Category: 塾ニュース|教育ICT

東京都教委会「TOKYOデジタルリーディングハイスクール事業」にて「すらら」がAI教材に採択、9月より利用開始

 株式会社すららネット(東京・千代田区、湯野川 孝彦 代表取締役社長)の「すらら」が、東京都教育委員会の「TOKYOデジタルリーディングハイスクール事業」(TOKYO教育DX推進校)において、AI教材として採択され、2022年9月より指定された都立高校5校で利用が開始された。
 都立高校5校で2023年3月31日までの期間中AI教材を活用し、個別最適化された学びの実現に取り組む。

 事業に指定された19校のうちの5校(都立八潮高等学校、都立小台橋高等学校、都立光丘高等学校、都立八丈高等学校、都立小笠原高等学校)は、AI教材を活用する学校として、すららネットで開発・提供するICT教材「すらら」を使用した検証を開始した。「すらら」はつまずき分析機能を活用した弱点の明確化、難易度コントロール機能によるアダプティブな演習、アニメキャラクターによる双方向のレクチャーでのゼロから学び直しできることが特徴。個別最適化したICT教材としての有用性が認められ採用された。
 指定校の高校では、生徒の習熟度の違いへの対応、基礎学力の定着、主体的に学ぶ姿勢を増やすことなどが課題となっている。従来の一斉授業では、1クラス内の学力や定着度の差がある生徒一人ひとりへの対応には難しさがある。そこで「すらら」で義務教育の内容の学び直しや、高校の内容の定着を行うことで、先生の教える負担を軽減する。その代わりに、先生は進捗を確認しながら一人ひとりに合わせた声がけや指導を行うことにより、主体的に学ぶサポートができるようになる。

​ICT学習教材「天神」 がIT導入補助金2022のITツールに採択

 株式会社タオ(滋賀・草津市、黒澤 慶昭 代表取締役)は、 経済産業省のIT導入補助金2022において、IT導入支援事業者(通常枠のA類型)に採択された。対象となるITツールは、学校・塾・放デイ・フリースクール等向けのICT教材「天神」。導入費、月額利用料、その他デザイン変更等のオプション料金が補助金交付の対象となる。補助金の交付額は総額の1/2までで30万円~150万円未満となる。

 今回、補助金対象となった「天神」は、乳幼児期の知育・育脳から小学・中学の各学習課程が収録された「天神」法人向けバージョンで、全国の学校・塾・放デイ・フリースクールなどで導入されているツール。補助対象となる事業者は、中小企業・小規模事業者となる。

●補助対象となる費用について
「天神」導入費
「天神」のシステム管理費
「天神」の月額利用料金(1年分)※以下から選択したものの合計額
育脳版
First English
小学生版(小1~小6全学年全教科)
中学生版(中1~中3全学年全教科)
デザイン変更やロゴ変更などのオプション費用いずれも対象となる。
株式会社タオでは、交付申請時や効果報告時の作成・提出に関するサポートを行う。

申請の流れや詳細スケジュールはIT導入補助金2022の公式ページに準ずる。
IT導入補助金2022の公式ページ:https://www.it-hojo.jp/

●問い合わせ先

IT導入補助金2022に関する「天神」のページ:https://www.tenjin.cc/co/hojo2022/
「天神」法人向け商品ページ:https://www.tenjin.cc/co/
フリーダイヤル:0120-019-828
メールアドレス:support@tao-st.co.jp
(営業時間)平日 10:00~21:00/土祝 10:00~19:00 ※日曜日はメール受付のみ

ヒューマンアカデミー日本語学校、学習プラットフォーム「Monoxer」を導入

 モノグサ株式会社(東京・千代田区、竹内 孝太朗 代表取締役、畔柳圭佑 代表取締役)は、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」が、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(東京・新宿区、川上 輝之 代表取締役)のヒューマンアカデミー日本語学校で2022年10月より本格導入される事を発表した。具体的な導入先としては、ヒューマンアカデミー日本語学校の東京校、大阪校およびヒューマングループで展開している海外法人のインドネシア法人とフィリピン法人における日本語研修となる。

