Category: 塾ニュース|塾・企業

KUMON創立60周年記念式典が開催 7500人以上が集う

2月11日、KUMON創立60周年記念式典がパシフィコ横浜で開催され、7500人を超える人々が集った。

 第1部「KUMONの価値の確認」には、国内外で活躍する3人の学習経験者に加えて、公文式学習の学習効果を共同研究している松繁寿和氏(大阪大学COデザインセンター長、大阪大学大学院国際公共政策研究科教授)が登壇した。

式典には国内外から7500人を超える人々が集った

 松繁氏は、公文式学習について、「スモールステップになっており、自分で課題に取り組んでいける。これは、社会で課題解決をする上で大事なこと」と分析する。

 3人の学習経験者は、公文式での学習経験などを語った。共通して口にしたのは、公文式学習を通して「自分で考えようとする姿勢」「最後までやり抜こうとする姿勢」を自然に身につけられるということだ。中村智広さんは、弁護士、薬剤師、弁理士として社会に貢献。森田麻里子さんは、医師、小児睡眠コンサルタントとして従事している。アメリカのKUMONで学んだモーガン・ヘンリーさんは、データサイエンティストとしてInstagram社で勤務し、活躍している。

第2部「この仕事の価値と誇り」では、4人の指導者が登壇した。例えば、「AIが進化した時代においてもKUMONの指導者だからこそ果たせる役割とは?」の議題では、

「将来、自学自習力をつけるという見通しを持って子供に向き合うこと」(永山京子先生)

「『見続ける』こと。家族に寄り添いながら子供の力を信じて成長の過程を見ていく」(宇多村由美子先生)

「自学自習に導くために『承認』すること」(書写:藤森満貴子先生)

「子供の頭の中を想像し『寄り添う』こと」(ギリシャ:エヴァンゲリア・ロンポー先生)

と述べ、4人の指導者は、子供たちへの眼差し、それぞれの仕事に対する想いを語り合った。

そして第3部「未来への挑戦」には、学習経験者である棋士の羽生善治九段、バングラデシュで公文式を導入する世界最大のNGOであるBRAC創始者・責任者のファズレ・ハサン・アベド氏が登壇し、それぞれメッセージを送った。

握手を交わす池上秀徳氏と
ファズレ・ハサン・アベド氏

最後に、公文教育研究会代表取締役社長の池上秀徳氏が登壇。今後は本格的にICTを活用し、指導者のサポートを充実させるなど新たな展望を発表した。そして、

「この60周年を期に、公文式教育を指導者、社員が一体となって盛り立てる。互いにシステムの向上を図り、この公文式教育の限りない発展を目指し、さらに大きく前進させて参りたい」と語った。

 式の最後には、指導者たちが国内外のグループごとに「未来への宣言」を行った。日本だけでなく、海外で活躍する指導者たちの多さに驚く。また、俳優の谷原章介さんとフリーアナウンサーの木佐彩子さんが式典の司会を務めた。自身が通っていたなど、二人もKUMONに縁を持つ。公文式教育の裾野の広さを感じずにはいられない式典だった。

レアジョブ、増進会ホールディングスと合弁契約締結

英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブは、2019年2月5日に新設分割した子会社である株式会社エンビジョンに対し、株式会社増進会ホールディングスとの共同出資を行う合弁契約の締結をした。

新会社の事業内容について

エンビジョンでは、これまでレアジョブが提供してきた学校向けオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」の事業を承継し、さらにフィリピン国内での外国人講師の採用・トレーニングノウハウを活かし、Z会グループの持つ販売チャネル等も活用することで、学校向け外国語指導助手(Assistant  Language Teacher、以下ALT)の派遣サービス事業を開始する。学校の授業内容と連携したスピーキング指導ノウハウと、優秀なALTの派遣を組み合わせることで、オンライン・オフラインを組み合わせた英語学習が享受できる環境を築く。

また、子ども向けオンライン英会話サービス「リップル・キッズパーク」の事業についても承継し、学校外でも児童・生徒が英語を楽しく学ぶことができる機会の提供を図ると共に、Z会グループとの連携を深め、子ども向け英語学習プロダクトの共同開発についても連携を図っていく。

