
会場:コミュニティプラザ・コルソ 7Fホール
住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-12-1

■関東第2ブロック
日程:7月15日(月・祝)
会場:学研ビル 3Fホール
住所:東京都品川区西五反田2―11-8

■関東第3ブロック
日程:7月28日(日)
会場:川崎市産業振興会館4F展示場
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20

■北陸ブロック
日程:7月21日(日)
会場:福井県産業情報センター マルチホール
住所:福井県坂井市丸岡町熊堂第3号7番地1-16

■東海ブロック
日程:7月13日(土)
会場:名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス西館2F レセプションホール
住所:愛知県名古屋市東区矢田南4-102-9

■近畿第1ブロック
日程:7月6日(土)
会場:大阪南港ATCホール 10F デザイン振興プラザレンタルスペース
住所:大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM練10F

■近畿第2ブロック
日程:7月7日(日)
会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸 1FギャラリーA・B
住所:兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4

■中・四国ブロック
日程:7月30日(火)
会場:広島県立総合体育館 大会議室・小会議室
住所:広島県広島市中区基町4番1号

■九州第1ブロック
日程:8月4日(日)
会場:JR博多シティ 大会議室
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

■九州第2ブロック
日程:7月27日(土)
会場:グランメッセ熊本2Fコンベンションホール
住所:熊本県上益城郡益城町福富1010

■決勝大会
日程:8月24日(土)
会場:大阪大学 吹田キャンパス コンベンションセンター MOホール 会議室2・3
住所:大阪府吹田市山田丘1-1

■『URC2019』ホームページ
http://www.urc21.org/
■『Artecエジソンアカデミー』ホームページ
https://www.artec-kk.co.jp/school/edison/
■『Gakken×Artecもののしくみ研究室』ホームページ
http://robot.gakken.jp/

『スタディサプリ ENGLISH 英語4技能コース 』 4月1日より学校向けに提供開始

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(東京都・品川区、山口 文洋 代表取締役社長、http://www.recruit-mp.co.jp/)が提供するオンライン英語学習サービス『スタディサプリ ENGLISH』は、学校向けに2019年4月より『スタディサプリ ENGLISH 英語4技能コース』の提供を開始したことを発表した。

■充実した機能で英語4技能をバランスよく学べる
『スタディサプリ ENGLISH 英語4技能コース』6つのポイント

① 人気講師による講義動画が約200本
『スタディサプリ』でも大人気のカリスマ英語講師 関正生先生をはじめとした、『スタディサプリENGLISH』の人気講師によるわかりやすい講義動画を約200本掲載。

② 英語4技能を日常的に学習できる「デイリーレッスン」
・リスニング…英語音声を聞いてその英文を書き出すディクテーションや、英語音声を真似て自分の声で発話するシャドーイングなどリスニング力を高める効果的な学習法に手軽に取り組めます。
・リーディング…長文問題の演習に取り組み、英文の意味を理解した後に、スピード音読、長文の英語音声確認など、ICTの強みを生かしたトレーニングが実施可能です。
・スピーキング…基本から段階的に重要表現を身に着けた後に、空所補充や実践演習として英語を発音するトレーニングを行い、使える表現を増やします。
・ライティング…重要表現を学習・暗記した後に、表現したい英文を適切に書くための実践的なトレーニングを行う。

さらに演習を積みたい技能は、スピーキング・ライティング(ともに2019年6月リリース予定)・リスニング(2019年度中リリース予定)の追加トレーニングを行うことができる。レッスンは順次追加予定。

③ 大学入学共通テスト対策 ※2019年夏頃リリース予定
試行調査問題を分析し類問を作成。共通テスト問題の対策として活用できるリスニングトレーニングを提供。高校1年生・2年生の早いタイミングから問題形式に慣れ、リスニング力の向上を目指せる。

④ 単語学習
レベル別に必要な単語を掲載。4000語を超える単語を網羅しています。英単語の日本語訳の選択肢あり・選択肢なしモードが選択可能。間違えた単語のみを学習できる復習機能もあり、日々の単語学習をサポートする。

