Category: 塾ニュース|塾・企業

リスニング力を高める近道は「音を記憶」すること!? 記憶定着のための学習アプリ「Monoxer」にリスニング力を強化する新機能がリリース

モノグサ株式会社(東京・千代田区、竹内 孝太朗 代表取締役 畔柳 圭佑 代表取締役)は、リスニング力を強化するために「音を記憶する」新機能をリリースしたことを発表した。

「Monoxer」(https://corp.monoxer.com/)とは、記憶定着に特化したAI型の学習アプリ。 覚えたい (覚えてほしい)情報を「Monoxer」に取り込むだけで、覚えるために最適な問題が⾃動⽣成される。また、 利⽤者の学習状況から記憶の定着度を計測し、問題の出題頻度や難易度を⾃動で調整する。

インバウンド観光客の増加や、2021年に実施される「大学入学共通テスト」で英語のリスニング配点が倍になるなど、リスニング力強化の必要性が高まっていることを受け、「音」を記憶することでリスニング力を高める新機能をリリースした。

ユーザーは英語の文章を登録するだけで、AIが自動で音声を作成するとともに、音声を書き取る問題(ディクテーション)も作成される。
音声の書き取りを通じて、音自体を記憶することで、リスニング力の向上を実現。
※音声データを保有する場合は、音声データを登録して問題を作成することも可能。

音声の書き取り(ディクテーション)は、音声を集中して聞く必要があるため、リスニング力向上に効果があるとともに、語彙力や文法力も求められるため、語学力が総合的に向上する学習方法。

なお、音声は話者の性別を選べるとともに、英語であればアメリカ、イギリス、インドなど国による発音の違いも選択可能。
また、英語のみならず、日本語など20ヶ国語以上の言語に対応しているため、外国籍の従業員向けに日本語のあいさつや接客用語などを学習してもらうことも可能。

現在、複数の出版社と本機能を活用して、Monoxer上でそのまま学習ができるコンテンツの準備も進めている。

教室のない塾「篠原塾」が塾生100名を突破

SkypeやLINEを使って個別指導を行う「篠原塾」の塾生が100人を突破したことを 受験戦略家 篠原好が発表した。「篠原塾」には教室や校舎はなく、オンラインで個別指導を展開している。塾生のほとんどは高校生で、過去には大阪大学や医学部に合格するなど、合格実績もある。現在、篠原塾は塾長自らが継続指導する21名、講師が継続指導する71名、戦略立案をした20名、卒業後もアフターフォローしている10名の、計122名の指導をしている。教室や校舎をもたず、SkypeやLINEを使った珍しい形体をとりながら、去年は大阪大学や医学部に合格する塾生も在籍している。

今後、篠原塾は塾生200名を目標に営業を続けていく。

公益社団法人全国学習塾協会が特別セミナー開催

全国学習塾協会として初開催となる全国特別セミナーを、10月24日〜12月1日の間に全国7会場で開催いたします。
協会として初の取り組みとなります。

基調講演では、安藤大作会長より、国の目指す教育の方向性や当協会の取り組みについて、
特別講演では、当協会副会長と専務理事より自塾の取り組みについて講演頂きます。

10月24日(木)広 島 10:30-12:30 安藤 大作・今村 明広(練成会グループ) 
10月29日(火)名古屋 10:30-12:30 安藤 大作・今村 明広(練成会グループ)
10月30日(水)福 岡 10:30-12:30 安藤 大作・常石 博之(株式会社スプリックス)
10月31日(木)仙 台 10:30-12:30 安藤 大作・中村 建吾(株式会社向学舎グループ)
11月 9日(土)札 幌 13:00-15:00 安藤 大作・中村 建吾(株式会社向学舎グループ)
11月24日(日)東 京 15:00-17:00 安藤 大作・筒井 俊英(英進館株式会社)    
12月 1日(日)大 阪 16:00-18:00 安藤 大作・筒井 俊英(英進館株式会社)

