Category: 塾ニュース|地域教育

ヒューマングループ 事業所内保育所運営に本格参入 東京工業大学内の保育所運営を受託、4月開園

ヒューマンホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤朋也)の事業子会社で介護事業や保育事業等を展開するヒューマンライフケア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:野田和彦)が、東京工業大学大岡山キャンパス内の学内保育所「てくてく保育園」(東京都大田区)の運営を受託、2017年4月1日(土)に開園する。
 保育所運営に本格参入の背景には、女性就業者の増加に伴い、保育を必要とする子どもの人数が増え、保育所に入れない待機児童が社会問題化しており、受け入れ態勢の整備が急務となっている。こうした理由から、企業主導型をはじめとする事業所内保育所の設立需要が高まっており、今回の学内保育所の運営受託に至った。
 東京工業大学の学内保育所「てくてく保育園」は、国内外から訪れるトップレベルの研究者や学生が、保育園に入れないことを理由に教育や研究を辞めざる得ない状況を改善し、国際化の推進および優秀な人材交流の活発化を目的に開設される。東京工業大学の職員や学生だけでなく、大田区が認可する事業所内保育所として、定員の一部を利用が可能となっている。

 ヒューマングループは、保育所運営実績(首都圏を中心に19か所の認可・認証保育所や院内保育、学内保育)があり、近年は保育士育成にも注力している。株式会社としては初となる厚生労働大臣指定保育士養成施設「総合学園ヒューマンアカデミー東京校 チャイルドケアカレッジ こども保育専攻」や、日本で初めて英国国家職業資格BTECに認定された「チャイルドマインダー養成講座」の運営など、「保育」に関連する事業を拡大している。また、ロボット教室をはじめとする児童教育事業や、学童保育事業も手掛けており、保育士の確保や、保育サービス・教育サービスの提供などを幅広くカバーした、提案により2〜3年後を目途に約10園の事業所内保育所の受託を目指している。

ビックカメラが 保育所 池袋に

ビックカメラは5月26日に池袋駅から徒歩10分の場所に認可外保育所「BIC KIDS」を開く。年中無休で、開園時間は店舗での勤務時間に対応しやすいように午前8時から午後9時までとした。定員は30人。従業員のほか近隣の住民も利用できる。まず0~5歳児を対象に池袋本店(東京・豊島)などで働くグループの従業員の子どもを中心に受け入れる。女性や子育て世代の従業員が増えるなか、育児支援を通じて人材確保にもつなげる。

子供たちだけで行うフリーマーケット、池袋で開催

株式会社NTTぷららほか7社協賛のMOTTAINAIキャンペーン事務局は、子供たちが使わなくなったおもちゃや文房具などを持ち込み、値段付けから販売、お金の管理まで子供たちだけで行うMOTTAINAIキッズフリーマーケットを行う「MOTTAINAI キッズタウン TOKYO」を2017年3月20日(月・祝)に、池袋サンシャインシティで開催する。

MOTTAINAIキャンペーンは、2005年に環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニアの故ワンガリ・マータイさんが提唱してスタート。地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指す活動として展開し、その活動の一環として、キッズフリマを開催。多くの子供たちが新しい体験をしながら、モノ(資源)を大切にする心と、お金を大切にする心を学んでもらえる機会として、親・子、共に好評なイベントとなっている。

今回開催する「MOTTAINAI キッズタウン TOKYO」では、子供たちの可能性が見つかる場として、通常開催の約8倍規模にあたる「150ブース」のキッズフリマを展開。さらには、手綱引き・豆つまみなど4種目の合計タイムを競う「体を使ってクイックサーキット」や、様々な謎を解きながら会場内をラリーする「MOTTAINAI謎解きゲーム」、けん玉・竹馬・ベーゴマなどの昔懐かしい遊びを体験できるコーナー、ものづくりワークショップ、レザーケア体験や協賛企業ブースなど、様々な体験ができる。

