Category: 塾ニュース|サイエンス

九州大学 日本の科学技術論を牽引した故・吉岡斉氏の資料群を公開へ

 九州大学大学文書館は、日本の科学技術論を牽引し、原子力政策にも深くかかわった故・吉岡斉氏が所蔵していた図書と紙の文書類、電子ファイルからなる資料群「吉岡斉資料」を保管している。図書については、既に目録を作成し公開しているが、その他の紙の文書類と電子ファイルについても現在整理作業を進め、2024年秋をめどに公開を開始する。(予定)

 吉岡氏が2018年に逝去された後、所蔵していた図書・文書等は一度早稲田大学の綾部広則教授と下関市立大学の川野祐二教授が引き取り、仮整理と紙の文書類のPDF化が行われた。その後、2020年に九州大学大学文書館が寄贈を受け、同年より九州大学社会運動資料研究会を立ち上げた。十数名のボランティアと大学文書館職員によって資料目録の作成作業が開始され、図書については2022年に目録が完成した。書庫を完備し、「吉岡斉科学技術史文庫」としてすでに公開している(閲覧のみ、貸出・複写は不可)。文書類については、2024年度前半までに目録作成を完了させ、秋をめどに資料全体の公開を開始する予定。

 吉岡氏は日本の科学技術論の牽引者であり、その研究にかかわる資料が残されていることで、吉岡氏の科学技術論研究がどのように形成されてきたかを跡づけることが可能となる。このことは、吉岡資料が学問分野としての戦後の科学技術論の発展過程を明らかにする上で欠かすことのできない第一級の資料であることを示している。日本の学術史の一分野にとって極めて貴重な資料であることが、「吉岡資料」の意義の1つ。また、吉岡氏は日本のエネルギー政策、特に原子力政策に大きくかかわったため、原子力利用推進派と反対派双方の資料が数多く残されている。吉岡氏は安全性やコストの面から原子力利用に批判的であったため、吉岡氏の旧蔵資料、とりわけ政府の各種会議資料中に見られる批判的な書き込みは、今後の脱原発運動にとって示唆に富むものであると考えられる。一方、原発推進側にとっても、吉岡氏の批判を受け止め、これに応えることで、原発推進に説得力を持たせることができるため、学べることが多いと期待される。

 今後の原子力政策を考える上で、非常に重要な内容を含んでいることが、「吉岡資料」の大きな意義であると考えられる。「吉岡資料」を一般公開することにより、日本の科学技術論や原子力政策の研究が飛躍的に進むとともに、今後のエネルギー政策に資することが期待される。

火星探査ヘリ「インジェニュイティ」 運用終了

 アメリカ航空宇宙局(NASA)は1月25日、火星で探査に使っていた小型ヘリコプター「インジェニュイティ」の運用が終了したと発表した。18日の飛行で翼が損傷機体の損傷、飛行能力を失ったという。

 インジェニュイティは21年2月に火星に到着。4月に地球以外の天体でヘリとして初めて飛行することに成功した。飛行回数は当初想定は5回だったが、約3年間で72回に上った。
 火星の大気は地球の1%ほどと薄く、この中でヘリが飛べるのかどうかは将来の惑星探査に向けた課題の一つだった。インジェニュイティは機体を軽くし、プロペラの回転を高速にすることで浮力を得ることに成功した。名前は英語で独創性を意味する。

天王寺動物園&群馬県立自然史博物館&池田動物園由来のキリン・カバ・ゾウの頭骨標本を3Dスキャンし精巧に再現したカプセルトイ「路上博物館 特別展-植物食-」を2024年4月に発売

 一般社団法人路上博物館(東京・文京区、森健人 代表理事)はカプセルトイメーカーの株式会社SO-TA(東京・渋谷区、安藤こうじ 代表)と共同で日本初の動物園や博物館に由来する標本を3Dスキャンしたデータを基に作った「路上博物館 特別展-植物食-」を2024年4月に発売する。
 この商品は地方独立行政法人天王寺動物園(大阪市、向井猛 園長)・群馬県立自然史博物館(群馬・富岡市、藤巻薫館長)・株式会社池田動物園(岡山県岡山市、代表取締役社長池田厚子)にそれぞれ由来する標本を3Dスキャンして作成した。本物の標本にある歪みや欠けなども可能な限り再現をした商品となる。
 足掛け1年以上にわたり、実際に路上博物館が博物館・動物園に足を運び現地で3Dスキャンをしてきたデータを基に作成した3Dモデルをベースに金型を作成した。また金型の調整とあわせて各標本の見どころや特徴的な形状をなるべく精密に再現した商品となっている。