<学校向け(授業・講座など)サービス>

これまで提供していたICT教育サービスに加え、ALT派遣サービスを提供することで、英語4技能習得の実現をサポートする。

・ALT派遣サービス

・オンライン英会話レッスンサービス

・Writing添削サービス

算数・数学の「苦手分野対策ミニドリル」が全国5万5,000店舗以上のコンビニで購入可能に

公益財団法人日本数学検定協会(東京都・台東区 清水 静海 理事長)は、全国のファミリーマート・ローソンで利用できる「eプリントサービス」において、当協会が販売している算数・数学の学習に役立つコンテンツ「算数苦手分野対策ミニドリル」と「数学苦手分野対策ミニドリル」を、2019年3月1日(金)から順次、利用可能店舗を拡大して販売をすることを発表した。

現在、全国のファミリーマート・ローソンで利用できる「eプリントサービス」

「eプリントサービス」は、コンビニエンスストアに設置されたマルチコピー機で購入・印刷ができるコンテンツサービスで、業界紙や専門紙だけでなくアニメやエンタメのコンテンツのほか、学習サポートコンテンツなども取り扱っている。2019年2月現在、日本全国のファミリーマート、ローソンの約31,000店舗で利用できるサービス。

■2019年3月1日(金)からセブン-イレブン、4月からはミニストップ・デイリーヤマザキで利用可能に

日本全国で20,000店舗以上を展開している大手コンビニエンスストア「セブン-イレブン」では、2019年3月1日(金)から「eプリントサービス」の導入を開始します。また、ミニストップ(約2,300店舗)とデイリーヤマザキ(約1,400店舗)でも、2019年4月からの導入を予定している。

【「算数苦手分野対策ミニドリル」概要】

名称  :算数苦手分野対策ミニドリル

内容  :小学1年生「たしざん・ひきざん」「大きさくらべ」

     小学2年生「かけ算」「三角形と四角形」

     小学3年生「円と球」「重さ」

     小学4年生「長方形と正方形の面積」「がい数」

     小学5年生「倍数と約数」「平均」

     小学6年生「分数のかけ算・わり算」「場合の数」

     ※各学年A3サイズ1枚(両面2ページ)

対象  :小学生をはじめとする算数学習者

色   :モノクロ

価格  :100円(税込)

販売経路:コンビニエンスストアに設置されたマルチコピー機(eプリントサービス)

対応店舗:2019年2月現在     ファミリーマート、ローソン(約31,000店舗)

     2019年3月1日(金)開始 セブン-イレブン(約20,500店舗)

     2019年4月開始予定   ミニストップ(約2,300店舗)

     2019年4月開始予定   デイリーヤマザキ(約1,400店舗)

駿河台学園とSATT、日本データサイエンス研究所と教育業界初の国公立大2次・私立大入試対策AI教材の2020年度の順次稼働をめざす

駿台予備学校を運営する学校法人駿河台学園(東京・千代田区、山﨑良子理事長、以下グループ法人を総称して「駿台」)とエスエイティーティー株式会社(東京・千代田区、山畔清明社長、以下「SATT」)は、難関大学志望者の学力向上に貢献するICT学習コンテンツ開発、および生徒、保護者様の利便性を高めるための駿台予備学校各校舎のICT化に向けて、アルゴリズム開発からオペレーション改革に強みを持つ、株式会社日本データサイエンス研究所(東京・文京区、加藤エルテス聡志、以下「JDSC」)と、資本提携を視野に入れた業務提携をしたことを発表した。

センター試験および共通テスト対策レベルのICT・AI(人工知能)学習コンテンツは既にいくつかリリースされているが、駿台とSATTでは教育業界初となる国公立大2次・私立大入試対策用のICT・AI学習コンテンツを、JDSCと共同開発する。質の高い駿台のライブ授業はそのままに、今回開発するICT・AI学習コンテンツは、個々人の違ったつまずきを解決する演習用に使うことで、難関大集団受験指導の形態を進化させるという。

