Category: 塾ニュース|塾・企業

LINE のAI アシスタント「Clova」が中学⽣の⾃宅学習をサポート ベネッセ「進研ゼミ 中学講座」の学習専⽤タブレットに搭載

 LINE株式会社(東京・新宿区、出澤 剛 代表取締役社⻑)は、AIアシスタント「Clova」が、株式会社ベネッセコーポレーション(岡⼭市、⼩林 仁 代表取締役社⻑)が「進研ゼミ 中学講座」<ハイブリッドスタイル>で会員向けに提供している学習専⽤タブレットに搭載されることを発表した。

「Clova」が搭載されることになった学習専⽤タブレットは、ベネッセが中学⽣の会員向けに提供している「進研ゼミ 中学講座」の“学習専⽤タブレット”。ベネッセでは、これまでも「進研ゼミ」において、2014年4⽉から“学習専⽤タブレット”を使う通信講座を⼩学⽣向けに開講し、2017年1⽉には中学⽣向け講座にも導⼊してきた。

「Clova」搭載により⾳声操作によるサポートが可能となったことで、⼀⼈ひとりの勉強意欲や悩みに応じた今取り組むべき問題や解決のヒントを随時導く、きめ細やかな学習サポートを⾏うことが可能となる。
※サポートは2020年4⽉号(3⽉20⽇配信)より開始。

「学習アドバイス」や「⾼校検索」など、中学⽣の⾃宅学習向け専⽤スキルを搭載
「集中できる⽅法が知りたい」「定期テストの上⼿な勉強法を知りたい」といった中学⽣の悩みに応じて、「進研ゼミと学校の宿題を両⽴した先輩のやり⽅」や「進研ゼミの先輩のおすすめ勉強法や専⾨家のアドバイス」を提案するなど、ニーズに応じた「学習アドバイス」が⾏える専⽤スキルを「Clova」として、初めて開発した。

 これにより、例えば「学校の部活が忙しすぎる」と話しかけると、全てのレッスンを消化するのではなく、⽬標学習数の調整を提案し、継続的な勉強が出来るようにアドバイスを⾏う「⾃動計画⾒直し機能」をレコメンドするなど、まるで家庭教師がついているかのような、⼀⼈ひとりの勉強意欲に沿った学習サポートを⾏うことが可能となる。

「⾼校検索」機能では、⾼校の偏差値や⼊試の傾向を知ることが出来る、進研ゼミ内の「⾼校⼊試情報サイト」とリンクしているため、「東京にはどんな⾼校があるの︖」「⼊試問題ってどんな感じなの︖」といった疑問を解決するページへの遷移を促すなど、即時的にサポートする。

LINE MUSICと連携した楽曲再⽣や単語の意味調べなど、中学⽣活を充実させるスキルを搭載
「何部に⼊ろうか迷っている」「●●(単語)ってどんな意味だっけ︖」と⾔った中学⽣ならではの悩みに対して、「部活」に役⽴つ情報を閲覧出来る進研ゼミ特設ページを提案したり、AIアシスタント「Clova」を通じて単語の意味調べができるようになった。

個別指導Axis(アクシス)が新講座を全国450校で開講 ソニー・グローバルエデュケーションの学習キットKOOV(クーブ)でPython(パイソン)が学べる

 株式会社ワオ・コーポレーションが全国に展開する個別指導Axisは、人気の「ロボットプログラミング講座」の上級講座として、学習キットKOOV(クーブ)でPython(パイソン)を学べる日本初の新講座を、4月から全国450教室で一斉開講する(KOOVでプログラミングを学んだ小5~中学生対象)

https://axis-kobetsu.jp/styles/programming/

 個別指導Axisは、2018年4月に株式会社ソニー・グローバルエデュケーションと共同開発したオリジナルカリキュラムで学べる「ロボットプログラミング講座」を展開してきた。小学生でも初歩からプログラミングを学べることに加え、KOOVのブロックでのロボットの組み立てを通して空間認識力や創造性も高められる。

 4月から開講する上級講座はKOOVで2年間プログラミングを学んだ小中学生が、次のステップとして自然な流れで本格的なプログラミング言語(Python)に触れ、無理なく学習が進められる。

