Category: 塾ニュース|生活

瀬戸内海の海洋ごみ対策へ 5億円規模の基金を新設 海洋ごみ対策・資源循環に貢献するモデル事業の形成を支援

 日本財団(東京・港区、笹川 陽平 会長)と連携して海洋プラスチックごみ対策に取り組む、瀬戸内4県(岡山県・広島県・香川県・愛媛県)で組織される瀬戸内オーシャンズX推進協議会は、「瀬戸内海洋ごみ削減行動促進 支援基金」を設置した。この基金は、瀬戸内海における海洋ごみ対策や循環型社会を形成するための活動に支援することを目的としている。
 海洋ごみの約8割は陸域で発生し、ごみが川や用水路などを通じて海に流出しているといわれている。一度海へ流出したごみの回収は多大な労力を要するため、陸域でごみを回収することが重要となる。

 日本財団が2020年12月~2021年5月に実施した河川調査では、瀬戸内4県の人口が集中したエリアの280の河川において、ごみが集中して散乱する箇所(ホットスポット)が1,711箇所確認され、プラスチックごみの年間流出量が200トン以上と推計された。台風や草が繁茂する時期など作業に支障がある時期を避けて、懸案場所を捉えた効率的な回収活動モデルの実践が重要となる。
 また、市民ボランティアが清掃活動できているエリアが、懸案箇所の10%程度に留まっており、ボランティアに加え、職業上のスキルや専門知識を発揮して公益的活動に参加する専門性の高いボランティア(プロボノ)と連携した活動モデルの実践が必要なことも分かった。加えて、海洋ごみの流出を根本から防ぐためには、発泡スチロール等プラスチックを多用するあらゆる産業における、サプライチェーン全体を見渡した発生抑制策も必要となる。

 以上の背景や課題を踏まえ、この基金では、戦略的な清掃活動の計画・実施、問題解決を担う地域人材の育成や体制構築のほか、瀬戸内地域に根差したサプライチェーン全体の資源循環スキームの創出などを対象に、モデルとなり得る具体的な事業の活動費を支援していく。*補助率:原則80%

■基金概要
基金名称:「瀬戸内海洋ごみ削減行動促進 支援基金」
受付期間:第1回:2022年8月15日(月)~2022年9月5日(月)
第2回:2022年12月1日(木)~2023年1月13日(金)
対象となる団体:企業及び財団法人、社団法人、NPO法人、任意団体 等
申請方法:詳細は右のURLよりご確認ください。https://fund.setouchi-oceansx.jp/

「瀬戸内オーシャンズX」は、瀬戸内海に面する4県(岡山県・広島県・香川県・愛媛県)と日本財団が連携協定を締結(2020年12月)し、共同で推進している包括的海洋ごみ対策プロジェクト。2025年までに瀬戸内海の海洋ごみの全体量を減少傾向に転じ、問題解決へつなげることを目指している。外界からの海洋ごみ流入が少ない海域(閉鎖性海域)である瀬戸内海をフィールドに、①調査研究②企業・地域連携③啓発・教育・行動④政策形成の4つの柱で事業を展開していく。

SPINNS高等学院が今年もオープンキャンパスを開催

 株式会社ヒューマンフォーラム(京都市・中京区、出路雅明 代表取締役会長)が運営する「SPINNS(スピンズ)」の教育事業として運営している通信制高校のサポート校である「SPINNS高等校学院」が今年もオープンキャンパスを実施する。

 SPINNS高等学院の説明会は8月21日に行う予定。「S学」とはどんなところなのか? サポート校ってなにか? どんな事がまなべるのか?をスタッフが詳しく伝える。

 今回は特別にゲストに上ノ堀結愛さん、三浦寿莉さん、仲本愛美さんを迎えて通信制高校、全日制高校との違い、どうやってインフルエンサーになったのか?などの聴きたい事に答えてもらえるトークショーも準備している。そして、最後はみんなで記念撮影を行う。

【詳細】

日時:2022年8月21日(日)12:30~16:00(開場12:00)

場所:京都府京都市中京区式部町261ヒューマンフォーラムビル3F

MUMOKUTEKIホール(オンライン視聴も可)