 商品は3ヶ所の動物園・博物館から各1種類ずつ、合計3種類の動物の頭骨標本を再現した。カラーバリエーションは骨格標本の色を再現した「リアルカラー」と凹凸を観察しやすい「グレー」の2食と合計6種類の商品ラインナップとなっている。

(1)天王寺動物園由来…キリンのケニヤ

 1990年生まれ、2001年から2012年まで天王寺動物園で飼育されていたオスのアミメキリン。死亡時は22歳で当時は国内で2番目に高齢のキリンだった(オスでは当時最高齢)。額のデコボコの大きさと正面から見た時の口の歪みが特徴的で、商品でもこの2点の特長の再現には特にこだわった。

(2)群馬県立自然史博物館由来…野生由来のカバ

 群馬県立自然史博物館に収蔵されているカバ。この個体は野生由来の個体であるため年齢等は不明だが、歯の萌出段階からまだ若年の個体であると推定される。同館が開館にあわせてケニアの国立博物館から入手した。実物の標本では一部破損が見られるが、修復した形で商品化を行った。3Dモデルと比較することで修復箇所が確認できるようこだわった。

(3)池田動物園…ゾウのメリー

 1967年にタイから池田動物園に来園したインドゾウのメスの個体。2016年に51歳で亡くなった。約半世紀にわたり池田動物園の顔として多くの人々に親しまれてきた個体だ。高齢になるまで丁寧に飼育されており、高齢化や長年の食べ方の癖に伴う歯のすり減り方などの再現にこだわって制作した。

国立科学博物館 牧野富太郎の業績と植物の観察眼を紹介 ミニ企画展「牧野富太郎と植物を観る眼」開催

 牧野富太郎は、日本の植物に最も多くの学名をつけた日本人で、日本の植物学の基礎を築いた人物。牧野の観察眼によって描かれた植物画は美術的にも高い評価を得ており、今日の植物画のルーツとも言える。また、最近ではNHKの連続テレビ小説「らんまん」(NHK 2023年前期・作 長田育恵)の主人公のモデルとして描かれたことも記憶に新しい。
 筑波実験植物園では、植物の観察眼を養い表現することを推奨する植物画コンクールを毎年開催し、入選作品を企画展「植物画コンクール入選作品展」にて展示しているが今回、牧野の「植物を観る眼」に主眼をおいたミニ企画展を上野本館にて同時開催し、植物画の普及に繋げる。

牧野富太郎(1862~1957)
 高知県高岡郡佐川町生まれ。幼少から植物に興味を持ち、小学校を自主退学して独学で植物を学んだ。上京し、東京大学理学部植物学教室への出入りを許され、植物分類学の研究に打ち込み、日本植物分類学の基礎を築いた。94年の生涯において収集した標本は約40万枚といわれ、その一部は、国立科学博物館にも所蔵されている。また、自ら創刊に携わった「植物学雑誌」に論文を発表するとともに、日本各地で植物観察会を実施し、日本の植物相解明に貢献しつつ、植物学の一般への普及にも尽力した。代表作である『牧野日本植物図鑑』は、現在でも研究者や愛好家の必携の書ともなっている。1953年東京都名誉都民。1957年文化勲章受章。

ミニ企画展「牧野富太郎と植物を観る眼」概要
【主  催】独立行政法人国立科学博物館
【協  力】日本植物園協会 高知県立牧野植物園 練馬区立牧野記念庭園
【会  期】令和5年12月19日(火)~令和6年1月8日(月・祝)
【場  所】国立科学博物館 上野本館 日本館1階 中央ホール