詳細は

  • 開催日時:2017年3月20日(月・祝)10:00~16:00
  • 開催場所:池袋サンシャインシティ文化会館3F [展示ホールC](東京都豊島区東池袋3-1-1)
  • 入場料 :無料
  • 主催  :MOTTAINAIキャンペーン事務局、NPO法人キッズフリマ
  • 特別協賛:㈱NTTぷらら
  • 協賛  :㈱アニマックスブロードキャスト・ジャパン、㈱IMAGICA TV、カシオ計算機㈱、近畿日本ツーリスト㈱、ナショナル ジオグラフィック、ルネサンス・アカデミー㈱(五十音順)
  • 後援  :文部科学省、東京都、豊島区教育委員会、中野区教育委員会、文京区教育委員会、板橋区教育委員会、北区教育委員会
  • 協力  :㈱エス・アイザックス商会、(公財)ボーイスカウト日本連盟
  • 主なイベント:◎MOTTAINAIキッズフリーマーケット[150ブース]/◎昔懐かしの遊びコーナー/◎MOTTAINAI謎解きゲーム/◎レザーケア体験コーナー/◎協賛企業ブース/◎MOTTAINAIフリーマーケット[200ブース](4F[展示ホールB]で開催)
  • 経営難に陥った高校を引き継ぎ県内トップクラスの進学校へ 沖繩尚学高等学校附属中学校、創立30周年迎え記念式典

    沖縄尚学高等学校附属中学校(沖縄県那覇市)の創立30周年記念講演会・祝賀会が、1月21日に同校で開催された。その記念講演会には、学校法人尚学学園の名城政次郎理事長と名城政一郎副理事長が登壇した。

    挨拶をする名城政次郎理事長

    名城政次郎理事長は、「怖れず 侮らず 気負わず」を演題にして講演。同校は、経営難に陥った沖縄高等学校を引き継ぐ形で政次郎氏が創立した歴史があるが、当初を「何ひとつ明かりがなかった」と政次郎氏は振り返る。
    しかし、今では中高合わせて約2000人の生徒が在籍し、東京大学をはじめとし、難関大学に多数合格者を輩出している。また、部活動に置いても、全国大会で優勝する部が数多くある文武両道の学校となっている。
    祝賀会でも、吹奏楽部・合唱部の力強い演奏によるBGMが流れ、アトラクションとして空手部の部員たちによる空手演武も行われた。同校では、沖縄の、日本の文化を学び、グローバル教養人としての資質を身につける一環として、部活動だけでなく、空手が必修科目にもなっている。
    「本当の意味での人間力と学力を伸ばす進学校としてこれからも歩んでいきたい」と、政次郎氏は語った。

    名城政一郎副理事長

    謝辞を述べる名城政一郎副理事長

    名城政一郎副理事長は、「強くて優しい文武両道のグローバル教養人」を演題に目指す教育を語った。
    「〝グローバル教養人〟を育成するためには、『どうにかする力』を育まなくてはいけない」と政一郎氏は言う。その上で、同校では「基礎をやり切り、勝負の場で出し切る」体験を通して、「どうにかする力」を育んでいる。
    政一郎氏は、日本の教育が目指すものは、グローバルにあわせすぎなのではないか? と疑問も呈し、「日本が元々持っているグローバルに価値があるものをもっと自信を持って世界に提供するべき」とグローバル化に対する現在の日本の教育について提言した。
    創立30周年を迎えた中学校とともに、高等学校も今年度に日本初の国際バカロレア取得者を輩出するなど、新たなチャレンジが身を結び始めている。沖縄尚学のさらなる躍進を期待したい。

    ICTの活用が進む大田区の学校

    タブレットでプレゼンテーションし合う生徒たち

     1月17日に、平成27・28年度大田区教育委員会教育研究推進校、大田区ICT活用推進モデル校である大田区立蒲田中学校(東京都大田区)が、研究発表会を開催した。各地から集まった学校などの関係者が、全国から300人以上の人が集まった。
     蒲田中学校は、以前からICTの活用を推進してきたわけではない。しかし、27年度にモデル校に指定されてから「誰もが無理なく使えるICTの活用〜いつでも簡単に使えるICT環境が、わかる授業を実現する〜」を研究主題とし、ICT活用の研究、実践、情報発信に全教員で取り組み始めた。
     翌年度には、校長直轄の組織「ICT活用推進委員会」を設置。委員長に情報教育担当をあて、各学年に「ICT推進リーダー」を置く。28年度には、推進委員会の名称を「KIT(Kamata Information Team)」に変更し、さらに3つの分科会に分けて、学校が一丸となって研究・実践を重ねた。
     研究発表では、ICTの活用は生徒の理解度、学習意欲の向上、授業改善に繋がっていると報告があった。今後の課題として、「デジタルとアナログのメリットの見極め」「定期的にアンケートを実施し、生徒からの要望と改善点を実行に移す」「情報モラル教育への取り組み」が挙げられた。
     この日は、記念講演として同校の年間指導講師を務めた、墨田区教育委員会庶務課教育情報担当の渡部昭氏が登壇。同校の取り組みを総括し、その上でICTを推進するためには、「どのような人をリーダーにするのかはとても大きい」と語った。