次世代に必須の“言葉の力”を育む新しい学習ポータル「TERRACE (テラス)」誕生

 ICT教材の企画開発・販売を行なう株式会社SRJ(東京・中央区、堀川 直人 代表)は、全国2200教室以上の教育機関で導入されている速読トレーニングプログラム「みんなの速読」を全面的にリニューアルした、自立学習型能力開発ポータル「TERRACE」を2020年3月2日にリリースする。
 SRJの「TERRACE」は、20年以上培ったノウハウをもとに設計された速読トレーニングをベースに、子どもたちに身につけさせたい能力として近年注目されている「読解力」「思考力」「表現力」を、ひとつのアプリ内で総合的にトレーニングできる、ICT教材プラットフォームとして生まれ変わった。

開発の経緯 ~これから求められる言葉の力~

 日本の教育はいま、入試改革や学習指導要領の改訂を通して、「読解力」「思考力」「表現力」を重視する方向へ変化している。「知識がある」というだけではなく、「文章や資料を速く正確に読み解く力」「物事を論理的に考え、自分の考えをまとめ、相手に正確に伝える力」が求められている。子どもたちが授業や教材の変化に対応していくためには、正確な情報処理力と論理的思考力からなる「基礎能力の向上」がさらに大切になってくる。

◇速く正確に読み解く力を鍛える「速読解力講座」

 SRJの速読トレーニングは、脳の働きを活用しただれにでも習得可能なトレーニング法で、一人ひとりのスピードに合わせて展開する各コースに取り組むことで、ふだんの学習や受験対策に有効な約3倍の読書スピードを目指す。
 ただ、文章をすらすら読むことができたとしても、正しく理解し、内容を把握できているとは限らない。TERRACEの「速読解力講座」では、速読トレーニングを基本に、文章理解に必要な基礎的読解力の習得と、文章の全体把握、理解力の向上を目指し、読むスピードと内容理解をバランスよく鍛えていく。また、多くの文章に触れることで、読解力を支える語彙力、多読力も培う。

◇算数脳を育み考え抜く力を鍛える「思考力講座」

 TERRACEの「思考力講座」で伸ばしたいのは、物事をさまざまな角度から見て考えをまとめる力、自分の意見を論理的に説明できる力。計算などのように反射的に解ける問題ではなく、「情報・条件を使いこなす力」「筋道を立てて考える力」「ものの形を認識・想像する力」の3要素で構成された、よく考えないと解けない算数的思考力問題に取り組むことで、考え抜く力をトレーニングする。
 さらに「思考力講座」では、脳トレの第一人者である川島隆太先生がCTOを務める株式会社NeUが監修した、知能の基礎となる認知能力のパフォーマンスを高める13種類の脳力トレーニングも受講できる。

◇物事の本質を考え、情報編集力を養う「表現力コース『よのなか科』」

 学校教育にとどまらず社会においても、「物事を論理的に考え、自分の考えをまとめ、相手に正確に伝える力」はより重要になってくる。

 TERRACE「表現力コース」には、義務教育初の民間校長を務めた藤原和博氏が提唱した、知識と実際の世の中との懸け橋になる授業『よのなか科』を配信する。「思考力・判断力・表現力強化」「学習意欲喚起のきっかけ」「小論・記述式問題対策」を目的としたキャリア教育教材で、動画1本あたり約10分間で作られているため、学校や学習塾のカリキュラムに合わせてアクティブラーニング方式の講座設計が可能。

◇楽しく続けられる仕組みがいっぱい「ICT×ゲーミフィケーション」

 TERRACEでは、受講生は巨大図書館をイメージした世界に入り込み、経験値をアップさせながら次のトレーニングへと進んでいく。受講生が楽しみながら、そして成果をしっかり実感しながらトレーニングを継続していけるシステムを実現するため、今回「ファミスタの父」と呼ばれるゲーミフィケーション研究の第一人者、岸本好弘氏を開発プロジェクトの監修に迎え、「つらい、面倒」と感じる行動を「楽しそう、やってみたい、もっともっとやってみたい」へ変えるトレーニング設計を目指した。

 2020年の「TERRACE」は、3月の「速読解力」「思考力」「表現力」各コースのリリースに続き、夏には、リーディングとリスニングの2技能を中心にトレーニングできる「速読聴英語」コースの搭載も予定している。