 ヒューマンアカデミー日本語学校は「グローバル人材育成」のために、学生が社会活動をする力の養成、すなわち、社会活動に必要な日本語のコミュニケーション力と社会人基礎力の養成を目標としている。社会活動をするには、言葉をいくつ知っているか、文法がわかるか、ではなく、日本語で何が「できる」かが重要と考えられている。ヒューマンアカデミー日本語学校では「できる」ことに注目し、「学習者のプロフィシエンシーを育てる」ことを教育理念とした。学生のできることを増やす「Can-do」を目標にして日本語教育をしていく。

 Monoxerは、インドネシア法人とフィリピン法人から活用を開始した。フィリピン法人では試験的に3名の学生が日本語学習にMonoxerを活用した。その結果、全ての学生が日本語試験で結果を出し、日本の受け入れ企業から高い評価を得た。
 今後は日本国内のヒューマンアカデミー東京校、大阪校においても、10月よりMonoxerの活用を開始する。

 ヒューマンアカデミー日本語学校は、初級、中級、上級と日本語レベルによって3つのクラスに分かれています。Monoxerの提供は初級、中級クラスから提供を開始する。
 学生が学習するbook(問題集)はヒューマンアカデミー日本語学校の公式テキストである『つなぐにほんご(アスク出版)』に準拠した形で作成している。これによって、学生は授業の内容をより効果的に学習できるようにしている。今後は、上級クラスに向けたbook(問題集)を作成し、順次提供を開始する予定。また、JLPT(日本語能力試験)の合格に向けた教材の学習機会の提供や、技能実習生それぞれが必要な専門領域の知識も学習できるような体制の構築も目指している。

ICT教材「天神」”紙に書く”ニーズに対応するプリント印刷機能を大幅強化

 ICT学習教材「天神」を開発・販売する株式会社タオ(滋賀・草津市、黒澤 慶昭 代表取締役)は、 9月27日(火)に法人事業者向けの小学生版・中学生版の商品にてプリント機能を強化する。教育現場では、ICTでの学習をメインとして活用されるケースが多いものの、「紙に書く」ことへのニーズは根強いものがある。今回、株式会社タオはICTのメリットをより強化するため、プリント学習の利便性を高めるアップデートを実施した。 

 株式会社タオは学習教材「天神」を開発し、学校・塾・放課後等デイサービス・フリースクール等多くの法人事業者に利用されてきた。現在、EdTechとしてAIやビッグデータ活用などに注目が集まっており、「天神」もICTを活用したデジタル学習教材として活用されている。一方、教育現場からは「紙に書く」ことに対して充実を望む声も多いのも実情。例えば、”自宅での宿題やテスト対策においては、リモート学習機能よりも、学習内容を紙で印刷し生徒に渡す方法が効果的”のように今でも根強く支持されている。

 今回のプリント機能の強化では、法人事業者の運営担当者レベルでの業務負担を大きく軽減する。

  • 生徒の教科書採択に合わせ、学習しやすい状態でプリント
  • プリントでの学習結果を「天神」上で記録
  • 生徒に必要な単元だけをピックアップ
  • 複数の生徒のプリントを一括で印刷
  • 画面上で選択問題のものを、プリントでは穴埋め問題・記述問題などに変化させる

など、管理者が一元的に作成・管理できるようになる。また、学校でのペーパーテスト対策用のプリントの作成などにも対応している。プリントに対するハードルをなくすことで、学習計画にプリント学習をより柔軟に組み込みやすくし、ICT学習との相乗効果を高めたいと考えている。 


■ICT教材「天神」
・対応学年:乳幼児期の知育・育脳から小学・中学・高校の各学習課程の全学年分
・学習範囲:1学期分から3学期分までがいつでも学習可能
・対応教科:英語、数学(算数)、国語、理科、社会、生活、知育・育脳
・教科対応:全国の小学校、中学校の教科書内容を収録(高校版はオリジナル教材)
・映像講義:5~15分程度の映像講義が見放題(小・中・高校生版)
・繰り返し:選択肢のシャッフルに加え、問題そのものが変化
・プリント:ほぼ全問の印刷に対応
・読み上げ:問題文、ヒント、解説などを音声で読み上げ(小学生版)