    挨拶をする和田文宏校長

     最後に、和田文宏校長が「推進校の役割を終えますが、これからも大田区のICT活用推進モデル校として、大田区の教育を変える努力して参ります」と意気込みを語り、研究発表会は終了した。

     当日は、全クラスのICTを活用した授業も公開された。例えば、1年生の理科の授業では、「物質の姿と状態変化」「光の世界」について既習した内容をもとに、タブレットを用いてブレゼンテーションするペア学習を行っていた。教員と生徒の一方通行の授業ではなく、生徒同士で学び合う授業が展開されていた。

     また、1年生の体育(剣道)の授業でも、ICTが活用されていた。面打ちと胴打ちの見本動画を見てポイントを確認するだけでなく、タブレットのカメラ機能を用いて生徒同士で撮影し合い、改善点をお互いに見つけ合い、自分のフォームを客観的に見るために役立てていた。

     このように、いわゆる5教科の授業だけでなく、様々な授業でICTを活用した授業が展開された。特に協働学習、アクティブ・ラーニングとも高い親和性を見ることができ、公教育の現場で、今後ICTの活用が進んでいくことを予感させる研究発表内容となった。

    いじめ相談・匿名でリアルタイム報告「STOPit」 私立帝塚山小学校での導入が決定

    いじめ等の不適切な行為を報告・相談するアプリ、及び管理者向けの問題解決ツールからなる「STOPit」プラットフォームの日本での小学校第一号導入校として、私立帝塚山小学校(奈良県奈良市、校長: 池田 節)が決定したことがわかった。今回の導入での「STOPit」利用対象者は、3~6年生となる。同学校は「小学生のスマートフォン所有率は年々増加しており、いじめの認知件数も増え続けています。より安心安全な学校環境を提供するとともに、保護者の協力を得て子どもたちの不適切行為が抑止されることを期待して、小学校3~6年生を対象に「STOPit」プラットフォームの導入を決定いたしました。」と期待している。

    「STOPit」プラットフォームはいじめ等の不適切な行為を受けている、もしくは目撃した人が匿名で学校等の組織担当者に報告・相談ができる「STOPitモバイルアプリ」と、報告・相談を受けた担当者が適切に管理・対応できる効率的な管理ツール「DOCUMENTit」から構成されている。日本では2016年6月より羽衣学園中学校(大阪府高石市)が「STOPit」プラットフォームを導入している。「STOPitモバイルアプリ」報告・相談ツールの仕組みは、メッセージや画像、動画等を用い現実社会やオンライン上での出来事を簡単に報告・相談できるようになっている。基本的にユーザー(児童・生徒)自身のスマートフォン/タブレットに「STOPitモバイルアプリ」をダウンロード・インストールして使用ができるが、スマートフォンやタブレットを所有していない場合でも、PCなどブラウザに接続できる環境があれば専用ページからログインして報告が可能。
     管理する側は「DOCUMENTit」を用い、担当者は報告・相談を受けた様々な出来事を管理・対応ができる。個々の出来事に種類やタグ、担当者等を設定し、アラート等のカスタマイズもできる。必要に応じて組織内外の他者(保護者、教育委員会、警察等)に共有・引き継ぎを行う事も可能となっている。

    進む公園内保育所 都内では7カ所

    東京都内で来春までに、国家戦略特区による規制緩和を活用した公園内保育所が7カ所登場する。2017年4月の荒川区など3カ所、10月の代々木公園内(渋谷区)に続き、2018年4月には品川区と港区、江東区で公園内保育所が開設する計画だ。と日経新聞が報じた。その中でも荒川区は2018年4月に保育所のみならず学童にも国家戦略特区を活用する予定だ。(平成28年度第2回荒川区子ども・子育て会議を開催。配布資料5)

    WinStar個別ONE(兵庫県)塾に携わる者だからこそ、あえて。 目指したのは「塾のない社会」|疾風の如く|2016年1月号

    どこを向いて仕事をしている?
     誰のため、何のために塾で働く?
     忘れてしまっていないか子供のための教育を自分が楽しみながら働くという当たり前のことを