湘南ゼミナールが広島県に初出店

株式会社湘南ゼミナール(神奈川・横浜市、 福村 賢一 代表取締役社長)は、「湘南ゼミナール個別指導コース」及び、「森塾」「湘南ゼミナール主催 河合塾マナビス」を新規開校する。河合塾マナビスは学習塾が多い広島駅周辺エリアに初進出となるほか、神奈川・静岡に3コース/合計4 校の開校をする。
 今春(2020 年)、湘南ゼミナールグループが運営する学習塾は全国9 都県・263 教室となる。

■2020 年2 月3 日( 水) 開校
湘南ゼミナール個別指導コース 溝の口教室

<湘南ゼミナール個別指導コース 溝の口教室>
【対象】小学4 年生~高校3 年生
【特徴】先生1人に生徒2人までの個別指導。お子さま一人ひとりの学力や目標に合わせた通塾が可能です。
[ 住所] 〒213-0001 神奈川県川崎市高津区溝口1-13-18 セキグチビル3F

小学館集英社プロダクションより「小学生・中学生 学習教室 小学館アカデミー」「幼児・小学生 英語教室 イーコラボ」の事業を取得

 株式会社 学研ホールディングス(東京・品川、宮原 博昭 代表取締役社長)のグループ会社、株式会社 学研エデュケーショナル(東京・品川、福住 一彦 代表取締役社長)は、株式会社小学館集英社プロダクションが運営する、小学生・中学生を中心とした学習教室「小学館アカデミー」、幼児・小学生の英語力を育成する英語教室「イーコラボ」の一部教室について、2020年4月より、その運営事業を譲受する契約を締結した。

 学研エデュケーショナルではこれまで、幼児・小学生・中学生・高校生を対象とした学習教室「学研教室」と、中学生・高校生を主な対象とした学習塾「学研CAIスクール」の運営に取り組んできたが、公立小学校での教育では、2020年度より、主体的に学び、考え、行動する人材を育てるという新たな教育への取り組みが始まる。このような背景から、未来に生きる子どもに、より充実した教育サービスを提供するため、優れた指導システム、ノウハウを持つ小学館アカデミー、ならびにイーコラボ事業を取得することで、子どもたちの学びの場を拡大しつつ、教育内容の一層の充実を図っていく。

 今後、双方の強みを活かしながら、講師研修、商品コンテンツ開発、教室開設等の分野でも協力体制を活発に進めていく。

【PR】熊谷市ALCSで『塾の日ごはん食育講座』を開催

受験生だからこそ食育を!

2020年1月7日、埼玉を中心に大学受験塾を展開するALCS熊谷校で“和”食文化推進協議会の協力のもと『塾の日ごはん食育講座』が開催された。“和”食文化推進協議会は、バランス食として評価が高い和食を基本に、現代の食生活に合わせた手軽でおいしい食事の提案を行っている。そんな同協議会が、塾に通う生徒たちへ食育の一環として提案しているのが「塾の日ごはん」だ。

受験期を支えるのは規則正しい食習慣

 不規則な食習慣は、栄養面だけではなく、生活リズムも乱し、学習にも影響を及ぼす可能性がある。”和”食文化推進協議会の「塾の日ごはん」は、食事の内容やタイミングが乱れがちな塾の日の食環境を”手軽”に改善してもらおうというもの。

講義を聞く生徒たち

 今回、ALCSの生徒たちは、まず、相模女子大学栄養科学部管理栄養学科の吉岡有紀子教授から、受験期における食事や栄養の大切さについての講義を受けた。

 重要なポイントは2つ。1つは、「食べる時間」。塾で勉強をしてから家に帰ると、夕食が遅い時間になり、次の日、朝食が食べられないことがある。これでは、午前中の体温が上がらず、身体が目覚めないため、体や頭がうまく働かない。すっきりした朝を迎えて、朝食を食べるためにも、前日の夕食は重要なのだ。

吉岡有紀子教授

 もう1つは「食べる内容」だ。「エネルギー源となる炭水化物、たんぱく質、脂質」と「ビタミン・ミネラル」の補給が重要になる。

 中でも脳のエネルギー源となるブドウ糖をとるためには、ご飯などの炭水化物をきちんととる必要がある。

 これらの栄養素は、主食・主菜・副菜の3つの料理を揃えることで、自然に整うのだが、塾の日には、なかなかこの3つの料理を揃えるのは難しい。この解決策の一つとして、吉岡有紀子教授から「おにぎらず」と「ごはんスティックストック」が紹介された。講義に続き、生徒たちはこれらの調理に挑戦した。