10月5日「教師の日」全国の高校教師によるICT活用の取り組みを発表 『スタディサプリ TEACHERS LIVE』開催

 株式会社リクルート(東京・千代田区、北村 吉弘 代表取締役社長)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ』は、10月5日「教師の日」に、全国の高校の先生によるICT活用事例を発表するオンラインイベント『スタディサプリ TEACHERS LIVE』を開催する。

『スタディサプリ TEACHERS LIVE』は、日頃生徒のためにさまざまな工夫を凝らしICT活用をされている先生方に、その取り組みや成果を披露し、学び合い、そして称賛・感謝を伝えるイベントとして2020年より開始し、今年で3回目の開催となる。

開催概要
日時:2022年10月5日(水)13:00〜15:30
形式:YouTube配信(事前申込制/締め切り:10月4日(火)17:00)
申込先: https://forms.office.com/r/6xm96HV4ee

発表内容例:
・新学習指導要領対応をきっかけとした『スタディサプリ』の徹底利用の事例
・『スタディサプリ ENGLISH』を取り入れ、英検合格率が飛躍的に向上した事例

タイムテーブル:
13:15~13:30 神奈川県立永谷高等学校(神奈川県)
確かな学力育成推進校における職員間での問題意識の共有と生徒への働きかけ
13:30~13:45 北海道岩見沢東高等学校(北海道)
「変わらない」を変える~教員の多様性を受容し目的に向かうプロセス策定~
13:45~14:00 東海大学付属大阪仰星高等学校(大阪府)
「集団」と「個」のハイブリッド~教育活動の変革を目指して~
14:30~14:45 大阪高等学校(大阪府)
~スタサプENGLISH×学習習慣~英語外部試験合格者が爆発的に増加
14:45~15:00 倉敷高等学校(岡山県)
Z世代の未来学習
※ご登壇順/内容は変更になる可能性があります。

学びに特化したオーディオブック「VOOX」の人気教養コンテンツ「audiobook.jp」聴き放題で配信開始

 株式会社オトバンクは、Moon Creative Labが運営する学びに特化した音声メディア「VOOX」の教養コンテンツをオーディオブック書籍を配信する「audiobook.jp」の聴き放題プランにて、9月22日より配信開始すると発表した。配信されるのは、『アート思考』(山口周)や『教育の新たな常識』(中室牧子)など「VOOX」で人気の高い13コンテンツ。

■ 配信コンテンツ一覧
(・スピーカー名: 『タイトル』)
山口周: 『アート思考』
橋爪大三郎: 『死ぬとはどういうことか』
ちきりん: 『社会を生き抜く4つのチカラ』
橘玲: 『30年で資産を増やす株式投資入門』
中室牧子: 『教育の新たな常識』
古賀史健: 『書いて伝える』
青砥瑞人: 『ハッピーストレス』
楠木建: 『仕事におけるスキルとセンス』
楠木建: 『絶対悲観主義』
伊藤羊一: 『自分のためのリーダーシップ』
為末大: 『限界をどう超えるか』
為末大: 『自立心とは何か』
田中泰延: 『会話するってなんだ』

■「audiobook.jp」とは
 オーディオブックとは、ナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」。オトバンクが運営するオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」では、ビジネス書や文芸書など、豊富なジャンルの作品を全て音声で聴くことができる。2022年6月には「audiobook.jp」の会員数が5年前の13倍となる250万人を突破した。

■「VOOX」とは
 Moon Creative Labが運営する「VOOX」(ブックス)は学びに特化した音声メディア。著名な経営者や大学教授、作家など各界の第一人者が、自身の生の声で専門テーマについて解説した質の高い音声教養コンテンツを配信しており、400話以上のコンテンツを聴くことができる。

