Category: 塾ニュース|塾・企業

学研ココファンときずなホールディングスが合弁会社「学研ファミーユ」を設立

 株式会社学研ホールディングス(東京・品川区、宮原博昭 代表取締役社長)のグループ会社、株式会社学研ココファン(東京・品川区、 森猛 代表取締役社長 兼 COO)と、株式会社きずなホールディングス(東京・港区、中道康彰 代表取締役社長 兼グループCEO)は、超高齢化社会の先に訪れる多死社会に向けた、社会課題の解決と社会的インフラの拡充を図るため、共同出資によりライフエンディング事業に関する合弁会社、「株式会社学研ファミーユ」を設立する。

「株式会社学研ファミーユ」は、直営での葬儀ホールを展開する。「終活」の考え方が一般的になりつつあるなかで、葬儀だけではなく、高齢期の暮らし方を含めた「自分らしい、安心なライフエンディング」の提供に取り組んでいく。

【期待されるシナジー効果】
・地域の中の多世代が安心して暮らし続けられる街づくりに貢献した顧客サービスの拡充
・超高齢化社会の先に訪れる多死社会に向けた、社会課題の解決と社会的インフラの拡充
・学研グループの高齢者住宅・施設拠点を対象としたサービス提供や、ライフエンディング事業分野での葬儀ホール開発についての連携

【学研ファミーユの事業コンセプト】
・「その人らしい人生の最終章」のサポート
・透明性の高いサービスで、「納得・安心」を提供
・ライフスタイルや価値観の変化に合わせた、顧客満足度の高いサービス提供

【今後のビジョン】
 サービス付き高齢者向け住宅・グループホームのトップカンパニーとしての新規店舗開発力やダイレクトな顧客接点を持つ学研グループの強みと、「家族葬のパイオニア」として家族葬市場をリードしてきたきずなHDグループの葬祭業における運営力を最大限に活かし、両社のシナジーを最大化させる体制の構築と、事業の展開を図る。
 直営の葬儀ホールについては、まずは学研ココファンのサービス付き高齢者向け住宅の拠点数が多い神奈川県を中心に出店を行い、その後、出店エリアを全国に拡大していく。2032年を目処に100ホールの展開を目指す。
 また、学研グループが掲げている、多世代が支え合いながら地域の中で安心して暮らし続けられる街づくり「学研版地域包括ケアシステム」の実現に向けて、「株式会社学研ファミーユ」は、情報提供、地域密着型のイベントでの啓発活動など、地域に根差した事業活動を展開していく。

「城南コベッツ」が8月より、共通テスト科目「情報」を学べる「情報AIドリル」を初導入

 城南進学研究社(神奈川・川崎市、下村 勝己 代表取締役社長 CEO)が運営する個別指導塾「城南コベッツ」は、東京・神奈川の4教室において、「ライフイズテック」が開発する共通テスト科目「情報」を学べる「情報AIドリル」を導入し、高校1年生に「情報I」コンテンツを無料で提供する。
 ライフイズテックの「情報AIドリル」は、AIドリルが生徒一人ひとりの先生になり、反復学習を繰り返しながら「情報」を学べるサービス。今回の「城南コベッツ」への導入においては、学習塾用として新たに開発された、学習指導要領と大学入学共通テスト「情報」サンプル問題を分析し、出題範囲の問題を網羅的に取り組める学習カリキュラムを提供する。また、オンラインで質問にもリアルタイムに対応し、プログラミングの講師が一人ひとり丁寧にサポートする。生徒自身が実習しながら学ぶインプットと、AIドリルのアウトプットで、確かな得点力を養成するプログラムとなっている。

【城南コベッツ「情報I」対策特別プログラム概要】
期間:2022年8月~2023年3月
対象:町田駅前・立川駅前・新百合ヶ丘・たまプラーザ教室在籍の高校1年生
料金:無料
特長:(1)基礎問題から入試レベルまでこれ一つで対応
   (2)テキストコーディングで実際に手を動かして理解
   (3)苦手な分野を集中的に学ぶ自分専用カリキュラム

