月刊私塾界2020年10月号(通巻474号)...

巻頭言  インダストリアルエンジニアリングなる概念をご存知だろうか。一言で表すのは難しいが、企業などが人・物・金・情報といった経営資源をより効率的に運用できるよう、作業手順・工程、配置・用具、組織・制度、管理方法を分析・評価して改善策を総合的なシステムに再編成し、現場に適用する体系的...

私塾界リーダーズフォーラムONLINE...

終了いたしました。 2020年10月5日(月)11:00〜14:30(予定) 第1部 【トークセッション】 コロナ以降の塾経営の新機軸 11:00〜12:10  第1部のテーマは「コロナ以降の塾経営の新機軸」です。 キラメックス株式会社の樋口 隆広 代表取締役社長と...

月刊私塾界2020年9月号(通巻473号)...

巻頭言  夏期講習生、9月生の募集は如何でしたでしょうか。今年は期間変則の夏期講習となり、指導や募集に工夫が必要だったと推察する。  新年度生募集期に新型コロナウィルス禍に見舞われ、募集が難しかったり、授業方法や授業料での対応を迫られた。対面授業からICT対応に切り替わり、授業...

月刊私塾界2020年8月号(通巻472号)...

巻頭言 この夏、次のような話を複数の学習塾からうかがった。  今春の学校休校期間中、学習塾が学習機会を提供し続け、児童生徒の学習ペースを導いてくれた。これにより地域の信頼を獲得し、この夏に生徒数が増えた、というものだ。社会的インフラに組み込まれた証と言い得る。  80年代...

月刊私塾界最新号

月刊私塾界2020年10月号(通巻474号)

巻頭言  インダストリアルエンジニアリングなる概念をご存知だろうか。一言で表すのは難しいが、企業などが人・物・金・情報といった経営資源をより効率的に運用できるよう、作業手順・工程、配置・用具、組織・制度、管理方法を分析・評価して改善策を総合的なシステムに再編成し、...

塾ニュース|塾・企業

コロナ下の進学受験相談会、立川で開催

 代々木進学ゼミナール(東京・昭島市、嶋田弘尊代表)は9月22日、「第33回 進学受験相談会」(後援:全日本私塾教育ネットワーク・立川市教育委員会)をホテルエミシア東京立川(旧立川グランドホテル)で...

塾ニュース|教育ICT

『スタディサプリ』学校向けのホームページをリニューアル

 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(東京・品川区、柏村 美生 代表取締役社長)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ』は、10月16日より、学校の先生向けのホームページを全面リニューアルした。 ■需要が高まる学校向けサービスのホームページリニューアル...

塾ニュース|地域教育

介護や保育、障がい福祉等の現場と学生をつなぐ「社会福祉HERO’Sスクール」オンライン授業スタート

 全国社会福祉法人経営者協議会(東京・千代田)は、社会福祉の第一線で活躍する若手職員を表彰するイベント、「社会福祉HERO’S TOKYO」を毎年開催している。 コロナ禍によって福祉現場におけるインターンシップや見学、実習等を行うことができていない状況を考慮し、2019年度に開...

塾ニュース|受験

リアル脱出ゲームのSCRAPが「ナゾ解き入試」を制作 2021年2月1日藤村女子中学校入試にて実施決定

 株式会社SCRAP(東京・渋谷区、加藤 隆生 代表者)は、藤村女子中学校にて2021年2月1日(月)に実施される新たな形式の中学入試、「ナゾ解き入試」の制作を行ったことを発表した。 「ナゾ解き入試」とは、履修科目の範囲内から出題されるこれまでの入試形式とは異なり、学力だけでは...

コロナ下の進学受験相談会、立川で開催

 代々木進学ゼミナール(東京・昭島市、嶋田弘尊代表)は9月22日、「第33回 進学受験相談会」(後援:全日本私塾教育ネットワーク・立川市教育委員会)をホテルエミシア東京立川(旧立川グランドホテル)で開催した。
 コロナ下での実施となり、同社内でも「数の地域から多くの人が集まるイベントを実施していいのか」、「全てオンラインで済ませればいいのではないか」と侃々諤々の議論がされたというが、参加する中学・高校の先生方や、大学の入試広報関係者の方々、そして何より、学校の情報を得られる機会を求める生徒、保護者らから熱烈な要望が寄せられ、会場での実施を決めたという。