【応募資格】

場集対象:中学2年生、3年生

募集:SPINNS高等学院に興味ある方、個別面談を希望される方を優先的に招待します。

申し込まれた方は資料を送付させて頂きます。

【参加方法】

下記の応募フォームからお申込みください。(オンラインも下記より申込お願いします。)

人数に制限がありますので参加者が事務局が審査して詳細とともに返信させて頂きます。

応募フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfX6FJHKfOVf6FBro04-vnuNoJ6Tj0V7Ev9wn2x0j6PK08QWw/viewform

【SPINNS高等学院】

「ありのままから人生を立ち上げる」をコンセプトに誰かとくらべるのではなくありのままの自分を受け入れて自分たちで自分たちの人生を作って行けるような若者を育てる事を目標にした通信制サポート校。

HP: https://school.spinns.com/

「avex 24/7 Music Live」YouTubeでエイベックスの楽曲24時間配信開始、サブスクでプレイリスト公開も

 エイベックス・エンタテインメント株式会社は、今までにリリースされた同社の楽曲を24時間365日に渡ってノンストップでライヴ配信する「avex 24/7 Music Live」をYouTube公式チャンネル「エイベックス・チャンネル」で8月8日に開始した。
 同番組では、「KA(ケイエー)」という女子高校生が、ミュージック・セレクターとして厳選した楽曲を自身の部屋からオンエアーしていく。その楽曲リストは、各種音楽サブスクリプションサービスにてプレイリストとして公開される。
 また、同プロジェクトは、XRやライヴ生配信、モーションキャプチャ、立体音響などの技術開発を自社で行なっている当社のクリエイティヴチーム「avexR studio」が、“現実世界に存在するモノが対としてデジタル上に存在”する「ミラーワールド」という構想における実験プロジェクトの一環として進行していく。
 同番組で登場するアイテムは実在する企業とコラボレーションしており、今後は「プロダクト・プレイスメント」として動画内に登場するアイテムや背景を広告の一つとして活用できる施策も用意されるという。

■プレイリスト
・Apple Music:https://music.apple.com/profile/KA0621
・Amazon Music:https://music.amazon.co.jp/profiles/onjlmon6ukj2mqvmsodoiglk4y
・AWA:https://s.awa.fm/user/yjlqx7yaybfphekecujg6s7xzy
・Spotify:https://open.spotify.com/user/31vstalkpgsrkir2hpknryyzzhzq
※サブスクリプションサービスによっては配信されていない楽曲もあり。

■KA(ケイエー)の各種SNS
・Instagram:https://www.instagram.com/ka_ok0621/
・TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSRjjSYha/

■エイベックス・チャンネル
https://www.youtube.com/user/avexnetwork

■「avexR studio」YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCSESigZtmujsL-wyl5DhSjg
※KAに関する動画やavexR studioの作品事例、オリジナルコンテンツを更新していく。

総務省 通信障害時の「ローミング」導入に向け、検討会発足

 総務省は、7月2日に起こったKDDIの大規模通信障害を受け、金子総務大臣がKDDIの高橋誠社長らを呼んで、再発防止を指示する行政指導をおこなった。通信障害で、大臣名での行政指導は初。
 さらに、今回の通信障害の影響を鑑みて、通信障害や災害発生時に他社の通信網に臨時で乗り入れる「ローミング」の導入に向けて、検討会を立ち上げることが明らかとなった。
「ローミング」の導入は、東日本大震災後にその必要性が浮上したが、当時は携帯各社で通信方法が異なっていたことなどを理由に、実現には至っていなかった。しかし、KDDIの障害で119番等の緊急通報が長時間利用できなくなったことを重く受け止め、実現へ向けて議論が再開されることになった。

 9月をめどに初会合を開き、学識経験者や携帯電話各社や警察、消防も参加すする検討会を実施し、年内に基本的な方向性をまとめる。現在は通信規格の統一化が進み、実現のハードルは下がり、各社もローミングに前向きな姿勢を示しているという。