「全国模擬授業大会in名古屋 教育の力2022」開催

 野田塾は 、10月23日(日)に、「全国模擬授業大会in名古屋 教育の力2022」を開催する。「全国模擬授業大会」は、栃木県の開倫塾が創案し、「チョーク一本で教育改革を」をテーマに、教育現場に立つ教師のみなさんの指導技術向上をめざして開催している大会。今年も第15回記念大会が栃木県佐野市で開催され、多くの教師のが参加し、熱戦を繰り広げた。
 野田塾は、「全国模擬授業大会」の趣旨に賛同し、この精神を広く日本中に広めるため、開倫塾の許可を取り、名古屋でも同様の大会を開催してきた。ここ2年間はコロナ禍の影響でやむを得ず中止していたが、今年は3年ぶりに大会を開催する。
 次代を担い、夢と希望を抱く子どもたちの内に秘めた可能性を最大限に引き出し、学力を高め、合格指導の先にある子どもたちの未来を応援していく。

 この大会は、勉強の場として見学のみの参加もできる。若い教師は自身の授業スキルを上げる絶好の機会として活用できる。

開催日時・会場
日時:令和 4 年 10 月 23 日(日) 午前 9:00 ~午後 5:30
会場:学校法人名古屋学院 名古屋中学校・高等学校様 愛知県名古屋市東区砂田橋二丁目 1 番 58 号

京進×English Language Company 中高生英語スピーチコンテスト グランドファイナルをオンラインで開催

 京進は、全国の中高生を対象に4月より実施している「京進×English Language Company 第2回中高生オンライン英語スピーチコンテスト」の最終審査に残った10名によるグランドファイナル(決勝)を、2022年8月11日(木・祝)にインターネット中継で開催する。グランドファイナルはZoomを利用し(要前登録)、10名のファイナリストたちのハイレベルな英語スピーチをリアルタイムで観覧できる。

 このコンテストは、コロナ禍で海外への留学や研修機会を失っている中高生に、自身を「英語で表現する」機会の提供を目的に、京進とオーストラリアの語学学校「English Language Company(以下ELC)」が昨年初めて開催。ELCは京進グループの語学学校で、語学学校業界における世界的な賞「ST Star Awards」の、南半球最優秀語学学校の殿堂入りをしている学校。後援は昨年に引き続きオーストラリア大使館商務部に、今年から、世界での年間受験者数が350万人を超えるグローバルな英語4技能試験「IELTS(アイエルツ)」を主催するIDP Education JAPANも協賛する。

 7月23日(土)には、一次予選通過者の31名によるセミファイナルが行われ、その結果10名のグランドファイナル進出者が決定した。

【中高生オンライン英語スピーチコンテスト グランドファイナル概要】
■日時:2022年8月11日(祝)14:00~16:30終了予定、オンラインにて開催(ZOOMを利用し中継)
■視聴方法:下記アドレスより、必ず事前登録を済ませてください。登録後に視聴可能なアドレスがメールで自動送信されます。視聴にはご自身のデバイス(PC / タブレット / スマートフォンなど)へ ZOOMのインストールが必要。
[登録URL] https://bit.ly/3PHCkO2