⑤ 豊富なレッスン量
4つのレベル別に、各約100レッスンのデイリーレッスンを準備します。外部英語検定試験の良質な類問を数多く準備し、それらの問題を使いながら様々なトレーニングを行うことができる。

⑥  先生向け管理画面
先生は教員側管理画面で生徒の進捗をいつでも把握することができる。例えば、1週間の取り組みレッスン数を生徒に示し、生徒一人ひとりが取り組みを行っているかを確認することで、生徒の進捗確認や取り組み促進に活用することが可能。

【ロボット検定 for EV3】開催

教育図書・教材の出版および各種教室やスクール運営を行う中央出版株式会社(名古屋・市名東区、前田 哲次 代表)は、全国でロボット科学教育を展開する株式会社ロボット科学教育(横浜市・青葉区、鴨志田 英樹 代表)と共同で日本各地に展開しているレゴ(R)ブロックを使ったプログラミング教室を開講している。

中央出版株式会社の各教室はロボット検定を受験できる認定校。2019年第1回目のロボット検定は4月に実施する。

学習成果を認定する5つのグレード

ロボット検定For EV3(3級・準2級・2級・準1級・1級)

対象は小学生以上高校生まで。プログラミング(センサー制御、条件分岐、変数など)とロボット全般に関しての知識・実技問題が出題されます。

3級から1級までの5つのグレードに分かれ、1級ではC言語の課題も出題されます。検定に合格することで学習到達度の指針となり、また自分の実力を社会に示す材料の1つにもなります。上位級を取得することで、中学・高校・大学入試の面接では学習成果のアピールに役立つことでしょう。

2019年2回目のロボット検定は10月に実施予定です。

・日程:2018年4月21日(日)

・実施級:3級・準2級(60分間)

※教室により、実施級・時間は異なります。

・申込期間:3/21(金)~4/11(木)

・申込方法:ロボット検定HPよりお申し込みください。( https://robogiken.jp/ )

・受験料

3級:3,150円 準2級:3,650円

(すべて税抜)

・時間 :60分

※初めての受験の方は、3級からの受験となります。

  ※中央出版では、今回の実施級は「3級」「準2級」のみです。  

Kicks講座には、じっくり考えて、あきらめずに、やりぬくチカラを育てる4つのポイントがあります。

1)ハンズオン 2)プログラミング 3)STEM教育※ 4)プレゼンテーション

※STEM教育とは?( Science [ 科学 ] /  Technology [ 技術 ] / Engineering  [ 工学 ]/ Mathematics [ 数学 ] )

教科ごとに断片的に学ぶのではなく、さまざまな分野を横断的・統合的に学び、課題発見・解決能力を養います。

現在、各教室で無料体験イベントを実施中です。詳しくはHPをご覧ください。

中央出版 ロボット科学教育Kicks  http://www.robot.chuoh.com/

サイバーエージェント キッズプログラミング検定を実施

株式会社サイバーエージェント(東京都・渋谷区、藤田晋 代表取締役社長)は、小学生のためのプログラミング検定「サイバーエージェント キッズプログラミング検定」(略称「プロ検」)を開始し、その第1回検定試験を2019年8月に実施することを発表した。
「プロ検」は、小学生を対象とし、年に2度の実施を予定している。プログラミングの知識や技術力の習得度を測るもので、具体的にはビジュアルプログラミングツールである「Scratch」「QUREO」の2種類を設け、10段階の級に認定する。今後、テキストプログラミングでの実施も予定しいる。
第1回目となる検定試験を2019年8月17日(土)、18日(日)に東京渋谷、大阪梅田にて実施する。

