Category: 塾ニュース|サイエンス

『化学の日子ども化学実験ショー2017』10月21日(土)~22日(日)、キッズプラザ大阪にて開催

『化学の日子ども化学実験ショー2017』10月21日(土)~22日(日)、キッズプラザ大阪にて開催!

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2017年10月21日(土)~22日(日)の2日間、キッズプラザ大阪(大阪府大阪市北区)にて、小学生を対象とした無料化学実験体験イベント『化学の日子ども化学実験ショー2017』を開催する。

子どもたちに化学の面白さや不思議さ、化学産業の社会への貢献などについて知ってもらうことを目的に、2013年に制定された「化学の日」(10月23日) に合わせたイベントとして2014年から毎年この時期に開催している。今年も、化学実験体験イベントとしては日本最大級となる20種類のプログラムを準備している。

「化学の日子ども化学実験ショー2017」では、中学校、高等学校、大学、そして化学企業・団体など学と産が“化学”を起点に連携を図る。それぞれの出展者がそのノウハウを生かし、小学校の授業ではできない趣向を凝らした実験が体験できる。

『化学の日子ども化学実験ショー2017』 開催概要
日時:2017年10月21日(土)・22日(日) 9:30~17:00 (入場は 16:00 まで)
会場:キッズプラザ大阪 (大阪府大阪市北区扇町 2-1-7)
プログラム:20種類
参加費用:無料 (「化学の日子ども化学実験ショー」の期間中は、キッズプラザ大阪の入館料は無料)
参加方法:実験への参加には「実験参加券」が必要となる。
     「実験参加券」は当日 9:30 よりキッズプラザ大阪 1階にて配布。
問い合わせ:「夢・化学-21」委員会事務局 (日本化学工業協会内)
TEL:03-3297-2555
主催:「夢・化学-21」委員会 (日本化学会、化学工学会、新化学技術推進協会、日本化学工業協会で構成)
   関西化学工業協会
共催:キッズプラザ大阪
後援:大阪市教育委員会
URL: http://www.kagaku21.net/kagakushow2017/

<出展企業・学校・団体>
 荒川化学工業株式会社
 一般社団法人 蔵前工業会 (くらりか関西)
 大阪青山大学
 大阪教育大学
 大阪市小学校教育研究会理科部
 大阪市立大学
 株式会社カネカ
 株式会社ダイセル
 株式会社日本触媒
 京都府立鴨沂高等学校
 滋賀短期大学附属高等学校
 四天王寺大学
 住友化学株式会社
 住友精化株式会社
 積水化学工業株式会社
 大八化学工業株式会社
 奈良市立春日中学校
 日本化学会近畿支部化学教育協議会
 日本ペイントホールディングス株式会社
 三井化学株式会社

地学五輪で金2銀2 日本代表全員がメダル

文部科学省は8月30日、フランスで開かれた「国際地学オリンピック」で、日本代表の高校生4人は金メダル2人、銀メダル2人だったと発表した。金は東京都立小石川中等教育学校6年の押見祥太さん(18)、聖光学院高(神奈川県)3年の土屋俊介さん(17)。銀メダルは海城高(東京都)3年の越田勇気さん(17)と、立命館慶祥高(北海道)3年の中桐悠一郎さん(17)だった。

第13回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催

一般社団法人 日本航空宇宙学会は、飛行ロボットの普及と、学生の設計・製作・試験技術の教育支援を目指し、大田区、JAXA、OBK(大田ビジネス創造協議会)と共催、第13回全日本学生室内飛行ロボットコンテストを、東京大田区大森スポーツセンターで9月2日(開会式・予選)、3日(決勝・表彰式)に開催する。
コンテストは学生の設計による飛行ロボットを対象に、被災地への緊急物資輸送などを想定したミッションで競い、一般部門/自動操縦部門/マルチコプター部門/ユニークデザイン部門に全国から50を超える学生チームがエントリーした。観覧は無料、申し込み不要。インターネットで中継される。

全日本学生室内飛行ロボットコンテス実行委員会
委員長 土屋武司 (東京大学教授)

HP: http://indoor-flight.com/
主催:一般社団法人 日本航空宇宙学会
共催:大田区,宇宙航空研究開発機構(JAXA),NPO法人大田ビジネス創造協議会(OBK)
日程:9月2,3日(土,日曜日)
場所:東京都大田区 大森スポーツセンター
見学:無料、申し込み不要
インターネット中継:http://blog.nvs-live.com/?eid=475
(協力:NVS ネコビジュアルソリューションズ )

