Category: 塾ニュース|塾・企業

『Monoxer』を提供するモノグサ株式会社が総額約1億円の資金調達を実施

知識習得のための問題作成から習得判定までを自動で行うサービス『Monoxer』を提供するモノグサ株式会社(東京都・渋谷区 竹内 孝太朗 代表取締役 畔柳 圭佑 代表取締役)がVC3社から総額約1億円の資金調達を実施した。調達した資金を元に、塾・予備校への導入、教材開発会社との提携、外国人労働者をはじめとした日本語学習領域への参入、及びサービスの開発に充てる予定だ。

今回の出資を受け、常石グループとは外国人労働者向けの日本語教育での活用等の協業を検討してい行く。

『Monoxer』(http://corp.monoxer.com/)とは、AIを活用した、知識習得・定着のためのスマートフォンアプリ。
習得したい(習得させたい)情報を『Monoxer』に取り込むだけで、知識習得のための問題が自動生成される。また、利用者の学習状況から知識の定着度の計測を行い、問題の出題頻度や難易度を自動で調整する。

2018年5月のサービス本格稼働以降、塾・予備校などの教育領域を中心に有償導入が進めてきた。

導入企業の一つである、留学予備校大手の株式会社アゴス・ジャパンでは、元々自社で作成・保有していたTOEFL®TEST 対策の教材を『Monoxer』に取り込むことで、アナログ教材のスマホ化・アダプティブ化を実現した。

生徒側も1ヶ月の間に4,000~6,000問、中には10,000問以上も解答する生徒が現れるなど、意欲的に『Monoxer』での学習に取り組んでおり、その結果、『Monoxer』活用前後でTOEFLスコアが30%以上アップするなど、具体的な成果につながっている。

上記の他にも昨今の人手不足、外国人労働者の増加を受け、従業員教育の分野での活用も進めていく予定だ。

ベネッセと(株)コドモンが業務提携 2019年度より保育所・保護者向け支援とコンテンツ提供を開始

株式会社ベネッセコーポレーション(岡山県・岡山市 小林 仁 代表取締役社長、以下:ベネッセ)は、保育業務支援システムを提供する株式会社コドモン(東京都・港区 小池 義則 代表取締役、以下:コドモン社)との間で、相互に協力して保育所領域における事業を強化していく旨の業務提携契約を締結した。これにより、ベネッセは2019年度より、コドモン社が展開する保育業務支援システム「CoDMON(コドモン)」と連携した、保育所と保護者支援サービスを開始する。

 コドモン社は、IT技術の導入で保育所での保育の質を向上させることを目的とした保育業務支援システム「CoDMON」の開発・運営を行っている。「CoDMON」は保育士の事務処理から保護者との連絡共有などを支援する情報システムで、現在、全国約2,000園に導入されている。また、今後は保育士の業務効率化に加えて、育児情報の提供や育児用品のシェアリングサービスなど、保護者向けサービスの拡大も検討中だ。

 今回、コドモン社の保育業務支援システムのノウハウと、ベネッセの育児支援・幼児教育に関する様々な知見とを組み合わせ、家庭と保育所を連携させた育児環境の向上実現に向けたサービスを拡充したいという両社の考えが一致し、提携が実現した。これにより、ベネッセとコドモン社は2019年度より連携して、保育所と保護者支援サービスを提供する。具体的には、「CoDMON」上で、新しい保育所保育指針で求められる教育的視点を盛り込んだ教務支援サービス、例えば「月案作成」や「ドキュメント作成」機能などを強化予定している。また、園や保護者向けに、子どもの発達段階に応じた子育て情報の提供も予定している。




「東京メトロ×プログラボ」を新たに6校開校へ

東京地下鉄株式会社(東京都・台東区 山村 明義 代表取締役社長、以下「東京メトロ」)は、2019年4月に子ども向けロボットプログラミング教室「東京メトロ×プログラボ」を新たに6校開校する。
「東京メトロ×プログラボ」は、近年ならいごととして注目を集めるロボットプログラミング教育を通じて、未来を担う子どもたちに、筋道を立てて考える力、さらには目標に向かい最後までやり抜く力を身につけ、将来、自身の夢を実現してほしいという思いから実施している。これまでに3校を開校している。