展示構成
展覧会では、次の5章から、牧野の人となりと植物を観る観察眼について解説する。

1)牧野富太郎ってどんな人 
 パネルにより、その人となりを紹介する。

2)牧野富太郎の植物を観る眼
 国立科学博物館に所蔵されている、牧野が採集した植物標本と描いた植物画の代表作(複写)を展示し、同館の研究員が解説を加える。

3)ドラマ「らんまん」の植物たち
 連続テレビ小説「らんまん」(NHK 2023年前期・作 長田育恵)で使用された植物レプリカと、ドラマのために作成された、植物画家・米田薫氏による植物画を複数展示する。植物監修を行った当館研究員による制作秘話も紹介する。

4)植物をじっくり観てみよう
 牧野のように植物画を描くためには、まず植物をじっくり観察することが大切。ここでは葉に注目し、その多様性や観察ポイントを図解と実物で紹介する。

 5)国立科学博物館の付属施設に行ってみよう
生きた植物を観る上で絶好の場所となる当館の付属施設、筑波実験植物園と附属自然教育園を紹介する。

その他(国立科学博物館主催 第40 回植物画コンクール入選作品展)
1)日  時:令和 6 年 1 月 27 日(土)~2 月 12 日(月・祝)
  会  場:国立科学博物館筑波実験植物園 茨城県つくば市天久保 4-1-1
2)日  時:令和 6 年 7 月 2 日(火)~7 月 21 日(日)
  会  場:国立科学博物館上野本館 東京都台東区上野公園 7-20
3)日  時:令和 6 年9 月 下旬~11 月 上旬 予定
  会  場:国立科学博物館附属自然教育園 東京都港区白金台 5-21-5

北海道発宇宙スタートアップ、Letara(株)が開発拠点構築のため滝川市と契約締結

 プラスチック燃料を用いた人工衛星用推進系(エンジン)の開発に取り組む北海道発宇宙関連スタートアップ Letara株式会社(北海道・札幌市、Landon KAMPS 共同代表取締役、平井 翔大 共同代表取締役)は、2023年12月1日に北海道滝川市と契約を締結し、同滝川市の旧江部乙中学校(滝川市江部乙町1118番地1)の校舎等を同社の新たな研究開発の拠点として利用することで合意した。
 Letara(株)は今後の商品開発に向け、推進系(エンジン)の燃焼実験場や試作機の開発拠点となる場所を探していた。一方、滝川市は2022年3月に閉校した旧江部乙中学校の校舎・土地を活用できる事業者を募集しており、これを知ったLetara(株)は2023年6月以降、滝川市での現地視察や施設の利用方法を提案しこの度契約を結ぶに至った。

 この背景には全国的に増加している廃校の問題がある。子どもの人口減少と反比例し、日本全国で廃校が増加している。毎年450校ほどが廃校し文部科学省が「みんなの廃校プロジェクト」を立ち上げるほどの社会問題となっている。北海道も例外ではなく、活用されず眠ったままの校舎もある。
 環境整備等のため今後1年間は無償で借り受け、その後土地建物を購入する予定。滝川市は札幌から車で約2時間の距離に位置し、人口3万7511(2023年9月末日時点)。

 グランドや体育館など多くの人に親しみのある旧校舎という場の特性をいかし、地域住民へ向けた教育用ロケットの公開講座や燃焼実験の見学会も行いたいと考えている。今後日本の宇宙ビジネスは北海道を舞台にますます発展すると考えられる。Letara㈱は、その担い手を育成することもまた大切な役割だと考えている。

名称:Letara株式会社(Letara Ltd.)
所在地:北海道札幌市
代表者:共同代表取締役 Co-CEO Landon Kamps、Co-CEO平井翔大
設立:2020年6月23日
URL:https://www.letara.space/

Space BD ライフサイエンス事業4回目となるISSへの打上げが完了し、ISS船内にてタンパク質結晶化の実験開始

 宇宙産業における総合的なサービスを展開するSpace BD株式会社(東京・中央区、永崎将利 代表取締役社長)は、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」を活用したライフサイエンス事業において、国内外の企業・研究機関のサンプルのISSへの打上げが完了し、ISS船内での実験を開始したことを発表した。

