Category: 塾ニュース|生活

アフラックの高校生向け奨学金制度 2020年度 新規奨学生168人を決定

 アフラック生命保険株式会社(古出 眞敏 代表取締役社長)は、社会貢献活動の一環として運営している高校生を対象とした「アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金制度」において、2020年度の新規奨学生を決定した。
 今年度の対象者は、小児がん経験者奨学金で29人、がん遺児奨学金で139人の合計168人となる。

生活これまでに2,978人の高校生を支援
 1995年の制度設立以来、奨学生の総数は2,978人となり、奨学金給付額は累計で18億円を超えた。

(1)小児がん経験者奨学金
 小児がんを患った経験を持つ高校生への支援を目的とした奨学金。2020年度の募集には、全国から73人の応募があり、このうち29人を新規奨学生として決定した。

(2)がん遺児奨学金
 「がん」で主たる生計維持者を亡くし、経済的理由から修学の機会が狭められている高校生への支援を目的とした奨学金。全国から221人の応募があり、このうち139人を新規奨学生として決定した。

在宅期間中の親子の充実した“おうち時間” をサポート 「子育てママパパお助けキャンペーン」9月15日(火)より

 カルビー株式会社(東京・千代田区、伊藤 秀二 代表取締役社長)は、ロングセラーブランド『サッポロポテト つぶつぶベジタブル』および『サッポロポテト バーベQあじ』が2020年9月中旬よりリニューアルすることを記念し、株式会社クルイト(東京・品川区、大濵 裕貴 代表取締役社長)が運営するママパパ向け情報アプリ「ままのて」とコラボレーションし、仕事や家事、子育てに日々奮闘する方々を『サッポロポテト つぶつぶベジタブル』で応援する「子育てママパパお助けキャンペーン」を2020年9月15日(火)よりスタートする。
キャンペーン公式サイトはコチラ:https://mamanoko.jp/articles/31772

【「子育てママパパお助けキャンペーン」開催概要】
■キャンペーン名称:サッポロポテト つぶつぶベジタブル 「子育てママパパお助けキャンペーン」
■実施期間:2020年9月15日(火)11:00~10月7日(水)23:59
■応募条件:1才以上の子どもを持つ日本在住の男女
■参加方法:特設サイトへアクセスし、応募条件を確認の上、フォームの必要事項を入力し応募
■抽選方法:応募フォームより応募された方の中から抽選
■当選賞品:「子育てママパパお助けお菓子BOX」100名様
「サッポロポテト つぶつぶベジタブル+1才からのサッポロポテト つぶつぶベジタブルの詰め合わせ8品」
■発表方法:当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます
■キャンペーン特設サイト:https://mamanoko.jp/articles/31772
■サッポロポテト公式Twitterアカウント:https://twitter.com/CalbeeSapporoCP
■ままのて公式Twitterアカウント:https://twitter.com/mamanokojp
■本キャンペーンに関するお客様からのお問い合わせ先:
サッポロポテト つぶつぶベジタブル 「子育てママパパお助けキャンペーン」事務局(平日10:00~17:00)
MAIL:calbee@prap.co.jp 

待機児童、過去最少1万2439人 厚労省

 厚生労働省は、2020年4月1日時点で認可保育所などに入所できない待機児童数が、1万2439人だったと9月4日に明らかにした。1994年の調査開始以降最少となる4333人減(昨年同時点比)。しかし、政府の今年度の目標値である待機児童0の達成は難しい見通し。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響により一時的な利用控えがあるも需要は戻っているとし、保育施設の整備を進めるという。
 4月時点の保育所の申込者数は、過去最高となる284万2000人。女性の就業率が上昇を続けていることが要因とみられる。保育の引き受け数は313万5000人分だが、これを約324万7000人分まで今年度末を目処に増やす考えで、2021年度予算に保育所や保育士の確保財源を盛り込む方針だ。