セミナーの参加費は無料ですので、多くの教育関係者の皆さまにご参加いただけるとありがたいです。

なお、東京会場と大阪会場では、セミナー後に懇親会がございます。

定員になり次第受付終了となりますのでお早めにお申し込みください。

お申し込みはこちらから↓
https://www.jja.or.jp/event/

外国人材雇用企業・雇用検討企業向け「外国人材雇用と人材定着のための地域共生セミナー」10 月 2 日に東京 丸の内にて開催 エドベック

株式会社エドベック(神奈川・横浜市、バジル・トンクス 代表取締役社長) は、外国人材の雇用、企業研修において、第一線で活躍中の専門家を講師 に迎え、外国人材雇用企業・検討企業の経営者、 HR 担当者向け「外国人材雇用と人材定着のための地域共生セミナー」を東京 丸の内で 2019 年 10 月 2 日に開催する。
少子高齢化による労働人口減少を背景に、多くの企業でダイバーシティ経営が推進され、女性や高齢者の活躍はもちろん、外国人材の活躍が期待されています。一方で外国人材の雇用に係る法制度の理解、多様性の受容に伴うコンフリクトマネジメントが課題となっている。このセミナーでは、外国人材の雇用にまつわる法制度、外国人材に対する企業研修、日本文化・慣習への理解、コンフリクトマネジメント等、これら分野に精通したプロの講師を招く。

【開催概要】

日程:2019 年 10 月 2 日(水) 1 5 0 0 1 8 1 0 受付開始 1 4 4 0
会場:フクラシア丸の内オアゾ 東京都千代田区丸の内 1 6 5 丸の内北口ビルディング 15 階
定員:70 名
参加費:無料参加申し込み方法:下記 URL よりウェブでのお申し込みまたは、パンフレット内 FAX お申込み
▼セミナー概要・お申し込みフォーム
https://edvec.co.jp/jinzai/
▼詳細案内
https://edvec.co.jp/jinzai/gaikoku_jinzai.pdf
その他:
軽食あり(17:40 ~)、参加特典として、『 日本のグローバル化は“日本語 からはじめなさい 』を進呈
【講演内容】
講演1 「外国人材との連携を高める!多文化理解とコミュニケーション術」
NPO法人日本語教育研究所
NPO法人日本語教育研究所理事 早稲田大学紛争交渉研究所招聘研究員 / 異文化教育コンサルタント 鈴木有香 氏
講演2 「外国人雇用セミナー 「外国人雇用の課題と成功事例」
株式会社グローバルパワー 代表取締役 竹内 幸一 氏
【対談】外国人材に選ばれる企業とは
森興産株式会社代表取締役 森 隼人 氏 × 株式会社エドベック 代表取締役 社長 バジル・トンクス

株式会社Lacicuが自立学習塾の祭典「自立学習EXPO」を10月に東京・京都で開催

「受験コンパス」などの学習塾向けサービスを展開する株式会社Lacicuが、10月6日(東京)と10月20日(京都)の両日、「自立学習EXPO」と題した特別セミナーを開催する。自立学習型の学習塾は年々増加傾向にあり、学習塾の新たな運営形態として業界内でも注目を集めている。ただ、自立学習といってもその手法は塾によって様々だ。

AI(人工知能)やICTの発展に伴って学習系のプラットフォームやアプリも細分化され、多種多様なサービスが提供される一方で、塾の運営者としては生徒にとってどの組み合わせが最適なのかが分かり難く、運営がより複雑になるという課題を抱えるケースもある。

そこで、自立学習をイチから考え、多様化するプラットフォームやアプリをどう活用するのか。保護者からの理解や生徒募集にデメリットはないか。そういった塾の運営者の疑問や悩みを解決する自立学習の祭典とし「自立学習EXPO」を開催する。

同セミナーで講演するのは、学習塾に向けて「受験コンパス」や「進路指導ドットネット」などのコンテンツを提供している株式会社Lacicuの服部悠太代表、大手個別指導や集団指導を経験後、自立学習スタイルで独立した「ipsim」の山本玄代表、自立学習型映像授業「TSUX(ツークス)」を開発した株式会社グランスの藤原瑞穂代表、自立学習塾FCの「RED」に加盟し複数の校舎を運営をする傍ら、学習塾のコンサルティング事業を展開する株式会社ワイズコンサルティングの山口博士代表の4名。