まずは2020年度中に物理と化学のコンテンツをリリースする予定。英語、数学、生物等の教科・科目は、その後順次開発を進めていく。

同コンテンツは、駿台が蓄積してきた模擬試験の成績、大学合否結果、学習履歴等の多くのデータを活用しながら、JDSCの持つ知見によって統合・分析し、志望大合格に向けた総合的な指導ができるよう、生徒の学習促進・管理をワンストップで提供するのが特徴。

さらに、駿台とSATTはJDSCと共同で、駿台予備学校各校舎の業務を整理し改善を進める。新しいシステムは利便性だけでなく、職員が、生徒や保護者、そして高校の先生方と対話できる時間を増やせるようにする。2020年度より一部校舎で運用し、順次他校舎にも展開していく。

「進研ゼミ」受講費内で英語検定試験対策や入試対策も 学年を超え英語4技能を学ぶ「12段階習熟度別トレーニング」導入

株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーション(岡山市 小林 仁 代表取締役)が展開する小中高生向け通信講座「進研ゼミ」は、2019年4月号教材から、全学年横断型英語教材「12段階習熟度別トレーニング(Challenge English)」 以下:習熟度別トレーニング を導入する。
2019年4月号より“英語を使う”ことを重視した新英語教材「習熟度別トレーニング」の提供を開始する。レッスンは基礎から高校卒業レベルの12段階別で、自分に合ったレベルで入試や英語検定試験に向けた得点力まで伸ばせる。特長は、「聞く・読む・話す・書く」の”4技能スパイラル“学習。メインの「デジタルレッスン」では、「聞いたことを話す」「読んだことを書く」のように全ての技能をスパイラルさせながら4技能をバランスよく学ぶことができる。試験の傾向などに合わせた学習ができ、CEFR B2レベル(英検準1級/GTEC1,190点)まで得点力を高められる。
 また、実践的に「話す」学習に取り組みたい方向けには、オンラインで外国人講師と話せる「マンツーマントーク」も提供する(有料オプション)。この教材では、英語で自分の考えを伝えるために必要な「話す内容の組み立て方・伝え方」を学ぶことができる。

駿河台学園、外国人のための日本語能力評価試験(JPET)を実施

駿台予備学校を運営する学校法人駿河台学園(東京都千代田区、山﨑良子理事長)は、2019年5月より日本語を母語としない外国人向けの日本語能力を評価する検定試験(通称JPET=ジェイペット)を実施することを明らかにした。

同学園は、1988年から日本語を使って仕事や勉強をする外国人や日本語を学ぶ外国人のために日本語教育を行っており、そこで実施されていた日本語能力を評価するテストを広く活用できるように公開するという。

評価は客観的な得点(0~1000点)で示す。合否を判定する検定試験とは異なり、ひらがな・漢字を習いたての方からエキスパートレベルまで、全レベル対応型試験で広く評価することができる。

実施回数は年間11回。必要な時に利用でき、企業の人材採用や高等教育機関の出願資格としての利用のタイミングに柔軟に対応できるほか、昇進試験などでの利用も可能だという。実社会で使われている表現・語法・文法・語彙を多く問題に取り入れ、実生活で使う日本語能力を評価する。

企業単位・学校単位の団体受験が可能で、受験後の指導に必要なデータを提供する。また、日本語学校や専門学校・大学では日本語能力試験JLPT(※)の模擬試験としても有効だという。試験会場は国内だけでなく、駿台グループの海外校を拠点として海外でも実施を検討している。

日本に留学している外国人留学生は29万8980人(2018年5月1日時点、日本学生支援機構調べ)、外国人労働者数は145万463人(同年10月末時点、厚生労働省調べ)でそれぞれ前年の12.0%増、14.2%増となっている。