Twitch Amazonプライムビデオの映画やアニメを同時視聴できる「Watch Party」が日本上陸

 Amazon.comが運営するゲーム系配信プラットフォームTwitchは9月3日、AmazonプライムビデオをTwitchのフォロワーと同時に視聴、コメントなどできる「Watch Partty」を正式リリースした。

 同サービスは6月に、日本を含む各地域で利用可能となったものの、配信はアメリカのみとなっていたため、日本のユーザーは視聴のみだったが、今回より配信も可能となった。

 AmazonプライムとTwitchの両方にログインしているユーザーが、Amazonプライムで視聴可能な映画やテレビ番組をTwitch上で他のプライムビデオユーザーと同時視聴する機能。パーティ内ではテキストチャットなどで会話しながら同じ映像を視聴できる。

 チャットの他、ウェブカメラを利用した映像の共有も可能なため、放送者のリアクションを視聴者へと見せることも可能。また、通常配信と同様にビッツやサブスクでの支援にも対応する。

 現在はデスクトップのWebブラウザにのみ対応するが、向こう数カ月中にスマートフォンからも視聴できるようにする計画だ。

腕時計型ウェアラブル端末「Amazon Halo」発表 体脂肪や音声で健康状態を分析

 Amazonが、腕時計型ウェアラブル端末「Amazon Halo(ヘイロー)」を発表した。本体は99.99ドル(約1万600円)。連携するサブスクリプションサービスは月額3.99ドル。まずはアメリカで先行提供を開始。バッテリーは7日間持続(充電時間90分)。水泳可能レベルの防水機能付き。購入時は黒、白、ピンクのバンドが付属。付け替え用バンドとしてファブリック製やシリコン製など全15色を展開する。

 Amazon Haloは、アップルウォッチのようなディスプレイが本体に付属していない。計測結果は、専用アプリで確認する。アプリと連動し、着用者の一連の健康状態を把握。加速度計、温度センサー、心拍数モニター、2つのマイクから着用者のデータを集め続け、アプリと連動し一連の健康状態を把握。
 運動の強度と持続時間の計測、ワークアウトの提案、体脂肪測定機能、睡眠時間や覚醒時間、レム睡眠などの様々な睡眠段階のモニタリングが可能。コンピュータビジョンと機械学習を採用するAIで計測する体脂肪測定は、医師が使う方法と同程度、家庭用体重計の2倍近く正確だという。
 また、マイクから着用者の声を収集し、機械学習ベースの音声処理技術で声のピッチ、強度、テンポ、リズムを分析して周囲の人がユーザーの声をどう認識しているかを予測する機能も搭載。発売段階ではサポートするのは英語のみだが、今後対応言語を増やしていく予定。

三重高1いじめ自殺 再調査を開始

 三重県は8月21日、2018年に三重県立高1年の男子生徒=当時(16)が自殺した問題で、遺族が「加害者の生徒から直接、聞き取りを行っていない」としてもう一度調査するよう要望したことを受け「加害者の生徒から直接、聞き取りを行っていない」としてもう一度調査するよう要望したことを受け、教育の専門家や弁護士ら6人でつくる「県いじめ調査委員会」の初会合を津市内で開き、再調査を始めた。

小学館集英社プロダクション、Tリーグと業務提携 ~若年層への卓球普及を目的に~

 小学館集英社プロダクションは、卓球Tリーグと学校教育現場をはじめとする若年層への卓球普及を目的に、戦略的業務提携をする。株式会社小学館集英社プロダクション(東京・千代田区、都築 伸一郎 代表取締役社長)は、一般社団法人Tリーグ(東京・文京区、星野 一朗 理事長)と、学校教育現場をはじめとする若年層への卓球普及を目的に戦略的業務提携をすることを発表した。

