メンバーは卒塾生。コラボライブ『神戸発のミュージシャンたち』開催

さる10月13日(日)、神戸市中央区の松方ホールを大歓声が包んだ。この日開催されたのは、コラボライブ『神戸発のミュージシャンたち』。出演者は紅白出場歌手でもある久宝留理子さん、全員が東大卒としても知られるインストゥルメンタルバンドのソノダバンド、アカペラグループのパーマネントフィッシュ。主要メンバーは、みなこの街で育ち、学び、夢をかなえたミュージシャンたちだ。

大盛況のうちに終わったコラボライブ『神戸発のミュージシャンたち』

しかも、単に神戸出身というだけではない。久宝さん、ソノダバンドのキーボード担当・園田涼さん、パーマネントフィッシュのボイスパーカッション担当・KAZZさんは、同地で創業50年余、7,000名超の生徒を抱える老舗塾・若松塾(株式会社聖文館)の卒塾生でもある。

同塾は灘中学や東京大など、毎年のように難関校へ合格者を送り出す名門塾だが、それだけではない。教育理念として「よく学び、よく遊べ」を掲げ、勉強だけでないバランスのとれた人間力を持つ人物を育てることを謳っている。つまり、出演したミュージシャンらは、まさにその理念の体現者と言えるだろう。今回のライブも、主催者である同塾理事長・井沢督二氏の呼び掛けに教え子たちがそれを快諾、夢が紡いだ素晴らしい里帰りライブとなった。

観客には若松塾の塾生、卒塾生、その家族なども多く、MCでは「塾で行ったキャンプがいい思い出」(久宝さん)、「授業の終わりに、よくみんなで歌を唄ったなあ」(KAZZさん)など、若松塾での思い出も語られた。また、園田さんは「教室近くの立ち食いそば屋によく行きました」と、ローカルネタで会場を沸かせる一幕も。

この日ステージに立った若松塾出身の3人のミュージシャンたち

もちろんライブも大盛況で、パーマネントフィッシュによる、声だけのアンサンブルに酔いしれ、ソノダバンドの疾走感あふれるビートに心臓を鷲掴みにされ、トリを務めた久宝さんのパワフルな歌声で、興奮のボルテージはいよいよ最高潮に。拳を突き上げて絶叫する人、一緒に歌う人、立ち上がって踊り出す人が続出した。さらにアンコールでは、全員のセッションにより名曲『上を向いて歩こう』を熱唱。夢のような豪華コラボも実現させた。

若松塾の井沢理事長は「こうして、一声かければみんなが集まってくれる。その時の出会いだけじゃなく、心が繋がり続ける出会いになっているのが何より嬉しい」と語り、夢を叶えた教え子たちの姿と、自らが創り上げて来た教育の成果に目を細めていた。

私塾界エグゼクティブセミナー in 博多開催

株式会社私塾界主催の会員向けセミナー、「私塾界エグゼクティブセミナー in 博多」が11月3日、本日開催です。

  • 日時:11月3日13時より18時半
  • 場所:〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前4-11-18 ホテルサンライン福岡博多駅前 2F
    TKPガーデンシティ博多アネックス
  • アクセス:TKPサイトへ
  • 皆さまのお越しをお待ちしております。

    9月失業率4.0%に改善 2カ月ぶり

    総務省は10月29日、9月の完全失業率(季節調整値)が、前月比0.1ポイント低下の4.0%となり2カ月ぶりに改善したと発表した。男女ともに失業率は改善し、男性が0.2ポイント低下の4.3%、女性が0.2ポイント低下の3.5%となった。厚生労働省が発表した有効求人倍率(同)も前月と横ばいの0.95倍だった。9月の就業者数は6319万人で、前月比19万人増えた。15~64歳人口に占める就業率は72.1%となり、比較可能な1968年1月以降過去最高を更新した。女性だけ見ても63%で、過去最高を更新した。