■当日スケジュール:
• 開会の挨拶
• 特別審査員(4名)ご紹介
• グランドファイナル進出者自己紹介
• ルール説明
• スピーチ開始(合計10名 / スピーチ時間1名3分以内)および、特別審査員による質疑応答
• 全スピーチ終了
• 小休憩 / 審査
• 各賞発表(最優秀賞 / 優秀賞 / 敢闘賞)
• 表彰式&受賞者コメント
• 閉会の挨拶
■グランドファイナル審査員:(順不同・敬称略)
○David Scott English Language Company校長
○Lyn Scott English Language Company教務代表
○富永 さおり オーストラリア大使館商務部 商務官
○星野 達彦 日本認定留学カウンセラー協会(JACSAC)代表幹事
◆昨年度ファイナル進出者の声◆
・相手にいかに理解してもらえるか、どう表現するかを大事にした。毎日毎日練習した
・英語の勉強だけでなく自分と向き合う機会にもなった。考えを言語化する上で新たな発見もあった
・他の学年のスピーチを聞いて、内容や発音などの勉強にもなる機会だった。刺激を受けた
・英語を躊躇なく話せるようになった。実際に英語を使う力を身につけるには良いコンテストだった
・テーマが自分と向き合える内容だった
・副賞のマンツーマンレッスンもとても勉強になった
■グランドファイナル進出者(五十音順・敬称略)
○青木 まりか (United World College ISAK Japan)
○伊藤 櫻良咲 (市川学園市川中学校)
○榎本 友真 (東京学芸大学附属国際中等教育学校)
○坂本 ヌール実夢 (早稲田学園わせがく高等学校)
○荘司 凛乃 (洗足学園中学高等学校)
○竹内 絵麻 (関西学院中学部)
○中野 美雪 (クラーク記念国際高等学校)
○西村 幸蘭 (四日市市立内部中学校)
○本永 百々華 (関西国際学園中高等部)
○楊 芸東 (巣鴨中学校)

<コンテスト概要>
■後援:オーストラリア大使館商務部
■協賛:IDP Education JAPAN(英語検定試験 IELTS主催)
■応募資格:
①母国語を英語としない全国の中学1年~高校3年生
②実用英語技能検定3級程度以上の英語力を有する生徒
③インターネットにてZOOMに接続できる環境を有する生徒(本選参加の場合)
■参加費:無料
■募集人数:先着300名 ■スピーチテーマ:「私が大切にしている言葉(クレド)」
■スケジュール:
■審査基準:スピーチ構成、発音、リズム、表現力
■表彰・特典
[表彰(入賞者)] 最優秀賞1名、優秀賞1名、敢闘賞1名
[特典] 入賞者には本選後、English Language Companyのマンツーマンオンラインレッスンに無料ご招待。
本年新たに設定した特別賞受賞者には、IELTSオンライン・スピーキング・コーチングを無料ご招待。
■ホームページ:http://preview.kyoshin.co.jp/event/detail/142037/

総合型選抜合格支援サービス『Compass-U(コンパスユー)』β版の提供を開始

 ODKソリューションズ(大阪市、勝根秀和 代表)は、総合型選抜専門塾AOIを運営する株式会社花形と共同開発したオンラインの総合型選抜合格支援サービス『Compass-U(コンパスユー)』β版の提供を開始した。
 ODKソリューションズは、「データに、物語を。」をコーポレートメッセージに、大学横断型受験ポータルサイト『UCARO®』の経済圏拡張を目指している。

『Compass-U』は、無料会員登録で利用開始が可能なオンラインサービス。(一部有料コンテンツ有)

『Compass-U』β版の機能
(1)クエスト(無料)
 基礎知識から志望理由書の書き方、面接のポイントなどをステップ形式でナビゲートする。質問に沿って答えていくだけで「何を学びたいのか?」「どの大学に行きたいのか?」等が明確になるよう設計されている。

(2)動画講座(有料)※2022年8月中旬提供予定
 総合型選抜対策に必要なリサーチやロジカルシンキングといった、情報の取扱い方法から、具体的な志望理由書や小論文の対策までを網羅した全43本の動画配信コンテンツ。

(3)クイックチェック(有料)
 AOIのオンライン添削サービス『Quick Check』をCompass-U会員の特別価格で利用することができる。

 AOIの『Quick Check』は、志望理由書や小論文等の総合型選抜をはじめとした多岐に渡る近年の大学入試に対応する添削サービス。提出から3日間で、数々の生徒を合格に導いたプロメンターからのフィードバックを返送する。周りに頼れる受験指導者がいない等の悩みを持つ受験生の味方になるよう設計されている。

