生野区の子供たちが英語でプログラミング体験

当日は約60名の小中学生が参加した

大阪市生野区は、7月31日から8月4日までの5日間、小学5、6年生と中学1から3年生を対象に「世界に飛び出そう! 英語でプログラミング体験事業」を実施した。
 同区の体験事業は毎年開催されており、今年で4年目になるが、英語でプログラミング体験は初めて開催する。
 講座は、同区から受託した株式会社イングが行った。基本的には、小学生と中学生は別々の時間帯に講座が開かれたが、8月2日は合同で参加し、学年の垣根を越えて、交流しながら学んだ。

ネイティブの英語教師が英語でプログラミングを教えた

 8月2日は、これまで受講した内容を元に、ネイティブスピーカーの講師が持つ英語の質問カードを引き、その質問にグループが英語で答える時間が設けられた。質問に答えるとカードが手渡され、どれだけ質問に答えたかをグループごとに競い順位を決めるゲーム形式の学びになっていた。
 プログラミング講座では、ロボットカーを決められたコースを走らせ、きちんと停止するように、子供たちは二人一組でプログラミング。ゴールにはボウリングのピンが置かれ、倒した数を競う競技会の形で行われた。
 個体により、左右のタイヤのバランスが違うため、同じ回転数ではまっすぐ走らない。また、カーブを曲がるためのプログラミングをしなくてはいけない。二人で試行錯誤しながら、適切な回転数を導き出し走らせる。時に外国人講師と英語で話しながら、子供たちは夢中で競技に取り組んでいた。
「英語とプログラミングを同時にするのは私たちにとっても新たな試みでしたが、子供たちの適応力に驚いています」と株式会社イング英語教育事業の萩原葉子氏は言う。

ダイセン電子工業の田中宏明代表

 レッスンの前には、ロボットプログラミングキットを提供した株式会社ダイセン電子工業代表取締役の田中宏明氏が「プログラミング教育と今後」について、子供たちに講演した。
「英語、プログラミングはこれからの時代で必須です。そして、勉強をすることで将来の選択肢が増えます。ぜひ、色々なことを吸収していってください」と子供たちに語りかけた。
 子供たちからは、なぜ社長になったのか? といった質問も寄せられ、英語やプログラミングだけでなく、キャリア教育の場としても機能していた。生野区は今後も様々な形の教育事業を推進していく。

日本赤十字社 調べ 9月1日は、“防災の日” 20代の約半数が、「防災の日を知らない」という結果に

9月1日は、防災の日。日本赤十字社は防災の日に関する独自の意識調査を実施した。「防災の日を知っている」と答えた20代は半数以下の48%。年代が下がるにつれ、防災の日の意識が薄れていっていることが分かった。

防災の日は1923年に南関東を中心とした関東大震災が起きた日です。死者行方不明者10万人以上という大規模な災害だ。日本赤十字社は、191カ所の救護所を開設。全国から4,466人の救護員を動員し、延べ206万人に上る被災者の救護にあたった。

【調査概要】
■ 調査目的:国民の防災に関する意識を定量的に測り、その実態に関する啓発を行う
■ 調査人数:1,000名
■ 調査地域:全国
■ 調査手法:インターネット調査
■ 調査実施日:平成30年6月1日(金)~平成30年6月2日(土)

「数学甲子園2018」本選に出場する 全36チームが決定 9月16日(日)に数学日本一を決める本選を東京で開催

公益財団法人日本数学検定協会(東京都・台東区 清水 静海 理事長)は、「数学甲子園2018(第11回全国数学選手権大会)」(後援:文部科学省、協力:日本公認会計士協会、東京電機大学、株式会社JTB)の予選を、2018年7月29日(日)から8月3日(金)の6日間、東京都・愛知県・大阪府のほか全14都道府県で行い、その結果、予選を突破した36チーム(31校159人)が決定した事を発表した。