2019年4月に「東京メトロ×プログラボ」の4~9校目となる赤塚校・王子校・茗荷谷校・月島校・押上校・津田沼校の6校を順次開校する。そして、実際の授業に近い形でロボット制作並びにプログラミングを体験できる無料体験会を2019年2月上旬から順次各校で開催する。教室での授業のほかに、各校の近隣小学校を中心に出張・課外授業や自治体等へプログラミング教育の導入支援に積極的に取り組む予定だ。




ポーランド共和国に公文式教室開設 51番目の展開国・地域

株式会社 公文教育研究会(以下、KUMON)〔池上 秀徳 代表取締役社長〕は、2018年10月、ポーランド共和国の首都ワルシャワに公文式教室を開設しました。今回の教室開設により、ポーランドはKUMONにとって51番目の展開国・地域となる(日本を含む)。

■今回開設した教室について
教室名: ワルシャワ・ブロドゥノ教室(Warszawa – Bródno)
教室指導者名: マウゴジャタ・ロシック先生(Ms. Małgorzata Rosik)
指導教科: 公文式算数・数学
管轄事務局: ドイツ公文(本社 デュッセルドルフ)

■今後のポーランド共和国での教室展開について
これから数年の間に、順次教室を開設していく予定。




京進 12月16日に札幌で初の無料教育イベントを開催

株式会社京進(京都府・京都市 福澤 一彦 代表取締役社長)が運営する個別指導「京進スクール・ワン」は、小学生から高校生までの子供とその保護者を対象にした、無料の教育イベント「自分の夢が見つかる ドリームツリーを作ろう!」を、12月16日(日)に札幌 道新プラザで開催する。

イベントページURL: https://www.kyoshin.co.jp/?post_type=kikaku-event&p=205559

<イベントプログラムについて>
1. 京進脳科学ガイダンス~脳科学に基づく効率的な勉強法~
東京大学 池谷裕二教授の研究する脳科学に基づいた京進独自の学習メソッド「リーチングメソッド」について説明する。

2. ドリームツリーを作ろう!!
ドリームツリーを実際に作ってもらう、子どもたちに向けたワークショップ。

3. のびのび教育セミナー~子どもの心をわかる方法~
家庭での子どものやる気を引き出す学習法など、受験生をサポートする保護者の方に向けたセミナーです。

■イベント実施概要
タイトル: 自分の夢が見つかる ドリームツリーを作ろう!
内容  : 1. 京進脳科学ガイダンス~脳科学に基づく効率的な勉強法~
      2. ドリームツリーを作ろう!!
      3. のびのび教育セミナー~子どもの心をわかる方法~
      ※2と3はお子様と保護者の方に分かれて同時間帯に実施します
開催日程: 12月16日(日)
開催時間: 13:30~16:30(開場13:00)
開催会場: 道新プラザDO-BOX
      札幌市中央区大通西3丁目(地下鉄大通駅下車、徒歩5分)
対象  : 小学1年生から高校3年生までのお子様および保護者の方 
      ※保護者の同伴が必要となります。
参加人数: 定員25組(先着順) お一人様、お二人以上のご参加も歓迎いたします。
参加費 : 無料
申込方法: 以下URLサイトからのお申し込みとなります
      ※お申し込みをいただいた方には、事前予約特典として、
       東京大学教授 池谷裕二 著書
       「受験脳の作り方~脳科学で考える効率的学習法」と
       QUOカード500円分を進呈
URL   : https://www.kyoshin.co.jp/?post_type=kikaku-event&p=205559
主催  : 株式会社京進
後援  : 北海道新聞社、札幌市教育委員会




駿台 英語を学ぶ小・中学生を対象にした 無料クリスマスイベントを12月16日(日)に開催

帰国生入試や英語学習者の支援・受験対策講座を展開し、高い実績を有する駿台予備学校グループ・駿台国際教育センター(東京都・千代田区)が、英語学習に取り組む子供や帰国生を対象に、無料クリスマスイベントを2018年12月16日(日)に東京・お茶の水で開催する。