講演者の詳細はこちら(Lacicuのウェブサイトへ)

【東京会場】10 月6 日(日) 13:00~17:30(12:30開場)
    AP 品川アネックス (品川駅 徒歩3 分)
    〒108 -0074 東京都港区高輪3 丁目23-17 品川センタービルディング 

【京都会場】10 月20 日(日) 13:00~17:30(12:30開場)
     TKP ガーデンシティ京都 (京都駅 徒歩2分)
     〒600 -8216 京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1 京都タワーホテル

〈プログラムの流れ〉
12:30 開場
13:00 ~13:30 服部 悠太 氏「少子化時代(または子供人口減少時代)に個人、中小塾が生き残る方法」
13:30 ~14:20 山本 玄 氏「個別指導の業態から自立学習型で独立を選択した理由」
14:30 ~15:20 藤原 瑞穂 氏「集客に繋げるICT教材 活用の秘訣」
15:40 ~16:30 山口 博士 氏「塾のビジネスを変える自立型学習塾モデル」
16:40 ~17:30 座談会

〈申し込み方法〉
参加希望の方は、専用フォームからお申し込みください。
https://forms.gle/ZVfyhm3aKug8N35L8

〈問い合わせ〉
株式会社Lacicu
TEL:03-6801-8652(受付時間 10:00〜19:00)
Email:info@lacicu.co.jp

「ロボット×あそび」を英語で Kids Duoがサマースクールを実施

 株式会社やる気スイッチグループ(東京都中央区、高橋直司 代表取締役社長)の英語で預かる学童保育「Kids Duo(キッズデュオ)」は、7月19日から8月31日までの期間、サマースクールを開催。その一環として、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)と協働して、夏休みのスペシャルアクティビティ「英語の『ロボット×あそび』体験」を、Kids Duo 白山、Kids Duo 玉川、Kids Duo センター南の3箇所で実施した。
 SIEが発売元のロボットトイ「toio(トイオ)」(https://toio.io/)は、今年3月に発売。モーター内蔵で動き回ることのできる32mm角のシンプルなキューブ型ロボット(toio™コア キューブ、以下キューブ)とキューブの動きを制御するコントローラー(toio™リング)により、あそびながら自然にプログラミング的思考やその実世界での応用を体験できる。
 例えば、toio™専用タイトル「GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~」は同梱されている「命令カード」と「絵本」を組み合わせて、プログラミングの3つの基本構造(順次、分岐、反復)が学べる。また、公式サイト(https://toio.io/)からアクセスできるビジュアルプログラミングや、さらにJavaScript等のプログラミング言語を使用することで、発展的な学びも可能になっている。

「フィンガーストライク」の様子。普段は別々に学ぶ小学生コースと幼児コースの子どもたちが一緒にあそんだ。年上の子が年下の子をフォローする場面も。

「子どもたちにとって、“あそび”が“学び”の原動力と我々は考えています。したがってtoio™開発チームはこの“あそび”を主眼に商品開発をしていますが、Kids Duoさんの活動も全く同じ方向を向いており、今回の企画に繋がりました。我々としても、子どもたちの楽しむ姿を見て、とても良い刺激をもらいました」とSIEのtoioビジネス担当の桜井氏は、Kids Duoとの活動について語る。
 今回は、toio™専用タイトル「トイオ・コレクション」の中から子どもたちがレゴ®ブロックなどを活用し工作したファイターを対戦させる「クラフトファイター」や、マットを動くキューブが自分のエリアに入ってきたらおはじきではじきかえす「フィンガーストライク」といった対戦ゲームを体験。子どもたちは、ルールを英語で学んだ後、自分たちでトライアンドエラーを繰り返しながら取り組んだ。
「プログラミングのエッセンスを感じながら、同時に英語を学んでもらったわけですが、子どもたちはおもしろいから学ぶわけです。おもしろいということが学びの原点なのだと改めて思いました」と、やる気スイッチグループの高城秀平氏が語るように、教室は、夢中になって“あそぶ” 子どもたちの姿であふれていた。