(4)総合型選抜クラブ(動画講座会員機能)※2022年9月初旬提供予定
 総合型選抜の合格を目指す受験生が集まる掲示板。情報交換や相互添削によって、志望大学合格を受験生同士で支援し合うことができる。


Quick Check Webサイト:https://quick-check.jp/

Compass-U 公式サイト:https://compass-u.net/

ウィザス オンライン教育プラットフォームを運営する PT Edigy Djaya Global へ出資参画 

 株式会社ウィザス(大阪市・中央区、生駒 富男 代表取締役社長)は、インド ネシアでオンライン教育プラットフォームを運営する PT Edigy Djaya Global (旧社名:PT Edukita Jaya Global、インドネシア・ジャカルタ、Suryanto Wijaya. CEO)による第三者割当増資を引き受け、2022年7月15日に調印セレモニーを行った。

 Edigyは2020 年に設立され、自社サービスのEdu-Digy(高校科目のオンライン学習サービス)およびPro-Digy(日本語のオンライン学習サービス)をはじめ、「IT×教育」を軸にインドネシア国内で複数の事業を展開している。
 ウィザスグループは Edigy との連携にあたり、「ウィザス」による教育事業に関するコンサルティング および人材関連事業の推進、ウィザスグループ会社「グローバルウィザス」を通じたオンライン/オフライ ン日本語教育および日本語教育カリキュラムの提供、海外営業への協力、同じくグループ会社「吉香」を通じた翻訳・通訳事業への取り組みなど、グループ一丸となって、総合教育サービス企業としての強みを存分に発揮していく。

 ウィザスグループは Edigy 参画後の第一歩として、インドネシアのマンガライ地方(西マンガライ 県、マンガライ県、東マンガライ県の3県により構成)での取り組みを具体化するべく、マンガライ県 政府および現地大学 UNIKA(Universitas Katolik Indonesia Santu Paulus Ruteng)とそれぞれ教育や人材 送り出しの内容を含む MOU(基本合意文書)に署名している。

 ウィザスでは 2022年4月、グローバル事業部門を本部に昇格し、学習塾事業、高校・キャリア支援事業に続く新たな事業の柱として、グローバル事業の強化を図っている。特にアジア地域では、既に事業を展開するフィリピン、ベトナムに加え、今後は Edigy をパートナーに、世界第4位の人口規模を擁するインドネシアの成長を、同社グループの事業拡大に結びつけていく。

早稲アカ 公益財団法人海外子女教育振興財団と業務提携へ 

 株式会社早稲田アカデミー(東京・豊島区、山本 豊 代表取締役社長)は、2022 年8月1日付で公益財団法人海外子女教育振興財団(理事長 綿引宏行)との間で業務提携契約を締結した事を発表した。

 公益財団法人海外子女教育振興財団は、1971 年の設立以来、海外学校情報の提供、海外渡航時の教科書配布、赴任前英語セミナーや個別教育相談など海外子女・帰国子女の教育を幅広くサポートしている。今回の業務提携は、海外に勤務する邦人の子女及び海外勤務を終了し日本に帰国した邦人の子女の教育の振興を図り、提携業務を通じて、海外勤務生活の安定に寄与し、我が国の海外における発展と国際交流の推進に資することを目的としている。

 業務提携の主な内容は以下のとおり。

1 教育相談に関する業務
2 国内学校説明会・相談会に関する業務
3 海外学校説明会・相談会に関する業務
4 赴任予定者に対する海外での子女教育に関するセミナー
5 海外子女のための通信教育(オンライン教育を含む)に関する業務
6 在外教育機関等に対する研修セミナー
7 その他、海外子女、帰国子女、学校会員及び企業会員を対象としたサービス提供に関する業務