■イベント内容
【第1部】13:00~14:20
(1) 英語4技能レベルチェック
  Reading、Listening、Writing、Speaking、Grammarの
  能力を測定し、今後の課題とともに分析レポートとして発行する。
(2) 英語4技能モデルレッスン(保護者)
  All Englishで英語4技能を育成する講座「一般コース」の
  モデルレッスンを見学できる。
(3) 英語4技能民間試験について
  2020年度の大学入試から採用が確定している「英語4技能民間試験」に
  ついての特徴や、どのような取り組みが今後必要となるか、
  カウンセラーが話す。

【第2部】14:30~16:00
(1) クリスマスリース・クラフト
(2) クイズスタンプラリー in English ※お菓子をプレゼント!
(3) クリスマスソング ハンドベル演奏 

■開催日 :2018年12月16日(日)
■開催場所:駿台国際教育センター
      (東京都千代田区神田駿河台2-5-4 お茶の水中央ビル1階)
■参加費 :無料
■対象者 :小学1年生~中学3年生と保護者
■事前申込:必要
※ SUNDAI GLOBAL CLUBのレベルチェックを初めて受ける生徒が対象です。
※ 2部(イベント)のみのご参加はできません。1部(モデルレッスン&レベルチェック)からご参加ください。




花まるラボの計算カードゲームアプリ 「Yakusu」が、Google Play「ベスト オブ 2018」入賞

計算カードゲームアプリ「Yakusu」が、Google Play「ベスト オブ 2018」入賞。花まるラボとしては2017年「シンクシンク」に続く2年連続入賞となる。

株式会社花まるラボ(東京都・文京区 川島 慶 代表取締役 以下、花まるラボ)が開発・運営するアプリ「Yakusu」が、Google Play「ベスト オブ 2018」にて、”隠れた名作部門”に入賞したことを発表した。

Google Play「ベスト オブ 2018」は、Google Playが2018年に日本国内で話題になったゲーム、アプリを選出し発表するプログラム。

「Yakusu」は今回、「まだ新しいですが、静かにユーザーの心をつかんでいる – 新境地を切り開くブレイク寸前のアプリやニッチ向けのアプリ表彰する」というコンセプトの「隠れた名作部門」に入賞した。

「Yakusu」は、遊び感覚で「数や計算に対する感覚」と「論理的思考力」が同時に身につく、「約数」に着目したカードゲーム。72までの数字の中で、2・3・7を素因数とする25種類の数字のみを用いたカードゲームアプリ。
誰もが一度はやったことがあるトランプゲーム「大富豪(大貧民)」のように、交互に手持ちのカードを場に出していく。

「場のカードを割ることのできる数(場の数が6なら2か3)しか出せない」というシンプルなルールに則り、交互に場のカードの約数を出していき、先に手持ちの数をすべて出し切った方が勝利となる。

非常にシンプルなルールでありながら、実に「10の50乗」という、オセロやチェスと比肩するほどの膨大な局面の組み合わせが存在し、戦況に応じて手持ちのカードを適切に出していく、論理的思考力と判断力、そして数の感覚が問われる。




ポータブル・ホワイトボード「バタフライボードPro A3」先行販売開始

■ 日米クラウドファンディングで累計約3,000万円の資金調達に成功
■ レアアースマグネットを採用した独自技術で、ページの結合、分離、拡大が自由自在
■ モノコック構造により超軽量化を実現、A3サイズのホワイトボード(2枚1セット)
■ 1アクションで組み立て可能なインスタントイーゼル付属

バタフライボード株式会社(神奈川県・横浜市 福島 英彦 代表取締役)は、特許技術スナップ・バインディングと超軽量化テクノロジーにより、広くても持ち歩ける「携帯性」と、あらゆるシーンに対応する「柔軟性」を備えた「バタフライボードPro A3」を2018年11月28日(水)よりクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて先行販売する。