会場の様子


 実施にあたっては、5つの対策を実施。
①スタッフのマスク・フェイスガード着用
②来場者にマスク着用・連絡先記入を要請
③スタッフ・来場者全員に最新ドイツ製のサーモグラフィー実施(協力:YACガーター)
④1時間の入場者を300人までとし、時間帯ごとに色分けしたリストバンドを着用
⑤定期的に椅子・手すり・ドアなどを消毒
 また、中学・高校、大学のブースの数も制限したことにより、パンフレットのみの展示となる学校も多かった。加えて一部の大学では、ブースにパソコンを置き、オンラインで相談を受ける形で実施した。オンライン相談は各大学でも実施しているものの、進学受験相談会でオンライン相談を実施したことによって、それまで志望校に入れていなかった来場者が、せっかくだから聞いてみようと相談を受けるケースも見られたという。受験者の裾野を広げるという点においては、こういった合同相談会でのオンライン相談が今後増えるだろう。
 相談会には午前・午後を合わせて1166人の受験生と保護者が参加し、午前の部に多数の来場者が集まった。代々木進学ゼミナールの為谷貴英塾長によると、万全の対策により開催後2週間を経過しても新型コロナウイルス感染者は1人も出なかったという。

『スタディサプリ』学校向けのホームページをリニューアル

 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(東京・品川区、柏村 美生 代表取締役社長)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ』は、10月16日より、学校の先生向けのホームページを全面リニューアルした。

■需要が高まる学校向けサービスのホームページリニューアル
“世界の果てまで、最高のまなびを届けよう”がコンセプトの『スタディサプリ』は、有料会員140万人(2020年6月末時点)が利用するオンライン学習サービス。実力派講師陣による小学校高学年から大学受験生まで4万本以上の講義動画を利用することができ、個人の利用者の他、高校を中心に自治体や学校単位でも活用されている。

URL: https://teachers.studysapuri.jp/

Schooと近畿大学がアドバイザリー契約締結 近畿大学のデジタルトランスフォーメーション推進をSchooが支援

 社会人向けオンライン生放送学習サービス『Schoo』を運営する株式会社Schoo(東京・渋谷区、森 健志郎 代表取締役社長)と近畿大学(大阪・東大阪市、細井 美彦 学長)はアドバイザリー契約を締結し、近畿大学内のデジタルトランスフォーメーション(以下:DX)推進をスクーが専門アドバイザーとして支援していく。

 DXとは、データとテクノロジーを活用して、サービスやビジネスモデル、業務そのものや、組織、プロセスなどを変革し、競争優位性を確立すること。具体的には、スクーが約9年間積み上げてきた「オンラインでの教育・学習事業運営知見」「オンラインでの学習体験設計」「安定したライブ配信技術」を活かし、 (1)教室のスタジオ化のための機材の選定や準備に関するアドバイス、(2)オンライン講義配信ツール・DXツールの選定における情報提供及びアドバイス、(3)学内全体のDX推進に関わる管理体制の構築と運営へのアドバイス等を行う。近畿大学通信教育部でオンライン化を主導し、来年4月までに教養科目のうち20科目程度を作成、その後、外国語科目や専門科目についてもオンデマンド化を検討していく計画だ。

全国学習塾協会が事業分野別経営力向上推進機関として、経済産業省より認定 教育産業では初

 公益社団法人全国学習塾協会(安藤大作会長)は、9月24日付で「中小企業等経営強化法」に基づく「事業分野別経営力向上推進機関」として、経済産業省より認定を受けた。

 これまで15団体が認定を受けているが、教育産業では初の認定。事業分野別経営力向上推進機関は、中小企業等経営強化法第26条に基づき、事業分野指針が定められた事業分野において主務大臣によって認定される機関だ。

 昨年4月、国が定める経営力向上に関する事業分野別指針(以下「指針」)に「学習塾業」が指定された。これによって、中小の学習塾事業者は指針に定める「経営力向上のために実施すべき事項」8項目を盛り込んだ経営力向上計画を申請し、認められると税制支援・金融支援を受けることができる(※1)。

 この指針が、9月16日に改正され、「経営力向上のために実施すべき事項」8項目の中には「公益的な業界団体に所属し~」という文章が加えられた(※2)。学習塾業では、全国学習塾協会がこれに当たる。

 この背景には、新型コロナウイルス感染症への対策としてのガイドライン策定など、同協会の果たした役割を国が評価したことが挙げられる。

 同協会は、学習塾業に係る経営力向上に関する指針が策定された事業分野に属する中小企業者等の経営者層及び従業員に対して、広報やセミナーなどを通じて事業分野別指針の普及啓発を行っている。

※1:中小企業等経営強化法に基づく支援措置(中小企業庁)