※日本語能力試験JLPTについて:国際交流基金と公益財団法人日本国際教育支援協会が主催し、年2回実施。試験は5段階(N1~N5)で行われる。

ヒューマンアカデミー日本語学校 日本語の発話練習と発音矯正の会話アプリを2019年2月より提供開始

教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(東京都・新宿区 新井 孝高 代表取締役)が運営する「ヒューマンアカデミー日本語学校」(https://hajl.athuman.com/)は、日本語の発話練習と発音矯正の会話アプリ「ヒューマンアカデミー日本語パーソナルラーニング(HAJPL) 会話アプリ」の提供を、2019年2月より開始した。

 ヒューマンアカデミー日本語学校が提供する、日本語学習のオンデマンド型eラーニングサービス「ヒューマンアカデミー日本語パーソナルラーニング 総合日本語」で、映像を活用して内容をインプットしたのちに、アプリでアウトプットを行うことができる。また、ヒューマンアカデミー日本語学校の学生は、空いている時間を使って発音練習や発音矯正の自習ができる。

費用 :10,800円(税込)/1アカウント
有効期間 :6カ月
対応端末 : PC、タブレット、スマートフォン
対応OS:iOS6.1以降、Android 5.0以降
対象者:ヒューマンアカデミー日本語学校の学生、オンラインスクールおよび「ヒューマンアカデミー日本語パーソナルラーニング 総合日本語」の受講生
申し込み方法 : ヒューマンアカデミー日本語学校のウェブサイト(https://hajl.athuman.com/)へ。

【アプリの特長】
・発話の課題点についてデータを目に見える形にし、視覚的に正しい発話・発音を確認
・映像を見ながらテキストの内容をインプットし、本アプリでアウトプットできる
・インターネット環境があれば時間や場所を選ばずに、PC、タブレット、スマートフォンで日本語を学ぶことが可能・受講者のペースに合わせて何度も繰り返すことで、効率的な学習を実現
・豊富な日本語教育知識を持つ講師が執筆した、ヒューマンアカデミー日本語学校のオリジナル教材を使用
・実践的な日本語能力を身につけることを目標としたカリキュラム

やってみたい習い事に「プログラミング」「理科実験」「書道」 栄光ゼミナールが調査

株式会社栄光(東京都千代田区、山本博之代表)が運営する学習塾「栄光ゼミナール」が、小学生の習い事に関する実態調査を2018年6月6日~20日に実施。小学1年生~小学6年生の子供を持つ保護者を対象に、467人の有効回答からその分析が発表された。

 小学生の半数以上が経験している習い事は、「水泳」83.2%が最も多く、「英語・英会話」60.8%、「ピアノ」 53.7%と続いた。一方で、習ったことはないが機会があればやってみたい(やってみたかった)習い事として、「プログラミング」59.8%、「理科実験」57.0%、「書道」54.0%という結果が出た。

 習い事が長く続く理由は、「子供の続けたいという気持ちがあるから」が最も多い(66.3%)。また、小学生の間に習った(習っている)習い事を選ぶ際に、保護者の81.8%が「子供がやりたがっているかどうか」を重視したと回答。「子供の将来に役立ちそうかどうか」「曜日や時間帯の都合が合う」も過半数の保護者が重視している。

 習い事についての方針や悩み・経験談などを聞いたところ(自由回答)、「中学受験との両立」「スケジュール調整」「辞めどき」がキーワードに挙がった。ほかには、「将来に結びつく可能性の少ないものについては考慮に入れなかった」、「曜日や時間の選択に限りがあり、やりたいこと・やらせたいことが選択できない場合があった」、「通い続けやすいところが長続きする。成果が目に見えてあらわれると続く」といった回答も挙がった。 中学受験を見据えたときに、習い事を続けるべきかどうかを迷う考える保護者は多いものの、習い事で得た経験や知識は中学受験にも活かせるため、「途中で修正を繰り返しながら、その子に合わせた1週間ごとの生活と学習のリズムを作っていくことが重要」と栄光ゼミナールは習い事と受験の両立の方法を示す。塾通いと習い事を両立できる環境を確保することも、塾を選ぶ上では重要なファクターとなりそうだ。