  

ご飯と海苔には基本的な栄養素が豊富

おにぎらず

「おにぎらず」は、まず、広げたラップの上にひし形に海苔(全型1枚)をおき、同協議会特製のご飯型(正方形の型枠)をのせて、その中にご飯(茶わん 杯)をしき詰める。その上に、具材(おかずなど)をのせて、再びご飯(茶わん 杯)をのせ、最後に海苔で包む。これで完成だ。

 一方の「ごはんスティックストック」は、広げたラップの上にご飯(茶わん 杯)を四角形に広げる。その上に、具材をのせて、ラップで筒状に巻いたら、完成。一度にまとめて作って、冷凍庫でストックしておけば、電子レンジで温めるだけで食べられるので便利だ。こちらは、食べる際に、海苔を巻くのがポイント。

ごはんスティックストック

 今回のイベントでは、コンビニでも手に入るハム、ツナ缶、しらす、レタス、キャベツ、チーズ、きんぴらごぼうなどの多彩な具材が用意され、生徒たちは、各々好きな具材をのせたオリジナルのおにぎらずとごはんスティックストックを作った。

 このような食べ方は、エネルギー源となるご飯を中心に、体をつくるタンパク源である魚や肉、それから体の調子を整えるビタミン、ミネラルの供給源である野菜類を手軽にとることができる。また、海苔は、タンパク質、食物繊維とさまざまなビタミン、ミネラルを含む栄養バランスのよい食品でもある。まさに「塾の日」にうってつけの食事だ。

食育で受験の先を考える

 ALCSの小川武志代表は、「いざ勝負の場所で、パフォーマンスを発揮するにはいろいろなところを整えないといけない。体調管理、栄養の部分もすごく大事です」と学習における食事の大切さを語る。

 今回の講座に参加した生徒たちからは、自分でも簡単にできておいしかったといった声や、食事の重要性に気づけたといった声が挙がった。

生徒とともにおにぎらずを作る小川塾長(手前左)

「このような使い方の提案が、ご飯や海苔のよさを改めて知るきっかけにもなってもらいたい」と、〝和〟食文化推進協議会の担当者は言う。〝和〟食文化推進協議会は、今回の講座のテキストに使ったオリジナル冊子の活用を呼びかけ、「塾の日ごはん」を広めて行きたい考えだ。

 また、「食事によって体の中から整えて、風邪などに負けない体づくりや栄養素のバランスを知ってもらうのは大前提ですが、食事は、楽しみや息抜きにもなり、そして、受験期が終わった後もセルフマネジメントのベースになるということを知って欲しいです」と、吉岡有紀子教授は話す。 入試で、今までの努力の成果を出すためには、体調を整えることが一番重要であることは、誰もが知っている。だからこそ、体調管理のためにぜひ、塾での食育に取り組んでもらいたい。

塾の日ごはん “和”食文化推進協議会

Web▶https://www.wa-shokubunka.com/

構成団体
公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構
海苔で健康推進委員会講座で使用した冊子と「おにぎらず」「ごはんスティック
ストック」用の型枠は折り込みのチラシをご覧ください。

スタディプラス、学習管理SNS「Studyplus」の累計会員数が500万人を突破

スタディプラス株式会社(東京・千代田区、廣瀬 高志 代表取締役)が提供する学習管理SNS「Studyplus」の累計会員数が500万人を突破したことを発表した。

これを記念して、これまでの歩みを数字で振り返るインフォグラフィック「数字で知るStudyplus」を公開した。「数字で知るStudyplus」は、累計500万人もの学習者がStudyplusをどう活用したか、結果としてどのような価値を提供してきたか、サービスのこれまでの歩みがひと目でわかるインフォグラフィックになっている。

JOCで日本代表選手を支える職員向けの英会話レッスンを開始

 株式会社ECC(大阪・北区、山口 勝美 代表取締役社長)では、JOC(公益財団法人日本オリンピック委員会、山下 泰裕 会長)で日本代表選手を支える職員および国内で各競技を統括する役割を担っている職員向けのグローバル人財育成プラン(英会話レッスン)を、JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE(東京都新宿区)にて1月28日(火)より開始する。