 サンプルはSpaceX社が運用するNASA 29th Commercial Resupply Service mission (SpX-29)として打ち上げられるドラゴン補給船に搭載され、2023年11月10日(金)日本時間午前10時28分に米国フロリダ州のケネディスペースセンターから打上げられた。その後、2023年11月11日(土) 午後7時7分にISSにドッキングされた。

 Space BDは国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)様・丸和栄養食品様とのパートナーシップのもと、地上での結晶化条件探索、宇宙実験の適合性審査、サンプルの充填作業等をリードしている。今回の打上げではJAXAのアカデミア公募案件合計約50のサンプルに加え、学習院高等科・女子高等科の高校生を対象に行った「タンパク質結晶化体験ワークショップ」内で実際に高校生15名が結晶化実験を行ったタンパク質のサンプルも搭載されている。このワークショップは、学習院大学とSpace BDが2022年3月に締結した産学連携協定の協力内容の1つとして実施し、学習院大学理学部が一貫教育プログラムとして提供する高等科・女子高等科の生徒対象の企画として行った。サンプルの帰還後には地上で実験したサンプルと宇宙環境で実験したサンプルを比較する実験を予定している。Space BDは、高校生が宇宙実験に携わる機会を通じて、宇宙ビジネスやライフサイエンス(創薬領域)への興味関心を醸成させることを目指す教育プログラムも提供している。

 Space BDではISS「きぼう」船内実験設備を活用し、微小重力空間の特性を活かした高品質なタンパク質結晶の生成技術を使用しライフサイエンス事業「タンパク構造解析サービス」を展開している。このサービスは、創薬研究で重要となる、ターゲットタンパク質構造情報の決定と化合物等との相互作用の検証を支援している。
 通常の新薬開発プロセスで膨大な時間を要す候補化合物の選定において、高品質なタンパク質の構造情報を基づいて実験をすることで、リードタイムを大幅に短縮し、コスト削減に貢献する。

文部科学省 日本の生命科学研究に遅れを示唆

 文部科学省ライフサイエンス委員会は10月16日に開かれた会合で、日本の生命科学および医科学の研究について、革新性の観点から米国よりも約2年遅れているとの警鐘を鳴らした。特に、最新の機器や人工知能(AI)の導入において遅れがあり、24年前半までに包括的な対策を立てる予定だ。この問題への対策を支援するため、文部科学省は25年度の当初予算の概算要求に具体的な対策を盛り込む予定。

 文部科学省の科学技術・学術政策研究所の調査によれば、日本の基礎生命科学分野において、他の論文に引用される頻度が上位10%に入る重要な論文の数(トップ10%論文数)は、00年ごろには世界で4位だったものの、現在では12位まで低下した。
 欧米では、工学、情報学、数学など異なる分野との連携が急速に進んでおり、データやAIを駆使して複雑な生命現象を解明し、実験を自動化するための最新機器を導入している。一方、日本はこれらの機器を欧米から輸入しており、そのために革新的な研究に遅れをとっていると指摘されている。
 委員会では、この問題に対する危機感を共有し、欧米発の高価な最新機器を複数の研究機関が共同で利用できるような仕組みを導入する必要性や、研究資金の分配に関する「選択と集中」の見直しを求める意見が出された。研究の効率性向上や、長時間労働の削減、女性研究者が働きやすい環境整備についても議論された。