■「数学甲子園2018」開催要項
大会名称    :数学甲子園2018(第11回全国数学選手権大会)
主催      :公益財団法人日本数学検定協会
後援      :文部科学省
協力      :日本公認会計士協会、東京電機大学、株式会社JTB
本選(事前)開催日:2018年8月30日(木)~9月1日(土)の3日間
本選(事前)会場 :本選進出チームの学校内または現地施設
本選開催日   :2018年9月16日(日)
本選会場    :御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
         ソラシティホール(東京都千代田区)
賞       :○優勝(=文部科学大臣賞)/1チーム
          …賞状、優勝カップ、優勝旗(数鷲旗)、メダル、副賞
         ○準優勝/1チーム…賞状、記念トロフィー、メダル、副賞
         ○敢闘賞/1チーム…賞状、記念トロフィー、メダル、副賞
         ○入賞/4チーム…賞状、副賞
         ○特別賞(日本公認会計士協会賞)/1チーム…賞状、副賞
         ○特別賞(林家久蔵賞)/1チーム…賞状、副賞

社会課題をテクノロジーで解決する人々の輪を広げるコンテスト「SOCIAL FIGHTER AWARD」 1次審査通過6作品を発表

株式会社LITALICO(東京都・目黒区 長谷川 敦弥 代表取締役社長)が開催している、テクノロジーの力で社会課題にアプローチしていく課題解決型コンテスト「SOCIAL FIGHTER AWARD(ソーシャルファイターアワード)」は、「学校」をテーマにした第一弾の1次審査を実施し、最終審査会に進むファイナリスト6作品を選出した。6作品の制作者・チームがプレゼンテーションを行う最終審査会は9月17日(月・祝)に、東京・品川の日本マイクロソフト株式会社で開催する。

「SOCIAL FIGHTER AWARD」公式サイト: https://socialfighter.jp/

■ 「SOCIAL FIGHTER AWARD」
リタリコは「社会課題をテクノロジーで解決する」ことを新たな挑戦として掲げ、2017年4月より発達障害のある子どもを支援するスマートフォンアプリの配信を世界150以上の国と地域で開始。これまでに8タイトルを配信、シリーズ累計ダウンロード数は100万を超えており、世界中で利用されている。

アプリの提供を通じて、国内のみならずグローバルからもこうしたプロダクトが求められていることを感じる一方、教育・福祉の領域にはまだ解決されていない社会課題が多くあり、解決に向けてテクノロジーの力が有効に使われているサービスはまだまだ少ないと考えている。

世の中の困り事を一つでも多く、早く解決するためには、技術の力を活用した社会課題解決の輪を広げていくことが重要と考え、テクノロジーの力で社会課題に立ち向かう人を「SOCIAL FIGHTER(ソーシャルファイター)」と定義し、多くの人々によって社会課題がゼロの世界を目指すコンテスト「SOCIAL FIGHTER AWARD」を開催することとなった。コンテストの開催により「課題・アイデア」と「テクノロジー(技術)」が出会い、様々な社会課題(ビジネスシーズ)と技術(テクノロジー)が掛け合わされる場をつくることで、社会が前進する環境をつくることを目指す。

■ 141作品の応募から、1次審査を行い6作品のファイナリストを選出
初回の開催となった今回は、「学校にある課題を攻略せよ」をテーマに、4月5日から7月31日まで応募を受け付け、当初の想定を上回る141作品の応募があった。ひとつずつの応募作品に対し、「IMPACT(独自性の高さ・驚きやワクワクがあるか)×TECHNOLOGY(技術の凄さ・完成度の高さ)×POSSIBILITY(課題に対する実現性・応用可能性の高さ)」の3つの視点で一次審査を実施し、ウェブサービスやVR、ARの仕組みを活用したものなど、ユニークな6作品を最終審査に進むファイナリストとして選出した。