【サービス概要】
・サービス名称:「audiobook.jp」
・サイトURL:https://audiobook.jp/
・App Storeページ:https://app.audiobook.jp/ios
・Google Playページ:https://app.audiobook.jp/android

・料金体系:
聴き放題プランは、月額950円(税込)。入会から2週間は無料で利用できる。個別購入は作品ごとの購入が可能。
(※単行本書籍とおよそ同価格帯(1,200円~1, 500円)での配信が中心。)

NVIDIA 新世代GPU GeForce 4000シリーズを発表

 米NVIDIAは9月20日(現地時間)、PC用最新グラフィックカード「Geforce RTX 40シリーズ」を発表した。新アーキテクチャ「Ada Lovelace」を採用しており、ストリーミングマルチプロセッサだけでなく、AI処理に使うTensorコアやレイトレーシング性能も向上している。
 今回発表されたGPUは「GeForce RTX 4090」、「GeForce RTX 4080」の2つ。
 RTX 4090はGDDR6Xメモリを24GB搭載し10月12日より発売予定で、29万8000円から。一方RTX 4080は16GBメモリまたは12GBのGDDR6Xメモリを搭載し、11月発売予定で、それぞれ21万9800円と16万4800円からとなっている。

2022年10⽉17⽇(⽉)・18⽇(⽕)開催のコエテコEXPO 登壇者が決定

 GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(森 輝幸 代表取締役社⻑)が運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」は2022年10⽉17⽇(⽉)・18⽇(⽕)の2⽇間に渡りオンラインで開催する、未来のプログラミング教育を共創する『コエテコEXPO』の全18セッションの登壇者を発表した。

 公教育におけるプログラミング教育(情報)に関する話題から、教室運営・教材・検定などに関する具体的なノウハウ、オンラインのプログラミング教室運営といった最新の話題まで幅広いテーマでの講演を予定しており、プログラミング教育の”今”と”未来を知ることができるイベントになっている。

『コエテコEXPO』特設サイトURL︓https://expo.coeteco.jp/2022


『コエテコEXPO』は、⼦ども向けプログラミング教育の関係者が集まる⽇本最⼤級のオンラインイベント。プログラミング教育・サービスのさらなる発展につなげるべく、最新情報や実際の教育現場で使えるノウハウ、サービスを展開する上で抑えておくべきポイントなど、プログラミング教育に携わる皆様に役⽴つ情報を提供する。SDGsが掲げる⽬標4「質の⾼い教育をみんなに」の達成を⽬的としたこのイベントには、2⽇間を通じて500名以上が参加する⾒込みだ。


■『コエテコEXPO』申し込み⽅法は下記のフォームよりへ。
https://expo.coeteco.jp/form

■2022年10⽉17⽇(⽉)

時間タイトル登壇者
11:00-11:302022年より全⾯実施、⾼校新学習指導要領における
情報科のねらいと現状
〜⼤学⼊試「情報」新設に向けて〜
京都精華⼤学メディア表現学部 教授
⽂部科学省初等中等教育局 視学委員
⼀般社団法⼈デジタル⼈材共創連盟 代表理事
⿅野 利春
11:30-12:00必修化決定から6年、プログラミング教育市場の最新
動向
株式会社船井総合研究所
保育教育福祉⽀援部 マネージングディレクター
⽝塚 義⼈
12:00-12:30⾼校プログラミング教育はどこまで⾏けるか︖
「ライフイズテック レッスン」による実践例を紹介
ライフイズテック株式会社
執⾏役員 事業開発Div 事業部⻑
丸本 徳之
13:00-13:30⽇本最⼤級ロボット教室「ヒューマンアカデミージュ
ニアロボット教室」から学ぶ、⼦ども向けプログラミ
ング教育市場のポイント
ヒューマンアカデミー株式会社
児童教育事業部 シニアマネジャー
神野 佳彦
13:30-14:001教室あたりの⽣徒数が国内最⼤級
急成⻑を続けるロボ団の運営ノウハウとは
夢⾒る株式会社
代表取締役/ロボ団代表 重⾒ 彰則
14:00-14:30ゲーム×プログラミングの効果
マイクラやRobloxを使った主体的な学びを促進させ
る裏技
エデュケーショナル・デザイン株式会社
コンテンツディレクター ⽔島滉⼤
エンジニア 今澄 亮太
14:30-15:00習い事教室の重要課題「中途退会」防⽌策としての検
定導⼊
〜プログラミング能⼒検定の事例から学ぶ〜
プログラミング能⼒検定
(株式会社プログラミング総合研究所)
代表 飯坂 正樹
15:00-15:30保護者へのアプローチ⽅法として「プログラミング⼤
会」が効果的な理由
〜全国⼩学⽣プログラミング⼤会「ゼロワングランド
スラム」の事例〜 (仮)
⼩学館 ユニバーサルメディア事業局
コンテンツ事業推進センター
永川⼤祐