    新潟県14年度公立高要項発表 全日制定員16,180人

    新潟県教育委員会は10月29日、公立高校の2014年度入試要項を発表した。募集定員は、全日制が77校で前年度比160人減の16,180人。定時制は7校で前年度と変わらず845人。入試日程は、学力検査が来年3月11日、合格発表は同13日に行われる。推薦入試は、一般推薦、特別推薦ともに来年2月12日に検査を行い、同18日に合格内定を通知する。 また県教委は県立中高一貫校の入試要項も発表した。募集定員は、直江津120人▽村上、柏崎翔洋、燕、津南、佐渡が各80人▽阿賀黎明40人。選考検査は1月11日に行い、同19日に合格発表される。

    立命館大学にゲーム研究機関設立 ファミコン開発を指揮した上村雅之氏を招聘

    立命館大学ゲーム研究センターは、ビデオゲームを中心に玩具を多様な視点から研究する機関。設立は2011年4月。任天堂で家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」の開発を指揮した上村雅之をセンター長に招き、映像学部、情報理工学部、法学部など5学部から人材を集めた。ゲーム研究というとゲーム機開発や映像技術を連想しがちだが、センターの研究は産業や社会、教育に与える影響まで幅広いのが特徴だ。産学官連携の促進も目指す。

    アイソン彗星最接近。都内での観察は?

    アイソン彗星が11月下旬から観察の好機を迎える。肉眼で見えるほど明るくなると期待されているが、いつでもどこでも楽しめるわけではない。最も明るくなる時期は、東の低い空に夜明け前の数時間だけ姿をみせるが、高い建物に囲まれた場所が多い都心周辺では厳しい。有名なハレー彗星などと違って、2度と戻ってこないアイソン彗星を見るチャンスは全人類にとって最初で最後。見える東京の穴場は河川敷。多摩川は京王線の聖蹟桜ケ丘駅にほど近い関戸橋付近、荒川もJR平井駅(東京都江戸川区)に近い平井大橋付近の西岸だ。

    権力者の傲慢=共感の仕組みが機能しなくなること 脳のメカニズムに起因? カナダ研究 チーム

    カナダのウィルフリッド・ローリエ大学の研究チームが、人が自分の権力を認識すると、脳の仕組みがはたらいて他人に対する思いやりを失ったり、他人の立場に立って考えることができなくなったりすることは、人の脳が持つメカニズムに起因する可能性があるという研究結果をまとめた。今回の研究で、人が権力を持つと、脳が本来的に持っているメカニズムによって共感の仕組みが機能しなくなることが判明したという。

    市進、栄光など大手進学塾、「学童保育」の設置急ぐ

    市進ホールディングスや栄光ホールディングスなどの大手進学塾が小学生を放課後に預かる「学童保育」事業を相次ぎ拡大する。学童保育所に入りたくても入れない小学生は潜在的に約40万人と言われており。大手進学塾はその受け皿になり、本業との相乗効果を図る。学研ホールディングスと市進ホールディングスは共同で11月中旬に都内で学童保育所を新設する。進学塾最大手の栄光ホールディングスは9月、都内に低料金の学童保育所を設けたのを皮切りに、今後3年で首都圏の15カ所に開設する。

    2013年11月1日の塾株


    made with ChartBoot

    財務省は小中教員1.4万人削減を。文科省は2万4千人増員求める

    財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は10月28日の分科会で、教育予算を議論した。公立小中学校の教員の定数を巡り財務省は少子化の影響を考え、2020年度までの7年間で毎年2千人ずつ、合計で1万4千人減らすべきだと主張した。生徒の学習意欲の向上などを理由に少人数学級をめざす文部科学省は逆に2万4千人の増員を求めている。財務省は小中教員の大幅な定数削減を通じ、義務教育費の国庫負担を文科省要求に比べて7年間で800億円強減らせると試算。この場合でも生徒1人あたりの教員数をほぼ維持できるとしている。