    WinStar個別ONE(兵庫県)

    代表 北浦 壮さん

    WinStar個別ONE 北浦 壮氏

    塾は趣味でやりたい

    戦火に散った戦場カメラマン・ロバート=キャパは言った。「私の一番の願いは、失業することだ」。世界に平和が訪れ、戦場カメラマンという仕事が必要ない社会の実現を願った言葉である。
     思えば、すべての仕事はそんな悲しい皮肉をはらんでいると言っていい。塾だってそうだ。子供たちの学力向上が塾の第一義だとすれば、塾を必要としない世の中にするのが、塾人が目指す最終目的地なのかもしれない。まあ、頭では理解しても、心からそう思うのはたやすくないが。
     しかし、北浦壮(三六)は違った。はばからずそれを口にする。「子供たちが塾なんて行かずに済むようするのが最終目標です」。同時に「塾は趣味でやりたい」とも言い切る。誤解を受けそうな言葉だが、もちろん塾という仕事を舐めているわけではない。そこにこそ、北浦が塾をやる理由、目指した理想があった。

    心臓病の少年との出会い

    いわゆる〝夜の街〟でアルバイトをしながら、二六歳まで司法浪人を続けたが挫折。それが周囲の笑い物になっているような気がして、いたたまれず故郷を逃げ出し、縁もゆかりもない地で大手進学塾に就職した。「僕は基本的に、逃げてばかりのダメ人間なんですよ」と笑うが、そんな自然体も彼の魅力だ。
     塾を選んだのは、かつて「教育で人は変わる」喜びを経験していたからだ。高一のころ、近所のとある小学生の家庭教師を頼まれたのだが、その子は心臓病を患っており、気も弱く、二〇歳まで生きられないとも言われていた。ふさぎこみがちな我が子を心配した母親が、「せめて話し相手に……」と北浦を引き合わせたのだ。
     勉強もそれなりに教えたが、くだらない日常のこと、女の子のこと、ちょっと悪い遊びのこと……まともな学校や塾なら大問題になりそうな話題もたくさん語りあった。それはお世辞にも上品な「教育」ではなかったが、血の通った真実がたくさんあった。「臭いものに蓋をしない」――それこそ北浦の教育であり、その姿勢は塾を開いた今も変わらない。やがて少年は奇跡的に回復し、明るく元気になったうえ社会復帰も遂げ、今でも友達のような存在だという。そこに北浦は「人を育てる」という教育の純粋な楽しさを見出したのだ。

    売上を追い求めない塾を作りたい

    しかし、最初に就職した塾は、いわゆる軍隊式で売り上げ至上主義。自身は常にトップクラスの成果を出してはいたものの、違和感をぬぐえなかった。後に転職した塾もそれは同じで、どこか社員たちが、生徒でなく会社のほうを向いて仕事をしているように感じたのだ。子供たちには「生きる力」だ、「夢を持て」だと言いながら、当の先生たちが仕事、ひいては人生を楽しんでいるようには到底見えなかった。
    「この人たちは、誰のため、何のために塾で働いているんだ?」。そう思ったとき、独立するのは自明の理だったと言えよう。

    夏のキャンプにて。その笑顔から、いかに子供たちと一体になって楽しんでいるかよく分かる

    そこで、開業するに当たって重視したのは「自分も子供も」笑いあえる塾。営利に走らない塾。教育が売上追求の犠牲にならないよう、事業を多角展開し、利益の多くはそこで出そうと考えたのだ。北浦自身が塾を「楽しめる」こととは、自分の利益に惑わされず、純粋に子供たちの利益を追求できることであり、「塾は趣味でやりたい」という言葉の真意もここにある。
     だから、今でもチラシはほとんど打たないし、無理な入塾も迫らない。塾生の成績が上昇してきたら、平気で(もっとハイレベルな)他塾への転塾を勧める。不思議なもので、そうすればするほど生徒は増えたし、生徒たちの成績も上がった。塾生同士も結束が強く、小学生から浪人生まで、まるで家族のような関係性だという。個別指導塾では珍しいことだ。
    「塾というより、教育を通じた地域サロンのような場にしたい」と北浦。もしかしたらそれは、彼の目指した「塾のない社会」の第一歩、あるいは進化した塾の形なのかもしれない。(敬称略)