■2022年10⽉18⽇(⽕)

時間タイトル登壇者
11:00-11:30プログラミング教育普及の要となる「⼥の⼦」獲得施
策とジェンダーレス社会への実現
エデュケーショナル・デザイン株式会社
代表取締役 CEO 脇⽥ 真太郎
マーケティングマネージャー 平塚亜⾐
11:30-12:00プログラミング教室の集客を成功させるコツ
〜注⽬⾼まる「オンライン習い事」の可能性と課題〜
株式会社これから
執⾏役員 KIDS事業部⻑
有川 紘記
12:00-12:302年間で600教室以上増加した事業者が語るプログラ
ミング教室運営成功の秘訣は︖
株式会社YPスイッチ
取締役 兼 事業本部 本部⻑
⿃海 最
12:30-13:00⼤学教育におけるITスキルの習得ニーズ
〜⼤学⽣向け就活対策コース〜 (仮)
株式会社インフラトップ
執⾏役員 プロダクト統括本部⻑
磯本 昇汰
13:00-13:30激戦のプログラミング教育市場で独⽴系スクールが
⽣き残るには
〜キーワードは集客、継続、独⾃性〜
クリエイターが育つ家『CreatorHouse』
代表
藤井遼太郎
13:30-14:00プログラミング教育普及の壁となる「⼥の⼦」獲得施
策と退会防⽌策(仮)
株式会社アフレル
⾕⼝ 花菜⼦
14:00-14:30コロナ後の塾のSTEAM教育「理科実験」はどうなる
のか。緊急アンケート︕
株式会社アーテック
STEAM推進事業部統括課⻑
野⼝ 祐希
14:30-15:00Unityが学べる教材「エーアスクール」がめざす本物
の教育のあり⽅
〜ビジュアルプログラミング教材の『次』を学べる教
材とは〜
株式会社エーアスクール
代表取締役 中川 裕樹
開発主任 兼 チーフインストラクター
鎌⽥ 知起
15:00-15:30幼少期に適したプログラミング教材とは︖株式会社ジャムハウス
代表取締役 池⽥ 利夫
15:45-16:30アフタートークセッション / 質疑応答GMOメディア株式会社
コエテコ byGMO責任者 沼⽥ 直之
株式会社サーティファイ
⼩林 悠希

【「コエテコ byGMO」とは】(URL︓https://coeteco.jp/)