 2018年に発足したTリーグは、男女計8チームに世界トップクラスの選手が所属し、秋から春にかけて日本全国でスピードと迫力に満ちた試合を展開している卓球の国内リーグだ。現在、卓球界では世界ランキング上位選手の低年齢化が進み、世界トップの外国人選手と対等に渡り合う選手を育成するためには、若年層の強化を進めることが必須となっている。
「世界No.1の卓球リーグを実現する」という理念を掲げるTリーグも、世界で活躍するトップアスリートを育成するシステムの実現を目指しており、今後はU-6カテゴリーの強化を進める方針だ。

 Tリーグと小学館集英社プロダクションは、エデュテイメントの領域を中心に戦略的業務提携をすることで、未来あるたくさんの子どもたちに卓球に触れてもらい、卓球を通して様々な学びを体験できる機会を提供する。
 Tリーグが推進するU-6カテゴリーの強化に向け、メディア事業や教育事業といった小学館集英社プロダクションのアセットを活用し、教育現場における卓球の普及へ向けて今後協議を進めていく。

NAKED×JAMSTEC初コラボ おうちで、学べる深海世界アート満喫

 株式会社ネイキッド(東京・渋谷区、村松 亮太郎 代表)は、VRゴーグル+映像がセットになったVR商品『NAKED OCEAN』を2020年8月11日(火)より予約を開始する。今回は海洋研究開発機構JAMSTEC協力のもと、VR映像に登場する生物や深海についての解説書とのセット商品、JAMSTECオリジナルグッズとのセット商品も同時に販売を予定している。

・ 商品概要
・商品名:【NAKED, INC. VR】NAKED OCEAN
・予約開始日:2020年8月11日(火)
※グッズのセット商品に関しては、後日予約申し込み開始予定。
・価格:
①1,200円(税込)
②JAMSTECオリジナルグッズ「シャーペン しんかい6500&メンダコ」付 1,700円(税込)
③JAMSTECオリジナルグッズ「海と地球のペーパークラフト―つくって・あそんで・学ぶ」付 2,600円(税込)
※①〜③の商品全て別途送料
・販売サイト: https://naked-inc.stores.jp/
・販売元:株式会社ネイキッド
・協力:海洋研究開発機構(JAMSTEC)

PASMO 年内にiPhoneでも利用可能に

 PASMO協議会は8月6日、運営している交通系電子マネー「PASMO(パスモ)」が2020年内にApple Payに対応すると発表した。iPhoneだけでなくAppleWatchでも利用可能となる。

 PASMOは従来、プラスチック製のカードで展開されていたが、2020年3月18日からAndroidスマートフォン向けの「モバイルPASMO」の運用を開始した。日本でシェアの高いiPhoneやAppleWatchにも対応すれば、より多くのユーザーがPASMOのモバイル定期券を利用できるようになる。

 交通系ICカードのPASMOと同様に、電車やバスの交通利用や電子マネーで買い物ができるようにする予定。サービスの内容や開始日については、詳細が決まり次第告知される。

ウーバーイーツ 月額980円、配送料の定額システム開始

 食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の日本事業が、配送料の定額制を導入する。料理代などが1200円を超える注文をした場合、月額980円を支払うと配送料が無料となる。配送料は地域ごとに異なるが、月4回程度の利用で元が取れる仕組み。8月8日までに全ての利用者が申し込めるようになる。
 ウーバーイーツでの配送料は注文数や配達員数などの需給に応じて決められているが、定額制の導入後も配達パートナーへの手数料はこれまでと同じ金額支払われる。

 同様の業態であるフードデリバリーサービス「menu」でも、 7月1日から月額980円で基本配達料が無料になるサービスをスタートしている。「menu pass」は、月額980円で基本配達料の300円が何度でも無料、その他の特典もついたサブスクリプションサービスとなっている。
 新型コロナウイルス感染拡大によって需要が高まり、フードデリバリーサービスの競争の激しさが増す。ウーバーイーツやmenuや老舗の「出前館」など、各社が顧客の囲い込みに奮闘している。