    文/松見敬彦

    北浦 壮 TAKESHI KITAURA

    1979年生まれ、大阪府出身。塾が過剰な営利主義に走ることを疑問視し、理想を求めて独立開業。「自分(講師や社員)が幸せでないのに、他人(生徒)を幸せにはできない」という理念のもと、塾の社会的地位向上を目指す。そのため、各教室長がプロとして独立した裁量権を持って教室運営するスタイルを取る。気さくな人柄で「僕みたいな人間でも、楽しいことを追求して生きていけるんだと子供らに伝えたい」と語る。
    ●WEBサイト
    http://www.win-star.jp/
    ●ブログ
    http://ameblo.jp/hoshitea/

    麹町学園女子中学校・高等学校|挑む私学|月刊私塾界2016年2月号掲載

    昨年、創立110周年を迎えた麴町学園女子中学校高等学校。伝統ある同校だが、ここ数年は教育改革に関する大きなトピックスが聞こえてこなかった。
     しかし、今、財団法人実用英語推進機構代表理事であり、「英語教育の在り方に関する有識者会議」の委員も務める安河内哲也氏を特別顧問に招き、まさに大改革がおこなわれている。
     そこで今回は、英語教育改革を中心に、次代を見据えた進化に挑む同校にフォーカスしたい。

    麹町学園女子中学校・高等学校

    校長 山本 三郎氏
    特別顧問 安河内 哲也氏

    麹町学園の校舎

    麹町学園の校舎

    「みらい型学力」

    グローバル社会、情報化社会、そして大学入試改革に対応するためにこれから求められる力を、麴町学園女子中学校高等学校では総称して「みらい型学力」と呼んでいる。
     その内容の一つは、「思考型授業」。講義型と思考型の学習を組み合わせた指導法を展開し、身につけた知識をもとに生徒間でディスカッションを行いながら理解を深めるために、各教科でアクティブラーニングを行う。

    16代校長の山本三郎氏

    16代校長の山本三郎氏

    二つ目は、「みらい科」だ。これは、同校が独自に実施している進路教育プログラムだ。課題対応力や人間関係形成能力を感得できる「みらい論文」、「クリティカルシンキング授業」、自己理解、自己管理能力を醸成するための「レジリエンス教育」など多岐に渡っている。

    みらい型学力のイメージ

    みらい型学力のイメージ

    三つ目は、「グローバルプログラム」である。同校では、中学2年生時には、全員参加のアイルランドへの海外研修旅行を用意している。また、中学3年生のGA・SAプレコースでは、3学期時にニュージーランドへの3ヶ月留学も用意し、英語を使うことから異文化理解、多様な人々との協働を通して学びを深めていく。
     もちろん、希望者には短期・長期を問わず海外留学の門戸を開いている。
     昨年16代校長として着任した山本三郎氏は、これらを掲げて学校改革に着手。さらに、英語科特別顧問に安河内哲也氏を招き、英語教育改革「アクティブイングリッシュ」を新たな柱に据えている。

    「アクティブイングリッシュ」
    英語科特別顧問の安河内哲也氏

    英語科特別顧問として安河内哲也氏を昨年10月に迎えた。

    昨年10月より特別顧問に就任した安河内氏と英語科でミーティングを重ね、共働して着々と改革を進めている。
     例えば、英語科の10の約束である。その内容は、
    1・授業では最新のテクノロジーをフル活用します。
    2・授業の半分以上は生徒の言語活動に当てます。
    3・すべての教員は音声を重視した指導します。
    4・頭を使わない丸写しのような作業はやらせません。
    5・教師も積極的に英語を話します。
    6・無計画な宿題は出しません。
    7・英語の授業では全文訳は書かせません。
    8・決められた教材を中心に反復を重視します。
    9・ネイティヴの音声を多く使います。
    10・英語が楽しくなる工夫を授業に盛り込みます。
    となっている。
     これを公約し、実行に移すのは相当覚悟のいることだろう。
     しかし、これらを実行するために、「英語は音声教育の徹底」、「ICTのフル活用」、「チームティーチング」、「アクティブラーニング」、「モチベーションを上げる体験」の5つの柱を中心に据え、4技能を磨き、使える英語を身につける取り組みを強化していく。
     具体的な変化としては、2016年度の新中学1年生からは、これまでおこなってきた朝読書に加えて、毎朝10分の英語の音声活動を開始する。これは全国的にも類を見ない新しい取り組みだ。