SDGsを地球目線で考えよう 『SDGsミュージアム2019 in Gakken』開催

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川、宮原 博昭 代表取締役社長)と、同社のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川、碇 秀行 代表取締役社長)は、NPO法人Earth Literacy Program(東京・世田谷、竹村 眞一 代表)と共同で、2019年9月2日(月)より同9月13日(金)まで、品川区西五反田の学研東京本社ビル1Fロビーにて、SDGsを地球目線で学べる展示イベント「SDGsミュージアム2019 in Gakken」を開催している。

■デジタル地球儀「Sphere(スフィア)」で、地球の過去・現在・未来を知る
「SDGsミュージアム2019」は、文化人類学者で京都造形芸術大学教授・NPO法人Earth Literacy Program代表の竹村眞一氏が企画する展示イベントです。
デジタル地球儀「Sphere」を使い、リアルタイムの雲の動き、気温の変化、人口増加、食糧自給率など世界の環境・社会・経済にまつわる膨大なデータから、地球の過去・現在・未来のコンディションを俯瞰的・複層的に見ることで、SDGs達成のための課題とその解決を地球目線で学び、考え、理解を深めていただくことができます。

■学研グループもSDGsにコミットし、3つの重点目標を設定
「誰一人取り残さない」というSDGsの基本理念は、すべての人が心ゆたかに生きる世界の実現を目指す、学研グループの理念と重なります。
学研グループでは、事業を通じた持続可能な社会の実現を目指すにあたり、17の目標のうちグループの強みを特に生かすことのできる「3.すべての人に健康と福祉を」「4.質の高い教育をみんなに」「11.住み続けられるまちづくりを」の3つを重点目標として設定しています。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。
・学研ホールディングスコーポレートサイト「学研グループのCSR」
https://ghd.gakken.co.jp/csr/

■開催概要
・期間
2019年9月2日(月)~9月13日(金)
平日10:00~18:30 ※入場無料
・会場
学研東京本社ビル1Fロビー特設会場
https://ghd.gakken.co.jp/company/map/
・主催
NPO法人Earth Literacy Program
・共催
株式会社 学研ホールディングス/株式会社 学研プラス

アオイゼミと金融庁「中高生のための進路選択と働き方」を共同開催 中高生向けに特別授業をライブ配信

中高生向けのオンライン学習塾「アオイゼミ」は「教育の格差をゼロにする」ことを掲げ、コメントや質問を送ることができる双方向コミュニケーション型ライブ授業を中心とした、生徒の学習習慣の確立と成績向上に寄与するサービスを利用しやすい価格で提供し、子どもたちの意識の格差、地域的な格差、経済的な格差を解消することを目指している。

教科指導にとどまらず、進路や将来のための「キャリア教育授業」や、社会に出るとぶつかる正解のない問題を解決する力を養うための「課題解決型授業」、またスマートフォンやインターネットに関する「情報リテラシー授業」など総合教育にも力を入れ、毎年専門家をお招きして特別授業を行っている。今回、全国のさまざまな学校で将来設計や資産形成の教育活動を行っている金融庁と、共同での特別授業をオンラインで配信する。

全国の中高生やその保護者の方に向けて、進路選択の際にお金についてどう考えるべきか?変化の多いこれからの社会で主体的に夢の実現を目指すには?など、日々の生活に関わる将来設計と進路選択について興味関心を高め、理解を深める特別授業をライブ配信する。

■実施概要
日時   :2019年9月21日(土)18:00〜19:00

タイトル :アオイゼミ×金融庁「中高生のための進路選択と働き方」

内容      :「将来設計」と「働き方」について考えてもらう参加型授業です。

特別講師 :金融庁 企画市場局 新関康平

司会   :株式会社 葵  執行役員 中塚祐太郎

視聴方法 :アオイゼミ公式アプリ(推奨)

