2014年1月14日の塾株


made with ChartBoot

文科省、私学法改正方針 学校法人への改善命令可能に

文部科学省は12月26日、私立学校を運営する学校法人が法令違反や資金繰りの悪化などの問題を抱えた場合、文科省や都道府県が立ち入り検査や改善命令ができるように私立学校法を改正する方針を決めた。来年3月にも改正法案をまとめ、通常国会で成立を目指す。今年3月に文科省が解散を命じた堀越学園(群馬県高崎市)のケースでは解散時に多数の学生が在籍しており、転学支援が課題となった。改正法案では学校法人の経営状態が極めて悪い場合、文科省などが新入生の募集停止を命令できる条項も盛り込む方針。

大丈夫ですか?講師のSNS対策

ツイッターやフェイスブックなどの交流サイト(SNS)に悪ふざけの投稿が相次いだ2013年。悪ふざけの画像に写り込んだり、投稿したりした人物が大学生だった例は少なくない。アルバイト先や公共の場での悪ふざけを仲間内で共有しようと、学生が軽い気持ちで交流サイトに画像を投稿。その後、ネットの世界で大学名や氏名などを暴かれ、アルバイト先や大学側が対応を余儀なくされた例もある。そういった問題を避けるためにソーシャルメディアに関する学生向けのガイドラインを作成する大学が最近は増えている。青山学院大はネットを利用する上で知っておくべき法律やマナーなどを教える授業を実施。東海大は4月、ソーシャルメディア活用ガイドラインを制定。毒にも薬にもなるSNS。正しい知識とスキルを身につけて交流を楽しんでもらいたい。

鹿児島県立楠隼中学・高校、都内でも説明会 全寮制男子校 全国から生徒を募集

鹿児島県肝付町に2015年4月に開校する県立楠隼中学・高校が、全国から生徒を募集している。公立としては全国初の全寮制男子校で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と提携し、航空宇宙教育のモデル校を目指す。受験指導を徹底しながら「宇宙学」も学べる学校だ。2月に東京都内で説明会が開かれる。楠隼中高は、大隅半島にある県立高山高校の敷地内に開校する。高山高は16年3月末で閉校。同校の校舎を改築し、個室・空調完備の寮を新設する。総工費は48億円。初年度は中高各60人を募集。寮費は1カ月4万円台を見込んでいる。2月1日午後2時半から、東京都千代田区平河町の都道府県会館で予約不要の学校説明会を開く。問い合わせは同県教委高校教育課(099・286・5376)。

米調査会社ユーラシア・グループ、今年の世界10大リスク予想

米調査会社ユーラシア・グループは1月6日、2014年の世界の「10大リスク」を発表した。首位は米国の「同盟危機」。2位に新興国の選挙、3位には中国を挙げた。同社が「JIBs」と呼び、米国に強く依存する日本、イスラエル、英国などにはそう選択肢がない半面、ドイツやフランス、トルコ、サウジアラビアなどは米国と距離を置き始めると予想。米企業や米主導の経済・安全保障秩序への悪影響を指摘。指導部が一新した「新・中国」を巡っては「改革先送りはやめた」としつつ、これが大きな成功と失敗の両方の可能性をはらむと分析。

司法試験 受験回数を5年で5回に緩和へ

政府は、司法試験の受験回数制限を現行の「5年で3回」から「5年で5回」に緩和することを柱とした司法試験法改正案を、1月召集の通常国会に提出する方針を固めた。2015年実施の司法試験から適用される。司法試験受験資格を得た後、勉強時間を確保する目的で、年1回の司法試験をすぐには受験しない「受け控え」が目立っている。だが、13年実施の司法試験をみると、法科大学院修了直後の受験生の合格率が39%であるのに対し、09年修了の5年目の受験生は7%と、受験が遅れるほど合格率は低下する傾向にある。

慶応付属高生、米留学 慶大が全額給付

慶応大学は1月6日、2014年度から付属高校生を米国の寄ボーディングスクールに留学させる制度を始めると発表した。慶大が1人あたり約5万ドル(約520万円)かかる授業料や渡航費などを全額給付。国際的に通用する人材に育てるのが狙いだ。対象は慶応、慶応志木、慶応女子(東京都)、慶応湘南藤沢の4校で、初年度は2人派遣する。英語力テスト「TOEFL」で120点満点中90点以上が条件で、希望者の中から書類選考と面接で選抜する。派遣期間は2年生の9月から翌年6月まで。帰国後は原則留年せず、3年生に復学できる。

市進、インドで日本語教育

市進ホールディングスは7月からインドの大学向けに日本語教育事業を開始する。第1弾として日本のシンクタンクとの人材交流の実績がある名門大学、パンディット・ディーンダヤル石油大学(グジャラート州)と提携。インターネットを通じて映像の教材を配信するとともに日本から派遣した講師が指導する。日本の小中学校レベルの漢字の読み書きや日常会話を教える。

大学入試センター試験まであと一週間

前年より1万2674人少なく確定志願者は56万670人となる大学入試センター試験。2014年1月18日、19日に実施。(注)追試験は、1月25日(土)及び26日(日)

1月18日(土)
(地理歴史)
世界史A
世界史B
日本史A 2科目選択 9:30~11:40
日本史B 1科目選択 10:40~11:40
地理A
地理B
公民
(現代社会)
倫理
政治・経済
倫理,政治・経済

(国語)
国語 13:00~14:20

(外国語)
英語
ドイツ語 【筆記】15:10~16:30
フランス語 【リスニング】「英語」のみ17:10~18:10
中国語
韓国語

1月19日(日)
(理科)
理科総合A
理科総合B
物理Ⅰ 2科目選択 9:30~11:40
化学Ⅰ 1科目選択 10:40~11:40
生物Ⅰ
地学Ⅰ
(数学1)
数学Ⅰ 13:00~14:00
数学Ⅰ・数学A
(数学2)
数学Ⅱ
数学Ⅱ・数学B 14:50~15:50
工業数理基礎
簿記・会計
情報関係基礎

2014年1月10日の塾株


made with ChartBoot