既存モデルの発売以来、ワークショップデザイナーをはじめ、多数のグループワークやチームを束ねる「場」を作る専門家の方々から「A4より大きめのバタフライボードが欲しい」という要望を数多く受け、2016年に大型版バタフライボードの開発に着手しました。
 携帯性を維持しながら既存のバタフライボードを大型化するには、剛性を上げて軽量化する必要があり素材の開発からスタート。紙の比重の半分以下で高い弾性率を持つ特殊低発泡素材をホワイトボードの骨格にし、フレームを無くしたモノコック構造を採用する事で、1㎏を超える一般的なA2サイズのホワイトボードに対し、30%以下の270g(135gx 2枚)まで軽量化する事に成功。これにより、広さと携帯性を両立させ、場所を選ばず使えるため、コワーキングスペースや教育現場、アウトドアなどのさまざまな場面で活用が期待できる。




タブレット教材Qubena 中山間地域リーディングスクール指定の長野県公立小学校へ導入

株式会社COMPASS(東京都・品川区 神野 元基CEO)はこのたび、長野県の公立小学校の算数の授業と家庭学習において、COMPASSが開発するAI(人工知能)型教材Qubena(キュビナ)が試験導入されたことを発表した。

今回Qubenaを導入した小学校は、長野県教育委員会 平成30年度予算「中山間地域の新たな学びの創造事業」において中山間地域リーディングスクールに指定されている。

長野県の「中山間地域の新たな学びの創造事業」は、県内の学校に多くみられる中山間地域特有の少人数学級の特徴を活かしながら、ICTを活用した最先端の学びを実現することを目的としている。
そのモデル校として選出された中山間地域リーディングスクールでは、今年8月より、少人数の良さを生かした「単元内自由進度学習」と、少人数学級の課題である児童間同士の対話の中で生まれる学びの実現のため、複数校舎における同時接続授業が可能な「テレビ会議システム」を授業に採用している。

AI型教材Qubenaは一人ひとりに最適な学習を実現するアダプティブラーニングの特性を活かし、単元内自由進度学習において、より質の高い個に応じた学びの実現を目的として導入される。
個に応じた自由進度学習と同時接続授業によるグループ学習との相乗効果で、児童の学習意欲向上を目指す。

<導入概要>
◆実施校と対象児童: 中山間地域リーディングスクールの栄小学校と提携校の東小学校の5年生
           ・栄村立栄小学校本校(長野県下水内郡栄村)4名、秋山分校1名
           ・飯山市立東小学校(長野県飯山市)1名

◆実施期間: 2018年10月〜2019年3月

◆実施内容: テレビ会議システムで複数校を同時接続して実施される算数の授業と家庭学習において、            Qubenaで学習を行う




ワオ・コーポレーション LINEのAIアシスタント「Clova」に対応した知育コンテンツ「もぐもぐワオっち」を配信開始

株式会社ワオ・コーポレーションが開発・配信する、子ども向け知育アプリ「ワオっち!」シリーズは、2018年11月26日(月)より、LINE株式会社が提供するAIアシスタント「Clova(クローバ)」に対応した知育コンテンツ「もぐもぐワオっち」を配信開始した。

「Clova WAVE」「Clova Friends」などのスマートスピーカーに、子どもたちが「ねぇClova、“もぐもぐワオっち”を起動して!」と話しかけると、「ワオっち」が応答し会話を楽しめる。

■コンテンツ名
『もぐもぐワオっち』

■第一弾テーマ
「食べ物の名前を言ってみよう」。

■内容
Clovaに話しかけることで、「ワオっち」と食べ物をテーマにしたおしゃべりを楽しむことができる。

■対話例
子ども:「ねぇClova、“もぐもぐワオっち”を起動して!」
Clova:「ワオっちは、おなかがぺこぺこだよ。何をあげる?」
子ども:「サンドイッチ」
ワオっち:「美味しいね!」

■今後の展開
「挨拶」などをテーマにして、子ども主体で保護者と一緒に使うことを想定した知育コンテンツを提供していく。

■価格
無料

■対象
2歳以上

「ワオっち!」は、シリーズ累計750万ダウンロード(2018年11月時点)を突破した知育アプリシリーズ。0歳から12歳を対象に「親子の時間」と「幼児期に必要な力(知力・表現・感性・就学基礎・自律)の育成」をコンセプトに開発している。
▼ワオっち!公式サイト
https://waochi.wao.ne.jp/