 金子総務大臣は、早期実現に向け運用のルールや設備の改修など含めた幅広い議論が必要となってくるが、自然災害や緊急通報を最優先に議論が進めるとした。

■ローミングとは
携帯電話やPHS、またはインターネット接続サービス等において、事業者間の提携により、利用者が契約しているサービス事業者のサービスエリア外であっても、提携している別の事業者の回線を使うことで、通話・通信ができること。

横山美術館 企画展「ノーマン・ロックウェル展」開催

 明治・大正期の輸出陶磁器を中心に展示する美術館の公益財団法人 横山美術館(愛知・名古屋、横山 博一 理事長)は、2022年8月5日(金)より企画展「ノーマン・ロックウェル展」(後援:愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会・名古屋市立小中学校PTA協議会・瀬戸市)を開催する。

横山美術館公式HP:https://www.yokoyama-art-museum.or.jp/

 瀬戸で制作された陶磁器製の置物や装飾品、人形は「セト・ノベルティ」と呼ばれ海外の人々に愛されてきた。陶磁器製の置物自体は既に15世紀のイタリアや、18世紀のドイツなどで作られ始め、戦後の日本においては愛知県瀬戸市からアメリカなどに向けて輸出されていた。これらを語るのに欠かせないもののひとつが、古き良きアメリカを描いた人気イラストレーター、ノーマン・ロックウェル作品のノベルティ。代表作をもとに瀬戸の職人によって、立体的に仕上げるための原型や鋳込み成型の技術が注ぎ込まれ、平面画のイラストでは見ることのできない構図を作り上げている。さらに人形の絵付けにより、喜怒哀楽が表情豊かに表現されている。

丸山陶器《自画像》1978年頃

この企画展では、ノーマン・ロックウェルのノベルティを通して、瀬戸の製陶技術の素晴らしさやアメリカンライフが楽しめる。

《学芸員によるギャラリートーク》
*事前申込不要、要入館料
8月6日(土)、8月20日(土)、9月3日(土)、9月17日(土)、10月1日(土)、10月15日(土)、11月5日(土)(各回13:30〜)
学芸員による作品解説を行う。
4階の企画展と1階〜3階の常設展を合わせて、1時間程度を予定。

DAZN リーグアン放映権獲得 開幕から独占配信

 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)は7月30日、サッカーフランスリーグ「リーグアン」の放映権を獲得したと発表した。現地時間8月5日の開幕から独占ライブ配信する。また、7月31日に昨季のリーグ戦王者とカップ戦王者が対決するトロフェ・デ・シャンピオン(スーパーカップ)のライブ配信も行う。モナコに加入した南野拓実選手や、スタッド・ランスへ移籍を決めた伊東純也選手など4選手の活躍を見られる。

 リーグアンは1932年創設、イングランド、スペイン、イタリア、ドイツと並ぶ人気を誇る欧州のサッカー5大リーグのひとつ。FWリオネル・メッシ、FWネイマール、FWキリアン・ムバッペら世界的スターを擁し、昨季通算10度目のリーグ優勝を飾ったパリ・サンジェルマンのほか、日本代表の南野拓実が加入したモナコ、川島永嗣所属のストラスブール、オナイウ阿道所属のトゥールーズ、伊東純也が加入したスタッド・ランスも注目だ。

以下、開幕戦の対戦カード

第1節
8月5日(金)
リヨン 28:00 アジャクシオ
8月6日(土)
ストラスブール 24:00 モナコ
クレルモン 28:00 パリSG
8月7日(日)
トゥールーズ 20:00 ニース
リール 22:00 オセール
アンジェ 22:00 ナント
モンペリエ 22:00 トロワ
RCランス 22:00 ブレスト
レンヌ 24:05 ロリアン
マルセイユ 27:45 スタッド・ランス

クルイト 妊娠・育児情報アプリ「ままのて」が新機能をリリース

 株式会社クルイト(東京・品川区、大濵 裕貴 代表取締役社長)は、妊娠・育児情報アプリ「ままのて」において、ママの心と身体に寄り添う新たな機能をリリースした。

「ままのて」は、月間170万人のママ・パパが利用するママメディア「ままのて( https://mamanoko.jp/)」から誕生した、妊娠中のプレママと育児中のママに向けた情報アプリ。「ままのて」というアプリ名称には、ママの手の中のアプリを通して、赤ちゃんとのつながりを感じてほしいという想いがこめられている。
 2017年7月にアプリ版をリリースして以来、多くのプレママ・ママに利用され、アプリレビュー約34,000件で平均4.6の高評価を受けている。