やる気スイッチグループ すべての人の、やる気の出る毎日をつくるオウンドメディア「やる気ラボ」をリリース

総合教育サービス事業を展開する株式会社やる気スイッチグループホールディングス(東京・中央区、高橋直司社長)は、「すべての人の、やる気の出る毎日をつくる」オウンドメディア「やる気ラボ」をリリースした。

新たにリリースした「やる気ラボ」は“やる気”をテーマとするオウンドメディアであり、世界中からやる気に関する情報を収集し、発信する。そして、読者の「やる気」が出てくる、正確で信頼できる、新しい欲求が刺激される、質の高い情報を提供する。

【「やる気ラボ」のコンテンツ】

1) やる気レポート

やる気について考えるための、社内・外の調査研究や、専門家のレポートを紹介する。次の連載のほか、確かな知見の得られるコンテンツを続々と掲載していく予定だ。

  •  保護者にオススメ! 子どもの「やる気」の引き出し方 (香川大学 岡田 涼 准教授)
  •  2020年、子どもたちの「アクティブ」な学びを考える(青山学院大学 小針 誠 准教授)
  • 子どもの勉強は「親の声かけ」で変わる -悩める子ども応援団のみなさまへ- (高知工科大学 鈴木 高志 准教授)※2月8日(金)連載開始予定

2) やる気パーソン
やる気を発揮して活躍している、全国各地、さまざまな人々の活躍を紹介。彼ら・彼女らの生き方や働き方、考え方をクローズアップ。自分の「やりたいこと」を実現し、充実した人生を送るためのヒントをさぐる。
第1回では、絵を描きながら世界45カ国を渡り歩き、現在は沖縄を拠点に活躍する”世界画家旅人”のZiNさんが、自らの“やる気の原動力”を語る。

3) やる気の出るモノとコト
やる気になれる、やる気を引き出せる書籍や映画、商品、イベントなどを幅広く紹介。国内・外のニュースやイベント等、やる気をキーワードとする旬な情報が掲載される。

「やる気ラボ」で提供する、すべてのコンテンツは無料で閲覧できる。また、「やる気ラボ」のWEB開設に合わせて、ツイッター(@yarukilab)、フェイスブック(@yarukilab)でもオフィシャルアカウントをリリースする。今後は、同社のモニター組織による研究活動や、「やる気ラボ」読者参加型の企画などを活性化していき、やる気に関する情報が行き交うプラットフォームに発展させる計画となっている。

GLOBAL CROWNがAIによる発音判定「CHIVOX」を採用

子供向けオンライン英会話「GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)」を提供する株式会社ハグカム(東京都渋谷区、道村弥生代表)は、中国の英語スピーキング評価のAI(人工知能)技術「CHIVOX(チーボックス)」を搭載したアプリで自習できる英語発音チェックの提供を始めた。子供たちは、GLOBAL CROWNの専用アプリを使ってカリキュラムに沿ったワード、フレーズ、センテンスの発音をAIで判定することができる。アプリに向かって発音したものをリアルタイムで判定結果を確認できるため、レッスンで習ったワード及びフレーズの発音を忘れることなく習得できる。また、センテンスをアプリに向かって読むことで、正しく読めているか、あるいは適切なスピードで読めているか等を判定することができる。

発音チェックはこれまで、バイリンガル講師とのマンツーマンレッスンの時間で行ってきたが、レッスン以外の時間にもアプリ上で子供たちが楽しみながら発音練習をすることでさらにスピーキング力の向上を目指すことができる。同社は日本人の子供の発音データを蓄積することによって、精度の高いフィードバックやオンラインレッスンの品質向上を狙う。

CHIVOXは、ケンブリッジ大学発ベンチャーが2007年にスピンアウトして創業。スピーキング評価のAI提供では市場全体の約50%を占有している。現在132カ国、1000社以上に導入されており、毎月60億回以上のスピーキング評価を実施している。発音の精密な評価・フィードバックに加え、文章全体の正確性・完全度・流暢さ・抑揚などを総合的に評価する。

英語スピーキング評価AI「CHIVOX」を導入した自習教材