■ 豪華審査員が参加する最終審査プレゼンを9/17(月・祝)開催 一般聴講を受付中
ファイナリスト6作品の制作者・チームは、日本マイクロソフト株式会社で9月17日(月・祝)13:30より開催する最終審査会でプレゼンテーションを行い、最優秀賞に当たる「BEST OF SOCIAL FIGHTER賞」と部門賞を決定。最優秀賞には賞金100万円が贈られる。この最終審査会には一般の方の聴講も可能となっている。教育分野に関心のあるエンジニア・クリエイターの方や教育現場にITの技術を取り入れたいとお考えの方など、関心のある方はどなたでも参加可能で、聴講者投票で決まる部門賞への投票権も与えられる。参加希望の方は公式サイト(https://socialfighter.jp/)内の応募フォームから。

<SOCIAL FIGHTER AWARD最終審査会 開催概要>
日時: 9月17日(月・祝) 13:30~17:30(13:00開場)
会場: 日本マイクロソフト株式会社 品川本社(東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー)
聴講参加定員: 250名(先着順)
聴講参加費: 無料

詳細スケジュール(予定):
13:00 開場(受付開始)
13:30 オープニング
13:40 アワード企画趣旨・これまでに開催した関連イベントのご紹介
14:30 最終審査プレゼン
17:15 結果発表・講評
17:30 終了

ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」、好評につき、オープンキャンパスキャンペーンを9月末まで延長

ライフイズテック株式会社(東京都・港区 水野 雄介 代表取締役 CEO)は、2018年6月20日~8月31日までの期間限定で実施しているディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」のオープンキャンパスキャンペーン(無料体験版)の申し込み件数が1万件を突破したことを記念し、キャンペーン実施期間を9月30日まで延長する。

また、本日より、テクノロジア魔法学校公式Twitterにて、『ディズニーファン』年間購読や「テクノロジア魔法学校」のオリジナルポスターが当たる、「#テクノロジアが気になる」キャンペーンも実施する。

キャンペーン特設サイト:https://oc.technologia-schoolofmagic.jp/campaign02/

キッズデザイン協議会 さまざまな社会課題を「子ども視点」で解決 「第12回キッズデザイン賞」受賞作品252点を発表

特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会(東京都・港区虎ノ門 山本 正已 会長)は、8月24日(金)に子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ優れた製品・空間・サービス・研究活動などを顕彰する「第12回キッズデザイン賞」の受賞作品 252点を、発表した。

2007年の創設以来、「すべての子どもは社会の宝であり、私たちの未来そのものです。」を基本方針に掲げ活動を継続してきた。今回も全国の企業だけでなく、自治体や教育機関・NPOなど様々な団体から応募いただき、累計で応募数は4,549点、受賞数は2,705点となった。

今回は新カテゴリーとして近年増加傾向にあった「アプリケーション・サービス」を独立させ、共働き家庭や不安になりがちな妊娠時期をサポートするサービスなど多数の応募があった。

◆「アプリケーション・サービス」カテゴリーを新設
第12回となる今回、新カテゴリーとして「アプリケーション・サービス」を新設。教育・子育ての分野でのICTの活用が進み、子育て世代に役立つモバイル・アプリや子ども・子育ての世代に役立つ様々なサービスの応募が年々増加しており新設に至った。

◆企業と地域が連携 注目が集まる地域理解・地域交流の取り組み
個人や企業が取り組む地域交流が浸透する中で、近年は企業と自治体による連携が加速し他の自治体や地域でも展開可能な課題解決型の先進例となる取り組みの応募が複数見受けられた。

◆最近注目されているSTEAMなどAI時代に対応した教育プログラム
2020年度、小学校で必修化となる「プログラミング教育」をきっかけに、教育分野で今話題のSTEAM(Science、 Technology、 Engineering、Art、Mathematicsの略)に基いた教育プログラムの応募があった。自らイノベーションを生み出せる、創造性豊かな人材を育成する新たな教育手法に注目が集まっている。