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/pdf/tebiki_zeiseikinyu.pdf

※2:学習塾業に係る経営力向上に関する指針が一部改正

介護や保育、障がい福祉等の現場と学生をつなぐ「社会福祉HERO’Sスクール」オンライン授業スタート

 全国社会福祉法人経営者協議会(東京・千代田)は、社会福祉の第一線で活躍する若手職員を表彰するイベント、「社会福祉HERO’S TOKYO」を毎年開催している。
 コロナ禍によって福祉現場におけるインターンシップや見学、実習等を行うことができていない状況を考慮し、2019年度に開催した同イベントの受賞者が、大学、専門学校等において、現場の実践の魅力などをオンラインで伝える「社会福祉HERO’Sスクール」をスタートした。
 本年度はトライアル期間中につき費用は「無料」、また、社会福祉関係以外の大学、専門学校等のオンライン授業についても対応する。


対 象 大学院、大学、短期大学、専門学校、高校、中学校等で今年度中に実施される授業等

費 用
 無 料

申込締切等
 2020年12月18日(金)※本年度はトライアルにつき、10校程度で実施予定

実施例
※「オンライン」形式で対応(集合・対面形式の実施は不可)
※具体的な内容等については打ち合わせを行い、実施

  • 社会福祉関係の各専門職養成カリキュラムとして位置付けられている科目の授業
  • 一般大学等において位置付けられている社会福祉、SDGs関係の授業
  • その他(各学校において実施される就活イベント、オープンキャンパス、ゼミ、学園祭など)

A大学において実施したプログラムに参加した学生の声

  • 『福祉』や『地域共生社会』など、教科書に出てきた言葉の意味が、生の声を聞くことで明確になった!
  • コロナ禍で福祉の現場に行けない私たちが、リアルな現場に触れられる貴重な機会だと思った!
  • チャットでコメントした質問について、その場で答えてくれるなど、オンラインならではの授業で、集中することができた!
  • 社会福祉ヒーローズのみなさんに直接会って福祉の現場に触れたいと思った!

全国学習塾協会が「塾のIT導入補助金の活用」を全面的に支援

 2020年9月24日、経済産業大臣より、中小企業等経営強化法に基づく「事業分野別経営力向上推進機関」として認定を受けた公益社団法人全国学習塾協会(東京・豊島区、安藤 大作 会長、以下「協会」)が学習塾のIT導入補助金活用を全面的に支援する。

 新型コロナウイルス感染症が収束しない中、今後インフルエンザが流行した際などのオンライン対応を始め、緊急時や災害時などいかなるときでも、子供たちが継続して民間教育サービスを受けられる「学びを止めない」ための態勢構築を促す。

 学習塾事業者による補助金申請数は他業種と比較して著しく低いが、実際に申請した学習塾によると、IT導入支援事業者(主にITツールを提供する企業等)が申請のフォローをするため、思ったより簡単だったという声もある。今年度の補助金の申請期限は12月下旬までとなっており、11月以降は協会が申請のフォローを行う。さらに、来年度、当該補助金が創設される場合についても、協会がITツールを取りまとめ、申請の窓口になることで、これまで不可能であった、「様々な企業の多種多様なITツールを組み合わせて導入すること」が可能となる見込みだ。まずは、協会が11月上旬に、「学習塾で使えるITツール」一覧を公表するので、協会のホームページを確認してみるといいだろう。

 IT導入補助金の概要

 補助対象:ITソフトウェア、ハードウェアのレンタル費用

 補助額:30万円~450万円

 補助率:50%~75%

 申請期限:12月下旬

 例)40万円のITツールを10万円の負担で導入することが可能(C類型で補助率3/4の場合)

栄光 ソニー・グローバルエデュケーションとインタラクティブオンライン授業システムの検証・開発に関する協働を開始

 株式会社増進会ホールディングス(Z会グループ)のグループ会社で、進学塾「栄光ゼミナール」を運営する株式会社栄光(下田 勝昭 代表取締役社長)と株式会社ソニー・グローバルエデュケーション(礒津 政明 代表取締役社長)は、包括的業務提携に基づき、インタラクティブオンライン授業システムを活用した新たな教育サービスの実現に向けた協業を2020年10月より栄光ゼミナールにて開始する。

 この協業はソニー・グローバルエデュケーションが開発したオンライン上での双方向型授業に特化したプラットフォームを、栄光ゼミナールの小・中学生のグループ指導の授業において活用、検証することで教育現場の声をさらに反映することを目的に開始する。この活動から得られるフィードバックを参照しながら、既存システムよりも指導効果の高いオンライン授業システムを構築し、子どもたちにとってこれまでにない学習体験を両社で創造することを目指しており、2021年4月よりサービスを本格導入する予定だ。なお、学習ログの蓄積による成績データとの連携等、従来にはないオンラインならではのサービスの可能性も検証し、将来的な機能追加も見据えて取り組みを進める。