「ままのて」アプリの特徴は、
・妊娠週数・子どもの月齢・ママ・パパ ユーザーの状況にあわせて最適なアドバイスが毎日届く
・毎日のアドバイスや妊娠・育児に関するQ&Aが全て無料で読める
・医師監修付きで信頼できる情報が手に入る
・時期にあわせて成長していく赤ちゃんのイラストを楽しめる
・先輩ママの体験談で、妊娠・出産のリアルがわかる

■新機能について
●妊娠中の日記機能
 日々の出来事や体調、感情の変化などを画像付きで記録することができる。赤ちゃんの日々の成長やママの体調を記録し、大切な思い出の1ページとして記録することが可能となった。

●カレンダー機能
 妊娠週数が一目でわかるようになった。また、妊婦健診の日も追加でき、スケジュールをしっかりと管理することができる。

●体重管理機能
 体調管理のバロメーターとなる日々の体重の変化を記録できるようになった。日々記録した体重はグラフで表示されるため、増減を可視化して把握することが可能。

●育児記録機能
 赤ちゃんの体調管理のひとつとして、授乳や睡眠など一日の様子を記録できるようになった。
 タップするだけで簡単に記録でき、過去の記録も振り返ることができるので、まだ意思表示が難しい赤ちゃんの些細な体調の変化もキャッチアップすることができる。

 株式会社クルイトは、「IT×教育で世界の社会問題を解決する」という理念のもと、世界の社会問題や格差を無くすための事業を展開していく。その第一弾として、「教育の情報格差をなくす」というミッションのもと、ママパパ向け情報メディア「ままのて」(https://mamanoko.jp/)、妊娠・育児中のママパパをサポートするアプリ「ままのて」を運営している。
・アプリダウンロードURL:
【iOS】https://apps.apple.com/jp/app/id1257977259
【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cluex.mamanote.android

前年同月比10・6%増の2万353件 5月の生活保護申請数

 2022年5月の生活保護申請が前年同月比10・6%増の2万353件であったと7月3日、厚生労働省が発表した。前年同月比の増加は、2021年12月以来5ヶ月ぶり。新型コロナウイルス感染症が蔓延する前の2019年の同月と比べても2・2%増でコロナの影響が続いているとみられる。

 2022年5月から受給を開始した生活保護受給者は前年同月比9・2%増の1万7039世帯。5月以前からの受給者を含む受給世帯数は0・1%増の163万9505世帯であった。

Inspire High 広島の平和活動家とともに「平和」の授業をつくる 1Dayサマーキャンプを開催

 EdTech教材を提供する株式会社Inspire High(東京・世田谷区、杉浦太一 代表)は、8月12日(金)に広島で活動する平和活動家メアリー・ポピオさんと、「平和」の授業をつくるワークショップイベントを開催する。

 世界情勢が悲惨な状態が続く中、8月に日本の広島を発信拠点として、これからの社会を生きる全国の児童生徒に自ら平和について考えてほしいという想いと、10代からの「平和を実現するために、何をどう学んだらいいんだろう?」という声をもとに、企画・開催に至った。
 サマーキャンプの中では、広島の平和活動家メアリー・ポピオ氏からインスピレーションをもらい、全国の10代と先生が一緒に、それぞれの目線で平和を学ぶ方法や新しい教育のあり方のアイデアを出しあいながら「自分だけの平和の授業」をつくっていく。
 イベント開催にあたっては、経産省「未来の教室」や教育委員会、様々な学校が開催協力パートナーとして参画し、10代が平和について考える機会をつくる。学校の開催協力パートナーは現在も募集中だ。

開催概要と参加方法
実施日|8月12日 15時-19時
形式|オンライン開催(Zoom)
言語|トークセッションのみ英語(同時通訳あり)、その他は日本語で進行
参加者|
・全国の中高生
・小・中・高校の先生
※先生方にも参加いただき、ワークショップも実践いただきます。
※先生の参加は、生徒が参加する学校の先生を優先させていただきます。ぜひ、生徒をお誘いの上、ご参加ください。