◆保育園や幼稚園の応募は昨年に続き応募増加
待機児童問題を解消すべく全国で保育施設の新設が進んでおり、今回も多くの保育園や幼稚園の応募があった。都市の限られた条件の中で、子どもが健やかに育つ環境づくりや、子どもの身体的発育を促す工夫のある施設などが受賞した。

◆最優秀賞などの発表・表彰式 ※詳細後日発表
日程:9月25日(火) 場所:六本木アカデミーヒルズ
本日の受賞作品の中から、最優秀賞「内閣総理大臣賞」など優秀作品を発表、表彰式を行う。

※これまでの受賞作品をWebで閲覧可能。
URL: http://www.kidsdesignaward.jp/search

延べ参加者約3,000名 ラグビーを小学生と一緒に盛り上げる「AIG Tag Rugby Tour」を三大都市にて開催

AIGジャパン・ホールディングス株式会社(以下、AIG ジャパン)は、今年で6年目となる小学生を対象としたタグラグビー教室「AIG Tag Rugby Tour」を、今年は東京、名古屋、大阪の3箇所で開催する。AIG ジャパンと日本ラグビーフットボール協会(以下、JRFU)は、このタグラグビー教室を通じて、大きな国際大会の自国開催を前に、ラグビーの魅力を子どもたちに伝え、ラグビーの競技人口増大を支援していく。

AIGジャパンは、2013年より日本ラグビーフットボール協会(以下、JRFU)の「ジャパンラグビー グラスルーツパートナー」として、グラスルーツ(草の根)レベルでのラグビー普及を支援している。その取り組みの一つである「AIG Tag Rugby Tour」は、JRFU協力のもと、子どもたちにラグビーの魅力を伝えることを目的に小学1年生~6年生を対象に、毎年全国各地のトップリーグの試合会場でタグラグビー教室を実施しており、過去の参加者は延べ約3,000名となった。

「AIG Tag Rugby Tour」は、子どもたちがラグビー元日本代表のレジェンドや現役トップリーグ選手と一緒に楽しめるタグラグビー体験と、トップリーグの試合観戦で構成している。タグラグビーは、ラグビーと違いタックルがなく、誰でも気軽にプレーできることから、学校教育や地域スてもすぐにグループで仲良く楽しめる内容になっており、ひとりでも多くの小学生の参加を期待している。

■AIGタグラグビーツアー2018について
以下の3箇所で実施する。

申込方法等詳細はトップリーグオフィシャルウェブサイト内の
 下記AIG Tag Rugby Tourページまで。
 http://www.top-league.jp/2018/08/23/aig-tag-rugby-tour-2018-2019/

レプタイル株式会社が、こども向けプログラミング教育コンテンツマーケットプレイス「TUTO」を、8月23日にリリース

レプタイル株式会社が、こども向けプログラミング教育コンテンツマーケットプレイス「TUTO」を、8月23日にリリースした。TUTOとは、こども向けビジュアルプログラミング言語SCRATCHや、プログラミング言語Pythonなどをはじめとした、プログラミング教育を行うための「教育コンテンツ」を購入、販売できるマーケットプレイスだ。

教育コンテンツとは“教えることを”を目的としたコンテンツ・素材のことを指す。
例えば、教育テキストやサンプルプログラム、ワークシート、画像素材等。
テキストには課題型やチュートリアル型、ワークショップ型などを想定している。

TUTOサービス概要
教育サービス事業者や学校などの教育機関、その他の教えることを行う事業者が、TUTOより教育コンテンツを購入し、使用することができる。教育コンテンツは、利用者のレビューを参考にすることで、質の高い教育コンテンツを選ぶことができる。購入したコンテンツはロイヤリティフリー形式で提供され、改変し自身の教育サービスに組み込むことが可能です。また、企業、スクール事業者、先生、フリーランス、学生などどなたでもクリエイター登録ができ、教育コンテンツを販売することができる。