 ECCは東京2020オリンピック・JOCオフィシャルサポーターとして、オフラインの語学教育を通してアスリートをはじめ、スポーツ運営や文化活動のサポートをし、グローバル人材の育成とコミュニケーションスキル強化に取り組んでいく。

◆ レッスン概要 
内容:自由予約型ECCオリジナル教材を使用した英会話クラス
レベル:初級・中級・上級の3レベル
日時:週2回(火・金曜)、1日3コマ(18:10~18:50 、 18:55~19:35 、19:40~20:20)

ECCは東京2020オリンピック・JOCオフィシャルサポーター(オフライン語学トレーニングサービス)。

東京個別指導学院 HRBC株式会社の株式取得

 株式会社東京個別指導学院は、2020年1月9日付2020年2月期第3四半期決算短信にて公表した通り、2019年12月24日開催の取締役会において、HRBC株式会社(以下、HRBC)の株式を取得することについて決議し、2019年12月24日に株式譲渡契約を締結した。同契約に基づき、2020年1月24日、HRBCより株式の取得が完了した事を発表した。東京個別指導学院は、企業向け人財開発という新たな領域へと進出し、HRBCとの協働を通して、子どもから大人まで幅広く「未来を生き抜く力」を手渡す教育サービスを提供していく。

 東京個別指導学院は企業向け人財開発という新たな領域へと進出する。個別指導塾事業を基幹事業に据えながら社会人向け教育にも事業領域を拡げることで、事業の複線化を推進する。HRBCの付加価値の高い企業向け人財開発事業が東京個別指導学院サービスに加わることで、東京個別指導学院の人財育成企業としてのブランド価値向上に寄与するものと考えている。今後は、HRBCが持つ企業向け研修の経験・ノウハウと、東京個別指導学院が培ってきた大学生講師育成のメソッドとを掛け合わせ、新たな人財育成ビジネスの開発を検討していく。

HRBC株式会社の概要

(1)名称HRBC株式会社
(2)所在地東京都渋谷区恵比寿西2-17-12
(3)代表者の役職・氏名代表取締役 迫川史康
(4)事業内容人財開発に関する研修の企画および実施
人事・人財開発に関するコンサルティング
(5)資本金10百万円
(6)設立年月日2008年10月2日
(7)Webサイトhttps://hrbc.jp/

新中学1・2年生の英語通常授業受講者全員を対象に外国人講師とのマンツーマンレッスン(オンライン)を2020年3月よりスタート

 株式会社ウィザス(大阪市中央区、生駒 富男 代表取締役社長)は、関西エリアを中心に展開する学習塾「第一ゼミナール」において、新中学1・2年生の英語授業内で通常の文法・読解指導に加えて、外国人講師とのオンラインでのマンツーマンレッスンを2020年3月より開始する。

 文部科学省がめざすグローバル化に対応した英語教育改革では、「聞く」「読む」だけではなく、「話す」「書く」も含めた4技能が総合的に評価されることとなり、高校入試においても、東京都立高校入試でスピーキングテストの実施が2021年度から予定されるなど、4技能が試される入試の流れは全国的に拡がるものと予想されている。

 通常授業にマンツーマンレッスンを導入することで、4技能の中でも特にスピーキングを本格的に強化する。外国人講師と英語で話す環境で、英語が伝わる喜びを学びのモチベーションに、「英語が楽しい、もっと話したい、もっと学びたい」という自ら進んで英語を学ぶ積極的な姿勢を育み、英語資格の取得や志望校合格はもとより、社会に出てからも通用する英語が身につくことを目指す。

<概要>
開講:2020年3月
対象:新中学1・2年生
授業:週1回/80分
・外国人講師によるマンツーマンレッスン(オンライン)は月1回(25分)/全13回
・外国人講師によるマンツーマンレッスンがない週の授業においては、
 日本人講師がマンツーマンレッスンに向けた準備(ポイントを解説した予習)と
 レッスン後の振り返り(文法や単語の復習)を行います
・テキストは学習指導要領に沿った内容で作成された教材を使用

詳細は第一ゼミナールホームページへ。
https://www.daiichisemi.net/point/about_en.html

マンツーマンレッスン

マンツーマンレッスン

文法・読解指導

文法・読解指導