秀英予備校がルネサンス高校グループと提携 

 株式会社秀英予備校(静岡市、渡辺 武 代表取締役社長)は、オンラインで学べる広域通信 制・単位制のルネサンス高校グループを運営するブロードメディア株式会社(東京・港区、橋本 太郎 代表取締役 社長)と、2022 年7月に教育サービスに関わる業務提携契約を締結した。
 ブロードメディア株式会社が運営するルネサンス高等学校のサポート校として、秀英予備校が「秀英NEO 高等学院」を設立し、2023 年4月に、志望大学の合格をめざす進学支援サービスを開始する。

秀英 NEO 高等学院
開 校:2023 年 4 月予定 
場 所:静岡県静岡市
 ルネサンス高校グループのサポート校として、大学受験の準備だけではなく、普段の学習レポートのサポートも行い確実に高卒資格を取得し、現役での大学合格を目指す。また「なぜ勉強するのか」「どうして勉強が大切なのか」といった疑問にも答え、生徒の希望に添った進路を選択提案し、目標設定から達成に導く。

すららネット、文部科学省「日本型教育の海外展開(EDU-Port ニッポン)」応援プロジェクトに採択

 株式会社すららネット(東京・千代田区、湯野川孝彦 代表取締役社長)は、令和4年度文部科学省「日本型教育の海外展開(EDU-Port ニッポン)」応援プロジェクトに採択された。2018年度から4度目の採択となり、これまでの実績を活かしながら、緊急事態下のスリランカにおいて現地のNGOなどと連携し、子どもたちに学習機会を提供していく。

「Surala Ninja!」は、「すらら」の海外版として開発された、インタラクティブなアニメーションを通じて加減乗除の四則計算を楽しく学べる eラーニングシステム。スリランカにおいては、パートナー会社のNext Learners (Pvt) Ltd.と連携し、私立学校や学習塾に展開するほか、国内最大級のマイクロファイナンス組織である女性銀行と連携した低所得層の家庭の子供たちに向けた算数教室「Surala JUKU」の運営、家族と離別して暮らす子供を支援する「SOS子どもの村(SOS Children’s Village)」や子ども支援NGOの「Child Action Lanka」へ提供するなど、スリランカ国内の教育格差の是正にも積極的に取り組んできた。経済危機の中でも、Next Learnersのメンバーと現場のファシリテーターが連携し、停電時間を避けたクラススケジュールを作成するなど工夫しながら、すららの学習を続けている。

「EDU-Portニッポン」は官民協働のオールジャパンで取り組む「日本型教育の海外展開事業」。2016年より文部科学省、経済産業省、外務省、国際協力機構(JICA)、日本貿易振興機構(JETRO)をはじめ、地方公共団体、教育機関、民間企業、NPOなど官民協働で取り組み、日本の魅力ある教育の海外展開を促進している。

モノグサ株式会社、新入社員研修プログラムに記憶のプラットフォーム「Monoxer」を活用

 モノグサ株式会社(東京・千代田区、竹内孝太朗、畔柳圭佑 代表取締役)は、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」をモノグサの新入社員研修プログラムへ活用を始めた。
 ミッションやバリューをはじめとする、モノグサの従業員として業務を進めるために必要な知識事項を使えるスキルとして習得できるようになった。
 Monoxerを活用することであらゆる知識事項を「見るだけ」「読むだけ」ではなく、しっかり記憶定着している状態にさせることが可能となる。モノグサでは、新入社員研修プログラムを通して、職種を問わず働く上で必要な知識を使えるスキルとして習得できるようになった。
 記憶定着している内容はMonoxer上で可視化されるため、現場ではより客観的に従業員の知識・スキルを評価できる。研修で提供する内容は従業員のフィードバックをもとに、より適切な形へアップデートを重ねていく。