京進 オーストラリア名門大学への進学準備校「ニューサウスウェールズ大学附属ファウンデーションコース日本校」を2023年2月に開校

 京進は、日本で初めて、海外大学附属の進学準備校(ファウンデーションコース)の日本校を2023年2月、京都市のホテル内に開校する。海外大学附属の教育機関と提携してファウンデーションコースを日本国内で開校するのは、各種教育機関、大学を含めて日本初となる。留学生は日本国内にいながら、留学初年度の基礎課程を修了することができるようになる。

 提携先は、オーストラリア ニューサウスウェールズ州シドニーに本部のあるUNSW Global。UNSW Globalはオーストラリアトップ8大学の総称「Group of Eight」の一つ、公立総合大学ニューサウスウェールズ大学(以下UNSW)の関連機関で、海外から同大学への留学生受け入れを管轄している機関。

 今回開校するキャンパス(名称:UNSW Foundation Studies Program Kyoto Campus)は、2022年6月から学生募集を行い、2023年2月からオーストラリアの大学へ進学するために必要となる基礎課程を提供する。

【概要】
名称:UNSW Foundation Studies Program Kyoto Campus
場所:からすま京都ホテル内(京都府京都市下京区烏丸通り四条下ル)
定員:1期 約20名、1年間に2期(最大40名)生徒募集開始:2022年6月
開校:2023年2月
授業開始:2023年2月
ウェブサイト:https://unswglobal.kyoshin.co.jp (6月8日公開予定)

1期の定員は20名程度。1年間で2期(最大40名)の受け入れを予定している。入学者はこのキャンパスで9ヶ月間のコースを修了した後、オーストラリアのキャンパスに留学する。このコースを修了した学生の多くはUNSWへ進学することとなるが、一部の学生はUNSW以外のGroup of Eightの各大学やイギリスやニュージーランドの名門大学に入学申請をすることも想定してサポート体制を準備している。

■開校による留学生へのメリット
①    高校卒業から留学までの空白期間がない
一般的には、日本からオーストラリアの大学に進学を希望する際、3月に高校を卒業した後、現地留学まで半年前後の空白期間が生じる。今回開校する日本校のコースは2月スタートのため、海外留学初年度のファウンデーションコース開始までの空白期間が無くなることが最大のメリット。原則ファウンデーションコース修了後にも空白なく大学1回生に移行することができる。

②    2年目以降の専門課程への進学のハードルが下がる
留学生にとって海外留学の1年目(オーストラリアではファウンデーションコース)が最も学習面での負担が大きく、慣れない地での生活との両立が負担となり途中で挫折する学生も少なくない。留学課程の1年目を国内で修了することで、2年目以降の専門課程への進学のハードルが下がる。

③    留学費用の負担軽減
留学には、大学の学費の他に現地滞在費用が必要。1年目を日本国内で過ごすことができるため、現地滞在費用が軽減される。

京進は、今後、京都以外のキャンパス開設も検討しており、トップクラスの海外大学進学希望者への道を広げていく予定だ。

みんなが私塾界!