ヴァージン・ギャラクティック 商業宇宙飛行ミッション「Galactic 04」を実施

 ヴァージン・ギャラクティックは10月6日、商業宇宙飛行ミッション「Galactic 04」を実施し、宇宙船「VSS Unity」に6人のクルーが搭乗した。このミッションは、アメリカ・フロリダ州にあるケネディ宇宙センターから打ち上げられ、宇宙船は空中発射母機「VMS Eve」に吊り下げられ、スペースポート・アメリカから飛び立った。
「VSS Unity」は高度13kmで空中発射母機から切り離され、エンジンを点火して高度を伸ばし、最終的に高度87.5kmに到達。その後、スペースポート・アメリカへの着陸が行われました。
 このミッションには、3人の乗客が含まれている。ロン・ロサ(Ron Rosano)さん、トレバー・ビーティー(Trevor Beattie)さん、そしてパキスタン出身のナミラ・サリム(Namira Salim)さんが、この宇宙飛行に参加した。サリムさんはパキスタンの出身者として初めて宇宙空間へ到達した人物として注目されている。
 ミッションのパイロットは、ケリー・ラティマー(Kelly Latimer)氏が務め、アメリカ航空宇宙局(NASA)やボーイングでのテストパイロット経験が豊富だ。また、元宇宙飛行士のフレドリック・スターカウ(CJ Sturckow)氏とクルーのインストラクターであるベス・モーベス(Beth Moses)氏もパイロットチームに加わった。
 ヴァージン・ギャラクティックは、商業宇宙飛行を毎月実施する計画でおり、このミッションは4回目の商業宇宙飛行となります。同社は既に次回ミッション「Galactic 05」に向けた準備を進めているが、今後の詳細なスケジュールについては発表されていない。

日本科学未来館 新しい4常設展示の体験内容やタイトルが決定

 日本科学未来館(未来館、浅川 智恵子 館長)は、2023年11月22日(水)に公開する「ロボット」「地球環境」「老い」をテーマにした新常設展示について、展示タイトルを含む詳細情報を決定した。「ロボット」は2つの展示空間に分かれ、合わせて4つの常設展示が誕生します。3テーマそれぞれ、さまざまな社会の課題との向き合い方や解決に向けたヒントを、最新の科学や技術にもとづく展示体験を通して探る。

「ロボット」の新展示は、これからますますロボットが暮らしに溶け込む未来を見据え、その関わり方を考える。1つ目の展示は、「ハロー! ロボット」。コミュニケーションロボットなどとのふれあいや、最新のロボット研究の紹介を通して多様なロボット技術を知り、その可能性を体感できる。2つ目は、人とロボットがともに暮らす未来のまちで起こる物語に参加する展示「ナナイロクエスト -ロボットと生きる未来のものがたり」。専用タブレットを使ってまちで起こったトラブルを解決するなかで、人とロボットとのさまざまな関係性に向き合う。最後には来館者同士が多様な価値観を共有し、考えを深める。


「地球環境」の新展示は「プラネタリー・クライシス -これからもこの地球でくらすために」。音響や振動などの演出や現地で収録した臨場感あふれる映像を用いた、気候変動の影響を受ける太平洋の島国、フィジー共和国の人々の暮らしを体感する大型映像体験から始まる。急激に変化する地球環境の今を科学的なデータに基づいて捉えながら、暮らしが多様な環境問題を引き起こしている現状を理解し、今、何ができるのかを探る。


「老い」をテーマした新展示は「老いパーク」。6つの体験展示を通して、老化により生じる目、耳、運動器、脳の変化を疑似的に体験する。老化現象が起こるメカニズムや現在一般的に取りうる対処法、近い将来身近になるかもしれない研究開発中のサポート技術などを紹介しながら、一人ひとりにとっての豊かな老いとの付き合い方や生き方のヒントをともに考える。

 展示公開に先立ち、浅川智恵子館長は「私たちの社会にはさまざまな課題があります。これらの4つの展示を通して、新しい科学や技術に親しみながら、多様な人々の考え方に触れていただき、よりよい未来への糸口をいっしょに見つけていきましょう。STEAM教育や探求学習などの場として活用いただくことも期待しています」と述べている。

■公開情報
展示公開日:2023年11月22日(水)
展示エリア: 3階・5階常設展示ゾーン
休館日:火曜日、年末年始(12月28日~1月1日)
開館時間:10時~17時(最終入場は16時30分)
https://www.miraikan.jst.go.jp/news/general/202309133125.html