    i LoungeでのChristmas

    2015年9月に新設したi Loungeで安河内哲也氏。

    もちろん、他学年の在校生に対しても同様に、導入準備を始めている。さらに、ユニークな試みとして英語の歌による合唱コンクールも計画されている。
     ICTの活用については、全教室にプロジェクターとスクリーンが設置された。その使い方を生徒にもレクチャーし、朝の音声活動などを生徒が中心になり運営していく。さらに、無線LANも全教室に備え、海外の大学の講義をネット閲覧できるようにすることも検討している。
     また、チームティーチングを導入することにより、教員間で教材の共有化やメソッドの統一が期待できる。そして、教員に時間的余裕が生まれ、空いた時間に研修をおこなうなど、指導力の研鑽に充てることができ、教員のスキル向上を図ることができる。
    「アクティブラーニング」については、先に挙げたように、生徒が授業運営に参加することで、自ずと能動的に学ぶ環境が整備される。
     また、平常点による定性的評価、CAN‐DOリストも導入される。

    i Lounge

    i Loungeでリラックスしながら英語に親しむ生徒たち

    そして、「モチベーションを上げる体験」。同校には、校内英語村として、英語のみで運営されるスペース〝iLOUNGE〟が設置された。その中では、お菓子なども食べることができ、リラックスしながら、英語に親しむことができるようになっている。
     また、〝多読ライブラリ〟を設置し、本棚には多数の洋書が置かれる。
    さらに、教材の選定、作業型宿題の廃止、定期試験のフォーマットの統一、英語関係のイベントの誘致、英語コンテストなど、わずか数ヶ月で数えきれないほどの改革が実行されようとしている。
     まさしく「アクティブイングリッシュ」である。

    山本校長

    就任以来、次々と改革を実行に移す山本校長

    改革はまだ序章に過ぎない

    安河内氏は言う。「この学校で英語教育を変えられなかったらどこでもできない。不易である過去の伝統も大事ですが、それに固執していれば輝を失ってしまいます。私学としての魅力を発揮するためには、常に次代を見据え、進化することが不可欠です」
     また、山本校長は、「現在、授業時間は34時間体制ですが、来年からは7時間目を作り、その時間にキャリア教育や国際理解教育として、社会で活躍する女性を招いた授業等を行う予定です。しかし、まだ〝やります〟という段階です。本当に試されるのは、次年度。今、次年度に向けて様々な準備をしています」と語る。

    開校当時の様子

    1905年に大築佛郎氏によって開校された当時の様子

    麴町学園女子中学校高等学校は、これまでよりもスピードを上げ、高みを目指した改革を進めている。そうした改革は、同校だけでなく、他校、さらには公教育全体の試金石となるのではないだろうか。
     ぜひ、新しい学校教育の旗手となってもらいたい。

    ■学校データ
    学校法人 麹町学園
    麹町学園女子中学校・高等学校
    〒102-0083
    東京都千代田区麹町3-8
    http://www.kojimachi.ed.jp
    TEL :03-3263-3011(代)
    FAX :03-3265-8777
    2017年1月12日(木)、21日(土)に入試説明会を実施

    札幌開成中等教育学校(公立中高一貫校)の教育事情

    札幌市に昨年開校した市立札幌開成中等教育学校。2年(中学2年)の理科の授業で、生徒たちは1台ずつ貸与されているiPadを使って調べる。同校は1クラス26~27人の少人数制で、授業は1コマ100分間。定期考査はなく、各自が調べたことを論文やポスターの形にした「成果物」などで評価される。全国の公立中高一貫校で初めて、海外の大学入学資格が得られる「国際バカロレア(IB)」の候補校にもなり、IBのプログラムに沿って1~4年(中1~高1)の4年間、課題探求的な学習を重ねる。中高一貫の連続性を生かした取り組みだ。

     千葉県立東葛飾中学高校は週末や夏休みを中心に、大学や博物館と連携して、教科の枠組みを超えて学ぶ「東葛リベラルアーツ講座」を開く。今年度は「広告ってなんだ?」「流星群の力学」「イスラームを感じる」「首都直下地震について考える」など、60を超える講座を予定。座学や街に出てのフィールドワークなど様々な内容で、中高生が一緒に学ぶ。探究心や広い視野を育むのが狙いだ。