TUTOに販売申請があった教育コンテンツについては、システムエンジニア、こども向けプログラミング講師、教育学を学んだスタッフが確認を行い、教育コンテンツとしての質を保ったコンテンツを販売していく。リリース後1年で1,000の教育コンテンツの提供開始を目標としている。
教育コンテンツの販売は、アカウント登録することで無料ダウンロードできる教育コンテンツもある。

公式Webサイト:https://tuto.jp

スマートに、時短で学ぶ短期集中型英語ジムENGLISH COMPANY、六本木に8 月30 日OPEN

英語パーソナルジムの「StudyHackerENGLISHCOMPANY( http://englishcompany.jp/ )を運営する
 株式会社恵学社(本社:京都府京都市下京区、代表取締役社長:岡 健作)は、2018 年8 月30 日(木)に、12 拠点目のスタジオを東京・六本木にオープンする。通常の対面マンツーマン形式に加えて、オンライントレーニング、ビジネスシーンでの発信力にフォーカスしたグループレッスン等、受講生のレベルに合わせた全5 種類のコースを用意している。
 ENGLISH COMPANY は、受講者一人ひとりにパーソナルトレーナーがつき、1 回のトレーニング 90分(45 分×2 コマ)を週2 回、3 ヶ月間集中的に行う英語のパーソナルジムです(基本プラン)。“StudySmart”(スタディスマート)「合理的にかっこよく学ぶ」というコンセプトのもと、第二言語習得研究に基づいて学習の効率、生産性をあげることを目標に、 90 日間の集中トレーニングで受講生の英語力を一気に押し上げる。
 2015 年5 月末に東京・四谷に最初のスタジオをオープンして以来、11 拠点を展開。先月オープンしたばかりの有楽町第2 スタジオに続き、六本木エリアに12 拠点目となるスタジオをオープンすることを決定した。六本木スタジオでは、新たに初級者向けグループトレーニング「60 日で中高6 年間の英文法をマスターするコース」を常設。また、六本木スタジオは六本木駅から徒歩1 分、複合商業施設として有名な六本木ヒルズの向かい側に位置し、六本木エリア周辺勤務のビジネスパーソンには非常に利便性の高い好立地に位置している。
■ENGLISH COMPANY 六本木スタジオの詳細
【オープン日】 2018 年8 月30 日(木)
【所在地】東京都港区六本木7丁目15 番17 号 ユニ六本木ビル6階BCD 号室
【アクセス】日比谷線「六本木駅」徒歩1 分・大江戸線「六本木駅」徒歩1 分

ドラマ「みかづき」森絵都さんと高橋一生さん、永作博美さんとの記者会見開催

去る2018年8月21日、東京文京区の島薗邸にて、NHKドラマ「みかづき」の記者会見が行われた。
 原作者である森絵都さんと、大島吾郎役の高橋一生さん、大島千明役の永作博美さんが取材に訪れた大勢の記者の前で、ドラマ「みかづき」について和やかに語った。
 会見場所となった島薗邸は、劇中で吾郎の書斎となる。
 会見内容については、続報する。

「みかづき」森絵都さん、高橋一生さん、永作博美さん

左から森絵都さん、高橋一生さん、永作博美さん

■ドラマ「みかづき」
2019年1月スタート、毎週土曜日、連続5回、NHK総合で放送予定。
原作は2017年中央公論文芸賞、2017年本屋大賞2位、の『みかづき』(集英社刊、森絵都著)。
脚本は水橋文美江さん、音楽は佐藤直紀さん、演出は片岡敬司さん。
出演は高橋一生さん、永作博美さん、工藤阿須加さん、大政洵さん、風吹ジュンさん、壇蜜さん、黒川芽以さん他。
制作統括は、陸田元一さん、黒沢淳さん、高橋練さん。
森絵都さん原作の『みかづき』の執筆前から協力させていただいていた私塾界待望の映像化。