※登壇内容・登壇者は予告なく変更となる場合がございます。

凸版印刷、AI-OCRで古文書を解読するスマホアプリを開発

 凸版印刷株式会社(東京・文京区、麿 秀晴 代表取締役社長)は、スマートフォンで撮影したくずし字資料を、その場で手軽に解読できるスマホアプリを開発した。

 2021年にサービス提供を開始した古文書解読支援システム「ふみのは®ゼミ」がパソコン・タブレット上での利用、かつ法人向けに限られていたのに対し、このアプリケーションは一般利用者でもスマートフォンで撮影したくずし字資料を、その場で手軽に解読できるサービス。
 このアプリケーションは、木版を用いて印刷されたくずし字資料に対応したAI-OCRに加えて、新開発の手書きの古文書に対応したAI-OCRを搭載し、幅広い資料の解読を支援。資料館等での古文書の解読や調査業務の効率化をはじめ、一般利用者の「手元にある古文書の概要を知りたい」「くずし字を読めるようになりたい」といったニーズに対応している。
 2022年9月より公益財団法人三井文庫(東京・中野区、武田晴人 文庫長)、京都市歴史資料館(京都市、井上満郎 館長)、和洋女子大学(千葉・市川市、岸田 宏司 学長)などの協力のもと実証実験を開始。2023年1月にベータ版公開、3月に正式版の一般販売を予定している。

ネットリテラシー教育人材育成『認定講師資格制度』新設 一般社団法人ネットリテラシー検定機構

 一般社団法人ネットリテラシー検定機構は、ネットリテラシーに関する独自の『ネットリテラシー教育学習要項』を策定し、その学習要項をもとにネットリテラシーの教育ができる人材を育成する『認定講師資格制度』を2022年8月30日に新設した。

■ネットリテラシー教育学習要項
 ネットリテラシー教育学習要項は、大学教授・弁護士・研究者などの学識経験者や、企業経営者といった実務家によって作成され、全370項目に及ぶ。同機構が運営するネットリテラシー検定で取り扱う「サイバーセキュリティ」「倫理とマナー」「法制度(刑事)」「法制度(民事)」「知的財産」の5つの各章に沿った内容で、インターネットのトラブル予防には必須といえる最低限、覚えておかなければならない事項をまとめている。

■認定講師資格制度とは
 認定講師資格制度とは、同機構が実施する『認定講師資格取得講座』を受講し、修了条件を満たしたものを認定講師と認める制度。同講座はネットリテラシー教育学習要項をもとに内容が構築され、約1日間かけてネットリテラシーについて学習しなければならないポイントを学ぶ。

■認定講師となることによって
・ネットリテラシー教育学習要項に沿った正しいネットリテラシー教育を効率的かつ効果的に行えるようになる。
・常に最新のネットリテラシー教育学習要項を入手することが可能。ネットリテラシーは時代によって移り変わるため学習要項も都度、更新されていく。
・同機構が公認し、名刺や履歴書に「ネットリテラシー教育認定講師」と記載することができる。
・同機構の販売する公式テキストを通常より低い価格で購入することができる。また、認定講師が行ったセミナーや教育事業の受講者がネットリテラシー検定を受験する際は、受験者が割引を受けることができる。

 なお、認定講師資格は1年間の更新制で、更新には更新料(3,000円/税別)がかかる。
 加えて、同講座の申込受付開始に合わせて、同機構が作成した『公式テキスト』の販売を開始。学習要項に沿って作成され必要な知識を網羅していると同時に、社会人のみならず、高校生が読んでも理解できるわかりやすい内容となっている。テキストを読み込むことで、ネットリテラシー検定に合格することができる力が身につく。テキストは、同機構のウェブサイトから購入可能。

■認定講師資格取得講座概要
名称  :『認定講師資格取得講座』
実施日 :第1回 2022年10月11日(火)
     第2回 2022年11月1日(火)
     第3回 2022年11月19日(土)
     ※各回、実施日の1週間前までに申し込み、第4回以降は未定。
主催  :一般社団法人ネットリテラシー検定機構
受講料 :36,000円(税込 39,600円、公式テキスト代を含む)
開催場所:オンライン形式(Zoomを予定)
開催時間:9:30~16:45(1コマ60分×5、確認テスト、休憩)
講座内容:学習要項に沿ったポイントの学習と検定試験の実施
配布資料:「ネットリテラシー教育学習要項」および「公式テキスト」
申込方法:当機構のウェブサイトから申し込む。

■法人概要
名称 : 一般社団法人ネットリテラシー検定機構
代表者: 関根 新治(代表理事)
所在地: 東京都千代田区神田小川町1丁目7番地
     小川町メセナビル8階 八雲法律事務所内
設立 : 2016年3月
URL  : https://ssl.net-literacy.org/