公式アプリの他、アオイゼミ公式サイト、YouTubeライブ、Periscopeから無料でご視聴いただけます。

iosはこちら:https://aoizemi.com/2jUguxD

Andoroidはこちら:https://aoizemi.com/2lr7FMe

WEBはこちら:https://aoizemi.com/2lVhT7V

※公式アプリを利用すると双方向コミュニケーション授業に参加できます。

※アオイゼミ公式サイト、アオイゼミ公式アプリの場合、ライブ授業のご視聴にあたって、アオイゼミへの会員登録(無料)が必要となります。

※特別授業は後日YouTubeで公開予定。

atama+ 駿台予備学校の全国各校舎へ共同展開へ

atama plus株式会社(東京・中央区、稲田 大輔 代表取締役)と駿台予備学校を運営する学校法人駿河台学園(東京・千代田区、山﨑 良子 理事長)は、駿台予備学校および駿台グループ各社においてAI学習教材を共同展開することに合意したことを発表した。

atama plusと駿台は、より世の中のニーズにあった学習の在り方につき協議を進めており、2018年3月より駿台中学部、駿台高校部、東大進学塾エミール等の駿台グループ会社に、atama plusのタブレット型AI教材『atama+』を提供してきた。その1年半の期間で、駿台にて以下の3点を確認した。

1.通常学習と『atama+』の併用による、標準的学力の生徒の模擬試験での明確な成績向上
2.駿台が持つ学習促進(コーチング)ノウハウとの組み合わせを通じた、より高い効果の発揮
3.東大等の最難関大学を目指す生徒の基礎固めを目的とした使用における高い満足度

1に関しては、高2・1月の模試から高3・6月の模試の偏差値の上昇幅(5ヶ月間)において、「通常学習と『atama+』を併用(1ヶ月半の使用)した生徒の集団」の方が「『atama+』を併用しなかった生徒の集団」に対して平均2.89ポイント高い結果となった。

2に関しては、1年半の間に最適な使用方法を模索した結果、atama plusの学習コーチング技術に、駿台独自の学習促進ノウハウを加えることが、1における成績向上へつながったことを確認した。

3に関しては、学年を変えいくつかの用途で使用した結果、利用者のほぼ全員が使用に満足感を得ており、中には実際に東大に合格した生徒から「AIが自分の苦手な部分を探っているのが実感でわかる」という驚きの声もあった。

両者がそれぞれ持つソフト・ハードの親和性の高さ、およびその高い効果が確認できたことから、両者の協業を拡大し、まずは2020年4月より新たに駿台予備学校の全国各校舎へ『atama+』(数学、英語、物理、化学)を順次導入していくこととなった。

今後の展開としては、2021年4月を目標に、atama plusの『atama+』と、駿台で現在開発中の難関大学対策AI学習教材を連携させた「大学入試合格を目指す全てのレベルの受験生に対応する業界初のAI学習教材パッケージ」を提供する予定。さらに双方の学習コーチング技術も連携し、従来の人によるライブ授業や進路指導と、AIによる個々人に最適化した教科学習を、一人ひとりに合わせたバランスで提供し、これまでイメージされていた大手予備校の在り方を大きく変えていく。

大学受験専門の家庭教師サービス「Study Classe」をリリース 合同会社VIEMS

合同会社VIEMSは医学部予備校で培ったONLINE個別指導のノウハウを活かした大学受験専門のオンライン家庭教師サービス「Study Classe」をリリース。9月よりプレオープンすることとなった。

【オンライン家庭教師 Study Classe】
https://www.studyclasse.com/

【サービス概要】

  • テレビ会議システムを利用した完全1対1の個別指導
  • 全国どこからでも首都圏のハイレベルな受験指導が受けられる
  • 手元の映るWEBカメラと顔の2画面だから、まるで先生が隣にいるように授業が可能

【授業の特徴】

  • 東京・首都圏の大手予備校・大学・メディアで活躍している教師が1対1指導
  • 一人ひとりの現在の学習状況に合わせた最適の学習プランを作成 
  • 動画受講とは違う、学力や個性に合わせた完全1対1のリアルタイムオンライン指導

■「Study Classe」の概要
サービス名:スタディクラッセ(Study Classe)
サービス概要:WEB会議システムを利用したオンライン家庭教師派遣
URL:https://www.studyclasse.com/
電話番号:03-6821-0199
メールアドレス:info@studyclasse.com