インタラクティブオンライン授業システムの特長
 本インタラクティブオンライン授業システムは、Web会議システムをベースとした既存の双方向のコミュニケーション機能に教育現場で必要とされる機能を追加し、オンライン授業に最適化したシステム構成としている。これにより、講師、生徒ともにストレスなく授業に集中する環境を提供する。

①【授業前】講師・生徒の授業スケジュールや出席状況を自動で管理
講師と生徒の授業スケジュール管理機能により、いつどの教科の授業に参加すればよいか、わかりやすくナビゲートする。また、生徒の授業ごとの出席状況をシステム側で自動的に管理することで、授業中の出席確認の手間を省く。

②【授業前】オンライン授業で使用する教材をクラウドで一元管理
授業で使用する教材を開始前にクラウドにアップロードしておくことで、授業中のスムーズな教材共有が可能。教材は講師が直接アップロードすることも、管理者が一括アップロードすることもでき、教材ごとのアクセス権をカスタマイズすることで各講師が使う教材だけを表示できる。

③【授業中】授業運営に最適な画面デザインとツールにより集中力を高める
教材やホワイトボード、生徒の様子を一画面で表示できる授業に特化したオリジナルの画面を設計した。ホワイトボードや教材への書き込み機能に加え、タイマーや解答集計などの機能により、生徒の集中力を高めながら授業を進行する。

④【授業中】複数講師によるチームティーチング
講師は1クラスに複数名入室可能になっており、クラスの状況や指導形態によってチームティーチングや別室での個別フォローを同時並行で進めるなど、オンライン授業の柔軟な運用が可能。

⑤【授業中・授業後】宿題の提出やノートの確認もオンラインで可能に
授業中に一斉に解答を提出させることで、生徒の解答を一覧で表示、確認できる。また、自宅でのノートのまとめ方などを画像として提出してもらうことで、生徒の理解状況や学習進捗を把握し、授業内容に反映させることができる。

京王電鉄 高尾山口駅前ホテルを「体験型ホテル」としてリノベーション

 京王電鉄株式会社(東京・多摩市、紅村 康 取締役社長)は、高尾山口駅の駅前に、高尾山エリアの多様な遊び方・過ごし方・泊り方を提案する体験型ホテルを2021年夏に開業する。

 高尾山口駅から徒歩1分の立地にある旧ホテルをリノベーションし、高尾山エリアの価値向上へとつながる「ホテル」「飲食」「アクティビティの拠点」へと再生させる。高尾山は手軽に登山を楽しむ山として多くの方に親しまれているが、この施設では「日帰り登山」では味わえない「朝」「昼」「夜」そして「早朝」とさまざまな時間・風景・自然を楽しむアクティビティや食事を提供しながら、高尾山エリアの魅力を楽しめることを目指す。
 ホテルの運営にあたっては、合宿事業や教育事業に取り組む、株式会社R.project(千葉・安房郡、丹埜 倫 取締役社長)をパートナーとして迎え入れる。一般的な個人利用はもちろん、学生・社会人・サークルなどさまざまな団体の合宿や研修にもおすすめのアクティビティが体験でき、「都心からアクセス抜群でありながら、大自然を満喫できる新しい合宿」として活用できる。さらに、「ワーケーション」など新しい働き方の拠点や、さまざまなコミュニティ拠点としても利用できる。

駿台が、通信制課程の生徒を対象に「AI・ICT学習」を駆使し、本格的に大学進学を目指す新時代の学習センターを全国6ヶ所に開設

 駿台グループの 株式会社 駿台教育研究所(東京・千代田区、山畔 清明 代表取締役社長)は、駿台甲府高等学校(山梨・甲府市、田中 雅浩 理事長)と業務提携を行い、大学入試に強い駿台のノウハウと「AI・ICT学習」を駆使し本格的な大学進学を目指す、新しい時代の『通信制高校 学習センター』を、2021年4月、全国6ヶ所に開校することを発表した。(駿台甲府高等学校通信制課程の学習センターとして、2021年4月開設準備中。)
 駿台では、リモート教育において最大限の学習効果を発揮する「AI・ICT学習」を組み込んだ、新しい時代の通信制高校を開設することで、通信制課程で大学進学を目指す全国の高校生を強力にバックアップしていく。
 2021年度は6ヶ所からスタートし、将来的には全国主要都市へ拡大展開することで、より多くの生徒の大学進学をサポートしていく予定。