新潟県考古学会主催 ヒスイをテーマとした学術的なシンポジウムを開催

 新潟県考古学会が主催する2023年度秋季シンポジウムが10月21日(土)に、新潟市江南区文化会館で開催される。
 令和4年に新潟県の石に指定されたヒスイをテーマにしたシンポジウム。「ヒスイ原産地遺跡から見た縄文~古墳時代のヒスイ玉製作とその展開」と題して、縄文時代から古墳時代に糸魚川を原産地とするヒスイの玉がどのように作られ、全国に流通したかを検討する。県内外の研究者11人が全国的な視点で発表する内容だ。
 当時、唯一のヒスイ原産地があった新潟県ならではの歴史について理解を深められる。

 新潟県考古学会ホームページ(URL:https://www.niigatakenkouko.com)にて、詳細な案内及び応募受付がある。
 また、シンポジウム開催を記念して、江南区郷土資料館(江南区文化会館内)内で10月8日(日)から10月26日(木)にかけて新潟市出土のヒスイの展示を行う。

【開催内容】
新潟県考古学会2023年度秋季シンポジウム
題 目 ヒスイ原産地遺跡から見た縄文~古墳時代のヒスイ玉製作とその展開
趣 旨 国内で縄文~古墳時代に利用されたヒスイの大半は、糸魚川地域で産出したものである。縄文時代には糸魚川地域で製作されたヒスイ製の大珠や勾玉が全国で出土し、弥生~古墳時代には勾玉用の素材として粗割されたヒスイが北陸地方の各地に運ばれた。糸魚川市長者ケ原遺跡報告書総括編が刊行され、原産地遺跡におけるヒスイ玉の製作の実態が明らかになった。一方、ヒスイ素材の供給については研究途上にある。本シンポジウムでは、ヒスイ原産地遺跡からの視点を重視し、県内外の資料分析をとおして、ヒスイの素材供給や玉製作について検討するものである。
開催日 2023年10月21日(土)
会 場 新潟市江南区文化会館 音楽演劇ホール(新潟市江南区茅野山3丁目1番14号)
定 員 350名
主 催 新潟県考古学会 共 催 新潟市 後 援 糸魚川市教育委員会
日 程 
○受  付  9:30~10:00  
○開  会 10:00  
○開会挨拶 10:00~10:05 
○趣旨説明 10:05~10:10 ((公財)新潟県埋蔵文化財調査事業団 荒川隆史)
○報  告 10:10~10:30 糸魚川地域における縄文時代のヒスイ加工の様相(糸魚川市教育委員会 小池悠介)
      10:30~10:50 柏崎地域における縄文時代のヒスイ加工品の様相(柏崎市教育委員会 平吹 靖)
      10:50~11:10 富山県朝日町境A遺跡のヒスイ製敲石調査(朝日町まいぶんKAN 川端典子)
 休  憩 11:10~11:20
      11:20~11:40 青森県域におけるヒスイ玉の様相(青森県埋蔵文化財調査センター 長谷川大旗)
      11:40~12:00 縄文時代前期~中期におけるヒスイ玉の製作((公財)新潟県埋蔵文化財調査事業団 加藤 学)
 休憩昼食 12:00~13:00
      13:00~13:20 縄文時代後・晩期におけるヒスイ玉の製作(中部大学 長田友也)
      13:20~13:40 縄文~弥生時代移行期のヒスイ玉の様相((公財)新潟県埋蔵文化財調査事業団 荒川隆史)
      13:40~14:00 加熱処理からみた新潟県における弥生時代勾玉製作の再検討((株)吉田建設 笹澤正史)
      14:00~14:20 長岡市大武遺跡のヒスイ素材の様相((公財)新潟県埋蔵文化財調査事業団 葭原佳純)
 休  憩 14:20~14:30
      14:30~14:50 古墳時代におけるヒスイ玉の様相(新潟市歴史文化課 金田拓也)
      14:50~15:10 ヒスイの焼成実験とその変化について(フォッサマグナミュージアム 小河原孝彦)
 休  憩 15:10~15:20
○討  論 15:20~16:55
〇閉会挨拶 16:55~17:00
○閉  会 17:00
会 費 無料(別途必要な方は資料代1,000円)
申込み
 参加を希望の方は、新潟県考古学会ホームページ(URL:https://www.niigatakenkouko.com)内の「2023年度秋季シンポジウムのお知らせ」申込みフォームより、10月8日(日)までに申し込みが必要。