構成|
2部構成で実施。

​第1部 Talk Session:平和教育について知る(15時-17時)

オープニング
ゲストトーク
ゲストのメアリーさん自身の話を通して、「戦争のない世界をどうつくる?」と一緒に考えていく。
アウトプット:まずは自分自身で「平和」をつくるための授業を考えてみよう
フィードバック:参加者同士で感想やコメントを投稿し合おう
第2部 Group Session:「平和」という授業をつくる(17時-19時)

ワークについて説明:
学校にもワークショップを届けるメアリーさんから、授業づくりのコツを聞く
グループワーク:
4-5名ずつのグループに分かれて、一緒にブレストし、授業案のプレゼンを作成する。
発表:
グループごとに発表し、メアリーさんからのフィードバック
エンディング
登壇者情報
メアリー・ポピオ氏
アメリカ出身のNPO・PCVの共同設立者。2016年に広島平和文化センターの前理事長スティーブン・リーパー氏と共同でPeace Culture Village通称PCVを創業。PCVは広島市の若者主導型のNPOであり、平和教育、社会起業、若者のエンパワーメントを通じて、持続可能な平和文化の創造に取り組む。現在は広島に移り住み、広島市内で活動を行っている。
PCV Website:  https://peaceculturevillage.org/
PCV Facebook: https://www.facebook.com/PeaceCultureVillage/
PCV Instagram: @npopcv
Personal Instagram: @mawiepo

お申し込み方法
以下のフォームからセッション収録の参加の申し込みへ。
締め切り: 8月7日(日)
申し込みフォームURL : https://bit.ly/3PmHD5O

開催協力パートナー
NPO法人 Peace Culture Village、経済産業省 「未来の教室 Learning Innovation」、トビタテ!留学JAPAN、広島県教育委員会、長野県教育委員会、熊本市教育委員会、戸田市教育委員会、広島県立広島商業高校、札幌新陽高等学校、広尾学園中学校、立命館宇治中学校・高等学校、立命館中学校・高等学校、クラーク記念国際高等学校、同志社中学校、宝仙学園中学校・高等学校、福山暁の星女子中学・高等学校、聖ドミニコ学園中学高等学校、米子北斗中学校・高等学校、聖ウルスラ学院英智高等学校、兵庫教育大学附属中学校、桜花学園高等学校、関東学院六浦中学校・高等学校、函嶺白百合学園中学高等学校、熊本市立桜木中学校

文藝春秋✕note「文藝春秋SDGsエッセイ大賞」開催 受賞作品は『文藝春秋』100周年記念号に掲載 

 2023年に創刊100周年を迎える『文藝春秋』は、noteとのコラボ企画「文藝春秋SDGsエッセイ大賞」を開催する。応募期間は、8月1日から9月20日。「#未来のためにできること」をテーマにした投稿コンテスト。noteへの投稿作品から選出される受賞作は『文藝春秋』2023年1月号(12月9日発売)100周年記念号に全文掲載される。

■「文藝春秋SDGsエッセイ大賞」募集概要
応募期間:2022年8月1日(月)11:00〜9月20日(火)23:59
発表:2022年12月上旬
応募方法:
(1)文藝春秋digital( https://bungeishunju.com/ )のnoteアカウントをフォローする
(2)ハッシュタグに「#未来のためにできること」を設定して、1000文字以内で記事を投稿
規定:
・応募の際は「無料公開」で設定すること。
・既に同じようなテーマで投稿した記事でも、このハッシュタグをつけて編集・公開すれば応募可能。
・一人で複数の作品投稿も可能。
※投稿内容は、文藝春秋のnote公式ページや公式SNSなどで紹介する可能性がある。
賞:
・グランプリ:1名(ギフトカード 10万円分)
・優秀賞:10名(ギフトカード 各3万円分)
受賞作品は、雑誌『文藝春秋』2023年1月号・文藝春秋digital・文春オンラインに全文掲載。

審査員紹介
・谷尻誠さん(建築家、SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd. 代表取締役)
・角田光代さん(作家)
・新谷学さん(『文藝春秋』編集長)