2013年9月17日の塾株

made with ChartBoot

やまびこ会が全国の教育者のための交流会「あしがら学び塾」を開催 11月2日・3日

全国の教育関係者との交流会を開く「やまびこ会」(主宰:山田暁生氏)は、11月2日(土)と3日(日)の両日、足柄ふれあいの村(神奈川県南足柄市広町1507)で、第1回「あしがら学び塾」を開催する。1泊2日の合宿形式で、全国各地から教育関係者や講師らが参加する。参加料は大人(高校生以上)1万6000円、子ども(小・中学生)1万2000円で、1泊3食付で懇親会費を含む。

講師陣は、11月2日が上田情報ビジネス専門学校副校長の比田井和孝氏、株式会社アビリティトレーニング代表取締役の木下晴弘氏、3日は作家で聡明舎代表の喜多川泰氏と我武者羅應援團となっている。問い合わせ、申し込みはメールで、住所・参加者氏名・性別・年齢を明記の上〈tnkn-kai@nifty.com〉へ。定員になり次第、募集を締め切る。

あしがら

豊島区 山手線では初めての駅ビル認可保育所 

JR山手線で駅直結の認可保育所が、大塚駅南口(東京都豊島区南大塚3丁目)の駅ビルに開園。0歳児クラスには定員の10倍以上の応募があり40人が入園し、スタートした。保育所は福岡県に本部がある社会福祉法人が運営する「大塚りとるぱんぷきんず」

待機児童 東京都の待機児童数3年ぶり増

厚生労働省は、4月1日時点の全国の待機児童数を発表した。前年に比べ全国では3年連続で減らしているが東京都は860人上回る8117人と3年ぶりに増えた。都の待機児童数は全国の36%を占め、884人と都内で最も待機が多かった世田谷区は全国でも1位。

待機児童 4月時点で2000人減、しかし水準は高いまま

認可保育所を希望しながら入所できない「待機児童」が4月1日時点で前年より2084人少ない2万2741人だったと厚生労働省が発表した。待機児童はリーマン・ショック後に増え、2010年4月の約2万6000人が最多だが、その後は毎年約700人ずつ減り、今年4月までの1年間では約2000人と大きく減った。しかし、水準は高く安倍政権は5年で待機児童の解消を目指すが、実現には保育所整備や保育士の確保などの対策加速が急務だ。

消費税率引き上げを視野に、法人税率引き下げか

日本政府は、主要他国に比べて高い法人実効税率(約38%)の引き下げを来年にも行う調整を始めた。消費税率の引き上げを視野にいれての考えである。消費増税引き上げについて安倍晋三首相は、来月1日に日本銀行が発表する9月の全国企業短期経済観測調査などを分析し最終的な判断を行うとしている。

 現在法人税額は、12年度から14年度まで、東日本大震災の復興特別法人税として10%の上乗せ課税を行っているが、これを1年前倒しして今年度いっぱいでの廃止も視野いれている。しかし、被災地からの反対が予想されるため、自民党税制調査会での15年度以降の調整を支持する派も多い。国民にとって関心の高い税金問題、特に身近な消費税など今後の進展が注視されるだろう。

大人の知らぬところで蔓延「ネットいじめ」

世界でアプリ利用者が10億人を突破した無料通信アプリ「LINE」などスマートフォン向けチャットアプリを中心に起こる子ども間の「ネットいじめ」が問題視されている。友達同士で短文や写真などのやりとりが気軽におこなえるアプリだが、その気軽さが悪口や誹謗中傷を助長し蔓延している。中には、不登校になってしまう学生や暴行事件にまで発展するケースもあるという。学生に人気なアプリだけに、生徒のマナーが問われる。大人の目の届かない範囲で起こる「ネットいじめ」問題、今後さらに深刻化が懸念されている。これまで以上に保護者や先生による子どもへのマナー教育が重要となっていくだろう。

2013年9月14日の塾株

made with ChartBoot

静岡県教委、成績ワーストの校の校長名公表に対してもの申す

9日に静岡県の川勝平太知事が定例会見で全国学力テストの成績が悪かった小学校の校長名を公表したことに対し、県教育委員会の安倍徹教育長は、公表を取りやめるように説得することを11日示した。13日の県教育委員会の会議後に、川勝知事に説明するとのこと。先日、県内の教職員組合も川勝知事の発言撤回を求めるべく、申し入れ書を県に提出をしている。いずれにしても、全国学力テストのそもそもの目的に見合った議論に期待したい。

千葉県14年度私立高、募集要項発表 414人減

千葉県は、2014年度の県内私立高校と中等教育学校の募集要項を発表した。私立高校全日制54校の募集人員は計1万3026人で前年度比414人減、多くの学校が1月17、18日に前期選抜の試験日を設定している。