開設時期
◆2021年4月
開設地
◆四谷・吉祥寺・あざみ野・大宮・名古屋・京都の全国6ヶ所。
≪カリキュラムの特長≫
◆「大学進学×AI・ICT教育」の通信制高校
○駿台予備学校でも導入し大きな学習効果を上げている
「AI・ICT学習」を組み込んだ、新しい時代の通信制高校。
○目標:第一志望の大学進学
◆「AI・ICT学習」ツール
☞「通学コース(対面式ライブ授業)」とのハイブリッド学習で、より一層の学力伸長が期待できる。
ⓐ「atama+」:タブレットやスマートフォンで行う“AI教材”。理解できていない原因は一人ひとり異なる。その根本原因をAIが瞬時に特定し、「苦手分野」克服の最適な学習メニューを生成する。
「AI(人工知能)で最短ルートの学習」を提供する。
ⓑ「manabo」:スマートフォンやタブレットを使い、いつでもどこでも質問できるオンライン質問システム。
 駿台生の利用満足度「97%」。
ⓒ「駿台サテネット21」:駿台予備学校を代表する実力派講師陣による受験対策映像講座。
「共通テスト対策」「総合講座」「分野別対策」など全343講座のラインナップ。
ⓓ「駿台eラーニングシステム」:中学教科書レベル~大学入試レベルまでの問題演習ができるCBTや、間違えた分野・苦手分野を集中して学習できる「単元別映像授業」、1本10分で学習できる「英語4技能対策講座」など、駿台生も利用している本格的eラーニングシステム。
◆これらの「AI・ICT学習」を、生徒全員が年間を通した学習プランにしっかりと組み込むことで、AI・ICTの特性を最大限に活かし、個別最適化で一人ひとりの基礎学力を確実に伸長させるとともに、「通学コース(対面式ライブ授業)」とのハイブリッド効果で、大学入試に必要な実戦力・得点力を養成していく。

ベネッセが全国の大学1・2年生向けオンラインでの「プロジェクト型インターンシップ」を初開催

 株式会社ベネッセコーポレーション(岡山市、小林 仁 代表取締役社長)
は、新型コロナウイルスの影響で、従来の大学キャンパスでの学びが難しくなっている大学生に向けて、株式会社ベネッセ i-キャリア(東京・新宿区、原野 司郎 代表取締役社長)の運営協力のもと、世界最大級オンライン学習プラットフォームであるUdemyを活用した大学1・2年生向け、約1か月間のインターンシッププログラムを11/15(日)より開催する。

【実施背景】
 現在、コロナ禍において全国の大学では、様々な対応に追われている。合わせて、大学生は想定していなかった新たな学び方への対応を余儀なくされている状況だ。その中で、特に低学年の学生の方からは、「将来の就職活動や、現在の学習に対する不安」、さらには「大学生同士のコミュニティー形成に対する不安」などの声が多く聞かれるようになっている。そこで、 “今しかできない学び”をお届けしたいという想いから、今回、大学1・2年生向けに、約1カ月にわたる長期の「プロジェクト型インターンシップ」をオンラインで開催する。

【インターンシップ企画概要】
●名称 : Benesse プロジェクト型インターンシップ(オンライン)
●テーマ : 新時代に向けた、「大学の学び」をプロデュースせよ
●対象 : 全国の大学1・2年生
●形式 : オンライン
●開催期間(予定) : 2020年11月15日(日)~12月20日(日)
●期間内の取り組みについて :
 参加者には、新時代に向けた、「大学の学び」をプロデュースせよ、という課題のもと、eラーニングを取り入れた学びを前提に、大学教育で実装可能な教育プログラムの立案ならびに、開発そして実践を行う。期間中、参加学生はチームを組み、課題に取り組む。また、ベネッセの社員がサポートに入り、フィードバックやアドバイスをする。さらに、Udemyで社会人から人気の講師によるスキルアップ研修も用意している。
●集合研修日程(予定) :
①第1回研修 2020年11/15(日)②第2回研修 2020年11/22(日)
③中間発表会 2020年11/29(日)④最終発表会 2020年12/20(日)
●参加費 : 無料
●参加特典 :
・Udemy for Businessの年間利用アカウント
・Udemy人気講師によるスキルアップ研修
・最優秀賞:ギフトカード3万円分 優秀賞・個人賞:ギフトカード1万円分
●定員 : 全国から60名を募集の予定
●応募期間 : 2020年9月23日(水)~10月18日(日)
●応募方法 : 以下、応募フォームからお申込みの上、選考に進む。
https://enquete.benesse.ne.jp/forms/o/we996fd67d/form.php