第1回「プロ検」実施概要

対象小学生(2007年4月2日~2013年4月1日生まれの方)
日時2019年8月17日(土) [午前の部]10:00-11:30  [午後の部]14:00-15:30
2019年8月18日(日) [午前の部]10:00-11:30  [午後の部]14:00-15:30
※計4回の内いずれかの回をお選びください
会場東京渋谷会場 サイバーエージェント本社オフィス
大阪梅田会場 サイバーエージェント大阪支社オフィス
検定種別ビジュアルプログラミング「Scratch」「QUREO」
段位10級~1級
合格基準正答率70%以上
試験時間60分
受験料3,000円
主催株式会社サイバーエージェント
運営株式会社CA Tech Kids
申込2019年7月31日(水)までにホームページよりお申込みください
参考ホームページからサンプル問題をご覧いただけます

ミスターフュージョン、プログラミング教育を楽しく学ぶテレビ番組に全面協力 4月6日からBS日テレ、Huluで放送開始

全国に100校を超えるプログラミング教室「プロスタキッズ」を展開する株式会社ミスターフュージョン(東京・品川区、石嶋洋平社長)は、BS日テレで放送が4月6日から(毎週土曜22:30~)放送が開始される、プログラミングについて楽しく学ぶ番組「めざせ!プログラミングスター ~プロスタ★キッズ大集合~」の番組製作にあたって、同社が培ってきた豊富なプログラミング教育のメソッドを活かしながら全面的に協力する。BS日テレでの放送終了後は、インターネット動画配信サービス「Hulu」にて「めざせ!プログラミングスター~プロスタ★キッズ大集合~ 補習編」としてオリジナルコンテンツの配信を行う。

同番組は、2020年から小学校の必修科目になる「プログラミング」を、教育(Education)と娯楽(Entertainment)を掛け合わせた「Edutainment(エデュテイメント)」をベースに、出演者と視聴者に音楽やゲーム、ドローンといった娯楽を教材にしながら、プログラミングを楽しく学んでもらう番組にする。ほかにも番組の中では、プログラミングが障がい者の職業選択を広げる可能性を秘めているという考えから、ろうあ学校の協力のもと実際に学んでいく様子を1年間に渡って密着するなど、IoTによって困っている人が助かったり、便利になったりしている事例もレポートする。

キャストは、人気レゲエグループ「湘南乃風」の新羅慎二さん(若旦那)と、HKT48・指原莉乃さんのプロデュースによるアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」と「≠ME(ノットイコールミー)」、そして日本テレビアナウンサーの郡司恭子さんで、講師は安藤昇氏が務める。

「めざせ!プログラミングスター ~プロスタ★キッズ大集合~」のキャスト

GMOメディア:2020年小学校での「プログラミング教育必修化」まであと1年 認知度や「習い事事情」を調査

GMOメディア株式会社(森 輝幸 代表取締役社長)が運営するプログラミング教育ポータルサービス「コエテコ byGMO」は、小学生の子供を持つ保護者を対象に「プログラミング教育必修化の認知度」と「子供の『習い事事情』に関する調査」を実施した。
 また、この調査で明らかになった、保護者の習い事選びに関する悩みを解決する新機能「プログラミング教室ぴったり診断」も2019年3月6日(水)にリリースした。

<調査概要>
■調査対象 :小学1~5年生の子供を持つ保護者
■有効回答数:1,208名
■調査方法 :インターネットによる調査
■調査期間 :2019年2月14日~2019年2月15日

【調査結果】

1.「プログラミング教育必修化」の認知度は6割超
 「2020年の小学校でのプログラミング教育必修化」について知っているか尋ねたところ、「知っている(61.1%)」と回答した人が、前回調査(51.6%)より約10ポイントも上昇して6割を超える結果となった。
 また、2024年度の「大学入学共通テスト(※1)」から『情報Ⅰ』の導入が検討されていることについては、「知ってる(25.7%)」と回答した人は2割強で、前回調査(26.3%)からほとんど変化はありませんでした。