国際物理五輪、日本人2人が「金」・3人「銀」

ブラジルで開かれた第58回国際数学オリンピックで、日本代表の6人全員がメダルを獲得した。合計得点で比べる国別順位は6位だった。文部科学省が7月22日に発表した。

 金メダルは高谷悠太さん(東京・開成高3年)、黒田直樹さん(兵庫・灘高2年)。高谷さんは2年連続の金メダル獲得。銀メダルは窪田壮児さん(東京・筑波大付属駒場高3年)、神田秀峰(しゅうほう)さん(愛知・海陽中等教育学校6年)。銅メダルは岡田展幸(のぶゆき)さん(広島・広島大付属福山高3年)、清原大慈(だいし)さん(東京・筑波大付属駒場高2年)。

四国から関東、広範囲で梅雨入り

気象庁は6月7日午前、四国、中国(山口県を除く)、近畿、東海、関東甲信地方が梅雨入りしたとみられると発表した。四国は平年より2日遅く、東海と関東甲信は1日早かった。中国と近畿は平年並みだった。

 気象庁によると、梅雨前線の北上や低気圧の影響で、首都圏では7日深夜から雨が降る見通し。

 関東甲信の梅雨明けは平年で7月21日ごろ。

生物専門図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」が年間有料コースでオープン 出版社とユーザでつくる究極の図鑑。植物・野鳥2ジャンルから

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社は、日本の生き物をしらべる・わかる図鑑読み放題サイト「図鑑.jp」を、1月17日(火)より提供開始した。

「図鑑.jp」は、専門性の高い生き物図鑑を電子書籍の読み放題・サブスクリプション方式で提供するWebサービス。図鑑の閲覧に加えて、ユーザが質問・報告できる投稿コーナーを設けており、図鑑や投稿を、生き物の名前や科名で横断検索することができます。

スタート時は植物、野鳥ジャンルからスタートし、図鑑の閲覧にはジャンルごとの年間有料コースへの加入が必要(※投稿コーナーと横断検索は無料で利用可能)。年会費は個人向けで植物5000円、野鳥3000円(各税抜き)で、オープンから2017年2月末までは初年度20%オフセールを予定している。また、個人向けのほか、法人向けライセンスも用意している。

図鑑は、各出版社が発行している日本を代表する専門図鑑を中心に、すでに絶版となった図鑑や公共機関などが発行した一般には入手が困難な図鑑も含んでおり、生き物の愛好家に加えて、プロ・セミプロなどの専門家の利用も見込む。

新元素名称を「ニホニウム」元素記号は「Nh」

理化学研究所のチームが発見し、命名権を獲得した原子番号113番の新元素について、元素名を決める国際純正・応用化学連合は11月30日、理研の提案通り名称を「ニホニウム」(nihonium)、元素記号を「Nh」に正式に決定した。アジアで発見された元素が周期表に記載されるのは初の快挙で、同連合はニホニウムを記した周期表をホームページで公表した。

東京大学と筑波大学のスーパーコンピューター 計算速度は「京」の2.2倍

東京大学と筑波大学は12月1日、計算速度が国内最高のスーパーコンピューター「オークフォレスト・パックス」の運用を始めた。最大で1秒間に約2京5000兆回(京は1兆の1万倍)の計算ができ、理化学研究所の「京」(神戸市)の計算速度の約2.2倍となる。新しいスパコンは、富士通が超高性能な部品などを使って製作した。東大柏キャンパスに設置され、開発費は5年半のリース料も含め約72億円。実験的な運用を経て、来年4月から地球の大気の状態のシミュレーションや素粒子の研究など、高度な計算が必要な分野で活用される。

東京都心で積雪、11月は観測史上初

気象庁は11月24日、東京都心や横浜市などで初雪を観測したと発表した。11月に初雪が降るのは1962年以来54年ぶり。上空に真冬並みの寒気が入り込んだ影響で、関東甲信地方では24日朝から広い範囲で雪が降った。東京都心では午前6時15分ごろ、11月として1962年以来54年ぶりとなる初雪を観測。平年(1月3日)より40日、昨年(1月12日)より49日早い降雪となった。関東甲信では横浜、水戸、甲府などの7都県の気象台で初雪を観測し、一部で数センチの積雪となった。

ひまわり9号、H2Aロケットで打ち上げ

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月2日午後3時20分、気象庁の気象衛星「ひまわり9号」を搭載したH2Aロケット31号機を種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げた。順調にロケットが飛行すれば、衛星は午後4時前に予定されている軌道に投入される。ひまわり9号は現在運用中の8号と同型で、バックアップの役割を果たす。運用中の衛星に万が一トラブルが発生しても、途切れることのない安定した観測体制を整えるのが目的だ。