(※1)2020年に廃止される「大学入試センター試験」に代わって導入される、日本の大学の新しい入学試験。

2.毎週習い事に通う子は7割以上、費用は月額1万円~1万5,000円が約2割と最多

子供の「習い事事情」について調査を行った。
 まず、子供の「習い事に通う頻度」について質問すると、「週に3日以上(28.4%)」が約3割と最多になった。これに「週に2日程度(24.8%)」、「週に1日程度(19.6%)」を合算すると、7割を超える家庭で、お子さんを「週に1日以上(72.8%)」習い事に通わせているという結果になった。
 次に、「お子さんがしている習い事」について質問すると、最多が「スポーツ(55.9%)」で5割を超え、続いて「学習塾(25.5%)」「音楽(23.6%)」「英会話(22.5%)」と続く。
 さらに、「習い事にかける月額費用」を尋ねると、「1万円~1万5,000円未満(20.1%)」が最多で、次いで「7,000円~1万円未満(18.9%)」「5,000円~7,000円未満(14.3%)」となり、平均すると「14,182円」となった。

3.子どもの習い事を探すときの悩み「ある」が6割超、「子どもに合う習い事がわからない」が多い

 新学期に向けて、新しく習い事を探す家庭もありますが、「子供の習い事を探すときの悩みの有無」について尋ねると、「ある(60.6%)」との回答が多い結果となり、多くの保護者が悩みを抱えている様子がうかがえる。
 さらに「悩みがある」と回答した保護者に「具体的な悩み」を聞いたところ、「子どもに合う習い事がわからない(49.9%)」「家の近くのスクールが探しにくい(47.8%)」が半数近くとなった。

【「お子さんの習い事選び」の悩みを解決!「プログラミング教室ぴったり診断」】

「コエテコ」は、これまでも保護者の方の「近くのプログラミング教室を探したい」というニーズにお応えするべく、サービス改良・改善に努め、その結果、利用者数を順調に拡大させてきた。
 昨今のプログラミング教室には、受講形態も「オンライン/通学」の2通りから選べたり、教材も「ロボット/Scratch(スクラッチ)/Minecraft(マインクラフト)」など複数のものが用意されていたりと多様化している。その一方で、プログラミング教室の選択肢が増えることによる、「子どもに合う教室がわからない」という悩みを抱える保護者も増えている。今回の調査の「習い事を探すときの具体的な悩み」でも、「子どもに合う習い事がわからない」と答えた保護者が半数近くに上り、「探す」ことの難しさが分かっている。
 そこで「コエテコ」は、このような保護者の悩みを解決するべく、「プログラミング教室ぴったり診断」機能を提供開始した。この機能は、お子さんの「学年」や「プログラミング経験」などの9つの質問に答えるだけで、8パターンあるスクールの形態の中から最適な教室が表示され、プログラミング教室選びの参考にすることができる。
 プログラミング教室ぴったり診断URL:https://coeteco.jp/shindan/programming_school

2020年度のプログラミング教育必修化に向けて新設 『レゴランド・ラボ』開講

屋外型キッズテーマパーク「レゴランド・ジャパン」は、2019年4月8日(月)より、レゴブロックを使った「レゴランド・ジャパン」のオリジナル教材でプログラミングを学ぶワークショップ『レゴランド・ラボ』をブリックトピアエリアに新オープンする。

『レゴランド・ラボ』は、「創造力を刺激して、自分のイメージを形にし、発信する場と機会を提供する」をコンセプトに、子供のプログラミング的思考を育むためのワークショッププログラム。受講する子供は、完全オリジナルのレゴモデル制作や操作の実験に加えて、受講者限定で行われるレゴモデル発表会やコンテストに参加することができる。

3月15日(金)より、『レゴランド・ラボ』を事前に受講できる体験会を実施する(年間パスポートの提示が必要)。クリエイティブ・ワークショップで当日予約を行うと参加できる。

<『レゴランド・ラボ』概要>

◆開始日:2019年4月8日(月)

◆チケット料金:¥15,000(5回受講)/¥10,000(3回受講)※税込

◆クラス定員:平日 8名/1日1回、土日祝 16名/1日4回

◆参加資格:新年間パスポート(プレミアム・スタンダードのみ)、旧年間パスポート(年間パスポート・リゾート年間パスポート)をお持ちの方で小学生以上(おとなも参加可能)

◆参加方法:専用WEBページ、メール、専用窓口のいずれかで予約